最終更新日:2017/10/2

マイナビ2018

マイナビコード
202503
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

前田建設(株)

本社
富山県
資本金
1億円
完成工事高
17億4,600万円(2016年9月)
従業員
31名
募集人数
1〜5名

「進取の精神」と「たゆまぬ努力」

  • 積極的に受付中

【建設業に興味のある学生必見】前田建設「会社説明会」日程を公開しました。 (2017/08/30更新)

 みなさん、こんにちは。
 前田建設(株)採用担当の前田誠です。
 この度は前田建設(株)に興味を持って頂きありがとうございます。
 随時、会社説明会を行っていますので是非エントリーをお願い致します。

 
【連絡先】
 前田建設(株) 常務取締役 前田誠
 電話番号:076-432-4540
 E-mail:mm.saine@maeken.com

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
3月に一部オープンした「富山県美術館」新築工事にJV(共同企業体)として施工いたしました。屋上庭園のオノマトペの工事も行いました。
PHOTO
富山県氷見市の「光照寺」集会場。門徒の方々の集う場として、静謐な雰囲気となっています。空調には地中熱を利用した「ジオパワーシステム」を採用しました。

住宅建設から新幹線工事まで。変化し続ける業界で、日々チャレンジを続けています。

PHOTO

「社内はもちろん、社外の同業者などとも交流する積極性があると良いですね。情報収集とともに、自分のレベルを認識することができます」(代表取締役社長・前田康夫)

当社はレンガなどの製造販売業として明治26年に創業しました。北陸鉄道敷設工事への参画を皮切りに土木建築請負業を本格的に開始し、同部門を分離した昭和23年から数えると、今年は70年目となります。現在の事業内容は建築工事が主体となっており、学校教育施設などの公共工事、病院、マンション、商業施設から個人向け住宅まで幅広い分野で実績を残しています。開業したばかりの北陸新幹線においても、新富山駅各所の整備工事を担当しました。100年以上前の北陸鉄道により土木建築事業に道筋をつけていただいた当社が、今回の新幹線工事によって地元の発展に寄与できたことには、深い感慨と感謝の念を覚えています。

現在の建築業界ではフローからストックへと投資の転換が進み、新規の建設から既存物件の長寿命化・目的の転用へと需要がシフトし始めています。また環境と健康、省エネに対する確かな技術力が求められています。当社では、先進技術の積極的な導入と技術者の育成によってこうした状況への対応を進めてきました。現在、外付け耐震補強工事「ピタコラムエ法」や、地中熱を利用した「ジオパワーシステム」による住宅などで確実な施工実績を残しています。
今後は民間工事の比重を増していきたいと考えていますが、それには高い品質と共に、顧客からのコスト面での厳しい要求に応えていくことが不可欠です。これを実現するには、工事における協力会社との綿密な情報交換・交渉・根本には固い絆が必要になります。ここは施工管理者の腕の見せ所ですね。当社とお付き合いのある協力会社は、いずれも高い技術をもった職人集団ですから、こちらもそれに見合ったレベルが求められます。たとえば使用資材を切り替えることで品質を落とさずにコストダウンが見込めるとき、相手が納得できるプレゼンテーションができるか。知識はもちろん、対話力も必要になるでしょう。営業職についても、技術的な会話についていけるかが重要ですね。

人口減の時代であり、同業者でも悲観的な話をする方がいらっしゃいますが、私自身は毎日の仕事が楽しくて仕方がありません。これからの建設業の変化に胸がわくわくするのです。これも社員全員が「やってみよう」という勇気を共有し、地道なチャレンジを続けてくれるおかげです。心をこめて仕事をこなし、いくつになっても成長への意欲を失わない気持ちをもった新人さんを当社は歓迎します。

会社データ

プロフィール

当社は明治26年、富山県西砺波郡石動町(現小矢部市)に於いて米穀商を営んでいた石黒兵太郎が「石黒組」を創業し、セメント・煉瓦の製造販売を始めたことで産声を上げました。その後北陸鉄道敷設工事の協力業者として参画し、土木建築請負業を本格的に開始。以来、富山・石川県下で幾多の工事を施工完成。地域経済の興隆と共に発展して参りました。

当社創設者の前田愛吉は、大正9年石黒商店(石黒組を改称)に入社。努力研鑽の末、昭和初頭には石黒合名会社(石黒商店を改称)の請負部の代表となり戦後に至るまで土木建築請負部門のトップとしてその責にあたりました。

昭和23年、時代のニーズに対応するため建材部門と土木建築部門を分離独立させ、土木建築部門を石黒土木興業(株)として設立、その後前田建設(株)と改称し現在に至っています。

事業内容
営業(公共・民間施設及び住宅)
建設現場施工管理(公共・民間施設及び住宅)
設計(地中熱を利用した換気システムを導入した人・地球に優しい住宅)
本社郵便番号 930-0094
本社所在地 富山県富山市安住町7-14
本社電話番号 076-432-4540
創業 明治26年4月
設立 昭和23年7月
資本金 1億円
従業員 31名
完成工事高 17億4,600万円(2016年9月)
事業所 富山県/小矢部支店
石川県/金沢支店
業績(2016) 富山県美術館新築工事にJVとして参加
主な取引先 富山県、富山市、小矢部市、日本郵政、民間企業、個人
沿革
  • 1893
    • 米穀商石黒兵太郎が富山県西砺波郡石動町上り屋敷(現小矢部市観音町)にて「石黒商店」を創設し、煉瓦製造、製材、土木建築請負業を開始。
  • 1925
    • 出資金52,500円にて法人に改組し「合名会社石黒商店」を設立。前田次三郎が代表に就任。
  • 1948
    • 土木建築部門を分離し、資本金100万円にて石黒土木興業(株)を設立。代表取締役に前田愛吉が就任。本社を富山市(現在の本社所在地)に置く。
  • 1958
    • 石黒土木興業創立10周年を機に、社名を前田建設(株)に変更する。
  • 1966
    • 施工体制の充実のため協力業者を組織化、前栄会が発足。
  • 1970
    • 富山本社新社屋竣工。
  • 1972
    • 資本金を1億円に増資。
  • 1973
    • 代表取締役社長に前田領一郎が就任。
  • 1974
    • 小矢部支店新社屋竣工。
  • 1989
    • 金沢支店新社屋竣工。
  • 1998
    • 代表取締役社長に前田稔が就任。
  • 2002
    • 代表取締役社長に前田康夫が就任。
      ISO 9001 2000年版(2008年改定)認証取得
  • 2003
    • 新ロゴマーク制定。
  • 2005
    • 富山市願海寺に地中熱利用の空調システム「ジオパワーシステム」モデルハウスがオープン。
  • 2008
    • 創立60周年を祝い、各種記念事業を実施。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2日
前年度の育児休業取得対象者数 1名(女性1名)
前年度の育児休業取得者数 1名(女性1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 前田建設(株) 採用担当 前田誠
電話番号:076-432-4540
FAX番号:076-441-1166
E-mail:mm.saine@maeken.com
URL http://maeken.com/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp202503/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
前田建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ