最終更新日:2017/9/15

マイナビ2018

マイナビコード
201997
  • 正社員

(株)石川工具研磨製作所

本社
静岡県
資本金
1,000万円
売上高
5億4千万円(2016年1〜12月期)
従業員
49名(2017年6月時点)
募集人数
1〜5名

【じっくり技術者として成長したい人募集】 国内トップクラスの研磨技術を持ち、景気に左右されない安定成長を続ける!

「再研磨=リサイクル」に着目。切削加工の現場では常に私たちの研磨技術を必要としています。  (2017/09/15更新)

朝夕涼しくなりましたね☆
気温の寒暖差が大きくなるので、体調管理に気をつけて下さい。

こんにちは!
石川工具研磨製作所の
人事採用担当 窪田(くぼた)です。

当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

ご自分の視野を広げる社会見学のつもりで
気軽に会社説明会へご参加ください♪


皆様の就職活動を応援致します!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
クリーンで空調のきいた工場内での仕事です。プロの技術者として成長できます。
PHOTO
事務職メンバーです。技術者のサポートを明るくしてくれる頼もしい仲間。

なぜ、景気に左右されず成長できるのか!?

PHOTO

社長の石川です。社員の働きやすく、連携のとれた職場を目指して変動の時です!一緒に頑張れる仲間を求めています。

現在全体で50名程度と企業としては大きくありませんが、再研磨業界では人員・設備共に国内トップクラスの規模で業界をリードしています。

<私たちの強み>
◆景気に左右されず、安定した成長を遂げていること。
◆研磨といえば「石川工具さん」と言われるほど高い技術力があること。
◆設立以来34年、長年培った全国の様々な業種企業様がお客様であること
◆平均年齢35.8歳と、近年新卒採用を強化し若返りを図っています

私たちの技術は「再研磨」と言われる切削工具を研ぎなおす作業技術です。
切削工具は様々な部品、製品に使われ、「切る」「削る」などの作業に必要不可欠な工具です。今日本や世界が作る部品や製品は100分の1単位の精度が求められています。
その精度のものを作るには、切削工具は1000分の1単位の精度が求められます。私たちはその高い精度を維持するための研磨技術を持っています。

みなさんは研磨の作業、どのくらいの頻度で行うと思いますか?

実は、機械にもよりますが週に1回は研磨作業が必要です。
だからこそ当社は常に仕事の依頼を得ることができ、様々な業界にお客様がいることで景気に左右されない安定した経営を維持できています。

<先輩社員に聴いた!当社の魅力>
○個々の社員の個性を大切にしてくれるところ
○先輩の指導やアドバイスがわかりやすく、難しい仕事に挑戦するときも一つひとつ丁寧に指導してくれるところ
○一度作業に入ると、夢中になって作業ができ、1日があっという間に過ぎてしまうところ

会社データ

プロフィール

当社の事業は大きく分けて2つあります。
1つ目は設立以来、技術力を高めてきた「再研磨」の事業。
製造業には必要不可欠な「研磨」作業を請け負い、新品同様の状態にする高い技術。
それはほかの企業が「これは無理、できません」という加工でも
「石川工具ならできるかも」と言ってもらえるほどに技術も信頼も高めてきた事業です。

研磨の業界で当社は圧倒的な知名度を誇ります。
業界誌でも取り上げられるほど積極的に新設備を投入し、技術力を高める努力を惜しみません。

そして2つ目の事業は、近年新たに立ち上げた「超硬工具製造」事業。
研磨技術を活かし、自らも切削工具を設計、製造、販売までを手掛けます。
工具の寿命を延ばし、製品の精度、美しさを最大限に引き出す工具として
多数のお客さまから問い合わせをいただいています。

◆ここが当社のポイントです!!
○業界では国内トップクラス!高品質な技術を提供します!
○全国、様々な業界がお客様。景気に左右されない安定企業。
○積極的に開発に投資。若手を中心により強い会社へ成長
○昨年1月に新社長へ交代!積極的に若返り・社内を明るくする取り組みを展開
○「石川工具研磨製作所は技術は一番だけど価格が高いよね」と言われるのが自慢。

事業内容

PHOTO

機械で行う研磨の事前準備中です。一つひとつ違った形なので変化があり面白い職場です。

○超硬工具設計・製作
○各種切削工具再研磨

「再研磨=リサイクル」 
 機械を長く、高い精度で保つためには欠かせない。
 景気が悪い時は特に工具を大切にリサイクルします。つまり再研磨の依頼が増える時期です。
 一方、景気のいい時は積極的に設備投資する企業が増えます。その時は当社の「超硬切削工具」が売れる時期。

景気の変動に左右されない強い事業展開をしています。
本社郵便番号 410-0001
本社所在地 静岡県沼津市足高396-82
本社電話番号 055-926-7012  
設立 1983年1月1日
資本金 1,000万円
従業員 49名(2017年6月時点)
売上高 5億4千万円(2016年1〜12月期)
平均年齢 35.8歳(2017年6月現在)
主な取引先 トヨタ自動車(株) 三菱重工業(株) 住友重機械工業(株)
東芝機械(株) (株)ショーワ 矢崎部品(株) 
三菱日立パワーシステムズ(株) TOTO(株) (株)HKS (株)東プレ 
日本発条(株) (株)木村鋳造所(株)牧野フライス製作所 
日本飛行機(株) 順不同
沿革
  • 1983年1月
    • 静岡県駿東郡清水町にて石川研磨を設立
  • 1988年9月
    • (有)石川工具研磨製作所に社名変更し、沼津市中瀬に移転
  • 1990年12月
    • 牧野フライス精機 CNC工具研削盤1号機導入
  • 1995年10月
    • 業務拡張に伴い、静岡県沼津市大岡に工場を移転
  • 2001年5月
    • 業務拡張に伴い、静岡県沼津市大諏訪に工場を移転
  • 2002年7月
    • 業務拡張に伴い、静岡県沼津市大諏訪にて第二工場稼動
  • 2004年1月
    • 業務拡張に伴い、静岡県沼津市大諏訪にて第三工場稼動
  • 2004年6月
    • 資本金1,000万円に増資、(株)石川工具研磨製作所に社名変更
  • 2005年11月
    • 超硬ソリッドエンドミルの輸出を開始
  • 2006年2月
    • 経営革新計画を取得
  • 2006年6月
    • 工具メーカー再研磨認定工場取得
  • 2007年1月
    • WALTER CNC工具研削盤 1号機導入
  • 2008年3月
    • 特殊工具部門立ち上げに伴い、静岡県沼津市大諏訪にて第四工場稼動
  • 2010年8月
    • 業務拡張に伴い、静岡県沼津鉄工団地に社屋を移転
  • 2013年2月
    • ROLLOMATIC CNC工具研削盤 1号機導入
  • 2015年1月
    • 石川直明が二代目社長に就任
月平均所定外労働時間(前年度実績) 17時間(2015年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)石川工具研磨製作所
採用担当 窪田(くぼた)
〒410-0001 静岡県沼津市足高396-82
TEL:055-926-7012 FAX:055-926-5541
URL http://www.ishikawatool.co.jp
E-mail sh-kubota@ishikawatool.co.jp
交通機関 JR沼津駅から車で15分程度
東名「沼津インター」・新東名「長泉沼津インター」から車で3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp201997/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)石川工具研磨製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ