最終更新日:2017/8/4

マイナビ2018

マイナビコード
202511
  • 正社員

社会福祉法人 信愛報恩会

本社
東京都
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
50億円 (平成25年度実績)
従業員
660名
募集人数
1〜5名

【追加募集 職場説明会開催しています】介護だけでなく、総合的な「福祉職」になれる法人です。

【将来の中核になれる福祉人材募集中です】新人事・教育制度がスタートします。詳しくは8月説明会にて。 (2017/08/01更新)

しんあいは、「人が育つ」環境を大切にしています。

新卒インターンシップで、安心なスタート!
介護キャリア段位制度をベースにした「新業務評価」で納得のお仕事!
法人内で、多職種にトライし活躍できるキャリアパス!

歴史のある法人ですが、新しく日々進化しています。

一人の職員さんが、安心して、納得して、将来を明るく考えられる、そんな職場環境を常に考えています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
信愛報恩会は1909年設立と100年以上の歴史を誇る。長きにわたって福祉の世界で先進的な取り組みを展開してきた同会には、確かなノウハウが蓄積されている
PHOTO
グループ全体で660人もの職員が活躍中。特養、デイサービス、病院での介護など多くのサービスを網羅しており、介護福祉に携わる者として多様なキャリアを積むことが可能

確かなスキルを身につけながら、長く、安心して介護の最前線で働き続けられる

PHOTO

「介護を学んできたとはいえ、実務はやはり異なります。新人時代は先輩に質問をする、ひたすらメモを取るなどして、ゼロから学ぶ気持ちで積み重ねてきました」と由里さん

私が介護の道を目指したのは、高校時代、福祉のボランティアの授業で高齢者施設に訪れたのがきっかけ。人生の先輩である高齢者の方と接していると、相手に与えるばかりではなく、反対に教わるべきことが多々あると感じ、魅力あふれる仕事だと思ったことから介護福祉系の専門学校に進学しました。私の学生時代の実習がこの信愛報恩会で行われ、全員が一体となって施設を盛り上げている点に魅力を感じて、ここで頑張っていこうと決心しました。

以来、私は「特別養護老人ホーム 信愛の園」の3階フロア担当として、介護の最前線に立ち続けてきました。基本的に医療面の介護が必要なご利用者様が多いフロアであり、常駐する看護師や隣接する信愛病院の医師らと細かく連携を図りながら、あるべき介護の形を模索しているところです。フロアだけでも20人規模の職員がおり、意志疎通など連携面の難しさがありますが、新しい試みにも積極的にチャレンジしていくことで、ご利用者様にとってより良い環境作りに努めています。

日々、試行錯誤を繰り返しているだけに、ご利用者様から「ありがとう」という声をいただけた瞬間は全ての苦労が報われる思いがします。ご利用者様の“変化”も私たちの喜びです。手が動かないと言われていたのに手を握り返してくれる。立ち上がることが困難だったのにコツをつかんで歩けるようになる。ご利用者様の生活を本気で支援し続けているからこそ、そんな瞬間に巡り合った嬉しさは、たまらないものがあります。

働きやすい環境にあるのも当会の良さ。私は入職後、2人の子どもを産んで職場復帰しているのですが、産休・育休を取得した先輩が多数活躍していることもあり、違和感なく子育てとの両立ができています。また、専門的なケアの方法を学べる研修会も数多く用意されています。長い目で見て安心してキャリアを積み重ねていける環境が整っているのは、一人の介護職員として心強い限りです。

より良い職場にするため、最近では会を横断した活動にも取り組むようになりました。一昨年、職員の声を集めた新たな理念「信愛コミットメント」を打ち出しました。これを新人たちにどのように伝えていくかを考えるプロジェクトに参加しています。現場が主体となって組織を変えていけるのですから、働く者のヤル気も自然と高まっています!
<施設介護課 介護第3係・由里 千明(2006年入職)>

会社データ

プロフィール

本法人は、社会保障が全く手付かずだった明治末期に、当時不治の病として恐れられ周囲から疎外される傾向の強かった結核患者の保護・救済への取り組みを事業の原点として創立されました。 
近年は高齢化社会となり、必要とされる福祉サービスも多様化しています。
信愛報恩会では、創業者の思いを100年にわたり引継ぎ、常に福祉の先駆者として、介護人材の育成と幅広いサービスを提供しています。

事業内容

PHOTO

介護・医療の豊富な経験と実績を土台に2014年新開設された「しんあい清戸の里」。医療・介護連携型のさまざまな機能を持ち、安心と安全の生活を提供する複合型住宅だ。

特別養護老人ホーム、デイサービス、ショートステイ、認知症対応型グループホーム、看護小規模多機能居宅介護、訪問介護ステーション、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業、地域包括支援センター、高齢者みまもりステーション、サービス付き高齢者向け住宅、特定有料老人ホーム、病院(外来診療、訪問診療、一般病棟、回復期リハビリ病棟、緩和ケア病棟、介護療養型病棟、リハビリテーション、健康診断、人間ドック)、公開講座、介護予防サロン等


【信愛コミットメント 12の誓い】
より良い職場にするために、信愛グループ職員の声を集めて打ち出した私たちの行動指針です。

私たちは、患者・利用者のみなさまを大切にします
1.みなさまが困っているとき、素通りしません
2.みなさまのお気持ちを考え、みなさまの「物語り」を大切に聴きます
3.みなさまを不快にさせる乱暴な言葉遣いや行為はぜったいしません
4.みなさまのご家族や友人も大切にします
5.どこにいても、最期の時まで、私たちが見守ります

私たちは、患者・利用者のみなさまを大切にします
6.いつも笑顔であいさつします
7.仲間の体調を気遣い、お互いに理解が深められるようにします
8.不適切な言動を注意しあい、仲間と共に学びあい、役割・責任をはたします
9.良いケアをするために、自分自身の健康管理に努めます

私たちは、地域のみなさまを大切にします
10.地域に愛されるサービスをおこないます
11.いつでも気軽に立ち寄れる[信愛さん]をめざします
12.ボランティアの方へ感謝を表します

本社郵便番号 204-0024
本社所在地 東京都清瀬市梅園2-3-15
本社電話番号 042-433-4300
創業 1909 (明治42) 年
設立 1947 (昭和22) 年
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 660名
売上高 50億円 (平成25年度実績)
事業所 東京都清瀬市:特別養護老人ホーム信愛の園、信愛訪問看護ステーションほほえみ、短期入所生活介護、信愛デイケアセンター、きよせ信愛地域包括支援センター、清瀬市在宅支援センター信愛、ホームヘルパーステーション信愛、特定有料老人ホーム信愛苑、サービス付き高齢者向け住宅しんあい清戸の里、しんあい清戸の里グループホームひまわり、複合型ケアほほえみ、信愛病院
東京都荒川区:特別養護老人ホーム信愛のぞみの郷、短期入所生活介護、西尾久東部在宅高齢者通所サービスセンター、西尾久地域包括支援センター、東尾久地域包括支援センター、西尾久高齢者みまもりステーション、東尾久高齢者みまもりステーション、尾久居宅介護支援センター、
新卒インターンシップ 信愛では、2016年から新卒介護職の育成スタイルを大きく変えました。その目玉が「新卒インターンシップ」です。通常であれば、新卒職員は4月にすぐに現場配属され、即戦力として期待されます。しかし、将来長く介護・福祉の分野で働いていこうという志があるのであれば、早期に一つの職場の手技をマスターすることよりも、まずは広く浅くでも多くのものに触れて、見て、感じて欲しい。そう思うわけです。多くのものを体験し、そこから生まれる広い視野と選択肢を介護に活かして欲しい。ここまでは、職員育成の観点からのお話しでしたが、みなさんからしても、学校卒業でいきなり介護という重い責任のある仕事を任されるのは不安ではないですか?まだまだ知らないことだってたくさんある、そんな不安は、このインターンの期間に少しずつ自信に変えていけます。インターンは、これから介護の現場でお仕事をしていくための、準備期間であり、今後遠い先のための土台作りです。ぜひ、信愛で一緒に成長していきましょう。(法人本部人材開発室 藤井)

==========================================
『信愛に就職を決めた理由は?』
インターンで多くの介護サービス、利用者さんを学ぶことができるので信愛に決めました。
『新卒インターンシップの感想は?』
多くの利用者さんと接することができ、食事やトイレの介助も複数の方法を学べました。
『先輩職員の指導はいかがですか?』
一つ一つの介助や対応の意味や理由、個別性を説明して指導してくださるので、分かりやすく頭に入りやすいです。
(菊島裕介さん(2016年4月入職):信愛の園介護5係所属)


『信愛に就職を決めた理由は?』
大学時代に実習で信愛にお世話になり、雰囲気などを知ることができていたことが一番大きな理由です。また、説明会のときの印象がとても良かった。
『新卒インターンシップの感想は?』
新人という立場にもかかわらず、様々な現場を体験し、見て知ることができました。現場を移動するごとに、覚えることがいろいろありました。
『先輩職員の指導はいかがですか?』
やさしく丁寧に教えてくださいます。分からないこと、気になることがあったら、すぐ質問できるような環境づくりをしていただいていると感じています。
(松崎光帆さん(2016年4月入職):信愛の園介護3係所属
沿革
  • 明治42年1月
    • 報恩会創立 結核救済事業開始
  • 大正13年8月
    • 大正天皇御大札記念事業 千葉県銚子市に困窮結核患者収容救護開始
  • 昭和10年8月
    • 「聖慈園ホーム」を祖師谷から弦巻町に移転「信愛会信愛ホーム」と改称
  • 昭和12年12月
    • 北多摩郡清瀬村 (現在地) に移転「信愛会秋津保養農園」と改称し、結核患者救護事業拡大を図る
  • 昭和15年11月
    • 報思会と信愛会との合併 病院開設認可
  • 昭和16年7月
    • 信愛病院開業認可 東京市の委託施設となる
  • 昭和22年5月
    • 財団法人信愛報恩会認可
  • 昭和25年5月
    • 荒川区西尾久に信愛保育園開設
  • 昭和27年5月
    • 社会福祉法人信愛報恩会に組織変更認可 信愛病院無料低額診療事業開始
  • 昭和45年4月
    • 特別養護老人ホーム信愛の園開設
  • 昭和54年4月
    • 信愛デイケアセンター (五市共同利用事業) 開設 特別養護老人ホーム信愛の園増築
  • 昭和58年4月
    • 清瀬市訪問看護指導事業開始
  • 昭和63年4月
    • 文京区立特別養護老人ホーム大塚みどりの郷・文京区立大塚高齢者在宅サービスセンターの受託運営事業開始
  • 平成元年4月
    • 特定有料老人ホーム信愛苑開設
  • 平成2年4月
    • 文京区立湯島高齢者在宅サービスセンターの受託運営事業開始
  • 平成5年7月
    • 信愛病院療養型病床群(102床)を導入
  • 平成6年4月
    • 特別養護老人ホーム信愛のぞみの郷・荒川区西尾久在宅高齢者通所サービスセンター開設及び尾久在宅介護支援センターの受託運営事業開始
  • 平成6年10月
    • 信愛訪問者護ステーションほほえみの事業開始
  • 平成8年4月
    • 文京区立大塚みどりの郷ホームヘルパーステーションの受託運営事業開始
  • 平成8年9月
    • 信愛病院増改築 (医療施設近代化施設整備補助事業・東京都緩和ケア病棟施設整備補助事業) 工事竣工式挙行
  • 平成9年3月
    • 文京区立昭和高齢者在宅サービスセンターの受託運営事業開始
  • 平成12年1月
    • 信愛ホームヘルパーステーション事業開始
  • 平成12年4月
    • 信愛病院介護療養型医療施設 (136床) 導入
  • 平成22年4月
    • 信愛病院、回復期リハビリテーション病棟32床開棟、人間ドックを開始
  • 平成26年8月
    • 清瀬市内にしんあい清戸の里 (サービス付高齢者向け住宅・グループホームひまわり・複合型ケアほほえみ) の事業開始
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒204-0024 
東京都清瀬市梅園2-3-15
社会福祉法人 信愛報恩会 法人本部
(採用担当)藤井
TEL:042-433-4300                 
URL http://www.shin-ai.or.jp/honbu
E-mail E-Mail: saiyou@shin-ai.or.jp
交通機関 西武池袋線 秋津駅より徒歩12分
西武池袋線 清瀬駅 および JR武蔵野線 新秋津駅 より無料送迎バス有り
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp202511/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 信愛報恩会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ