最終更新日:2017/9/22

マイナビ2018

マイナビコード
106705
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人 横浜社会福祉協会

本社
神奈川県
資本金
社会福祉法人のため、ありません
売上高
37億3,000万円[2015(平成27)年3月決算より]
職員
682名[正職員444名、非常勤職員ほか238名/2017(平成29)年1月現在]
募集人数
16〜20名

「福祉の追求」を信条に、うつりゆく時代の中で常に真の福祉を追求するチャレンジャーでありたい。

  • 積極的に受付中

横浜で福祉をめざす皆様へ。 こちらは横浜社会福祉協会です。 (2017/08/11更新)

皆様。こんにちは!
人事担当の志村です。

横浜社会福祉協会は、昨年4月にオープンした特別養護ホーム 梅の木ホームを含め、現在13事業所を展開しております。

福祉を追求し続ける私たちは、平成30年春に卒業する皆様の力を求めています。
学部・専攻は問わず「人のために何かしたい!」という志のある方を歓迎します。
誇りある福祉の仕事にあなたもチャレンジしませんか!

横浜社会福祉協会は法人セミナーを毎月2回開催。
8月のセミナーは27日(日)と30日(水)に実施いたします。
予定している内容は
・横浜社会福祉協会が実践する福祉の今とこれから
・福祉現場の見学
・若手職員との懇談   
となっております。

皆様のお越しをお待ちしております。


お問い合わせ先
 〒232-0033  横浜市南区中村町5-315
  電話 045-251-5907 担当 志村まで

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
法人本部を兼ねる横浜市南区の「清明の郷」。ご利用者の生活にも働くみんなにも、施設は適切な環境であるべきだと考えています。
PHOTO
4月に実施される入社式及び研修。長野採用の職員も横浜に宿泊して研修を行います。横浜と長野の貴重な交流機会です。

真の福祉を追求する挑戦者として、必要な情熱を持つ職員が集う法人でありたい。

PHOTO

平成24年4月より理事長に就任した小林です。一般企業を経験し、福祉の現場を経験してきました。新たな時代の福祉に挑戦していきたいと思います。

私たちは、戦後の混乱期に住む場所を失い、仕事を失い、体に不自由を負った多くの方々に真っ先に福祉を提供した団体が起源となります。

当時は、現在のような確立された社会保障制度もありませんでした。
ご利用者支援のためのあらゆる努力と工夫を惜しまず、ご利用者の生活を守るため、変化する時代の中で挑戦を繰り返してきました。

その努力と挑戦が評価され、「横浜社会福祉協会」として横浜を名乗りながらも、長野県でも事業を展開しています。

私たちは戦後から現在まで、変化する時代の中で、常にご利用者の幸福を守るため努力をしてきました。その姿勢の一端として、戦後の団体発足時、不安定な情勢の中でも職員の正規雇用を進めました。
なぜなら、ご利用者の幸福を守るためには、それを支える職員の安心と幸福が欠かせないことを知っているからです。

これからも私たち「横浜社会福祉協会」は、変化する時代の中で、ご利用者の幸福を継続的に守るため、様々な挑戦を続けます。
そして、その幸福を守る職員の思いを守るため、より良い職務環境の整備に努めてまいります。

介護って専門的な知識や技術を持っていないと始められないんじゃないの?

福祉には知識と技術が確かに必要です。でも知識と技術は学ぶことで得ることができます。
私たち横浜社会福祉協会は、歴史に根差した確かな知識と技術を持っています。
そして、採用された皆さんには等しくその知識と技術をお教えします。

福祉に真に必要なのは「学ぼうとする心」です。
福祉は「人」を相手にする仕事であり、「人」は十人十色、どんなプロでも現在持っている技術だけですべてを解決はできません。
日々進歩する介護の技術を積極的に吸収し、目の前にいるご利用者に接する中から学びを見つけ、「真摯に学ぶ心」でそれに応える。
福祉とはそういうものなのではないかと私は思います。

福祉をやりたい!これからの福祉に挑戦したい!
そんな皆さんをお待ちしています。
                            理事長 小林進

会社データ

プロフィール

横浜社会福祉協会は、神奈川県横浜市、長野県の県東と県央で高齢福祉、障がい福祉に根差した活動をしています。

私たちは、ご利用者様に『変わらない幸福』を提供できる法人であり続けたいと思っています。
しかし、時代は変わります。人も変わります。
そういった中で、本当に『変わらない幸福』とは何なのでしょうか。
私たちは考えます。
『変わらない』でいるためには、『福祉が変わらなくてはいけない』のだと。

昨年4月、私たちの新しい施設が開所いたしました。

法人の集大成として、この施設をどう運用してゆくのか。
「変わらない」福祉を提供していくために、何を「変える」のか。
私たちの大きな挑戦です。

もちろんこれにとどまらず、私たちは「これからの福祉」をめざし、さらなる事業展開を見据えて、挑戦を続けます。

事業内容

PHOTO

法人パンフレット。13名の職員がメッセージを送っています。

■救護施設
■特別養護老人ホーム
  特別養護老人ホーム事業
  短期入所生活介護事業
  通所介護事業(南太田ホームに併設)
■横浜市地域ケアプラザ
  地域包括支援事業
  地域活動交流事業
  通所介護事業
  居宅介護支援事業
  ※地域ケアプラザ=横浜市地域ケアプラザ条例に基づく事業です。
   地域のボランティア等の活動・交流を支援
   福祉に関する相談(高齢・障がい等の分野を問わず)への助言・調整
   介護予防支援・居宅介護支援としてのサービスコンサル
■障がい者就労支援型施設
  就労移行支援事業
  就労継続支援B型事業
  短期入所事業
  ※就労継続支援B型事業として「カフェこっとーね」を運営。
   喫茶、スイーツ、ランチを地域の皆様にご提供しています。
■指定障がい者支援施設
  指定障がい支援施設事業
  短期入所事業
法人本部郵便番号 232-0033
法人本部所在地 神奈川県横浜市南区中村町5-315
法人本部電話番号 045-251-5907
創業 1952(昭和27)年7月 戦後の混乱期に生活困難者への宿所提供を開始する
設立 1978(昭和53)年1月27日 社会福祉法人格取得
資本金 社会福祉法人のため、ありません
職員 682名[正職員444名、非常勤職員ほか238名/2017(平成29)年1月現在]
売上高 37億3,000万円[2015(平成27)年3月決算より]
事業所 救護施設 清明の郷
特別養護老人ホーム 横浜市天神ホーム
特別養護老人ホーム 新山下ホーム
特別養護老人ホーム 南太田ホーム
特別養護老人ホーム 本牧ホーム
特別養護老人ホーム 梅の木ホーム
横浜市新山下地域ケアプラザ
横浜市不老町地域ケアプラザ
横浜市永田地域ケアプラザ
障がい者就労支援型施設 鶴見ワークトレーニングハウス
指定障がい者支援施設 千曲園
指定障がい者支援施設 佐久療護園
指定障がい者支援施設 霧ヶ峰療護園
沿革
  • 昭和27年7月
    • 戦後の混乱により、家や家族を失ったり、体が不自由になり、行き場所を失った方々のために、屋根と食事を提供するため宿泊施設を開設する。
  • 昭和29年12月
    • 宿泊施設を宿所提供施設に変更。
  • 昭和31年5月
    • 財団法人横浜労務者福祉協会を設立。
  • 昭和34年5月
    • 名称を財団法人横浜社会福祉協会に変更。医療を必要とされる方に対応するため天神診療所を新設する。
  • 昭和37年12月
    • 宿所提供施設を廃止、救護施設天神寮80名を同地に設置する。
  • 昭和42年12月
    • 福祉ニーズの増加に対応するため、本館を建設、救護施設天神寮定員100名を増設し、定員180名に変更。
  • 昭和49年9月
    • 高齢福祉のニーズに対応するため、新館を建設。特別養護老人ホーム天神ホーム定員50名、ショートステイ6名を開設。
  • 昭和53年1月
    • 社会福祉法人の設立認可を受け、経営を移管する。
  • 昭和56年4月
    • 長野県南佐久郡佐久穂町に身体障がい者療護施設(現在は指定障害者支援施設)千曲園 定員50名、ショートステイ2名を開設。
  • 平成元年4月
    • 長野県諏訪市に身体障害者療護施設(現在は指定障がい者支援施設)霧ヶ峰療護園 定員50名、ショートステイ4名を開設。
  • 平成元年4月
    • 横浜市鶴見区に精神障がい者通所授産施設 鶴見ワークトレーニングハウス 通所者20名を開設(現在は建替えもあり施設区分及び定員を変更済み)。
  • 平成3年4月
    • 長野県南佐久郡佐久穂町に身体障がい者療護施設(現在は指定障がい者支援施設)佐久療護園 定員87名、ショートステイ4名を開設。
  • 平成4年5月
    • 横浜市中区新山下に特別養護老人ホーム新山下ホーム 定員54名、ショートステイ16名を開設。
      ※横浜市中区で初の特別養護老人ホーム
  • 平成4年5月
    • 横浜市中区新山下に横浜市新山下地域ケアプラザを開設。通所介護35名を併設。
  • 平成8年7月
    • 横浜市中区不老町に横浜市不老町地域ケアプラザを開設。通所介護35名を併設。
  • 平成11年11月
    • 横浜市南区永田南に横浜市永田地域ケアプラザを開設。通所介護44名を併設。
  • 平成12年4月
    • 横浜市南区南太田に特別養護老人ホーム南太田ホーム 定員60名、ショートステイ40名、通所介護20名を開設。
  • 平成12年11月
    • 横浜市中区本牧原に特別養護老人ホーム本牧ホーム 定員60名、ショートステイ40名を開設(現在は特養定員80名、ショートステイ20名)。
  • 平成16年7月
    • 横浜市天神ホームを横浜市浦舟町の浦舟複合福祉施設内に移転。定員を72名、ショートステイ8名に変更。
  • 平成18年4月
    • 救護施設天神寮の建て替え工事を完了。名称を清明の郷に変更し、定員を190名に変更。
  • 平成24年3月
    • 鶴見ワークトレーニングハウスの建て替え工事を完了。就労移行施設となる。
  • 平成24年4月
    • 千曲園の耐震化及び消防設備向上のための建て替え工事を完了。
  • 平成26年6月
    • 本牧ホーム内に居宅介護支援センターを新設。
  • 平成28年4月
    • 横浜市保土ヶ谷区上菅田町に特別養護老人ホーム梅の木ホーム
      定員100名、ショートステイ20名を開設。
平均勤続勤務年数 8.8年[2015(平成27)年度実績]
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2.7時間[2015(平成27)年度実績]
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 7%[2014(平成26)年度]

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒232-0033
神奈川県横浜市南区中村町5-315 

社会福祉法人 横浜社会福祉協会
法人本部 人事係長 志村 正
TEL:045-251-5907
URL http://www.yoko-fukushi.or.jp/index.html
E-mail shimura@yoko-fukushi.or.jp
交通機関 横浜社会福祉協会 本部(救護施設 清明の郷に併設)まで
横浜市営地下鉄 吉野町駅下車、一番出口より徒歩約15分です。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp106705/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 横浜社会福祉協会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人 横浜社会福祉協会 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ