医療・福祉・介護職をめざす全ての学生のための就職情報サイト

マイナビ2019 医療・福祉ナビマイナビ2019 医療・福祉ナビ

社会福祉法人緑水会(特別養護老人ホーム 桧原苑)

所在地
東京都西多摩郡檜原村5650-8
施設形態
  • 高齢者施設
募集職種
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 介護職・ヘルパー
  • ケアマネージャー

シゴト場見学会

職員の豊かな人間力で、付加価値の高いサービスを提供します。

東京都の西部、檜原村で長く老人介護施設を運営してきた社会福祉法人緑水会は、2016年、新たにユニットケア型特別養護老人ホームをオープンした。四季折々の自然豊かな檜原村で、「自分の親を入れたい施設」を理想として、介護サービスを提供している。入居者に配慮された施設内や職員の取り組みを拝見した。

  • 施設内で働くスタッフは、入居者に明るい笑顔で接することを忘れない。施設のオープンと共に、職域ごとにユニフォームを一新。入居者の健やかな暮らしを支えるため、職員は日々研鑽を重ねてサービスを提供している。

  • 檜原街道の橘橋の袂に建つ桧原苑は2階から4階に10のユニットがあり、各ユニットに12名が暮らしを共にする。リビング(共同生活室)を中心に個室が設置され、入居者は家庭的な雰囲気に包まれながら暮らす。

  • エントランスを入ったロビーの先は、吹き抜けからさわやかな風と光が差し込む。正面に飾られた油彩画は、村内に住む高校生が亡き祖母の姿を描いたもので、入居者や施設を訪れる人々に温かな安らぎを与えている。

  • 新人研修では、ベテラン職員から介護職員としての基本業務や情報の共有化などのルール、さらに各部署の先輩から入居相談、医務、リハビリなどの基礎を学ぶ。その後、現場で先輩チューターの下で実務を身につける。

  • 各ユニットのリビングにある職員スペースでは、デスクワークや、次の時間帯の職員に申し送りをする。各ユニットは5~6名の職員が担当し、的確なコミュニケーションを取りながら、ケアに当たっている。

  • エントランス横にあるセルフ式の喫茶室。入居者やその家族、職員たちが自由に利用するほか、地域住民にも開放し交流スペースとして活用されている。地域貢献を掲げる桧原苑にとって、地域の接点となる大事な場所だ。

  • 職員の指導でレクリエーションを楽しむ。同じユニットの入居者が巻絵やパズル、トランプ、グループ体操などにいそしむ。「老化防止になるわ」と笑いながら手を動かし、おしゃべりを楽しむ姿があちこちで見られる。

  • 個浴は檜原村にふさわしく、木目調のバスタブが設置されている。入浴のひとときを少しでも楽しんでもらおうという施設側の配慮だ。入浴室は地域の方にも開放され、現在は身障者の方が定期的に利用している。

  • 桧原苑のロゴマークは、緑色で「ヒノハラ」をデザインしたもの。その背景には水色で北秋川と南秋川が出会い、秋川となって流れている。中村甚継理事長が若い頃に、強い思い入れでデザインしたマークである。

Message

桧原苑は「自分たちの親を入れたい、自分たちが入りたい施設」を目指しています。なかでも入居者に「お世話をしてもらっている」という気持ちの負担をかけないケアに努めています。介護の仕事は、資格や技術以上に目配り、心配りをしながら入居者と信頼関係を築いていく必要があるため、現場は人が財産です。職員が働きやすい環境整備の一環として施設内に保育所の設置を検討するなど、温かく活力のある職場づくりを推進しています

社会福祉法人緑水会(特別養護老人ホーム 桧原苑)

所在地
東京都西多摩郡檜原村5650-8
施設形態
  • 高齢者施設
募集職種
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 介護職・ヘルパー
  • ケアマネージャー