最終更新日:2017/7/19

マイナビ2018

マイナビコード
109508
  • 正社員
  • 既卒可

高浜工業(株)

本社
愛知県
資本金
6億5,600万円
売上高
45億9,000万円(2016年3月末)
従業員
170名
募集人数
6〜10名

100年企業を目指して。窯業機械で培った技術をベースに、自動車組立ラインや搬送装置、環境設備などを手がける総合プラントメーカー

高浜工業(株)の画面にアクセスいただきありがとうございます!<エントリー受付中!!> (2017/06/27更新)

みなさんこんにちは!

高浜工業(株)採用担当です。
ただいま会社説明会の開催は未定となっております。
追加開催などありましたら、ご連絡いたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
産業機械事業と自動車部品を生産する鍛造事業を手がける高浜工業。窯業機械をはじめとする生産設備は、世界30カ国以上への納入実績があります。
PHOTO
セラミック業界では高い評価を得ている当社の窯業機械。瓦、タイル、食器などの製造ラインでは、製品の原料である粘土の混練から成型、乾燥まですべて自動で行います。

社内に蓄積した技術を活用して新たな事業展開を目指すほか海外市場を積極的に開拓

PHOTO

「当社では各分野の技術者がワンフロアに集結し、互いに協力しながらモノづくりを進める風通しのいい環境です」と語る松山事業部長。

■窯業機械、一般産業機械、環境プラント、自動車部品など幅広い事業領域
高浜工業は、瓦や煉瓦、食器、タイルなどのセラミック製品を製造するための窯業機械のトップメーカーです。窯業機械には原料の粉砕や混練、製品の成型や乾燥といった機能が求められます。当社では、ニーズに応じた専用設備を開発するとともに、各工程を組み合わせた製造プラントとして提供。その結果、多くの瓦、タイルメーカーや世界の有名ブランド食器メーカーに採用されています。
また、窯業機械やロボットなどの自動化技術を生かして、自動車のドアトリム組立ラインや搬送装置、粉体原料の供給装置、乾燥装置など特徴ある一般産業機械も手がけており、取引先の中には日本を代表する自動車関連メーカーや、大手セラミックメーカーが含まれます。このほか、基礎研究分野では賞を頂いた粘土瓦の再生システムや廃棄ガラスを利用した窯業原料などの成果を挙げ、また、路盤材のプラントなど環境関連技術や設備の開発も行っています。
さらに、もう一つの事業部門である鍛造事業部では、ハイブリッド車の発電系部品や駆動系重要部品、防振金具やナットなどの自動車部品製造も手がけています。

■機械、電気から化学まで多様な専門性が生かせる技術フィールド
当社の特徴は、お客様のニーズに特化した機械や設備を開発・製造しており、社内で設計から加工、組立、工場への据付や調整、その後のメンテナンスまで一貫して手がけていることです。モノづくりの流れをトータルに見渡せるため、仕事の面白さが実感できます。また、機械設計はもちろん電気設計、自動化システムの制御やロボットのプログラム、さらには窯業原料の分析といった化学分野まで多様な技術フィールドがあります。
近年は社内に蓄積した技術を生かして新たな事業の柱の構築に努めているほか、海外市場の開拓にも積極的に取り組んでいます。すでに当社の機械設備はアジア、北米、欧州など世界30カ国以上で納入実績があり、今後も大手取引先の現地生産への対応をはじめ、さらなるグローバル化を目指しています。このため、現地のマーケティングや機械の納入、調整などで社員が海外へ出張する機会も増えています。
当社は一人の社員が携わる領域が広いので、前向きな姿勢で仕事に取り組める人なら好奇心を持って新しいことにチャレンジしていけると思います。
(産業機械事業部長 取締役/松山 満)

会社データ

プロフィール

高浜工業は、昭和34年設立以来、つねに、“時代のニーズに応えた製品の開発”と“顧客本位のサービス”をモットーに、国内外有数のセラミックス機械設備の総合メーカーとして、また、熱間・冷間鍛工品の専門メーカーとして歩んでまいりました。

産業機械事業部では、窯業機械で培った技術を活かし、一般産業用機械設備や自動車、電気など最先端の分野にも応用し、事業を拡大しております。当社の機械を使って作られた食器は豪華客船、高級ホテルなどで使用されています。

鍛造事業部では、伝統の鍛造技術と自動機械設備を駆使して、各種精密鍛造品を生産し、自動車メーカーほか関連業界各方面から安定的な受注を得ております。例えば市場規模の拡大しているSUV車やアメリカで人気のあるピックアップトラックなどにも当社が製造した自動車部品が使われています。

創業70周年を迎えた当社は、100年企業を目指してこれからも成長を続けてまいります。

事業内容
■窯業機械設備・環境貢献型設備等一般産業用機械設備の製造、販売
■精密鍛工品の製造
本社郵便番号 444-1302
本社所在地 愛知県高浜市八幡町二丁目2番地1
本社電話番号 0566-52-5181
設立 1959(昭和34)年10月
資本金 6億5,600万円
従業員 170名
売上高 45億9,000万円(2016年3月末)
事業所 ●本社
〒444-1302 愛知県高浜市八幡町二丁目2番地1

●東濃営業所
〒509-5122 岐阜県土岐市土岐津町土岐口2179-5

●淡路営業所
〒656-0332 兵庫県南あわじ市湊687番地1

●島根営業所
〒695-0021 島根県江津市都野津町2350番地
主な取引先 <鍛造事業部関連>
アイシン精機(株)
アイシン・エイダブリュ(株)
(株)JTEKT
NTN(株)
大信精機(株)
津田工業(株)
(株)アイキテック
エヌイー(株)
(株)富士精機
万能工業(株)
京浜精密工業(株)
シンフォニアテクノロジー(株)
関戸機鋼(株)
(株)ニッセイ
浜松鉄工(株)
(株)ユニバンス
(株)メイドー
(株)メタルアート
(株)メタルテックス
柳河テクノフォージ(株)
ユタカ工業(株)
コンド―セイコー(株)

<産業機械事業部関連>
日本ガイシ(株)
トヨタ紡織(株)
ニッタイ工業(株)
(株)大倉陶園
鳴海製陶(株)
(株)岩福セラミックス
丸栄陶業(株)
三州野安(株)
マルスギ(株)
(株)丸長
(株)山房
(株)シバオ
(株)丸惣
近畿セラミックス(株)
光洋陶器(株)
カネスズセラミックス(株)
亀井製陶(株)
NGKキルンテック(株)
(株)栗本鐵工所  他(順不同)
納入実績国 アメリカ、韓国、台湾、中国、タイ、インドネシア、オーストラリア、ポーランドなど35カ国
沿革
  • 1947年
    • 碧海郡新川町(現碧南市)において創業
      鍛冶関鉄工所として窯業機械の製造販売を開始
  • 1959年
    • 高浜町(現高浜市)工場誘致条例適用の第1号企業として、当地に高浜工業(株)を設立
      (株)鍛冶関鉄工所から分離独立、精密型鍛造事業を開始
  • 1964年
    • (株)鍛冶関鉄工所の窯業機械の生産部門を吸収し、生販分離体制で営業
      高浜工業(株)…生産部門 (株)鍛冶関鉄工所…販売部門
  • 1967年
    • 岐阜県土岐市に東濃営業所を開設
  • 1972年
    • イギリスのサービス(エンジニアズ)社とカップ自動生産プラント等に関する相互技術援助契約を締結
      鍛造部門に最新の1,600トン型フォージングプレスの一環設備を導入し鍛造生産の合理化に着手
  • 1976年
    • 兵庫県洲本市に淡路営業所を開設
  • 1977年
    • 島根県江津市に島根営業所を開設
  • 1979年
    • (株)鍛冶関鉄工所を(株)カジセキに社名変更
  • 1982年
    • (株)カジセキと合併、生販一体化体制を確立
      ブランド名“カジセキ”で全国に普及
  • 1984年
    • コールドホーマーを導入し冷間鍛造分野の業務を強化拡充
  • 1985年
    • つくば科学万博にATM型全自動食器製造プラントを協賛出展
      科学技術庁長官賞を受賞
  • 1989年
    • 会社設立30周年社史を発刊
  • 1990年
    • 完成部品メーカーを目指し鍛造事業部を輸送機器事業部に改組
  • 2000年
    • 環境貢献型設備分野に進出
  • 2001年
    • 無焼成レンガプラントの開発に成功
  • 2002年
    • 輸送機器事業部(現:鍛造事業部)「ISO9001」認証取得
  • 2003年
    • 輸送機器事業部(現:鍛造事業部)「ISO14001」認証取得
      熱間鍛造1600tオートプレスを導入し熱間型鍛造の自動化に着手
  • 2005年
    • 「ISO14001」全社認証取得
      廃瓦再利用技術“シャモット”を三河窯業試験場と共同開発
  • 2006年
    • 経済産業省「平成18年度地域新生コンソーシアム」に採択
  • 2007年
    • 熱間鍛造2,000tオートプレスを導入
  • 2008年
    • 「2008愛知環境賞銅賞」受賞
  • 2013年
    • 中国 徳化協発光洋陶器有限公司に全自動食器製造プラント納入
  • 2015年
    • インドネシア ケラミンド社に平板瓦月産120万枚全自動プラント納入
  • 2015年
    • インドネシア ジャカルタPT Malvin Jaya Abadi内にコンタクトオフィスを開設
  • 2016年
    • 中国 金日陶瓷機械有限公司と製造委託契約締結
前年度の育児休業取得対象者数 3名(男性2名、女性1名)
前年度の育児休業取得者数 1名(男性0名、女性1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒444-1302
愛知県高浜市八幡町二丁目2番地1
高浜工業(株)(本社)
採用担当(総務部 伊藤)
TEL:0566-52-5181
URL http://takahama-ind.co.jp/index.html
E-mail roumu@takahama-ind.co.jp
交通機関 名鉄三河線「吉浜駅」より徒歩20分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp109508/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
高浜工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ