最終更新日:2017/7/22

マイナビ2018

マイナビコード
100799
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人大阪福祉事業財団

本社
大阪府
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
社会福祉法人のため社内規定により非公開
従業員
916名(常勤職員:正規・臨時職員合計 2016年4月1日現在)
募集人数
41〜45名

私たちと共に、人々の「生きる」を支えませんか

保育・障がい者支援や高齢者の生活支援の仕事する人 募集中です (2017/07/22更新)

福祉施設で働く職員を募集しています。保育士・指導員・支援員・介護の仕事です。現場の見学の機会を設けました。セミナー画面からエントリーをお待ちしています
(管理)栄養士も追加募集します

選考試験 9月10日(日)申込は7月15日〜受けます(8月31日締切)

社会福祉法人大阪福祉事業財団は、大阪府下7つの地域で22の施設を運営している「社会福祉法人」です。「その人に寄り添い、地域で一緒に歩む」ことを願い、利用者の人権と幸せを守るために、乳幼児、児童、障がい者、高齢者、生活困窮の方支援を幅広くすすめています。
 福祉は人、福祉は協働、福祉は豊かな発想、福祉は「生きる」を支える仕事。あなたも社会福祉法人 大阪福祉事業財団で社会福祉の仕事を一緒にしませんか。
 保育園保育士・乳児院、児童養護施設、障がい児施設の保育士、指導員・障がい者施設、救護施設の支援員・養護老人ホーム、特別養護老人ホームの介護職員、看護師、
を募集します。

「福祉」の仕事を大阪福祉事業財団の施設・事業所でスタートしませんか。
施設見学を積極的に受け入れています。あなたの目で福祉現場や職員を見てください。
 まずは、エントリーをお待ちしています。


問い合わせ:社会福祉法人大阪福祉事業財団 本部事務局 電話06-6931-0098 へ

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
明るく、元気な若手職員の皆さん。新人の頃から自分の意見をしっかり言い、先輩職員は一人ひとりを大事に見守り、援助する環境がある。
PHOTO
子どもたちの成長がダイレクトに感じられるのが保育士の仕事の醍醐味。注意した後も、すぐに気分を切り替えて、子どもには笑顔で接することを大事にしている。

人が好きな人、大歓迎! 一人ひとりの心に寄り添う仕事です。

PHOTO

勤務する施設は別々でも「人が好き」「人のためになりたい」という気持ちは共通。顔を合わせれば、ついつい会話が弾みます。

乳児院、児童施設、障がい者施設、老人ホーム、病院、保育園など、大阪市内に13施設、大阪府内に9施設を運営する大阪福祉事業財団。若手の職員も、みんな明るく、元気! 乳幼児から高齢者まで、さまざまな人の心に寄り添いながら、ともに学び、ともに笑顔で、日々の仕事に取り組んでいます。

◎利用者のよりよい生活を目指す「介護職員」
高齢者や障がいをもつ方のその人らしさを大切に生活全般をサポートしています。利用者の安全と健康に気を配りながら、その方にとってよりよい生活とは何かを常に考えてケアにあたっています。「ありがとう」のひと言が、仕事の一番のやりがい。職員同士の結束力が硬く、時には意見が食い違うこともありますが、利用者を思う気持ちは同じなので、よく話し合って心を一つにしています。

◎自分も相手も大事にできる「保育士」
0歳から5歳まで、人間形成においてもっとも重要な時期に深くかかわる仕事です。当財団には人権を大切にするという考えが貫かれているので、子どもの気持ちに寄り添い、一人ひとりの子どもために思いやりをもった保育を実践しています。子どもと接する中で、スプーンが持てるようになったり、苦手なものが食べられるようになったり、両足飛びができるようになったりといった、小さな成長を見られることが保育士の喜び。一人ひとりの特性を理解して、自分も相手も大事にできるような保育士であるとともに、子どもたちも、そんなふうに育っていくことが私たちの願いです。

◎利用者の笑顔を引き出す「生活支援員」
高齢者や障がいをもつ方の生活を支援する仕事です。「豊里学園」は、障がいをもつ子どもの入所施設。生活支援員は、子どもたちの入浴援助や着替えの手伝いなど、ふだん家庭で母親がするような身の周りの世話をしながら、子どもたちが充実感をもって生きるための支援をしています。障がいの程度によってコミュニケーションが難しい子どももいますが、一人ひとりが持つ個性を尊重することで気持ちが伝わったり、笑顔になってくれることが仕事のやりがい。若い職員も先輩の指導や研修を通じて、専門知識を身につけながら成長できる環境があります。

会社データ

プロフィール

◆60余年の歴史と積み重ねた福祉実践
本法人の前身は、1946年(昭和21年)5月、戦災援護会と軍人援護会が合併し、その事業と資産を継承し設立された恩賜財団同胞援護会大阪府支部です。当時の事業内容は、戦災者への給付金、宿所の提供、生活必需物資の支給、海外からの引き揚者の援護、孤児の援護、および遺族の母子施設での援護、育英事業などでした。
 現在の社会福祉法人大阪福祉事業財団は、同会が、戦後の社会事業民主化、公私分離の政策によって1948年(昭和23年)8月16日、民間法人として、財団法人大阪同胞援護会に改組された時点を設立日にしています。その後、社会福祉事業の再編成にともない1950年(昭和25年)6月30日大阪福祉事業財団と改称しました。社会福祉事業法の制定により、1952年に社会福祉法人 大阪福祉事業財団に改組しました。
 約半世紀の長い歴史をつうじて、社会、地域の福祉施設設立の要求にこたえてきました。今、大阪府下に21施設、およそ100の事業を運営し、赤ちゃんから障がい者、お年寄り、生活困窮者まで幅広く支援しています。
◆法人理念(綱領)の実践
大阪福祉事業財団の基本的性格…大阪福祉事業財団のすべての施設と事業は、国民の人権と幸せを守るためにあります。わたしたちは、常に利用者・国民の立場に立ち、日本国憲法に明記された生存権・基本的人権を守り発展させ事業と運動をすすめます。
◆法人運営の原則
1.利用者、地域の方々の生活と権利を守る。
2.職員の仕事と生活を守る。
3.施設経営を維持、発展させる。
この3つを法人運営の原則として取り組んでいます。

事業内容

PHOTO

事業所でのOJTを基本としながら初任者、年次別、職種別研修など職員育成に力を注いでします。

大阪市内に12施設、大阪府内に(高槻市・枚方市・羽曳野市・貝塚市)10施設。
乳児院から高齢者の社会福祉施設を拠点に、赤ちゃんからお年寄りまでのさまざまな社会福祉事業を運営しています。
当法人は、多様な福祉サービスが利用者の意向を尊重して総合的に提供されるように創意工夫することにより、利用される方が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、その有する能力に応じ自立した日常生活を地域において営むことができるよう支援することを目的に事業を行っています。
○保育園…大阪市内に3園 高槻市に1園 羽曳野市1園 松原市に1園
○乳児院…大阪市内 1施設 (2017年夏1ケ所増設予定)
○児童養護施設…羽曳野市 1施設
○知的障がい児施設…大阪市内 2施設
○障がい者支援施設(通所)…大阪市2カ所 枚方市1カ所 高槻市1カ所
              貝塚市1カ所
○障がい者支援施設(生活)…高槻市1カ所 貝塚市1カ所
○生活保護施設…高槻市1カ所
○養護老人ホーム…大阪市内1カ所 高槻市1カ所(盲養護老人ホーム)
○介護老人福祉施設…大阪市内1カ所(特別養護老人ホーム)
○病院…大阪市32床
○学童保育事業(大阪市内)・無料低額宿所提供事業(大阪市)
○障害者のケアホームを22ケ所(大阪市旭区・城東区・鶴見区・高槻市・茨木市 島本町・枚方市)で開設運営
他に、訪問介護事業、訪問看護事業、通所介護事業、相談支援事業をすすめています。
本社郵便番号 536-0001
本社所在地 大阪市城東区古市1-20-82
本社電話番号 06-6931-0098
設立 1948年
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 916名(常勤職員:正規・臨時職員合計 2016年4月1日現在)
売上高 社会福祉法人のため社内規定により非公開
事業所 【大阪市城東区】
■法人本部事務局…大阪市城東区古市1-20-82
■城東特別養護老人ホーム (介護老人福祉施設)
 城東老人ホームデイサービスセンター
 ホームヘルプセンター 城東すみれ
■城東養護老人ホーム(養護老人ホーム)
■すみれ愛育館(福祉型障がい児入所施設)
 グループホーム すみれ青年の家
 すみれ愛育館・パン工房
■すみれ乳児院(乳児院)
 すみれこどもケアルーム(病児保育室)
■なかよしすみれ保育園 (保育所)
■すみれ保育園 (保育所)
■すみれ共同作業所 (障がい者通所施設)
 グループホーム かえでの家
 うぇるカフェ
■すみれ児童館(学童保育事業)
■関目寮 (無料低額宿所提供事業)
■すみれ病院(病院)
 すみれ訪問看護ステーション
 すみれ在宅支援センター
 すみれデイサービスセンター

【大阪市旭区】
■豊里学園(福祉型障がい児入所施設)
■あさひ希望の里(障がい者通所施設)
 旭区障がい者相談支援センター
 グループホーム あかつきの家・あかね

【大阪市生野区】
■東桃谷幼児の園(保育所)
 生野・天王寺地域子育て支援センター もこもこ 

【高槻市】
■高槻温心寮(救護施設)
 グループホーム まいぺーす 
■槻ノ木荘(盲養護老人ホーム)
 地域生活支援センター槻ノ木荘
■ひむろこだま保育園(保育所)
 ひろば ひだまり(高槻市地域子育て支援拠点事業ひろば型)
■三島の郷(障がい者生活施設)
 たけのこ
 地域生活支援センター らいと
 グループホーム ひまわり

【羽曳野市】
■高鷲学園(児童養護施設)
■高鷲保育園(保育所)

【松原市】
■阿保くすの木保育園(保育所)

【枚方市】
■南海香里のさと(障がい者通所施設)
 ワークなんかい
 グループホーム りんどう

【貝塚市】
■貝塚こすもすの里(障がい者生活施設)
 ワークセンター すっく 
■せんごくの里(障がい者通所施設)
 カフェ&ベーカリー 白いくも
職員数、平均年齢 正規職員    619名(男性227名・女性389名)
平均年齢     39.9歳(男性 40.4歳・女性 39.6歳)
2016年4月1日現在
平均勤続年数 11.0年(男11.9年・女10.4年 2016年4月1日現在)
平均給与 371,979円(2016年度)
沿革
  • 1948年(昭和23年)
    • 1948年8月16日 財団法人大阪同胞援護会設立(恩賜財団同胞援護会大阪府支部を改組)理事長に林文雄就任  この日を民間法人 社会福祉法人大阪福祉事業財団の創立日としています
  • 1980年(昭和55年)
    • ○福祉の総合誌「福祉のひろば」創刊。
      季刊誌として創刊発行しましたが、2000年4月より月刊誌として発行。(編集は「総合社会福祉研究所」発行は「大阪福祉事業財団」です)
  • 1988年(昭和60年)
    • ○法人創立40周年記念・「40年のあゆみ」を刊行する
      ○「総合社会福祉研究所」設立される。
  • 1994年(平成6年)
    • ○「実践報告集」第1集刊行 現在は 実践報告集「ひとつのこと」として 第19集(2013年3月)まで刊行しています。
      ○法人45周年記念事業として 海外研修事業(北欧等)を2年次にわたり実施:27名の法人職員を派遣。
  • 1998年(平成10年)
    • ○法人創設50周年記念事業「職員共済会館(うぇるほぅる)」完成。記念事業を実施。
  • 2001年(平成13年)
    • ○障害者生活支援施設「貝塚こすもすの里」(定員50名)を 貝塚市名越に新築開設し事業開始。
  • 2004年(平成15年)
    • ○(盲)養護老人ホーム「槻ノ木荘」(定員50名・高槻市)老 朽化にともない、全面改築する
  • 2008年(平成20年)
    • ○救護施設:高槻温心寮(定員200名・高槻市)全室個室化を はかり改築竣工する。
  • 2009年(平成21年)
    • ○福祉型障害児入所施設「すみれ愛育館」改築竣工(大阪市城 東区/定員65名)
      ○児童養護施設「高鷲学園」改築竣工(羽曳野市/定員100名)
      ○保育所「高鷲保育園」改築竣工(羽曳野市)
      ○法人創立60周年 記念式典及び記念事業実施する
  • 2010年(平成22年)
    • ○理事長 細貝大二郎 就任
      ○障害者生活介護事業所「せんごくの里」(貝塚市王子)を開 設し事業開始
  • 2011年(平成23年)
    • ○東日本大震災・福島第一原子力発電所事故発生・・救援活動 として物資輸送・義援金・人的派遣支援に取り組む
      ○すみれ病院病棟改修工事完了
  • 2012年(平成24年)
    • ○福祉型障害児入所施設「豊里学園」(大阪市旭区/定員80名)
       全面改築竣工(小規模ケアの生活支援実践を開始)
      ○障害者生活支援施設「三島の郷」(高槻市/定員100名)全面 改築竣工(全室個室のユニットケアの生活支援実践を開始)
  • 2013年(平成25年)
    • 〇ワークセンター「すっく」(貝塚市)竣工 事業開始
      〇すみれ保育園創立60周年を迎える(記念の集いを開催)
      〇城東福祉ゾーン構想マスタープラン報告説明会開催
  • 2014年(平成26年)
    • 〇松原市「阿保くすの木」保育園 開園(松原市で事業開始)
      〇すみれ愛育館ユニット改修工事完了
      〇なかよしすみれ保育園移転新得工事開始(大阪市城東区)
  • 2015年(平成27年)
    • 〇児童養護施設・高鷲学園(羽曳野市)小規模児童養護施設「たかわしホーム・うめのさと」開設
  • 2016年(平成28年)
    • 〇ひむろこだま保育園・分園新築、本園改築工事(4月完成)
      〇グループホームあすなろ・ハイジ新築工事(高槻市)
      〇南海香里のさと「生活支援センター」建築・事業開始
      〇あさひ希望の里改築・増築工事
      〇豊里学園小規模グループケア施設新築
月平均所定外労働時間(前年度実績) 平均 5時間(2015年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.7日(2015年実績)
前年度の育児休業取得対象者数  23名(男性9名・女性14名)
前年度の育児休業取得者数  14名(男性 0名・女性14名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員 33% (21名中 7名)
管理職 53% (64名中 34名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒536-0001
大阪市城東区古市1-20-82

社会福祉法人 大阪福祉事業財団 本部事務局総務部 山本政幸
  TEL:06-6931-0098
   FAX:06-6933-1699
URL http://www.zaidanosaka.or.jp
E-mail saiyou-s@zaidanosaka.or.jp
交通機関 ● 地下鉄長堀鶴見緑地線「今福鶴見駅」下車 1番出口を出て北へ徒歩15分
● 地下鉄今里筋線「新森古市」下車 1番出口から南へ徒歩15分
● 京阪「関目駅」、地下鉄谷町線「関目高殿駅」から南東へ、徒歩20分
● 阪急:上新庄駅前から【市バス86番】「鶴見5丁目」又は「鶴見6丁目」下 車、徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp100799/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人大阪福祉事業財団と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ