最終更新日:2017/8/2

マイナビ2018

マイナビコード
202667
  • 正社員

馬場飼料(株)

本社
福岡県
資本金
3,000万円
売上高
120億円(2015年9月実績)
従業員
175名
募集人数
若干名

「ファームtoテーブル」のコーディネーターとなり、食卓に本当の豊かさを届けたい。

  • 積極的に受付中

8月22日(火)に説明会開催が決定しました!! (2017/08/02更新)

皆様、こんにちは!
馬場飼料株式会社の採用担当です。
この度は、当社のページにお越しいただきありがとうございます。

「全ての関係者と誠実な信頼関係を築き、安心・美味な食を通じ健康で豊かな
食生活の実現に貢献する」をモットーに社員一同がアイデアを出し合い楽しく
頑張っています。 

一人ひとりのやる気が馬場飼料を支えていますので
皆様の「やる気」 お待ちしています!

会社紹介記事

PHOTO
安全に管理された鶏舎で採れた卵を食卓へ届ける同社では、品質基準の厳しさで知られる大手フードチェーン店との取引も年々増加。品質面で高い評価を獲得している。
PHOTO
洗浄、殺菌、品質管理、包装、配送まで、すべての工程を行なうエッグセンターでは、高い管理基準や殺菌方法などで品質を管理。安全、安心なものだけが出荷される。

自ら積極的に仕事に取り組めるやりがいを実感。成果が目に見える喜びがここに!

PHOTO

「指示待ちタイプではなく、自ら考え積極的に行動できる人ならきっと活躍できるはず。一人ひとりの個性を尊重してくれる社風が当社のいちばんの魅力です」と牧瀬さん。

いくつかの会社を受け面接を重ねる中で、社員を大切にする会社だと強く感じたのが当社でした。1対1の社長面接で、「少数精鋭だから早い段階から仕事を任される。大きく成長するにはいい場所だよ」と言われたのも入社を決めた理由です。

私の担当は、鶏の飼養。美里農場では、鶏を雛から飼養、卵を産むまで育てます。主な業務は、各鶏舎の機械設備が正しく稼動しているかの確認。機械で餌や水を与えており、毎日のチェックは欠かせません。また、雛の場合は異常がないか、気温管理等にも気を配ります。ボイラーの燃料確認、清掃、薬品管理やワクチン、防疫用の石灰や消毒液の管理まで行うほか、飼養に関する計画や日齢により鶏舎を移すなど、仕事内容は多岐に渡ります。

その中で面白みに感じているのは、1つの鶏舎でどれだけの卵を出荷しているのか毎日数字で確認できること。産卵率の数値が高ければ高いほど、上手に育てられている証。日々の仕事の成果が数字で目に見えてわかります。さらに、パックセンターでは良品率も分析できます。先輩から教わった仕事内容に自分なりのアイデアをプラスして積み上げることで、これまでの数値を超えることが基本目標にありますね。私が受け持つ鶏舎に関しては、社内トップの数値を出せていることが大きなやりがいにつながっています。

当社の最大の魅力は、自分の考えや思いをカタチにしやすい土壌があること。私自身、入社4年目で新設する鶏舎づくりを任せてもらえるチャンスが訪れました。普通ならもっとベテランの社員に任せるような仕事ですが、自分の理想とする鶏舎を創り上げる仕事を心から楽しむことができたと思います。そのためにも、普段から学ぶ機会が多いのも当社の特長です。他社農場の最新設備の見学や、外部で行われる養鶏セミナーに参加したり、いろいろな機会を与えてもらえました。

私たちの仕事は、試行錯誤の繰り返しです。結果がすぐに出ることもあれば、数カ月先にならなければ成果が見えないこともあります。今後の目標は、自分が携わる鶏舎の産卵率を高めること。他の農場よりも高い数値を維持できれば、自分の考える飼養方法が優れている証明になると思います。コンスタントに高い水準で成績を出す努力をしながら、その内容をマニュアルに落とし込むまで手掛けていきたいと思っています。

■肥後ポートリー美里農場 牧瀬 高広/2011年入社/東海大学農学部卒

会社データ

プロフィール

1963年創業以来、私たちは採卵鶏と養豚用の飼料販売を通して、消費者の皆様に安心して食べていただける卵や豚肉をお届けできるよう努力しております。

また、日本の食料問題解決に貢献するという大きな視点を持ちながら、畜産コーディネーターとして畜産農家や流通関係者との絆を強くし、情報共有や技術を高めながら品質管理の徹底、安心で美味な鶏卵・豚肉を皆様にお届けするために、一つひとつ真面目に取り組んでいきます。

事業内容

PHOTO

畜産用飼料(養鶏、養豚)の販売および畜産技術指導、鶏卵の販売、豚肉の販売
本社郵便番号 834-0031
本社所在地 福岡県八女市本町202-4
本社電話番号 0943-23-5335
創業 1963年8月
設立 1965年9月21日
資本金 3,000万円
従業員 175名
売上高 120億円(2015年9月実績)
代表者 代表取締役社長 馬場 昭人
事業所 ■エッグセンター
福岡県八女市蒲原1950-15
■植木飼料配送センター
熊本県熊本市植木町米塚1255-1
■精肉部・八女飼料配送センター
福岡県八女郡広川町広川字天津池2694-3
主な取引先 協同飼料(株)、日清丸紅飼料(株)、九州昭和産業(株)、中部飼料(株)、日本農産工業(株)
沿革
  • 1963年
    • 創業
  • 1965年
    • (株)馬場飼料商店を設立(法人登記)
      資本金50万円
  • 1968年
    • 現在地に本社屋を建設
  • 1971年
    • 資本金を200万円に増資
  • 1979年
    • 熊本県熊本市植木町に飼料配送センターを建設
  • 1985年
    • 八女市龍ケ原にエッグセンターを建設
  • 1988年
    • 熊本県菊池市に直営養鶏場(6万羽)を建設
  • 1989年
    • 資本金を3,000万円に増資
      飼料配送センターに第1期飼料貯蔵タンク基地(80トン収容)を建設
  • 1992年
    • 飼料配送センターに第2期飼料貯蔵タンク基地(90トン収容)を建設
  • 1993年
    • 馬場飼料(株)に商号を変更
      トップ卵(株)を設立
      現在地に本社新社屋を建設
  • 1995年
    • 料理の鉄人、道場六三郎氏と契約してスープシリーズを全国に発売
      スープ事業の全国展開に伴い、東京営業所を渋谷に開設
  • 1996年
    • 八女エッグセンターの第1次改装工事(衛生管理の強化)
  • 2000年
    • 熊本県合志市の養鶏場(26万羽)を買収し、(株)肥後ポートリーを設立
  • 2001年
    • 八女エッグセンターの第2次改装工事(事務所の新築)
      八女エッグセンターの第3次改装工事(製品保管庫・出荷ブースの機能強化)
  • 2002年
    • 鶏卵の販売拡充に伴い、熊本県益城郡にエッグセンターを建設
      飼料の販売拡充に伴い、八女郡広川町に飼料配送センターを建設
      精肉の販売拡充に伴い、八女郡広川町にミート・センターを建設
  • 2006年
    • 熊本市に鶏卵販売拠点として、(株)しらたフーヅを設立
  • 2007年
    • スープ事業の拡充に伴い、東京都千代田区に東京営業所を移転
  • 2008年
    • 鶏卵の販売拡充に伴い、熊本県合志市にエッグセンターを建設
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間/月(前年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 馬場飼料(株)
採用担当:馬場

〒 834-0031
福岡県八女市本町202-4
TEL:0943-23-5335
URL http://www.baba-shiryo.com/index.html
交通機関 九州自動車道「八女IC」より車で11分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp202667/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
馬場飼料(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ