最終更新日:2017/8/24

マイナビ2018

マイナビコード
100413
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

(株)大光食品

本社
長崎県
資本金
2,000万円
売上高
111億円(2016年度6月期決算)
従業員
294名(パート含む)
募集人数
6〜10名

年商100億円以上という安定基盤を築き上げた今、私たちは「新たな価値の創造」へとチャレンジすることで、全国的に認知されるブランドへの飛躍をめざしています。

☆大光食品からのお知らせ☆ (2017/03/01更新)

こんにちは! 大光食品 採用担当です。
この度は当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

当社にご興味を持たれた方はまずはエントリーをお願いいたします。
エントリーいただいた方には追って採用に関する情報をお届けいたします。

尚、説明会を実施する場合は、こちらのページ及びマイページの「お返事箱」へ説明会の情報をご案内いたしますので、定期的にチェックしてみてください。


大光食品のホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://shimabarakobo.com/company/index.html

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
新しく完成したばかりの『開発棟』は、スタイリッシュでありながらも周囲の自然にとけ込んだ温かい雰囲気。ここから、私たちは新しい製品の数々を世の中に発信しています。
PHOTO
大手メーカーから委託されるOEM開発だけではなく、現在は自社製品の企画・開発にも注力。安心・安全で美味しい加工食品を全国へと送り出し、地域活性化にも貢献します。

会社が掲げる新しいビジョン、そして若手たちが感じているやりがいとは?

PHOTO

「当社が企画・開発している商品に興味がある方は、ぜひ展示会などにも足を運んでください!」と語ってくれた山中社長(左)と、入社3年目の川原さん(右)、井上さん。

■新たなオーガニックブランドを確立することで地域に貢献。
代表取締役/山中 数浩

創業から安心・安全で美味しい豚肉や鶏肉を提供することにこだわり、私たちはOEM商品の開発・製造において、大手食品メーカーの数々から高い評価を獲得してきました。そして、安定した経営基盤となっているこのOEM開発だけではなく、現在では新たに農業法人『大光ファーム』を立ち上げ、より安心・安全な農畜産物の循環モデルを創造するための研究も行っています。具体的には、抗生物質などの薬品を使わず、乳酸菌のチカラを利用することによって健康な鶏を育て、その鶏糞からつくった堆肥により野菜を育てるというもの。有機栽培を実現させるためには、堆肥の元となる鶏の育て方まで、徹底してこだわるべきだと私たちは考えます。薬品に頼らず安心・安全で美味しいお肉を生産し、そこからつくられる堆肥によって野菜をつくる。この循環モデルを確立し、それを地元の農家へと指導することによって、島原産の食材を全国的に注目されるオーガニックブランドへと高めていくことが、これからのビジョンです。地域社会の発展にも大きく貢献できるこうした取り組みに共感していただける方と、私はぜひお会いしたいと考えています。

■若いうちから経験を積みながらスピーディに成長できます。
(3年目) 九州大学文学部卒/川原 郁乃

私は入社後に社長室へと配属され、人事・労務に関わる業務全般を任されています。新卒採用も、そのうちのひとつ。会社の未来を左右する仕事なのでプレッシャーは感じますが、入社2〜3年目からこうした責任ある仕事を任されるというところが、当社ならではの特徴です。とは言っても、決して「任せっきり」ではなく、周囲が丁寧にサポートしてくれるので、安心して成長を続けられます。

■自分自身のアイデアを世に送り出していくやりがいを実感!
(3年目) 長崎国際大学健康管理学部卒/井上 麻実

1年目はOEM商品の開発にたずさわっていましたが、2年目からは自社製品の開発部門へと異動。OEM商品の開発には「お客様のご要望を満たす」というゴールがありましたが、自社製品の開発には「明確な答え」というものがありません。世の中に出してみないと分からないというところが、この仕事の難しさであり面白さ。自分のアイデアを形にして、良い反響を得られると本当に嬉しいです。

会社データ

プロフィール

大光食品は、1970年に創業した長崎県島原市にある食品メーカーです。日本名水百選に選ばれた島原湧水群に囲まれた環境のもと、安心・安全な食品を全国の皆様にお届けしています。当社の特徴は選びぬかれた素材を万全の品質管理のもとで加工することで、お客様から支持される環境を整えています。
当社で取り扱っている食品は、牛(国内・輸入)、豚(国内・輸入)、鶏(国内・輸入)、冷凍食品、冷凍野菜、冷凍魚介類、惣菜 、飼料までさまざま。その中でも、地元のブランド肉である「雲仙しまばら豚」「雲仙しまばら鶏」「長崎じげもん豚」「つしま地どり」を中心に、付加価値の高い食品も提供しています。「広く地域社会に貢献を」をモットーに活動し、吟味された飼料の提供から始まり、生産指導、精肉としての一次加工品、未加熱加工品、加熱加工品まで幅広く製造。 長崎県内はもちろんの事、自社配送にて物流しており、かつ、営業所、工場にかかわらず、品質・衛生面を厳しく管理し、我社が求める「生産から食卓まで」の安全、安心を守り続けています。

事業内容

PHOTO

食肉処理業・食肉販売・食肉加工製造販売・飼料販売・冷凍食品製造販売
本社郵便番号 855-0062
本社所在地 長崎県島原市本町甲183-1
本社電話番号 0957-64-4750
設立 1970年9月
資本金 2,000万円
従業員 294名(パート含む)
売上高 111億円(2016年度6月期決算)
事業所 本社=長崎県島原市
営業所=東京、大阪、福岡2営業所、長崎、佐世保、久留米
代表者名 代表取締役 山中数浩
販売品目構成比 食肉販売55%、冷凍食品販売35%、飼料販売10%
主要販売品目 牛(国内・輸入)、豚(国内・輸入)、鶏(国内・輸入)、冷凍食品、冷凍野菜、冷凍魚介類、惣菜 、飼料
主要取引先 味の素冷凍食品(株)、(株)ニチレイフレッシュ、林兼産業(株)、伊藤忠飼料(株)、
イオン九州(株)、マックスバリュ九州(株)、(株)マルショク、 他 (順不同、敬省略)
取引銀行 十八銀行、親和銀行
経営理念 大光食品は、「広く地域社会に貢献を」をモットーに活動しております。長崎県の水の都「島原」に畜産の本拠を置き、雲仙岳の裾野、豊富な水を利用した養豚、養鶏に広く関わっております。
吟味された飼料の提供から始まり、生産指導、精肉としての一次加工品、未加熱加工品、加熱加工品まで幅広く製造しております。
長崎県内はもちろんのこと、自社配送にて物流しており、我社が求める「生産から食卓まで」の安全、安心を守り続けていきます。
こうした企業理念の下、我々は常に消費者の方々のニーズにお応えすべく全社員一丸となって、頑張っております。

一、我々は、お客様に、より安心、より美味しい食品を提供する
一、お客様の立場になって仕事を行う
一、社員の健康とゆとりの追求に努力をはらう
一、広く社会に貢献する
経営方針 当社の社訓でもあります「有言実行」「初心忘れるべからず」「仲よく明るく」の3つを常日頃から心がけております。

「有言実行」の言葉の通り率先して意見、アイデアを出し、実行へスピーディーに移ること。

「初心忘れるべからず」で決して慢心することなく、感謝の心を大切に。

「仲よく明るく」は社内・社外を問わず、常にコミュニケーションを取り、迅速に積極的に行動すること。

また、障がい者雇用促進事業に取り組んでおり、当社社長は職業訓練法人長崎能力開発センターの副理事も務め、卒業生の雇用促進と施設での生産物の販売協力を行っております。

最初のもの作りから、加工、物流の総てに関わることにより安心で安全なものをお届けしています。
更に、消費者のニーズを生産へフィードバックできるシステムの強化も行っております。
国内畜産のみでなく、海外原料、海外生産品に関しても「自分達の目で確認する事」が大切だと考えております。

海外原料に関しましては、営業本部を中心にカナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、中国など自ら足を運んでおります。
海外生産品は営業本部と生産管理部門がタイアップして、現地生産のチェックも含めて自分たちが納得する商品を自信を持ってお届けしております。
長崎県島原で、 「美味しさ」「安心」「安全」の情報発信基地として育てていきます。
沿革
  • 1970年9月
    • (有)大光食品設立 大洋漁業(株)畜産グループとして、食肉(牛、豚)カット製造加工販売業として設立
  • 1973年9月
    • 大洋漁業(株)飼料特約販売契約成る
  • 1974年11月
    • 事務所・工場新設(有明町)
  • 1977年5月
    • ブロイラー処理加工工場新設操業
  • 1977年6月
    • 工場部門、日本冷凍食品協会認定工場と成る
  • 1978年4月
    • (有)大光ブロイラー設立
  • 1978年6月
    • (有)大光食品本社、工場、事務所新設(島原市)
  • 1978年7月
    • 有限会社大光食品を組織変更により(株)大光食品設立
      全国畜産農業共同組合連合会カット肉工場に指定
      新港工場設立(大手原)  <豚カット肉・加工ライン>
  • 1985年8月
    • 本社社屋及び冷蔵庫新設操業(島原市本町)
  • 1985年9月
    • 大手原(新港)工場拡張、製造ライン、冷蔵庫新設
  • 1986年10月
    • 冷凍食品工場(株)エース・フーズ設立
  • 2001年4月
    • 佐世保営業所新設(佐世保市新田町)
      大阪オフィス新設(大阪市淀川区)
  • 2002年7月
    • 東京オフィス新設(東京都新宿区)
      長崎営業所新設(大村市溝陸町)
  • 2002年11月
    • 長崎パックセンター工場新設(大村市溝陸町)
  • 2003年11月
    • エースフーズ ISO9001取得
  • 2007年11月
    • 長崎パックセンター ISO22000取得
  • 2009年4月
    • エースフーズISO規格変更(ISO9001:2000版から2008版に変更)
  • 2009年6月
    • 大光ブロイラー 対香港輸出食肉処理場選定輸出許可 取得
  • 2010年3月
    • エースフーズ スパイラルフリーザー(大型急速冷凍機)最新機入れ替え 本稼動開始
  • 2010年7月
    • 第2号職場適応援助者(ジョブコーチ)配属
  • 2011年10月
    • エースフーズ ISO22000取得
  • 2011年12月
    • 佐世保パックセンター工場新設(佐世保市大塔町)
  • 2012年1月
    • 佐世保営業所を大塔町へ移転(佐世保市大塔町)
  • 2013年12月
    • 一般社団法人 光 設立
  • 2014年2月
    • 久留米出張所を新設(福岡県久留米市東合川)
前年度の育児休業取得対象者数 7名(うち女性2名、男性5名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名、男性0名 2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒855-0062
長崎県島原市本町甲183-1
(株)大光食品
採用担当
TEL:0957-64-4750
URL http://shimabarakobo.com/
E-mail inooka@daiko.org
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp100413/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)大光食品と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ