最終更新日:2017/3/1

マイナビ2018

マイナビコード
107580
  • 正社員
  • 既卒可

(株)竹徳

本社
東京都
資本金
3,600万円
売上高
41億円(2017年2月実績)
従業員
39名
募集人数
若干名

【創業110年】総合建設会社です

◆◆採用担当者からの伝言板◆◆ (2017/03/01更新)

2018年度卒の新卒採用を開始いたしました。

現在、本社ビル建設計画中です。
詳細は、弊社ホームページ立川再構計画を参照ください。
新本社ビルは、2018年7月竣工予定となってます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
竹徳は1905年に創業した約110年の歴史を誇る老舗である。当初は卸売からスタートしたが時代の変遷とともに建設業に進出し、確かな実績を残してきた
PHOTO
虫がその形態を変化させるように、企業も状況に応じて変わっていかねばならない。そんな思いを込め、現社長は「蛻変(ぜいへん)の経営」を掲げ、実践している

現場でのものづくりを通して成長する自分がいる〜2013年入社の若手からのメッセージ

PHOTO

下村さんは「職人さんとの話し合いが中心の仕事ですので、コミュニケーション力が何よりも重要です。意外とPCスキルも大切だということを頭に入れてほしいです」と語る

私が建築の道に進もうと思ったのは、建築工事の現場監督をしていた父の影響。中学生のときに父の現場を見にいった際、何もない状態から設計図通りに建物が建っていく様子を見て純粋に“すごいな”と感じたことから、建築の勉強をすることにしました。当然、就職活動でも建築業界を見ていきましたが、最終的に竹徳に入社したのは、確かな知識を持った先輩方が現場の最前線で活躍している点に共感したのが決め手となりました。

弊社にはマンションや商業施設などを得意とする「建築工事部」と、電力会社や工場内の建物をつくる「規格建築部」の2種類の事業部があります。私は前者の建築工事部の一員となり、研修を経て4月中旬には12階建てのマンションの建築現場に配属されました。最初は上司の指導の下で部材の名前を覚えたり、周辺の掃除をするところからスタート。慣れてくると各工程の写真の撮影や、実作業をしてくれる職人さんとのコミュニケーションを取りながら安全・品質・工程などの管理も任されるようになっていきました。

“怖そう”だというイメージを持たれる職人さんですが、話し込んでいくと親切で面白い方が多く、建築に関する知識もわかりやすく教えてくれました。上司の指導もとても丁寧でしたし、非常に恵まれた環境でキャリアをスタートさせることができたと感じています。

もちろん、苦労も絶えませんでした。特に難しかったのが、意外と事務仕事が多い点。作業の報告書や図面の作成など、事務所のPCの前で作業している時間も長く、現場との両立に頭を悩ませました。ただ、それでも頑張ることができたのは、やはりものづくりの醍醐味にあふれた仕事だからこそ。1年目の終わり頃に担当案件が完成したのですが、足場がばれて(建築工事用の足場が外れること)建物の全体像が見えたときは、「こんな大きな建物を自分でつくったんだな」と感慨深い気持ちに包まれました。

仕事に慣れてきて、次第に“できること”が増えているのも喜びです。2年目になってから別の現場に移ったのですが、去年、覚えたことがスムーズにできるようになっていて1年目の苦労が無駄ではなかったのだなと実感しています。2年目の仕事をしっかりと吸収していけば、きっと3年目にはさらに広い視野から仕事に取り組むことができるようになるでしょう。さらなるレベルアップを目指して頑張り通したいですね。
【建築工事部・下村恭介】

会社データ

プロフィール

創業明治38年木材問屋から総合建設業へ業態転換を図り、千葉進出の足掛として営業所ビルを建設。
電力プラント関係構造設計事務所として長崎営業所を設置。
若年から年配者までの幅広い年齢構成で、社内の雰囲気は何でも相談がし易い、風通しのよい職場となっています。
21世紀の荒波の中に、弊社と運命を共に出来る方、同様の理念の下に結集出来る方、いかなる苦難をも共有出来る方を求めています。

事業内容
●建築工事および土木工事の企画・設計・施工
●建築物のリニューアル
●建築・土木工事のコンサルティング業務
●電力・プラント建設工事に係わる工事用建物・設備の計画・設計・施工
●仮設宿泊施設の運営
●プレハブハウス・ユニットハウス・テントハウス・什器備品の
 販売およびレンタル・リース
●建築・土木の設計・監理
●建築構造設計・耐震診断
●発電プラント関係構造物の構造設計・監理(国内・海外)
●土地有効活用・計画と開発  土地取得から商品化まで
●賃貸オフィス、マンション経営
●木材・合板・建設資材の販売
●住宅設備機器の販売・施工
●オフィスファニチャー、介護機器の販売
●老人福祉施設の運営 など
本社郵便番号 130-0023
本社所在地 東京都墨田区立川3-18-11
本社電話番号 03-3634-1661
創業 1905(明治38)年8月
設立 1951(昭和26)年3月
資本金 3,600万円
従業員 39名
売上高 41億円(2017年2月実績)
事業所 【営業所】東京・千葉・長崎
主な取引先 三菱重工業、三菱日立パワーシステムズ、東芝プラントシステム など、鹿島建設、他
沿革
  • 1905年
    • 初代 矢口徳三郎 墨田錦糸にて竹材商卸業を創業
  • 1913年
    • 現在の本社所在地に移転
      (建設資材及び仮設用足場丸太を
       主に都内小売業者を対象に取り扱う)
  • 1951年
    • 改組、販売先を建設業者直接取引とし、
      仮設鋼材のなかった時代仮設足場材を扱い大きく増伸する
  • 1965年
    • 現 規格建築部の前身『海外部』開設
      (海外プラント工事向 資機材をFOBベースで取り扱う)
      『不動産部』開設、自社賃貸マンション完成とともに
      経営に乗りだす
  • 1970年
    • 『建築部』開設
  • 1971年
    • 『海外部』、グアム島にてグアム発電所現地工事に参画
      (SV派遣)
  • 1974年
    • 江東区新木場に木材販売部門を移転し、東京営業所開設
  • 1975年
    • 現在の本社併設 竹徳マンション完成
      (テナント・賃貸マンション)
  • 1978年
    • 建設業許可・一級建築士事務所登録 取得
  • 1979年
    • 『海外部』三菱重工業(株)長崎造船所殿より
      サウジアラビア ヤンブー現地工事受注(FOB+現地工事)
  • 1980年
    • 同 サウジアラビア アルジュベール受注(初のフルターンキー受注)
  • 1983年
    • 長崎営業所開設、『設計部』(プラント構造設計部門)併設
      サウジアラビア ラビー受注
      コンサルタント居住施設(本工事)
      エネルギー工事(造水・電気)を併せ受注
  • 1984年
    • クウェート アズール受注
      (サウジからの資機材の輸出入にも関与)
  • 1992年
    • 千葉営業所開設 千葉市に「千葉竹徳ビル」完成
  • 1993年
    • 高齢化社会を見据え 老人福祉への貢献を果たすべく
      社会福祉法人設立準備に着手
  • 1996年
    • 社会福祉法人 青翠会 施設認可・開所
  • 2007年
    • 新木場竹徳ビル竣工
  • 2012年
    • 宅地建物取引業の免許取得・開業
  • 2013年
    • 長崎営業所 設計部 ISO9001認証取得
      不動産開発事業
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 5日
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 7%(28名中女性2名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒130-0023 東京都墨田区立川3-18-11
(株)竹徳 採用担当 齋藤
電話: 03-3634-1661
URL http://www.taketoku.jp/
E-mail information@taketoku.jp
交通機関 都営新宿線「菊川駅」下車徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp107580/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)竹徳と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ