最終更新日:2017/6/21

マイナビ2018

マイナビコード
202017
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

オリカ産業(株)

本社
大阪府
資本金
5,000万円
売上高
42億3,516万円(2016年6月実績)
従業員
95名(2016年実績)
募集人数
若干名

お客様を真に思う気持ち。それが109年の歴史を持つ、オリカ産業の折箱になる。

採用担当者からの伝言板 (2017/03/01更新)

オリカ産業のページをご覧いただき、ありがとうございます。

1907年(明治40年)の創業以来、100年以上にわたり折箱(おりばこ)、食品用容器、包装資材をお客様のニーズに合わせて提供してきた会社です。

一言で「容器」「包装」と言っても、お客様のご要望は様々です。
一番大事なことは、お客様の立場に立って聞くこと、お客様と話し合いながら創造したものを形にし、要望を上回ることでご満足いただき、信頼していただくことが我々の仕事です。

当社の経営理念である「我々はあらゆる食品の包装容器とその関連商品を通して、食品の流通を円滑にし、国民の食生活の向上を図り、健康で明るく豊かな社会の創造に貢献しよう」を、お客様を介して社会に貢献することが我々の社会的使命であり、存在意義です。

会社説明会では、社長の熱い想いと実際に商品に触れていただき、先輩社員単独での質問会など、当社のことを詳しく知っていただく機会をご用意させていただきます。

皆様のエントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
木・プラスチック・紙などの素材を組み合わせて作られた同社の製品。古紙配合率の高い再生原紙を使用した漆器風の容器など、オリジナリティあふれたものばかり。
PHOTO
縁あって入社した社員に定年まで働いてほしいと考えている同社。仕事のやりがいに加え、家族的な風土も魅力的です。当然ながら定着率は極めて高いです。

「食」の包装にこだわり109年。成長の秘密は、満足せず挑み続ける姿勢にあります。

PHOTO

「これからも本業に徹し、食品包装の新たな可能性を追求しながら、成長を続けていきたい」と笑顔で語る代表取締役の加納貴司氏。

高級弁当、寿司、おせち料理などに使われる容器を中心に、和菓子・洋菓子等のパッケージ等も手がけている当社。1907年(明治40年)に折箱製造業者として誕生して以来、ニーズの変化を敏感にとらえて取扱商品を拡大。現在に至ります。
食品メーカー、百貨店、料亭、通販会社など幅広い業界のお客様と取引しているので、きっと皆さんも知らないうちに当社の製品に接したことがあるはずです。ちなみに大手鉄道会社の駅弁にも、長年にわたり、当社の容器が使われています。近年はとりわけおせち料理の容器が好調で、百貨店や料亭、通販会社からの受注が急増しています。

競争の激しい業界ですが、当社は価格ではなく、付加価値で勝負することで差別化を図っています。同じ食材であっても容器が違えば、まったく印象が変わるもの。お客様から言われた通りのものを形にするのではなく、色やデザインをひと工夫したものを提案するように営業一人ひとりが心がけています。もちろん、良い提案をするには、容器の素材や構造だけでなく、食文化についての知識が欠かせません。そのため当社は教育面にも力を入れています。

また、当社は新製品の研究開発も進めています。インドネシアの工場と提携して環境にやさしく耐熱性のある木製容器を開発したり、中国で合弁企業を設立しておせち容器の製造キャパシティを増やし、コストダウンを図ったのもその一つです。将来的には菌の繁殖を抑え、消費期限を延ばすことができるような容器を製品化することも夢ではないと考えています。

新しいことに挑戦するためには若い力が必要です。そのため、当社は若手にどんどん仕事を任せ、失敗を恐れずにチャレンジするように勧めています。自分の力を存分に発揮したい人にとって当社はこれ以上ない舞台が整っています。

(代表取締役 加納貴司)

会社データ

プロフィール

当社は、食品用容器・包装資材の総合商社です。

1907年(明治40年)の創業以来、100年以上の歴史を持つ折箱(おりばこ)は、
お客様のニーズに応え続け、提供してきました。

お客様が本当に必要なものをつくりたいという思いを
社員一致団結で、提供してきたことが全ての歴史につながるのだと考えています。

私たちはこれからも、お客様に必要とされる会社、なくてはならない会社であり続けたいと思っています。

事業内容

PHOTO

多様化する要望に最適な商品、サービスを提供する事で「食」の価値を向上させる事、当社を取り巻く環境全てに満足して頂く「快適企業」を実現する事が私共の使命です。

【食品の容器・包装の製造と販売】

木・紙・プラスチックなど様々な素材を組み合わせて作られたパッケージを製造・販売しています。
また厨房用品や消耗品(ラップやゴミ袋)、テーブルウェア(ナフキンやコースター、おしぼり、割りばしなど)に至るまで、食品関連で使われるものを多岐にわたって取り扱っています。
本社郵便番号 531-0072
本社所在地 大阪府大阪市北区豊崎4-9-17
本社電話番号 06-6374-1451
創業 1907年(明治40年)
設立 1950年(昭和25年)2月27日
資本金 5,000万円
従業員 95名(2016年実績)
売上高 42億3,516万円(2016年6月実績)
事業所 ■大阪本社
大阪市北区豊崎4-9-17

■関東営業所
埼玉県蕨市錦町2-1-34

■豊崎工場
大阪市北区豊崎6-6-9

■豊崎新工場、ロジスティックセンター
大阪市北区豊崎6-6-15
業績 ■売上42億3,516万円 営業利益1億6,478万円(2016年6月実績)
■売上43億5,901万円 営業利益1億5,651万円(2015年6月実績)
■売上41億2,282万円 営業利益1億2,189万円(2014年6月実績)
■売上39億8,534万円 営業利益1億846万円 (2013年6月実績)
■売上38億4,341万円 営業利益1億484万円 (2012年6月実績)
主な取引先 (株)JR東海パッセンジャーズ
(株)JR西日本フードサービスネット
(株)千賀屋
(株)美濃吉食品
がんこフードサービス(株)
株主構成 加納 貴司 31%
社員持株会 21%
他     48%
関連会社 (有)オリカクリエイト
(有)オリカエステイト
代表取締役社長 加納 貴司
沿革
  • 1907年
    • 大阪市北区壷屋町(現大阪市北区天満3丁目あたり)で 折箱製造業「折嘉商店」を創業
  • 1950年
    • 個人商店から「(株)折嘉商店」を設立
  • 1973年
    • 社名を「オリカ産業(株)」に変更
  • 1984年
    • 大阪市北区豊崎6-6-9に工場を開設
  • 1995年
    • 本社を現在の大阪市北区豊崎4-9-17へ移転
  • 1998年
    • 埼玉県に関東営業所を開設
  • 1999年
    • 財団法人日本品質保証機構(JQA)より国際品質基準であるISO 9002の認証を取得
  • 2003年
    • ISO 9002からISO 9001への格上審査に合格
  • 2014年
    • 大阪市北区豊崎6-6-15に豊崎ロジスティックセンターを開設
平均勤続勤務年数 12年(2015年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 3日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(うち女性0名、男性0名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、男性0名 2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 11%(18名中、女性2名 2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 オリカ産業(株)
 住所   : 大阪市北区豊崎4-9-17
 TEL    : 06-6374-1451
 問合せ先 : 採用担当者宛
URL http://www.olica.co.jp
交通機関 【大阪本社】
大阪市営地下鉄御堂筋線「中津駅」1番出口より徒歩8分
阪急電鉄各線「梅田駅」茶屋町口より徒歩15分
大阪市営バス「豊崎神社前」より徒歩1分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp202017/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
オリカ産業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ