学生のための就職情報サイト

面接前の5分で印象&自信アップを。真夏の化粧崩れ対処法

面接で相手に好印象を持ってもらうためにも、涼しげで清潔感のあるメークには気を配りたいところ。猛暑に負けない化粧崩れ対策を、資生堂の化粧崩れ対策のスペシャリストが伝授します!

重要なのは、朝のスキンケア

朝のスキンケアは、べたつきを嫌ってササッと済ませようとする方も多いかもしれませんが、夏場こそしっかりとスキンケアをするべき。面接のような大事な日は特に早起きして、「余裕を持ってていねいに」を心掛けましょう。手を抜かずに、水分と油分のバランスを整えるのがポイントです。

化粧持ちUP! 朝のスキンケアのポイント

1. 水分と油分のバランスを整える
2. 崩れやすいTゾーンや小鼻のまわりを中心に毛穴を引き締めておく

この2つのポイントを守るだけで、日中の化粧持ちをよくすることができます。

自分に合った化粧下地を選ぶのが崩れない肌への近道

化粧下地には、毛穴やにきびあとなどを目立たなくするもの、くすみや色むらなどを補正するものなどさまざまな種類がありますが、自分の肌の悩みに合ったタイプを選ぶことが大切です。

夏の化粧下地のポイント

1. 適量をムラなく、均一にのばす
2. 皮脂吸着効果のあるタイプを使う

お肌のコンディションは日々変化するので、いまの自分にぴったりのものを見つけてみてください!

ファンデーションの厚塗りはNG!

暑い時期には、皮脂吸着効果のあるオールシーズンタイプ or さらっと軽い使用感の春夏用ファンデーションを使うのがおすすめ。リキッド、パウダリーなどの種類は自分に合ったものでOKです。

崩れないファンデーションの塗り方

面接などの大切な日ほど、崩れを気にして厚塗りにしてしまいがちですが、これは逆効果。しっかりカバーしたくなる気持ちをぐっと押さえて、「うすく均一にのばす」ようにしましょう。化粧崩れが防げるだけでなく、フレッシュで自然な印象に仕上がりますよ。

面接直前なのに! そんなときの緊急レスキュー

外出時に化粧が崩れてしまったら、時間があるときはクレンジングシートで潔くメークを落としてしまうのが一番。でも、「面接開始まで時間がない!」なんてときには、緊急措置で対処しましょう。

緊急メーク直しの手順

緊急メーク直しの手順

1. あぶらとり紙やティッシュペーパーで肌に浮いた汗や皮脂を取り除く
2. ファンデーションがついていないスポンジを軽くすべらせ、崩れたファンデーションを取り除く
3. 軽く押さえるように上からファンデーションをのせ、境目をきれいになじませる


アイメークを直すには?

アイシャドー、アイライン、マスカラが下まぶたについてしまったときは、綿棒を肌に当て、くるくると回転させながらオフしていけばファンデーションが無駄に取れてしまうこともありません。

お直しアイテムであわてずに対処を

時間がないときにメークが崩れてしまうと、ついついあわててしまいがちですが、そんなときこそ冷静にお直しを。あらかじめ、クレンジングシートや綿棒などのメーク崩れ対策アイテムをポーチにしのばせておけば、いざというときの「お守り」としても心強いですね。

profile

「資生堂就活メーク」サイト

面接の場で「見せたいなかみ」を引き立てるための「自分プレゼンメーク」を提案するサイトです。就活のためのパーツ別のメークテクニックを動画で紹介するほか、採用担当者インタビューや、就活メークについてのQ&Aなど、就活生の「知りたい」に応えます。

ページTOPへ