最終更新日:2017/10/2

マイナビ2018

マイナビコード
101521
  • 正社員
  • 既卒可

佐伯中央農業協同組合【JA佐伯中央】

現在、応募受付を停止しています。

本社
広島県
出資金
12億3,000万円(2017年3月31日現在)
貯金残高
1,745億円(2017年3月実績)
従業員
正職員173名、嘱託職員12名、パート職員90名(2017年6月30日現在)
募集人数
若干名

当組合は日本三景・世界文化遺産の一つ、安芸の宮島・厳島神社を間近にひかえ、廿日市市・大竹市の2市にまたがった管内で事業を行っています。

2018年度採用職員の採用試験について (2017/10/02更新)

学生のみなさん、こんにちは。

採用試験の受付を終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
JA佐伯中央本店の皆さん。職員同士の距離が近く、アットホームな雰囲気に包まれています。
PHOTO
市場の変化とともに、新たな企画や意見が未来のJAをつくります。そのため、自ら考え、提案・実行していく人材に期待しています!

地域に根ざし、地域に貢献したい方を求めています!

PHOTO

JA佐伯中央本店。農業を通じて活力ある地域づくりを目指し、事業を展開しています。

JA佐伯中央は、『私たちは、安心・安全・安定・信頼をかかげ、地域から必要とされるJA佐伯中央をめざします。』を経営理念に農と地域の発展に貢献するため、組合員や地域の皆様の立場に立って何ができるのかを考え、ニーズや時代に応じた事業活動を展開しています。
組合員ならびに地域の皆様にとって、農業技術の指導や農業に必要な資材をできるだけ安く共同で購入したり、身近で便利な総合金融機関として、また共済事業を通じ皆様の「人・家・車」暮らしを守る良きパートナーとしてありたいと考えています。未来を担う子供たちには「バケツ稲作り」や「親と子の野菜スクール」など開催し、体験することで安全・安心な食を考える食農教育活動に力を注いでいます。また、安心して暮らせる「暮らしづくり」「地域づくり」の為に女性部活動や訪問介護事業も活発にしております。

組合員、地域の皆様方に直に接し、農業を通じ、様々な事業を通じ、地域に貢献していく、このようなJA活動に共感できる方、廿日市市・大竹市の地域に根ざし自分の可能性を広げたい方、多くの方々と「人と人、心と心のつながりを大切に」触れ合って成長したい方、是非、私たちと一緒に明るく元気に仕事をしましょう!

会社データ

プロフィール

佐伯中央農業協同組合は『農産物の安全性』『低コスト生産』『農産物開発』『地産地消』『食農教育』への取り組みをはじめ、地域住民との『ふれあい交流活動』にも努め、協同組合精神である「相互扶助」を基に[人と人・心と心のつながり]を大切に、活力ある地域づくりを目指して事業を展開しています。

事業内容
■営農販売事業
野菜の都市近郊産地として、品質・鮮度保持を重視した生産やUVカット野菜の生産販売に取り組み、地域農業の振興と安定生産と供給・特産物づくりの促進を行い、安全・安心な農産物の供給のため、「農産物生産履歴記帳運動」に取り組んでいます。一般消費者向けにも、家庭菜園の指導を行っています。

■信用事業(JAバンク)
貯金、融資、為替などの業務を行っています。全国のJAグループがまとまった信用事業の総称を「JAバンク」と呼びます。JA佐伯中央では組合員及び地域住民の身近で便利なJAバンクを目指し、家計メイン化の促進、若年層への利用拡大のための商品開発にも取り組んでいます。
また、税務および年金、各種ローン等の相談業務も併せておこなっています。

■共済事業(JA共済)
共済事業は、万一の病気や災害に備え、JA共済の普及推進活動の展開と電算システムの導入によりご加入者の保全管理・事務処理等を迅速に対応しています。

■購買事業
購買事業では、肥料・農薬・農業生産に必要な資材の供給とともに、移動無線車による農機具修理の迅速対応や生産購買の集中[センター]化による配送対応を行っています。管内生産物の販売拡大のため、当JA独自のブランド米の開発や電算システムによる、顧客管理・販売システムの充実を図っています。

■管理事業
管理事業では、今後ますます加速する情報化社会に対応するため各事業においてコンピューターを導入し、絶えず地域の最新情報が交換できるようにネットワークシステムの充実を図っています。
また、機械化だけでなく、それぞれの地域ニーズに応えるため、組合員や地域住民のJA機関として、柔軟性・積極性・行動力のある職員を教育・育成することを目標としています。
本社郵便番号 738-0034
本社所在地 広島県廿日市市宮内4473-1
本社電話番号 0829-39-3232
設立 1974年4月
出資金 12億3,000万円(2017年3月31日現在)
従業員 正職員173名、嘱託職員12名、パート職員90名(2017年6月30日現在)
貯金残高 1,745億円(2017年3月実績)
沿革
  • 1974(S49)年
    • 佐伯中央農業協同組合発足
  • 1977(S52)年
    • 地御前支所オンラインシステム開通
  • 1980(S55)年
    • 全店舗オンラインシステム完了
  • 1992(H04)年
    • 佐伯中央農業協同組合の愛称をJA佐伯中央とする
  • 2001(H13)年
    • JA大竹市と合併「新生・JA 佐伯中央」発足
月平均所定外労働時間(前年度実績)  22時間/月(2015年実績)

採用データ

先輩情報

多くの人と接し成長できる!
Y.I
2015年
23歳
広島経済大学
経済学部 経済学科
宮園支店
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 佐伯中央農業協同組合 本店
総務部 人事課
TEL:0829-39-3232(代表) 050-5557-8071(直通)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp101521/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
佐伯中央農業協同組合【JA佐伯中央】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ