電気工事の魅力を知ろう

電気工事業界の業界説明や仕事について、より理解を深めていただけるよう
電気工事の仕事の魅力をお伝えします。

電気工事業界とは

電気工事業界フォーラム2019

2018年3月28日(水)13:00▶︎17:00

参加を希望される方は13:00までにご来場ください。 会場:ベルサール半蔵門イベントホール

電気をつなぐ技術は、
私たちの生活を支えています。

皆さんは電気工事業界にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
その疑問に応え、理解を深めていただくために、業界のこと、仕事のことを理解できるプログラムを多く準備しています。
「日本の未来を明るくする」そんな私たちの仕事の醍醐味を、ぜひ感じてください。皆様のご参加をお待ちしております。

会 場

ベルサール半蔵門 イベントホール

住所:東京都千代田区麹町1-6-4
住友不動産半蔵門駅前ビル2F
最寄り駅:半蔵門線「半蔵門駅」3番出口直結/
有楽町線「麹町駅」3番出口徒歩6分/
JR線・丸ノ内線・南北線「四ッ谷駅」麹町口徒歩14分

主 催

一般社団法人東京電業協会

協 力

株式会社マイナビ

ここに注目 POINT

POINT1

業界全体を理解し、仕事を理解する。

各社個別の業務内容を通じた業界説明や仕事説明だけでなく、就職支援講座も開いて欲しい。
その思いは、業界の全体像を把握いただくとともに、様々な角度から、この業界に広がる「仕事フィールド」や、業界で働く「やりがい」を感じていただきたいと考えているためです。

POINT2

知っている会社も、知らない会社も訪問する。

本日出店している協会加盟社は、63社。規模も、得意とする事業領域も、それぞれ異なります。
先入観なく、業界の様々な仕事を見て欲しいという思いから、企業ブース交流においては、1時間を用いて、「偶然の2社」をまわっていただく形式をとっています、ぜひ、あらゆる角度から業界と仕事を理解してください。

参加企業

出展企業数  63社

  • 旭電業株式会社
  • 浅海電気株式会社
  • 大坪電気株式会社
  • 沖ウィンテック株式会社
  • 川北電気工業株式会社
  • 株式会社川瀬電気工業所
  • 株式会社関電工
  • 株式会社九電工
  • 株式会社協和エクシオ
  • 旭日電気工業株式会社
  • 株式会社きんでん
  • 栗原工業株式会社
  • 株式会社クリハラント
  • 株式会社弘電社
  • 国光施設工業株式会社
  • 三栄電気工業株式会社
  • 三英電業株式会社
  • 三機工業株式会社
  • 株式会社サンテック
  • 三宝電機株式会社
  • サンワコムシスエンジニアリング株式会社
  • 三和電気土木工事株式会社
  • 昭和アステック株式会社
  • 振興電気株式会社
  • 新生テクノス株式会社
  • 新星電工株式会社
  • 株式会社新和電工
  • 住友電設株式会社
  • 大栄電気株式会社
  • 株式会社大三洋行
  • ダイダン株式会社
  • 株式会社TAKイーヴァック
  • 株式会社中央アイデン
  • 中央電気工事株式会社
  • 中央電設株式会社
  • 株式会社中電工
  • 株式会社東京エネシス
  • 東光電気工事株式会社
  • 東芝プラントシステム株式会社
  • 東進電気株式会社
  • 東神電気工業株式会社
  • 東武電設工業株式会社
  • 東邦電気工業株式会社
  • 東陽工業株式会社
  • 株式会社トーエネック
  • 豊国電気工業株式会社
  • 西山電気株式会社
  • 株式会社日電
  • 日昭電気株式会社
  • 日本電設工業株式会社
  • 日本リーテック株式会社
  • 日本ファシリオ株式会社
  • 野里電気工業株式会社
  • 日比谷総合設備株式会社
  • 富士古河E&C株式会社
  • 扶桑電機株式会社
  • 北陸電気工事株式会社
  • 株式会社ミライト
  • 八千代電設工業株式会社
  • 株式会社ユアテック
  • 株式会社雄電社
  • 株式会社四電工
  • 六興電気株式会社

電気工事業界とは

電気工事ってなに?

皆さんは電気工事業界にどのようなイメージをお持ちでしょうか?思い浮かべるのは制服に身を包んだ人が、高い電柱に登って作業をしている姿かもしれませんね。多くの人がイメージするこの作業も確かに電気工事の仕事ですが、電気工事の仕事はそれだけではありません。電気工事は電気が必要とされるあらゆる場所で行われるものであり、皆さんの生活とも深く関わっています。一般住宅、オフィスビル、商業施設、工場、病院、鉄道、空港…すべてが電気工事業界のフィールドです。
電気は火力発電所や水力発電所などで作られ、送電線でいくつもの変電所を経由しながら次第に電圧を下げ、配電線を通して遠く離れた街へと運ばれていきます。そして、大規模な工場やビルには高電圧で、小規模な建物にはさらに電圧を下げて送り届けられます。オフィスビルを例にあげると、高電圧で引き込まれた電気は、ビルの心臓部とも言える受変電設備で電圧が下げられ、ビル内部へと送り出されます。
送り出された電気は、血管のように細かく張り巡らされた配線によって、ビルの隅々に供給され、照明や電気機器、エレベータ等を動かす動力源になっています。さらに、インターネットやテレビ、監視カメラ、防災設備等の情報・通信設備も、電気設備同様、ビル内に張り巡らされた配線によって結ばれています。こうして建物には大動脈とも言うべき電力網が張られることになります。

社会インフラの基盤を創り上げるやりがい

もし電気工事業界がなくなれば、通信インフラ、金融機能、道路信号、医療施設、電気鉄道などあらゆる機能やサービスが停止し社会生活は機能しなくなるでしょう。それは文字通り社会から明かりが消えた状態といえるかもしれません。電気を使わずして私たちの生活は成り立ちません。その電気を安定して届けられるシステムをつくることで人々の生活・ライフラインを支える。それが、電気工事業界の役割です。

電気工事業界の仕事

電気工事の仕事ってなにがあるの?

一口に電気工事業界の仕事といっても現場の施工から、施工管理、設計、積算などその仕事内容は様々です。現場施工の仕事は住宅やオフィスなどの建築現場で、図面に従って電線やケーブルを配線したり、機器や設備の設置を行ったりします。施工技術はもちろん、図面を読む力や現場での正確性が求められる仕事です。
電気工事は規模が大きくなると、複数の施工者が協力して作業を行います。そのため工事をスムーズに正確に進めるためには工程、品質を管理する人間が必要になります。そのような施工の監督・管理を行うのが施工管理の仕事です。
施工管理者は実際に自分で作業を行うことはなく、現場の施工状況全体を見ながら施工者への指示・監督を行います。また、工期管理や設計者との調整などマネジメント能力が必要となる仕事です。
設計は建築図面を基に配線ルートや必要設備などを決め、技術面、予算面なども考慮しながら電気設備の設計をしていく仕事です。現場において施工管理者や施工者が理解できるように図面を作成し、施工時には図面通りの施工が行われているかチェックも行います。
電気関係に留まらず、建築について幅広い知識が求められます。こういった電気工事の仕事は職務内容により必要になる資格が異なります。一般住宅の施工であれば第二種電気工事士、オフィスビルのような高圧電気設備を扱う施工現場では第一種電気工事士資格が必要になります。また、施工管理の仕事であれば電気工事施工管理技士の資格取得が求められます。

研修・福利厚生も充実

電気工事に関わる資格は多岐に渡りますが、各企業では資格取得の為のバックアップ体制、取得に必要な費用の補助、そして安心して働けるよう福利厚生の充実を図っており、また、協会でも技術・経営に関する講習会や、現場で必要となる技術・技能の実習を行う実技講習会を開催しています。電気工事は手に職がつく仕事であり、人々の生活を豊かにするやりがいのある仕事といえます。電気工事業界は今、新しい力を必要としています。

▲ PAGE TOP