MAMEZOU HOLDINGS GROUP RECRUITING 2017

ジェイエムテクノロジー株式会社

SEとは、システムエンターテイナーだ!

仕事は、お客様を笑顔にすること。職種の枠を超えた活躍を。

Profile

冨川 竜生
IT事業本部 営業部 営業職
九州工業大学工学部電気工学科を卒業。学生時代は、大学生協学生委員会メンバーとして活動。全国の支部をまとめたり、震災のボランティア活動を行い、ジェイエムテクノロジー株式会社への入社のきっかけにもなった。
2012年4月ジェイエムテクノロジー入社。途中2ヶ月、パートナー会社へ製品・営業研修のため常駐。現在は営業として主に新規のお客様対応を行っている。

入社のきっかけは?

震災ボランティアの現場で感じた、人のために働く喜び、またネットワークインフラのもどかしさをシステム開発で解決したい、という思いが入社のきっかけです。大学で学んだ半導体の知識だけではなく、ボランティアの経験をしっかり評価していただき、入社となりました。

事業内容と、現在担当されている仕事は?

お客様からヒアリングして来た課題をもとに、エンジニアと解決策となる提案を考えシステムを構築する業務をしています。具体的には、医療会社への業務効率化のシステム提案、広告代理店へのキャンペーンサイト構築提案、インドネシア国内でのキャンペーン企画、旅行会社のITインフラクラウド化提案等です。営業、エンジニアといっても完全に業務が分けられているわけではなく、職種の枠を超えた社内のコミュニケーションが重要です。私も営業とはいえ、エンジニアと同じくらいの知識は持てるよう努力しています。ジェイエムテクノロジーでは、「SEはシステムエンジニアではなく、システムエンターテイナーだ」と言われていて、営業職でも、エンジニアでも、お客様のことを第一に考えて仕事をする精神が根付いています。

仕事上で、やりがいや面白さを感じるのはどんな時?

自分が提案に関わった案件が、受注できた時に一番やりがいを感じますね。お客様が求めていることを実現するためには、エンジニアやプログラマーと激しい議論をしたり、お客様から様々な課題を頂くことも。だからこそ受注出来た時には、そういった苦労も吹き飛んでしまうくらい嬉しいです。また、現在入社3年目なのですが、新規事業プロジェクトのリーダーを任されています。社内では、社長を始め職務・役職関わらず社員同士の距離感がとても近い。同僚と仕事終わりに一緒にフットサルをすることもあります。年齢に関係なく、チャンスを与えてもらえる社風なので、若手でもこれだ!と思えば挑戦させてもらえる。職種に関わらずやりがいのある仕事ができる会社だと思います。

仕事上での、将来の夢や目標は?

最終目標は、やはり会社を担う社長です!
そのためにも、まずは企画や、会社の主要事業にしていける新規案件の立ち上げに挑戦していきたいです。自社の商材はもちろん、システム開発やインフラ構築、ITに関わる様々な知識がもっと必要だと感じています。
ジェイエムテクノロジーは、アプリやシステムの開発だけではなく、それらを動かすITインフラと呼ばれるサーバー構築や、ネットワーク構築までを一括で行えることが魅力のひとつです。その点は、今後自分の大きな力になると思います。また、お客様はもちろん社員からも信頼されるよう、コミュニケーション能力やリーダーシップ等のヒューマンスキルも磨いていきたいですね。

一日のスケジュール

いつもJMTのマークを胸に。

私は営業ということもあり、スーツには常に社章をつけています。
ジェイエムテクノロジーの誇りを胸に働いている気がして、身が引き締まります。

Company Profile

ジェイエムテクノロジー株式会社

新たな分野にも挑戦し、進化を続ける国際色豊かなIT企業

募集職種名 ネットワークエンジニア
システムエンジニア
創立・設立年 1995年
事業内容

IoT、ビッグデータ、
クラウド時代に求められる最先端の技術を活用した次世代IT基盤、
及び、ソリューション・システムの設計・構築・運用

おもな募集職種の仕事内容 ネットワークやインフラ、企業の業務システムの構築といった今や社会に欠かせないシステムの設計・構築・保守業務。
事業所所在地 / 勤務地 東京都新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ビル26F
福岡市博多区下川端町3-1リバレインオフィス9F
従業員数 214名(2016年1月現在)
資本金 3億2,600万円(2015年3月現在)
おすすめポイント

私たちは「お客様に価値を提供し続ける、なくてはならない存在になる。」ことにこだわり続け、「社員の成長が会社の成長に繋がる。会社の成長がお客様の成長に繋がる。」を信念に掲げています。ITとメカトロ技術の両方を併せ持つ当社には、“ハイブリッドな、お客様・マーケットにとってなくてはならない自分”に成長できる環境があります。

コーポレートサイトURL http://www.jmtech.co.jp/