最終更新日:2017/10/13

マイナビ2018

マイナビコード
108356
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

社会福祉法人 びわこ学園

本社
滋賀県
総資産
68億8,876万円
事業収入
42億0088万円(2016年3月実績)
職員数
全体650名
募集人数
1〜5名

社会に求められるあなたの力を育てます!【10,11月事業所説明会開催!!】

  • 積極的に受付中

【10月、11月事業所説明会開催!!】 (2017/10/13更新)

こんにちは♪♪

社会福祉法人びわこ学園です。

〜♪〜事業所説明会【見学・体験】ご予約受付中〜♪〜


11/ 1(水) センター草津

10/28(土) センター野洲

エントリーお待ちしております♪♪

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
医療福祉センター草津は1991年に現在の地に移転しました。医療・看護・リハビリ・療養それぞれが協力し合い利用者の生活を担っています。
PHOTO
医療福祉センター野洲は、2004年に現在の地に新築移転。利用者の24時間365日穏やかな暮らしを、利用者、職員、家族が一丸となって創り上げています。

障がいのある人々が心豊かに幸せでいられる社会を一緒に築いていきましょう。

PHOTO

びわこ学園にお越しいただき、風を感じてください。皆さんの「知りたい、聞きたい」の質問に丁寧にお答えします。分野を問わず多くの方との出会いを楽しみにしています。

【医療を中心に置く福祉活動で利用者を支えています】

びわこ学園が設立されたのは、今から50年前のこと。重い知的障害と身体の不自由な子供たちを支援する為、西日本で初めて「医療」と「教育」の両面を備えた入所施設としてスタートを切りました。

年月を経る間に、「入所・通所」「相談」「入院・外来」「社会参加のお手伝い」といった役割を担う拠点センターが県内の福祉圏域ごとに作られました。同時に滋賀県の受託事業や県全域の福祉支援に携わり、地域の理解と協力をいただきながら、びわこ学園からつながる輪を広げていきます。「入所か在宅か」の二択ではなく、より地域での生活に根差したものとして、2011年に重症児者に特化したグループホームを開設。2016年4月、2つ目となるグループホームを開設しました。

障がいのある方が、地域の一市民として "普通の生活" を送れ、尊厳を持って過ごせる様な社会創造へ、私たちの挑戦はまだまだ続きます。


【人との原点の関わりを通してあなた自身も豊かに成長して欲しい】

私たちは、利用者に障がいがあるが故の生きにくさに対し、支援を通じて、少しでも心地よい時間を感じていただくために日々活動しています。
第1には、医療の支援なしには生活することができない方々の命を守るということ、そのうえで、言葉でコミュニケーションをとることが難しい方たちの気持ちを理解するために、「本人さんはどう思ってはるんやろ」という原点から、その人とともに時間を過ごすことで、「介助される側・する側」の関係でなく心を通わせることを大切にしています。
最初はなかなかうまくできなかった食事介助や更衣も、ご本人のできることや思いをくみ取りながら、ご本人と2人で向き合うことで、ことがうまくいったときは「やった!」と2人同時に笑顔になれることがたくさんあります。
このように、人と人との原点のふれあいにはたくさんの学びや喜びがあり、自分自身を豊かにしていける素晴らしい時間が待っています。一生をかけて取り組める仕事がびわこ学園にはあります。ぜひ幅広い分野から志ある方に集まっていただき、学園を盛り上げていただきたいと願います。

多彩な職種の人間がかかわり合いながら仕事をする当園では、職員同士がとても仲が良く、職場はいつも朗らかな時間が流れています。ぜひ学園の朗らかな時間を体験しにいらしてください。

(理事長 山崎正策)

会社データ

プロフィール

びわこ学園は、重い障害のある人たちが生活する入所施設と地域で暮らしている障害児者の支援として、通所施設、ヘルパー派遣、訪問看護、相談支援などを行なっています。
将来どんな自分になりたいか、長期的な職務の展望がもてるよう、キャリアパスでキャリアアップ支援、また研修も充実しており、必要な知識や技術を学べます。
重い障害のある方との出会い…最初は戸惑うかもしれませんが、心をよせて交流し、喜びや悲しみを共に感じるなかで、生きる力強さや人間らしく生きることを学ばせてもらうことも多くあります。

事業内容

PHOTO

待ちに待ったお出かけの日。ショッピングセンターを散策し、コーヒータイムも楽しむステキな笑顔です。

【入所施設・病院機能】
  医療型障害児入所施設・療養介護事業
  障害者施設等一般病棟・特殊疾患療養病棟・療養病棟
  外来診療・診療所

【短期入所】
  短期入所(障害児・者)

【日中活動】
  日中一時支援
  生活介護事業(通所)
  大津市委託事業(生活介護・多機能型(生活訓練・自立訓練))

【訪問】
  訪問看護
  居宅介護(大津市委託事業含む)

【相談】
  滋賀県委託事業(障害児(者)地域支援ネットワーク支援事業・
         重症心身障害児者ケアマネジメント支援事業)
  大津市委託事業(生活支援センター・障害者相談支援機能強化事業)
  特定相談支援事業
  障害児相談支援事業

【居住】
  共同生活介護(グループホーム)

【余暇】
  野洲市委託事業(野洲市ホリデイスクール)
本社郵便番号 520-2321
本社所在地 滋賀県野洲市北桜978-2
本社電話番号 077-587-1144
設立 1963年
総資産 68億8,876万円
職員数 全体650名
事業収入 42億0088万円(2016年3月実績)
事業所 ●びわこ学園医療福祉センター
   ○草津 
   ○野洲
    【医療型障害児入所施設・療養介護事業所】
●びわこ学園障害者支援センター
   ○たいよう
   ○さんさん
   ○ピアーズ
   ○えがお
    【重症心身障害者通所施設 生活介護事業】
   ○ヘルプステーション ちょこれーと。
    【訪問介護事業]
   ○びわこ学園障害者支援センター
    重症児者相談支援センターびわりん
    【重症症児者ケアマネジメント支援・特定相談支援
    ・障害児相談支援事業】
   ○ケアホームともる
   ○ケアホームえまい(2016年4月開所)
   【グループホーム・共同生活援助事業】
   ○訪問看護ステーションちょこれーと。
   ○出張所 ちょこれーとぷりん。
   【訪問看護事業】
●知的障害児者地域生活支援センター(受託事業)
   ○生活支援センター
   【相談支援・居宅介護支援・虐待防止センター】
   ○さくらはうす   【生活介護事業】
   ○ひまわりはうす  【自立訓練事業】
●びわこ学園長浜診療所【診療所】
沿革
  • 1963
    • ・「第一びわこ学園」開園
  • 1966
    • ・「第二びわこ学園」開園
  • 1968
    • ・映画『夜明け前の子どもたち』完成
  • 1984
    • ・滋賀県立身体障害者更生援護施設「むれやま荘」受託
  • 1987
    • ・「抱きしめてBIWAKO」26万4千人が参加
  • 1990
    • ・滋賀県重症児通園モデル事業開始
  • 1991
    • ・第一びわこ学園 草津市へ移転、業務開始
  • 1994
    • ・「むれやま荘」受託事業終了
  • 2000
    • ・大津市立やまびこ総合支援センターの一部受託運営開始
      「知的障害児者地域生活支援センター」
  • 2002
    • ・「びわこ学園長浜診療所」開設
  • 2004
    • ・「第二びわこ学園」移転、業務開始
      ・映画『わたしの季節』完成
  • 2005
    • ・訪問看護ステーション「ちょこれーと。」を野洲市に開設
  • 2006
    • ・びわこ学園地域支援ステーション開所(草津)
  • 2007
    • ・二つの重症児施設を「びわこ学園医療福祉センター」に名称 変更
       第一びわこ学園を「びわこ学園医療福祉センター草津」
       第二びわこ学園を「びわこ学園医療福祉センター野洲」
      ・ヘルプステーション「ちょこれーと。」を野洲市に開設
      ・大津市大平に共同生活介護事業「ケアホーム大平」を開設
  • 2011
    • ・大津市大平に共同生活介護事業「ケアホームともる 」を
       開設し「ケアホーム大平」を廃止
  • 2012
    • ・長浜診療所移転
      ・守山市石田町に生活介護事業所「たいよう」を開設
      ・大津市障害者虐待防止センターの一部業務を受託開始
  • 2013
    • ・「訪問看護ステーションちょこれーと。」の出張所を設置
       愛称「訪問看護ステーションちょこれーと。ぷりん」
      ・創立50周年事業を開催
      ・記念誌びわこ学園の50年『生きることが光になる』の発行
  • 2014
    • ・長浜市小堀町に生活介護事業所「えがお」を開設
  • 2016
    • ・大津市障害者虐待防止センターの一部業務の受託終了
      ・野洲市南桜に共同生活介護事業「ケアホームえまい」を開設
月平均所定外労働時間(前年度実績) (2015年度実績)
スタッフ1人あたり 2.73時間/月
前年度の育児休業取得対象者数 2016年度
36名(女性33名  男性 3名)
前年度の育児休業取得者数 2016年度
34名(うち 女性33名  男性1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒520-2321
滋賀県野洲市北桜978-2 採用担当
TEL:077-587-1154

URL http://www.biwakogakuen.or.jp/
E-mail biwako@biwakogakuen.or.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp108356/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 びわこ学園と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ