最終更新日:2017/3/1

マイナビ2018

マイナビコード
100761
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

社会福祉法人恵由福祉会

本社
大阪府
資本金
社会福祉法人なので資本金はありません
売上高
社内規定により非公開
従業員
130名(2017年1月現在)
募集人数
1〜5名

守口、四條畷、泉南に4カ所の幼保連携型認定こども園を運営。「心の力・体の力・学ぶ力を育てる」を経営理念に、子どもたちの可能性に着目した教育を実践しています。

採用担当者より (2017/03/01更新)

こんにちは。恵由福祉会採用担当です。
当法人のページにアクセスいただきありがとうございます!

ご興味のある方、是非エントリーをお願いします!

会社紹介記事

PHOTO
恵由福祉会ではスタッフが子どもたちを助けるのではなく、自立心を育てることに力を入れています。日々の成長がスタッフ自身の成長にもつながっています。
PHOTO
子どもたちの笑顔が日々の仕事のパワーの素です。生きる上で基本となる「挨拶」を大切にしており、園ではいつも明るい声が響いています。

社会人として保育教諭として成長できるこども園で、発見のある毎日を送っています。

PHOTO

仏教大学教育学部教育学科卒の仲井翔子さん。「子どもと接する仕事に向いている」と周囲の勧めもあり、保育教諭の道へ。

大学時代に幼稚園教諭の免許と保育士資格を取得。保育教諭を選んだのは人間としての成長の幅が大きい0歳から6歳児の教育に関わりたかったから。昨日できなかったことが今日はできている、そんな成長の過程を間近に見られる仕事にやりがいを感じたからです。恵由福祉会は大学時代の実習先のひとつでした。先生たちの明るい雰囲気と園の方針にひかれたのが入職の決め手。人間関係や社会生活すべての基本である挨拶を大切にすることやカリキュラムの豊富さが魅力でした。たとえば文字も覚えることを目標にするのではなく、実際に書いてみることに重点を置くなど、あらゆる方向性から子どもたちの自主性を促している園です。仕事を始めて感じるのは、子どもたちの成長を支えていくのはもちろんですが、若いお母さんたちにとって必要な育児や教育の情報を発信していくことも大切だということ。まだ経験の浅い私ですが、保護者から子育ての愚痴を言ってもらえるくらいの信頼関係を築いていきたいですね。
 また「感謝と尊敬」「自立と共生」などを大切にしている恵由福祉会では職員のスキルアップにつながる取り組みも活発です。食育の知識や障害児との接し方など外部講師によるセミナーや運営する4つのこども園の職員全員を対象にした全体研修もあります。20代、30代の職員が多いのも特徴かもしれないですね。入職2年目でリーダーになった先輩もいます。がんばった分はちゃんと認めてもらえる環境ですので、やりがいも大きいですね。学生時代は「子どもたちと一緒にいられるだけで楽しい」という感覚でした。今は日々の発見を通して自分自身の成長も実感しています。産休や育休を経て職場に復帰している先輩保育教諭の存在も大きな励み。子どもたちの声を聞き、保護者の心に寄り添えるような保育教諭になるのが目標です。
〈田原台ひまわりこども園/2012年入職/仲井翔子〉

会社データ

プロフィール

教育目標「心の力 ・ 体の力 ・ 学ぶ力 を育てる」

【心の力】
心の力とは正義感や道徳観などといった心に関するものです。それは調和のとれた人格の土台となる優しい心、自立心、そして自立心は躾で養われます。私たちスタッフが何でも手を出して子どもたちの前にたって行うのではなく、子どもたちが自分で考え行動し、学ぶ事が出来るように後ろから見守ります。そして、壁にぶつかって挫折したときに、子どもたち自身の力で乗り越えられるような強い心を持てるように、日々教育していきます。

【体の力】
体の力とは体力や柔軟といった力のことです。人間は幼少期に運動神経を司る小脳がほぼ出来上がると言われています。この短い限られた時期に子どもたちの可能性を引き出せるように教育していきます。かけっこを基本として、開脚、前屈、アザラシ、そしてブリッジへ。毎日継続する事が一番大切です。子どもたちが自らやりたい!と思えるような言葉掛けをし、どんどん進んで出来る環境を作っていき、今しか育つことのできない体の力を育てていきたいと思います。

【学ぶ力】
学ぶ力とは理解力と思考力、洞察力を兼ね備えた力のことです。自分で考えて、行動する。当たり前の事と思いますが、近頃ではそれが出来ない子どもたちが増えています。その原因として、大人が子どもがやろうとしている事に何でも手を出してしまう事が挙げられます。大人になれば、そういった手を出してくれる人はいなくなってきます。自分で考え、さまざまな経験をしてこそ、身に付くものです。そこで学び次へと進めるのです。その様な学ぶ力をつけられるように教育していきます。

人は失敗から様々な事を学びます。成長にはたくさんの経験が必要です。私たちは出来る事はどんどん子どもたちに経験させたいと思います。子どもたちを「籠の中の鳥」にしてはいけません。大人から見て多少危ないなと思う事でも、傍で見守ってあげたいと思います。子どもたちは自分なりに考えて、行動します。もしそこで失敗しても、そこから学び、成長していくのです。無限の可能性をもった子どもたち。その可能性を引き出せるのは私たち大人です。子どもたちの可能性を信じて、一緒に育てていきましょう。

事業内容
以下の4拠点を中心に事業の展開を行っています。

幼保連携型認定こども園 高瀬ひまわりこども園
守口市馬場町1-7-18   定員120名

幼保連携型認定こども園 田原台ひまわりこども園
四條畷市田原台7-1-7  定員135名

幼保連携型認定こども園 土居ひまわりこども園
守口市早苗町6-19    定員75名

幼保連携型認定こども園 信達こども園
泉南市信達牧野425-1  定員175名

法人本部/大阪府守口市早苗町6-19
本社郵便番号 570-0072
本社所在地 大阪府守口市早苗町6‐19
本社電話番号 06-6991-2441
設立 2002年2月
資本金 社会福祉法人なので資本金はありません
従業員 130名(2017年1月現在)
売上高 社内規定により非公開
沿革
  • 2002年2月
    • 守口市に法人設立
  • 2002年4月
    • 土居ひまわり保育園設立
  • 2004年4月
    • 高瀬ひまわり保育園設立
  • 2004年4月
    • 田原台ひまわり保育園設立
  • 2007年4月
    • 信達保育所設立
  • 2013年4月
    • 信達保育所移転 新築建て替え
  • 2014年4月
    • 田原台ひまわり保育園 増築(130名に増員)
  • 2014年4月
    • 土居ひまわり保育園 新築建て替え
  • 2015年3月
    • 高瀬ひまわり保育園 新築建て替え
  • 2015年4月
    • 4箇園すべて幼保連携型認定こども園へと移行
前年度の育児休業取得対象者数 3名(女性3名、男性0名) (2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 3名(女性3名、男性0名) (2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人恵由福祉会
〒570-0072 大阪府守口市早苗町6‐19
TEL:06-6991-2441(法人本部)
URL http://www.keiyufukushikai.com/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp100761/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人恵由福祉会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ