最終更新日:2017/9/22

マイナビ2018

マイナビコード
110997
  • 正社員
  • 既卒可

(株)古賀歯車製作所

本社
福岡県
資本金
1,000万円
売上高
7億2,000万円
従業員
50名(2017年3月現在)
募集人数
1〜5名

『90年の歴史を誇る歯車専門メーカー』『確かな技術力とノウハウ』であらゆるサイズ・加工条件の歯車を製造!『お客様のニーズ』に合わせた高品質のラックギヤを提供!

◆◇◆東京・九州で開催決定!歯車で世界を目指す『古賀歯車製作所』の説明会にご参加ください!◆◇◆ (2017/08/09更新)

『★★まもなく創業100周年★★』

動力伝達に欠かせない『歯車』
その歯車専門メーカーとして高い技術力と品質で同業他社からの依頼がある当社。
幅広い産業は勿論、航空宇宙産業でも当社の製品が使われています。

創業以来、顧客のニーズに応えながら時代の変化に対応し事業を継続してきた当社。
脈々と受継がれてきた「ものづくりの誇り」と「技術者としてのこだわり」は、社員から社員へと継承されています。

企業が30年続く事自体が難しいと言われている中で、間もなく100年を迎える当社の強さの秘密とは?

これまでの良い部分は受継ぎながら、これからの100年を共に歩んでいく仲間を募集します!!
当社の社員は文系理系、学科も様々。
専攻や知識等は気にせず、まずは説明会に来てみてください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
高精度な技術で、取引先のニーズに応じたミクロン単位のモノづくりを実現。仕上げまで丁寧に施された同社の製品は、世界のあちらこちらで使用されている。
PHOTO
「自社ブランドで世界一になる」という目標を掲げ、高精度なモノづくりに取り組む社員。産業界を支えるという大きな使命感とものづくりの誇りが、社員の目を輝かせている。

高精度な『MADE IN JAPAN』のモノづくりで世界へ!当社の歯車は進化し続けます!

PHOTO

『日本一の歯車専門メーカー』を目指し、「顧客のニーズを捉え、時代の変化に対応しながらものづくりに取り組んでいます。」と古賀俊宏代表。

初代が創業したのは、1924年。
当時、久留米で盛んだった粘土瓦をつくる窯業機械の製造、修理業からスタートしました。その後、軍事工場に転じ、終戦後に事業を再開させたのですが、建築様式の変化により粘土瓦は衰退。高度経済成長の到来とともに、九州の地で製鉄業や造船業が盛り上がり、1953年、私たちは「歯車専門メーカー」として新たなスタートを切りました。

私たちがつくり出す製品は、「大規模なプラント」をはじめ、「船舶のデッキクレーン」「ロケット搬送レール」「ダムのゲート開閉用ラック」「工作機械やロボット搬送関連」に至るまで、幅広い分野で活躍しています。

大小さまざまな形をしたオーダーメイドの円形歯車を、『ミクロン単位の精度』でつくる高度な技術を備えるのはもちろん、平板状の棒に歯切りをしたラックの開発にも注力。
ラックの分野では、「同業他社から依頼がくる」ほど、国内で確かなシェアを確立しています。

近年は、ヨーロッパで広く採用されている『歯研ヘリカルラック』を軸にした事業展開にも取り組んでいる最中です。
また、国内の大手メーカーと業務提携することで、“日本製”であることの強みを最大限に生かした、『世界一のモノづくり』にもチャレンジしています。

日本人が持って生まれたDNAは、モノづくりの現場でも、その後のフォローでも、世界に誇れるものがあります。今後は、高精度なラックを標準的にラインナップし、世界一を見据えたモノづくりで、国内だけでなく、海外にも強くアピールしていきたいと考えています。

当社が大切にしているのは、『噛みあいの良い関係づくり』という理念です。
歯車というのは、片方だけでは何の役にも立ちません。相手があり噛みあうことで、初めて動き出せます。
「2つ以上の存在が上手く噛みあい、力を伝えていくことで、大きな力を発揮し、人々に豊かさと感動を与えていく。」
つまり、『三方良しの精神』が当社には息づいています。
自分だけが良ければいいという考えではなく、「お客様も、仕入先も自分たちも、まわりの人と強い絆を育みながらモノづくりに取り組んでいきたい。」私たちのつくるギヤがあってこそ、お客様の商品は完成します。そして、ギヤが動き始めることで、お客様の商品に命が吹き込まれ、エンドユーザーの想いがカタチになっていくのです!!

■代表取締役社長 古賀 俊宏

会社データ

プロフィール

『(株)古賀歯車製作所』は1924年、粘土瓦を作る窯業機械の製造・修理から事業をスタートしました。
その後、歯車専門工場へと業態変更を行い、現在ではラックを中心とした高品質の歯車製造を行っています。

『長年の歴史で培われた高い技術力』を活かし製造された当社の製品は、モノレールや港湾用クレーンをはじめ、『種子島宇宙センター』のロケット運搬装置といった『航空宇宙産業』に至るまで、あらゆるユーザーの下、幅広い分野で活躍し、各業界で高い支持を得ています!!

お客様から頂くご要望は、使用目的がそれぞれに異なる機械装置にあって様々。
そんな中でも「古賀歯車ならば」と頼って頂ける企業であることを目指し、「品質・納期・価格」に対してよりお客様に満足していただける製品の製造を続ける為、社員が一丸となって日々取り組んでいます★

当社は今後、海外のお客様にもその製品を展開していきたいと考えています。
そんな当社の技術を更に高め、『★世界に通用する製品づくり★』に挑戦してくれる仲間を求めています!!

事業内容

PHOTO

★顧客のニーズに高品質の製品で応える!★特殊歯車の製造も当社の強みです!!

★★日本一の歯車専門メーカーを目指しています!!★★

◆◆各種歯車の設計・製作◆◆
『あらゆる産業・機械・設備に使われている歯車』

私達は、「歯車の専門メーカー」として90年以上、お客様のニーズにお応えする為に日々、技術革新と開発・製造技術の向上を目指し取り組んできました。
モノレールやクレーン、あらゆる機械設備をはじめ、『種子島宇宙センター』の『ロケット発射台に使われる移動設備の歯車』に至るまで幅広い分野で当社の技術が活かされています!!

品質・強度・精度だけでなく、使われる場所や目的に応じて「古賀歯車でなければ」と言って頂ける様に社員が一丸となり、最高のモノづくりを続けています。
本社郵便番号 830-0063
本社所在地 福岡県久留米市荒木町荒木1964-5
本社電話番号 0942-27-3185
創業 1924年
設立 1985年7月
資本金 1,000万円
従業員 50名(2017年3月現在)
売上高 7億2,000万円
事業所 本社(福岡県久留米市荒木町荒木1964-5)
東日本営業部(東京都大田区蒲田2-10-1-204)
認証取得 ISO9001
取引銀行 日本政策金融公庫、りそな銀行、佐賀銀行、筑邦銀行
沿革
  • 1924年
    • 古賀鉄工所として久留米市大善寺町黒田に於いて創立。
  • 1940年
    • 主に船舶部品を製造。
  • 1945年
    • 再び窯業機械製造を始める。
  • 1953年
    • 歯車専門工場となる。
  • 1965年
    • 久留米市荒木町に新工場を建設し、移転して古賀歯車製作所と社名を改める。150坪
      優良受診企業として中小企業庁長官の表彰を受ける。
  • 1976年
    • ベベルギアの製造ピーク。
  • 1978年
    • 第2工場建設。
  • 1985年
    • 組織名称を(株)古賀歯車製作所に改める。
  • 1990年
    • 第2工場、拡張 500坪。
  • 1992年
    • 事務所増築。
  • 1998年
    • 工場増築 671坪 事務所改造。
  • 2002年
    • 代表取締役社長に古賀俊宏が就任する。
  • 2005年
    • 新工場増築 806坪。
      工場の塗装(室温調整のため)。
  • 2007年
    • ISO9001取得 ・経営革新計画承認企業。
  • 2009年
    • ものづくり中小企業開発等支援補助金の採択。
      浸炭歯研ヘリカルラックの開発。
  • 2010年
    • IT企業実践認定企業受賞(経済通産省)。
  • 2011年
    • 情報化最優秀賞受賞(中小企業長官賞)。
      経営革新計画承認企業(2度目)。
  • 2013年
    • 久留米市ものづくり振興事業費補助金の実施。
      ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発の採択。
  • 2014年
    • ものづくり・商業・サービス革新事業補助金の採択。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 1人平均約10日(前年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒830-0063
福岡県久留米市荒木町荒木1964-5
採用担当 大淵 一徳
TEL:0942-27-3185
URL http://koga-gear.com/
E-mail k-oobuchi@koga-gear.com
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp110997/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)古賀歯車製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ