最終更新日:2017/12/26

マイナビ2018

マイナビコード
104322
  • 正社員
  • 既卒可

中井青果(株)

本社
大阪府
資本金
4,000万円
売上高
76億円[2016(平成28)年3月]
従業員
正社員37名 アルバイト・パート19名 ※2017(平成29)年2月1日現在
募集人数
6〜10名

【大阪市福島区・転勤なし】生活に欠かせない「野菜」の流通を通じて、「食」に関わる全ての人を幸せに! ☆会社説明会の予約受付中☆

説明会個別対応中! 説明会から内定まで1か月以内【梅田から2駅】 (2017/12/26更新)

こんにちは! 中井青果株式会社の採用担当:土田しのぶです。

弊社では、「青果物の流通を通じ、消費者の方の安心・安全な食生活へ貢献する」という使命を達成するため、新たな人材を募集しています。

大阪市中央卸売市場内で開催する説明会では、
業界のことも会社のことも詳しくお話ししますので、ぜひご参加ください。
普段はなかなか入れない「市場」もご案内します!

日程は個別に調整可能です。
来場可能な日程で開催しますので、気軽にご連絡ください。

「食」という、人生から切り離せない分野で働くことの楽しさを、一緒に実感してみませんか?
エントリー・ご質問などもお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
最も高額を提示した買い手(仲卸業者)が売り手(卸売業者)から青果を買い受けるセリ風景。将来はセリ人の資格にもチャレンジできます!
PHOTO
西日本最大の卸売市場「大阪市中央卸売市場」における野菜部門第1号の企業が中井青果です。創業以来60年以上、安定した経営を続けています。

少々の失敗にめげず、新たな事業スタイルの創造を担う人に来てほしい

PHOTO

野菜という商材をどのように消費者にアピールし、商機を広げていくことができるか、みなさんの柔軟な思考と行動力で取り組んでください。

私たちは創業から60年余り、西日本最大の卸売市場「大阪市中央卸売市場」を拠点にした青果仲卸企業として、生産者から消費者までを結ぶコーディネーターの役割を担ってきました。

近年、市場環境の規制緩和が進んだことで、青果流通業界は大きな変革期を迎えています。そこで私たちは、あらゆる角度から消費者の食生活を見つめなおし、「食」に関わる企業として新たな事業スタイルの創造へ向けてチャレンジを始めています。たとえば、消費者の「ほしい!」に応える商品や新しい販売チャネルの開発、商品供給面以外におけるサービスの充実などなど。

人の生活を根本的なところから支えている「食」のフィールドにはまだまだ多くのビジネスチャンスが秘められています。そこで求めているのが、この魅力的なフィールドで新たな事業スタイルを創造する探求心と情熱、行動力を持った人材です。私たちにとっても未知への挑戦ですから、少々の失敗は当たり前だと考えて、長い目であなたの成長をサポートしていくつもりです。ですから、自分で限界を作らずに前へ突き進んでいけるやる気のある人。少々の失敗にもめげず、それを糧に成長していける人。そんな前向きで挑み続ける人に、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。
(代表取締役社長 中井基文)

会社データ

プロフィール

中井青果株式会社は、創業以来60年以上続く、大阪市中央卸売市場の「青果仲卸企業」です。

「仲卸業」は、大阪市から許可を受け、卸売市場内で店舗を構えて、仕入販売を営む業者のこと。
卸売企業(荷受企業)様から相対取引やセリによって野菜を仕入れ、その仕入れた品物を販売店様(スーパー・八百屋など)へ販売しています。

大阪市中央卸売市場は、東京の大田・築地市場に次いで、日本で3番目の流通量を誇る市場です。
この西日本最大の市場で、当社は市場流通青果の取扱量トップクラス。
生活に欠かせない「野菜」を扱う当社の魅力は、なんといっても抜群の「安定性」です。

事業内容

PHOTO

【青果仲卸業】
創業以来60年以上に渡り、本業の「野菜の仲卸業」に注力しています。

それに加え、平成24年には「果実仲卸業」の会社を傘下に加えて、青果の総合仲卸が可能になりました。

また、同じく平成24年に青果加工施設を市場内に開設し、販売店様のニーズに応じて細かい単位への仕分加工(袋詰めなど)も行っています。
野菜や果物の魅力をよりアピールできる、オリジナルパッケージの提案が好評です。

平成26年には野菜・果物の輸出事業を立ち上げ、香港やシンガポールなどで販路を拡大しています。

人の生活を根本的なところから支えている「食」に関わる仕事であるため、「安心・安全」に最大限配慮することが大前提です。
その上で、流通の少ない青果の発見や商品開発、パッケージ開発などを通じて野菜や果物の魅力を発信し、消費者の健康と豊かな食生活に貢献していくことが私たちの使命です。
本社郵便番号 553-0005
本社所在地 大阪市福島区野田1-1-86 大阪市中央卸売市場内 東棟3F
本社電話番号 06-6469-5490
資本金 4,000万円
従業員 正社員37名 アルバイト・パート19名 ※2017(平成29)年2月1日現在
売上高 76億円[2016(平成28)年3月]
主な取引先 スーパー約20社、給食団体5社、小売店約50店、地方卸売団体約50店など
関連会社 (株)チャプター・ワン
(株)Nextフルーツ
(株)Nextベジタブル
経営理念 私たちは青果物を通して、広く社会の食文化に貢献します。
経営方針 常にお客様に役立つことを目標とします。
現状否定の精神で改革し進歩することに努めます。
感情豊かな人間関係で社員やその家族、縁ある総ての人の幸せを求めます。
全社員が一丸となってより高い目標にチャレンジします。
全社員が胸を張って自慢することができる会社を目指します。
全社員が未来を託すことができる会社を目指します。
沿革
  • 昭和24年 4月
    • 中井商店 創業
  • 昭和48年 4月
    • 中井青果(株)設立
  • 昭和49年 12月
    • 大阪市中央卸売市場内に第1低温貯蔵庫を増設
  • 平成2年 11月
    • (株)チャプター・ワン 設立(外食食材事業)
  • 平成21年 4月
    • 玉川事業所に低温貯蔵庫を新設
  • 平成22年 8月
    • 大阪市中央卸売市場内に第2低温貯蔵庫を増設
  • 平成24年 3月
    • (株)Nextベジタブル(食品加工事業)設立及び
      果実仲卸の(株)Nextフルーツをグループ化する
  • 平成24年 7月
    • 大阪市中央卸売市場内に第3低温貯蔵庫を増設
  • 平成26年 11月
    • (株)Nextベジタブルの加工範囲増強のため
      大阪市中央卸売市場内に第2加工場を増設
  • 平成29年 4月
    • 果実部門の営業力強化のため
      果実仲卸の(有)牛山商店をグループ化する
平均勤続勤務年数 6.3年(2017年1月1日現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.5時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒553-0004
大阪市福島区玉川2-1-7 中井青果株式会社 玉川事業所
採用担当:土田しのぶ
TEL:06-6445-9125
URL http://www.nakai-seika.co.jp/
E-mail info@nakai-seika.co.jp
交通機関 JR大阪環状線 野田駅より徒歩10分
JR大阪環状線/阪神なんば線 西九条駅より徒歩10分
大阪市営交通 地下鉄千日前線 玉川駅より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp104322/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
中井青果(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ