エリアナビ 九州・沖縄・山口マイナビ2018

アセット 1

  • 社会福祉法人朋愛会のイメージ1
  • 社会福祉法人朋愛会のイメージ2
  • 社会福祉法人朋愛会のイメージ3

ココを認定!「女性が働き続けやすい」

社会福祉法人朋愛会

事業概要

地元の福祉を発展させる介護サービス提供をめざす

1981年の開園より地域住民の「身近な社会福祉資源」をめざす特別養護老人ホームみどり園は、下関市内初のデイサービスセンターやショートステイサービスの開設を行うなど、家庭内介護の負担軽減を図りながら時代に先駆けた事業を展開。開園当初は50名だった定員数も、現在は84名の受け入れが可能に。年間20名前後を新規に受け入れるなど、年々その規模を拡充している。

ココも先進的!

職員の「家庭・生活」を第一に考える「子育て休暇」制度

女性職員の割合が高いこともあり、「産休・育休」制度の利用率および職場復帰率は100%を達成。また、第一子だけでなく、第2子、第3子の出産・育児を経て職場復帰するケースも多く、経験とスキルをもつ人材も活躍しやすい環境だ。加えて、男性職員の育休取得や、子育てを終えた世代にあたる職員の「孫」の育児参加にともなう休暇取得も推奨する。これらは月に一度開催する「安全衛生委員会」で現場の意見を積極的に取り入れられたもので、現場スタッフの声をダイレクトに反映した社内制度といえる。

現場社員の声

現在育児中につき、子供の急病や体調変化で急きょ仕事を休まなければならないこともあります。ですが、職場の理解と協力に支えられ、仕事との両立がスムーズにできています。また第2子妊娠中ということで、2度目の産休・育休を取得予定です。事業所からは快く了解をもらえることができ、休職後の職場復帰に対して大きな不安はありません。

  • 住んでみぃね!ぶちええ山口
  • やまぐちの働き方改革
  • 働き方改革を力強くすすめる!誰もが活躍できる山口の企業