最終更新日:2017/4/27

マイナビ2018

マイナビコード
1823
  • 正社員
  • 上場企業

ユアサ・フナショク(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
千葉県
資本金
55億9,923万円
売上高
891億2,900万円(2016年3月期)
従業員
270名(男219名、女51名)(2016年3月現在)
募集人数
6〜10名

家庭用食品から食品原料、業務用食材、米穀、飼料・畜産まで幅広い商品を扱う総合食品商社です。『食』を通じて地域社会に貢献していきます!

私たちユアサ・フナショクは地域密着型の総合食品商社です! (2017/04/27更新)

ユアサ・フナショクに興味を持っていただきましてありがとうございます。

当社は千葉をはじめとする首都圏を中心に、一般家庭用食品から、食品メーカー向け食品原料、業務用食材、米穀、飼料・畜産まで幅広い商品を取扱う地域密着型の総合食品商社です。

皆さんの生活に欠かすことのできない『食』に携わり80年。これからも『食』を通じて地域の人々の健康で豊かな生活を提案し貢献していきます。

『食』に関わる様々なシーンで皆さんが活躍できるフィールドが当社にはあります。私たちの暮らしにとても身近で、そして欠かすことのできない『食』に関わり地域に貢献していきたい!そんな想いを抱く皆さんとお会いできる事を楽しみにしています。


---------------------------------------------
☆エントリーお待ちしています☆

ユアサ・フナショク(株)
総務部 人事課

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
量販店や小売店から食品メーカーまで、食に関わる幅広い取引先を持つユアサ・フナショクのオフィスはさながら食情報の拠点。電話の応対や打ち合わせの声で活気に満ちる。
PHOTO
消費者の求めるものを提案し、商品化に結びつけるのが営業の醍醐味。得意先に喜ばれるような売場づくりや売れ筋情報の提供も含め、商談に熱が入る。

「消費者支援」を掲げて、人々の食生活に貢献する地域密着型の総合食品商社。

PHOTO

「自ら考えて自分で行動する人、そして人の話に耳を傾け、また自分の意見もきちんと言える。コミュニケーション力のある人が望ましいですね」と採用スタッフの皆さん 。

私たちユアサ・フナショクは、食文化を中心としたトータルライフサービスを展開する企業です。その事業は食品類の販売を行う「商事部門」、ビジネスホテル等の運営を行う「ホテル部門」、そして不動産の賃貸を行う「不動産部門」で構成されています。

このうち主力となるのは「商事部門」。総合食品商社として、千葉、東京、埼玉など首都圏のスーパー、量販店、二次問屋に向け、加工食品・チルド・冷凍食品・米・酒類などを販売する一方で、食品メーカーや外食産業に対し、小麦粉をはじめとする食品原料や業務用食材など幅広い商品を販売しています。食品商社としての企業理念は、このような「食」を通じて、人々の食生活に貢献すること。なかでも「消費者支援」の視点に立ち、地域に密着したきめ細やかなサービスや経営支援に取り組み、その長年の実績により、多くのお取引先から厚い信頼を頂いています。

さらに時代のニーズにもいち早く対応。食品の品質管理を強化するために、低温度管理機能を完備した物流センターを設置したほか、大型精米工場では無洗米処理機を導入。最近では外食店での利用が促進されている業務用冷凍食品にも注力するなど、「安心・安全」への取り組みはもちろん、取扱商品の拡大も積極的に進めています。今後も「効率的な物流」「有益な情報」「リテールサポート」という卸の機能をフル活用し、食文化を中心としたトータルライフサービスのさらなる充実を図ります。

会社データ

プロフィール

ユアサ・フナショクが人々の暮らしに最も身近な「食」の流通をはじめてから80年が経過しました。当初は澱粉・雑穀問屋としてスタートしましたが、現在は首都圏を基盤に事業を展開する「総合食品商社」です。当社の大きな特徴は、取扱商品が非常に幅広く、多彩なところです。

メインとなる商事部門は、加工食品をはじめ冷凍食品、チルド、菓子、酒類等を量販店、問屋、小売店に販売。食品原料(小麦粉、澱粉、砂糖、食用油)、業務用食材を食品メーカー、外食産業に販売。その他、米穀や飼料、鶏卵、豚肉の販売をしており、フルライン化を推進しています。
また、ホテル部門では、パールホテルズとして首都圏に8館のビジネスホテルをチェーン展開しています。

ユアサ・フナショクの願いは「人々の健康で豊かな暮らし」を実現すること。
「食」の流通においては、より安全で、より安心で、美味しいものを提供。また、一方で取引先に対し、「効率的な物流機能」「有益な情報」「リテールサポート機能」を提供し、取引先と共存共栄を図りながら一緒に地域社会に貢献しています。

今後は世界的な穀物不足、少子高齢化、消費者の価値観の多様化・個性化等不確実な時代に対応しながら、新しいマーケットの創出とサービスの可能性を追求し続け、「食の流通」のプロ集団として更なる貢献をしてまいります。

事業内容

PHOTO

2013年4月1日から新本社にて業務スタート。80年近くもの長い間、地元の皆様に支えられて歩んできました。これからもずっと一緒に… 「食」を通じて貢献していきます!

【商事部門】
 食品を中心とした卸売
 《主な取扱商品》
  ○加工食品・冷凍食品・チルド・菓子・酒類・生鮮食品
  ○玄米・精米
  ○小麦粉・澱粉・砂糖・食用油・雑穀・業務用食材・燃料・化成品
  ○飼料・鶏卵・加工用食肉

【ホテル部門】
 ビジネスホテル(パールホテルズ)、レストラン

【不動産部門】
 不動産の賃貸
本社郵便番号 273-8551
本社所在地 千葉県船橋市宮本4-18-6
本社電話番号 047-433-1211
創業 1936年
設立 1937年1月 (株)湯浅商店設立
資本金 55億9,923万円
従業員 270名(男219名、女51名)(2016年3月現在)
売上高 891億2,900万円(2016年3月期)
売上比率 2016年3月     売上高 比率
─────────────────
商 事 部門 /  844億7,210万円 94.7%
ホテル部門 /   39億5,300万円  4.4%
不動産部門 /   7億390万円   0.8%
財務状況 (2016年3月期)
経常利益 / 20億4,500万円
当期純利益/ 12億6,100万円
純 資 産  / 266億8,800万円
総 資 産  / 461億5,200万円
(2015年3月期)
経常利益 / 19億3,600万円
当期純利益/ 12億2,500万円
純 資 産  / 264億5,500万円
総 資 産  / 458億9,200万円
(2014年3月期)
経常利益 / 20億8,100万円
当期純利益/ 13億300万円
純 資 産  / 243億9,000万円
総 資 産  / 447億8,100万円
(2013年3月期)
経常利益 / 21億5,600万円
当期純利益/ 12億6,700万円
純 資 産  / 236億5,900万円
総 資 産  / 441億1,900万円
(2012年3月期)
経常利益 / 16億円
当期純利益/ 8億6,700万円
純 資 産  / 220億1,600万円
総 資 産  / 421億3,900万円
(2011年3月期)
経常利益 / 17億6,500万円
当期純利益/ 8億3,500万円
純 資 産  / 213億600万円
総 資 産  / 422億1,500万円
(2010年3月期)
経常利益 / 15億5,500万円
当期純利益/ 8億2,000万円
純 資 産  / 212億9,100万円
総 資 産  / 420億1,800万円
(2009年3月期)
経常利益 / 16億4,400万円
当期純利益/ 12億2,500万円
純 資 産  / 206億8,400万円
総 資 産  / 416億3,600万円
(2008年3月期)
経常利益 / 15億6,300万円
当期純利益/ 7億9,400万円
純 資 産  / 203億2,200万円
総 資 産  / 422億9,400万円
(2007年3月期)
経常利益 / 14億5,000万円
当期純利益/ 5億8,800万円
純 資 産  / 210億3,900万円
総 資 産  / 447億9,500万円
事業所 本 社 / 千葉(船橋)
支 店 / 東京、千葉、旭、松戸、横浜、埼玉、関西(兵庫)
工 場 / 高瀬精米工場
ホテル / 八重洲、茅場町、両国、葛西、太田、川崎、溝ノ口、新宿
株主構成 (大株主)昭和産業(株)(7.4%)
     (株)榎本武平商店(5.3%)
     損害保険ジャパン日本興亜(株)(5.1%)
     (株)千葉銀行(4.9%)
     (株)千葉興業銀行(4.9%)
     双日食料(株)(4.6%)
     HSBC BANK PLC A/C MARATHON
     FUSION JAPAN PARTNERSHIP LP(4.1%)
     三井住友信託銀行(株)(3.2%)
     日本生命保険相互会社(2.6%)
     東京海上日動火災保険(株)(2.5%)
                      
(2016年3月期)
主要取引銀行 (株)千葉銀行、(株)千葉興業銀行、(株)みずほ銀行、中央三井信託銀行(株)、(株)三菱東京UFJ銀行
平均年齢 42.04歳
平均勤続年数 18.11年
沿革
  • 1936年
    • 「野地屋」の屋号をもって、肥料・米・小麦粉・飼料などの販売を目的に湯浅商店を創業
  • 1937年
    • 法人組織に改め、(株)湯浅商店(現:商事部門)を設立
  • 1955年
    • 昭和食糧工業(株)と合併
  • 1962年
    • 本社を現所在地に移転
  • 1971年
    • 関連会社である山野(株)(現:ホテル部門)を通じて、ビジネスホテル業界へ進出
  • 1972年
    • 船橋食品(株)(旧:製パン部門)を合併し、商号を現在の「ユアサ・フナショク(株)」に変更
  • 1975年
    • 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 1976年
    • プリマーベ(株)、(株)古屋を吸収合併
  • 1988年
    • 大型精米工場を新築
  • 1989年
    • 山野(株)を吸収合併し、ホテル事業本部を設置
  • 2002年
    • 旭市鎌数に物流センターを新築
  • 2004年
    • 千葉支店内に低温物流センターを新築
  • 2010年
    • 草加市に物流センターを新築
  • 2013年
    • 船橋市内に新本社を新築
  • 2015年
    • 厚木市に物流センターを開設
前年度の育児休業取得対象者数 9名(うち女性6名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 6名(うち女性6名 2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒273-8551
千葉県船橋市宮本4-18-6
総務部 人事課
山形聡志
TEL:047-433-1211
URL http://www.yuasa-funashoku.com/
E-mail s-jinji@y-f.co.jp
交通機関 京成線「船橋競馬場駅」より徒歩8分
   「大神宮下駅」より徒歩5分
JR京葉線「南船橋駅」より徒歩20分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp1823/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ユアサ・フナショク(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ