最終更新日:2017/7/27

マイナビ2018

マイナビコード
104917
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

(株)吉銘

本社
奈良県
資本金
7,200万円
売上高
147億円 (2016年12月実績)
従業員
180名(2016年12月現在)
募集人数
6〜10名

住宅資材のトータルサプライヤーをめざして。

★採用担当者からの伝言板 (2017/06/27更新)

当社ページをご覧いただき、ありがとうございます。

皆様のエントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
消費者の新しいニーズに常に目を向け、スピード感をもって対応するため、一軒ごとに寸法が異なる注文住宅向けの製品では、邸別の出荷・流通システムを確立しています。
PHOTO
柔軟な組織とスピーディな取り組みで、若手がどんどん前に出て活躍できる社風を確立。30代の役職者もどんどん誕生、新卒者も遠慮なく実力を発揮していただけます。

先進の技術と木のプロならではのワザが融合、吉銘ならではの仕事を追求できます。

PHOTO

22年目の森本哲司さん。入社半年でOEMの製造室を立ち上げ、2年目には配送センターを、その後も五条工場や田原本工場を立ち上げ、37歳で本社工場長に就任。

■限りある資源を有効活用する集成材
フシ、割れや目切れなど木材特有の欠点を除いた良材のみを集成接着し、天然木の約1.5倍の強度を実現した集成材。さらに近年では木質構造では困難とされていた曲線部材・大スパン架構などが実現可能となり、教会や木質ドーム・橋梁などが造られるようになっています。吉銘では限りある森林資源を有効活用するため、昭和28年には早くも集成材の製造・販売をスタート。100%檜を使った集成材や、芯に間伐材を使用した物など、吉野で木を生業としてきた私たちならではの製品造りを行ってきました。

■先進のシステム導入で生産を自動化
表面に化粧銘木を貼り、長押や敷居・鴨居などに加工する当社の和室造作材。注文住宅向けのものだけに一つひとつ寸法が異なり、自動化が非常に難しい物でした。そこで当社では先進のプレカットシステムを導入し、化粧単板の接着ライン工程と一貫生産システムを確立。コンピュータ管理による邸別の出荷体制を可能にしたのです。おかげで化粧貼和室造作材においては、全国各地に大きくシェアを拡げています。今後も新たな製品開発・製造システムに積極的にチャレンジし、さらなる成長を狙います。

■大手ハウスメーカーともタッグを組んで
住宅メーカーとの共同開発にも、積極的に取り組んできました。和室造作材のみならず、洋室造作材、構造用集成材など多種多様なOEM製品を製造・加工しています。住宅メーカーのニーズをカタチにできる技術力に加え、木のプロならではの品質の高さと安定した調達力、さらには生産・流通一貫システムが、私たちの何よりの武器となり現在約7割がハウスメーカーとの直接取引となっています。

■若手が活躍できる好環境あり
老舗ながら若手が多く在籍し活躍する吉銘。代表自身まだ43歳の若さとあって、入社年次に関係なく努力する者、成果を上げた者をどんどん登用しています。私自身、30代で工場長を拝命しました。そのため意思決定も早く実現するまでがとてもスピーディ。ストレスがなく仕事に取り組めます。

会社データ

プロフィール

ライフスタイルが大きく変化するなかで、人々の住まいに対する意識も、充足から質の重視へと変わりつつあります。高級化・多様化する消費者ニーズに対応するとともに、最近では、高齢化社会にふさわしい新しい形態の住まいづくりの提案も必要とされています。こうしたなかで吉銘は、カラーコーディネートされた和洋室システム部材をはじめ、消費者のニーズを見極めた商品づくりを行うとともに、個別分散した建築現場に即応する生産・流通システムの構築を推し進めています。生産から販売・流通まで、すべての情報を有機的に結合させ、トータルマーケティングの視点から、家づくりの新しい時代に応えていきます。

事業内容
当社は、注文建築に最適な素材である集成材をメインに取り扱っています。
とくに造作用集成材には、注文建築に幅広く利用できるように、さまざまな部材が揃っており、施工空間・用途に応じて、最適の建築素材を選定することができます。
当社では、造作用集成材に関して充実したラインアップで皆様のニーズにお応えするべく独自の加工で現場のご要望に応える製品構成を行っています。
本社郵便番号 638-0045
本社所在地 奈良県吉野郡下市町大字新住1118
本社電話番号 0747-54-2310
創業 1950(昭和25)年4月1日
設立 1970(昭和45)年1月1日
資本金 7,200万円
従業員 180名(2016年12月現在)
売上高 147億円 (2016年12月実績)
事業所 本社(工場・営業・管理本部)
特販部
五條工場
田原本工場
児玉工場
札幌支店
福岡営業所
主な取引先 住友林業(株)・住友林業フォレストサービス(株)・積水化学工業(株)・旭化成ホームズ(株)・大和ハウス工業(株)・(株)土屋ホーム・(株)日本ハウス・他大手住宅販売業者・商社及び全国建築資材問屋約500社
沿革
  • 昭和25年4月
    • 貝本商店の創業
      (創業者 貝本 輝司)
  • 昭和28年4月
    • 業界に先駆け集成材の製造販売開始
      (当社 元祖)
  • 昭和45年1月
    • 貝本木材工業(株)を新たに設立
      貝本 輝美が代表取締役社長に就任
  • 昭和50年6月
    • (株)吉銘に社名変更
  • 昭和52年9月
    • (株)吉銘福山を設立
  • 昭和52年10月
    • 販売管理システムを導入、販売管理の能率アップを図る
  • 昭和58年8月
    • 福岡営業所の開設
  • 昭和61年4月
    • 吉野銘木製造販売(株)の集成材工場を製造部門として吸収
  • 昭和62年3月
    • 東京支店の開設
  • 平成2年3月
    • 資本金 7,200万円に増資
  • 平成5年9月
    • 全自動別注造作材プレカットライン完成(和室造作:本社工場)
  • 平成6年2月
    • 五條工場新設(パネル工場)
  • 平成6年9月
    • 札幌営業所開設
  • 平成12年6月
    • ISO9002認証取得
  • 平成14年4月
    • 田原本工場新設(構造材工場)
  • 平成15年3月
    • 貝本木業(上海)有限公司設立
  • 平成15年4月
    • ISO9001認証取得
  • 平成16年10月
    • 本社を現住所に移転
  • 平成18年3月
    • エコアクション21認証取得
  • 平成20年1月
    • 貝本 輝美が代表取締役会長に就任
      貝本 隆三が代表取締役社長に就任
  • 平成26年8月
    • 埼玉県に児玉工場新設(プレカット、構造材工場)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 管理本部:小西まで連絡してください。
TEL:0747-54-2310
URL http://www.yoshimei.co.jp/index.html
E-mail kojyo-soumu@yoshimei.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp104917/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ