最終更新日:2017/8/23

マイナビ2018

マイナビコード
103446
  • 正社員

社会福祉法人東京老人ホーム

本社
東京都
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
9億6千万円(2016年3月期)
従業員
163名(2016年11月1日現在)
募集人数
1〜5名

幅広い事業と充実した制度でキャリアアップできる環境があります!

第二次募集を開始しました。 東京老人ホーム/採用担当 (2017/08/16更新)

みなさん、こんにちは!東京老人ホーム/採用担当の草野です。

2018年度介護職員の第二次募集を開始しました。

社会福祉士受験資格、または介護福祉士の資格を取得見込みの方で
当法人にご興味をお持ちの方は、まずは施設見学会にお越し下さい。

学生の皆さまとお会いできるのを楽しみにお待ちしています。


【連絡先】
社会福祉法人東京老人ホーム
採用担当 草野まどか
TEL 042-461-2230
e-mail office@tokyo-rojin-home.or.jp

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
私たちが利用者さんの生活を大事にするように、法人も私たち職員の生活を大事にしてくれている。だから気持ちよく仕事に向かえる。これが笑顔の秘密!
PHOTO
国の定めより長くとれる当法人ならではの育児休業制度をこれまで3回利用しました。今は職場の人の理解と協力を得ながら3人の子育てと仕事を両立し毎日が充実しています!

充実した就労環境があってこそ、職員は心を込めた介護サービスを提供できる。

PHOTO

「働く職員の豊かな心、自然に溢れ出る笑顔は、最良のご利用者支援を提供する上で欠かせないこと。だから職員待遇の充実に拘るのです。」と採用担当の草野さん。

【東京老人ホームの特徴。それは「職員待遇の良さ」にあります。】
法人創立から90年以上の歴史の中で「愛=人を大切にする心」を創立当初から理念に掲げていますが、これは当法人に関わるすべての方々へ向けられたものでもあり、特に職員に対しては働く環境の整備や給与・福利厚生の充実を図ることで、職員が心身ともに豊かな気持ちで仕事に取り組めるようにバックアップしています。

【職員待遇の改善〜ここ数年の歩み】
●定年制改正
 60歳定年から65歳定年へ
●住宅手当加算(25,000円)
 30才まで5,000円加算
●引越手当(50,000円)
 当法人への就職に伴い転居の場合
●職場復帰支援金(100,000円)
 産休または育休から復帰した職員
●子供祝い金(30,000円)
 小学校・中学校入学・卒業時 
●リフレッシュ休暇(5年毎連続9日間可)
 リフレッシュ手当10,000円支給
●スポーツ支援手当(3,000円)
 スポーツをした時、またはマッサージをした時に支給
●カフェ&Bar(ホーム別館で実施)
 職員交流の場を提供、飲食無料
●サークル活動発足(登山、マラソン等)
 補助金支給、運営補助

【職員と法人の風通しが良いのも特徴。トップにも気軽に意見を伝えられる環境があります。】
実はこれらの制度の全てが職員からの声を反映して実現した制度です。各職場の意見を拾い上げて実施している主任検討会から寄せられた意見であったり、または懇親会の席で「こんな制度が欲しい」とトップに気軽に伝えられる雰囲気の中から生まれたものもあります。一昨年導入した情報共有ツールでは、トップと直接意見を交換できるIT環境も整いました。
このように、様々なツールを活用して職員の声に耳を傾け、今後も職員のニーズを最大限に反映していきたいと考えています。

【どうしてここまで働く環境や職員待遇の充実に拘るのか?】
それは「働く職員の豊かな心」「自然に溢れ出る笑顔」が、最良のご利用者支援を提供する上で欠かせないことだと考えているからです。
働く職員が疲弊しては良いご利用者支援は生まれない。だからこそ、これからも職員が働きやすい環境の整備や待遇改善に拘り続け、職員のニーズを引き出しながら更なる充実を目指していくのです。

事務室 専門役 草野まどか

会社データ

プロフィール

【職員と共に考え、共に歩み、進化し続ける法人】
1923年の創立から現在に至るまで「愛=人を大切に思う心」を変わらぬ理念に掲げつつ時代のニーズを見出し、ご高齢者とそのご家族、そして働く職員の一人ひとりが豊かな生活を送ることが出来るよう日々進化しています。
全室個室の特別養護老人ホームの建設や、配食サービス、緊急通報システムの事業化、訪問看護ステーションの開設は、実施当時は先進的な取り組みでしたが、社会福祉法人の側から医療と福祉・介護の連携を進める点で意味がありました。
そして2014年10月には家庭的な雰囲気の小規模デイサービスを開始しました。
若手職員を中心とした「新しい取り組みを考える委員会」では、地域貢献の拡充を目指して検討を重ね、認知症を有する高齢者が主体的に関わり役割を発揮することができる「認知症カフェ」を2015年秋よりオープンしました。
今後も職員と共に考え共に歩みながら、時代のニーズに目を向けて地域で貢献できる法人としてチャレンジし続けます。

【職員のキャリア・アップを可能とする環境】
職員が安心して長く働ける環境こそが、職員のキャリア・アップを可能とします。
そのカギを握るのが研修制度と待遇と考えます。
研修制度では、新入職員が無理なくステップアップ出来るようOJT研修の責任者としてエルダーを選任し、一人ひとりに合った計画的な指導を実践しています。その後も勤続年数・職制に応じた研修が、キャリア・アップの一助となっています。
また、「グループディスカッション」、各部署の日頃の成果を発表する「実践研究発表会」は、職員一人ひとりに多くの学びや気づきを与える研修となっています。
待遇面では給与の充実はもちろんのこと、福利厚生としてリフレッシュ休暇の導入、職員間の交流の場である「カフェ&Bar」のオープンなどがあり、安心出来る仕事環境のもとチームワーク良く仕事に向かえる土台作りをしています。これらは職員の要望に耳を傾け実現した制度であり「職員も大切に!」と考える当法人の理念のあらわれです。

【多彩なキャリアを築ける環境】
高齢者福祉に関する9つの事業を展開している当法人の場合、ジョブローテーションにより多彩なキャリアを築いていけるという特徴があります。もちろん資格取得もバックアップしており、取得者には資格手当を支給し、働きながらスキルアップを目指す職員を応援しています。

事業内容

PHOTO

特別養護老人ホームめぐみ園
養護老人ホーム東京老人ホーム
軽費老人ホーム東京老人ホーム泉寮
めぐみ園ホームヘルプサービス
めぐみ園指定居宅介護支援事業所
めぐみ園訪問看護ステーション
デイサービスぽぽたん
富士町地域包括支援センター
西東京市高齢者配食サービス
本社郵便番号 202-0022
本社所在地 東京都西東京市柳沢4-1-3
本社電話番号 042-461-2230
創業 1923年
設立 1952年
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 163名(2016年11月1日現在)
売上高 9億6千万円(2016年3月期)
代表者 理事長 鈴木 浩
事業所 西東京市柳沢4-1-3
 ・特別養護老人ホームめぐみ園
 ・養護老人ホーム東京老人ホーム
 ・軽費老人ホーム東京老人ホーム泉寮
 ・めぐみ園ホームヘルプサービス
 ・めぐみ園指定居宅介護支援事業所
 ・めぐみ園訪問看護ステーション
 ・西東京市高齢者配食サービス
西東京市柳沢5-4-11
 ・デイサービスぽぽたん
西東京市富士町1-7-69
 ・富士町地域包括支援センター
平均年齢 正職員全体 38歳
特養ケアワーカー 32歳
平均勤続年数 正職員全体 8年
特養ケアワーカー 7年
給与モデル(年収) 【年収例】
●大卒、特養勤務の場合
 2年目 405万円
●短大・専門卒、特養勤務の場合
 2年目 395万円
沿革
  • 1923年
    • 日本福音ルーテル教会が関東大震災の罹災者救護事業として、東京都港区のスペイン公使館敷地内(当時の麻布市兵衛町)にバラックを建設し、母子と老人を受け入れ、社会福祉法人ベタニヤホーム及び当法人の事業のはじまりとなる
  • 1924年
    • 老人ホームは杉並区高円寺に移転、母子ホームも11月に本所菊川橋に移転
  • 1936年
    • 東京都北多摩郡保谷町に土地を取得、新築し移転
  • 1938年
    • 保護施設の認可を受ける
  • 1946年
    • 生活保護法による養老施設としての認可を受ける
  • 1950年
    • 東京都北多摩郡保谷町の土地を取得して菜園とする
  • 1952年
    • 社会福祉法人東京老人ホーム設立の認可を受ける
  • 1956年
    • 施設内診療所(内科のみ)の開設許可を受ける
  • 1963年
    • 老人福祉法により、養老施設は養護老人ホームとなる
  • 1964年
    • 養護老人ホームを新築
      軽費老人ホームを新築
      軽費(東京老人ホーム泉寮)の事業を開始(定員50名)
  • 1972年
    • 保谷市の高齢者に対する地域健康相談を開始(無料検診月1回)
  • 1973年
    • 地域の高齢者に対する配食サービス(保谷市、武蔵野市)を開始
      宮城県仙台市鶴ヶ谷5丁目17に鶴ヶ谷保育所希望園を新設(定員90名)
  • 1983年
    • 社会福祉法人鶴ヶ谷保育所希望園を設立、同事業を分離
  • 1990年
    • 東京都保谷市に特別養護老人ホームめぐみ園が完成
  • 1992年
    • 特別養護老人ホームめぐみ園の個室化工事完成(個室84室、4人室1室となる)
  • 1993年
    • 保谷市在宅介護ホームヘルパー派遣事業を開始
  • 1995年
    • めぐみ園在宅介護支援センター事業開始
      特別養護老人ホームめぐみ園の個室化工事完成(全室個室化完了、 個室2室増築、グループルーム新設)
  • 1999年
    • 介護保険による指定居宅介護支援事業者の指定を受ける
  • 2000年
    • 介護保険制度開始、特別養護老人ホームめぐみ園は、介護老人福祉施設となる
      保谷市高齢者センター「きらら」事業受託。(デイサービス事業)
  • 2006年
    • 富士町地域包括支援センター事業を西東京市より受託
  • 2010年
    • めぐみ園訪問看護ステーション事業開始
  • 2013年
    • 西東京市高齢者配食サービスを西東京市より受託
  • 2014年
    • デイサービスぽぽたん事業開始
  • 2015年
    • 認知症カフェ「おひさまカフェ」運営開始
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 42%(2016年度実績 管理職12名中 女性5名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒202-0022 東京都西東京市柳沢4-1-3
社会福祉法人東京老人ホーム
事務室 専門役 担当:草野
TEL:042-461-2230
URL http://www.tokyo-rojin-home.or.jp/
E-mail office@tokyo-rojin-home.or.jp
交通機関 西武新宿線「西武柳沢駅」より徒歩12分
JR中央線「三鷹駅」より バス「柳沢駅」行き「武蔵野北高校前」下車
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp103446/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人東京老人ホームと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ