エリアナビ 九州・沖縄・山口マイナビ2018

西村 岳彦さん
やまぐち県酪乳業
株式会社

笑顔の西村 岳彦さんの写真 YAMAGUCHI FUKUOKA U TURN

CASE: U-TURN 海外勤務を志望し県外に出たことが、
山口の魅力を再認識するきっかけだったと思います。

自分に合う企業を見つけるためには、とにかく情報収集をしてください。友人や家族、学校の先生や先輩の話、またアルバイト経験等が、判断材料になります。昔に比べて地方と大都市の距離は短くなり、環境の差を感じることも少なくなりました。都会にない地方の魅力を発見しようという姿勢さえあれば、働く先の選択肢も広がり、様々な可能性につながります。就職活動中のみなさんが、素晴らしい企業と出会えるよう応援しています。

MY TURN EPISODE Uターン 西村さんの“ターン”した理由

PROFILE

山口県出身。下関市立大学卒業後、大手部品メーカーに就職。約5年にわたり、営業職を務める。家族の看病を機に地元である山口にUターン。臨時社員として製造の現場を経て、現在は営業・企画職を担当する。山口県の歴史の深さに惹かれ、週末は娘と一緒に県の歴史的名所巡りをしている。

Q.1 メーカー勤務を選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

機械設計を手がける父の影響で、小さい頃からものづくりに興味がありました。自分たちで考案したものが商品となり、世の中で活躍するのをみて素晴らしい仕事だと感じたのがきっかけです。また海外勤務に興味があったことから、グローバルな規模を展開する部品メーカーに就職し、5年間営業を経験。その後、地元にUターンし、前職のキャリアを生かそうと弊社に入社しました。製造の現場を経験した後、現在は、中国・九州エリア一円のスーパーや量販店、商社にむけた当社商品の営業業務に加え、商品の企画開発の業務にも携わっています。

Q.2 Iターンのきっかけと山口に戻る決断をした理由は?

県外や海外での生活に対する憧れが強かったので、一度は山口を離れましたが、姉も県外で生活していたことから、いずれ地元に戻ってくることを考えていました。一番の転機は、母の病気でした。帰省にあたり、転勤という形も考えましたが、転職を決意。やはりメーカーで働くことにやりがいを感じていて、こちらでも同じような業種に就くことができないかと思い、弊社を選びました。入社後配属されたのは、製造の現場でした。これまで営業としてキャリアを積んできたものの、「ものづくりに携わる企業」という環境を重視していたので、大きな経験をさせてもらったと思います。

Q.3 ターンしてまでこの会社(仕事または職場)を
選んだ理由について教えてください。

当社で働くことを決めたのは、メーカーであり、また「ご縁」によるところも大きいのですが、社員一人ひとりが誇りをもって業務にあたるところに惹かれました。山口県は酪農に関してあまり知られておらず、一般的にも生産県としてのイメージがありません。実際に牛乳の生産量自体も少ない県ですが、その状況をむしろ糧に、「質」にこだわった製品の開発に務めています。関西圏と九州の中央に位置する立地的なメリットを生かし、広範囲にわたり製品展開できること、ローカルな企業だからできる密なコミュニケーションも当社の強みでしょう。

Q.4 Iターンして以前の勤務地と劇的に
変わったことを教えてください。

以前は大手系の営業マンでしたが、転職後は企業規模や担当エリアもぐっと小さくなり、環境は一変しました。それでもメーカーに勤めているという自負と、企業の一員として携わっている実感をもてることが喜びです。また生活面では、子どもの通う学校のPTA活動や地域の清掃活動に参加することで、地域の人と交流する機会が増えました。高齢化が進んでいることもあり、40代の私がメンバーの中で最年少になることもありますが、「ありがとう」と言われることも多く、おこがましくも個人的には、故郷への貢献を胸に、地域交流の輪を広げていきたいです。

Q.5 山口に住んで感じる、生活環境全般や
人に関する魅力はなんですか?

故郷は何かと自分の心の支えとなる場所です。働くにしても、住むにしても、オンオフの両面で魅力を感じます。また山口県は歴史的名所や観光スポットの非常に多い場所。学生の頃からその歴史の深さについてはなんとなく感じていたところですが、こちらに戻ってきてから自分の知識の少なさに気づきました。今や私の週末は、娘を連れて県内各地を回り、おそらくは“マニアックな”場所も訪れています(笑)。また、5年前からは、高校の同級生や仲間に向けて、母校の現在の様子や故郷の風景を、SNS上で発信することも日課になりました。

笑顔で話す西村さんの写真電話をとる西村さんの写真

NEXT INTERVIEW

三和建設株式会社 山田 桃子さんの顔写真

CASE: U-TURN Uターン 山田さんの“ターン”した理由

book