最終更新日:2017/11/28

マイナビ2018

マイナビコード
20355
  • 正社員

内野建設(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
4億8,800万円(発行済み株式総数976,000株)
売上高
80億5,895万円(2016年3月)
従業員
124名 
募集人数
6〜10名

バブル経済を生き抜き、建設不動産不況に耐えた、磐石な財務体質の中堅ゼネコン。品質と原価の絶妙なバランスを可能にしている優良企業

☆書類選考受付中!☆ (2017/11/28更新)

こんにちは!採用担当の長谷川です。
ただいま書類選考の受付をしております。
3〜5日以内にメールまたはお電話等で、お返事をさせていただきます。
<必要書類>
・履歴書
・成績証明書
書類は本社あてに郵送をお願いいたします。

会社紹介記事

PHOTO
当社が誇る、民間共同住宅の一例です。(平成27年竣工)
PHOTO
内野建設が施工を担当した練馬区役所。賃貸マンションのほか、オフィスビルや公共施設なども得意。その実績は技術と信頼の証明です。

創業から62年。まじめにきちんと、建ててきました。だから安定しています。

PHOTO

「現場での毎日の仕事に追われるだけじゃなく、『快適な街づくりに貢献している』という使命感を持てば、さらに仕事が楽しくなるはず」(総務 原田國夫)

■創業62年。まじめにきちんと、本業だけに精を出してきました。
はじめまして。私たち内野建設は、練馬区を中心に東京都全域及び埼玉県、神奈川県など近県でマンションを中心とした施工管理を手掛けてきた会社です。社員数124名と決して大きな会社ではありません。しかし、大手ゼネコンの下請けではなく、ほとんどの仕事を施主さんから直接、請け負ってきました。自分たちの仕事だから、いい加減なことはできません。「あの会社は、良い仕事をしてくれる」そんなお客様の評判が、私たちの誇りです。
例えばあのバブル期。多くの建設業界の会社が土地売買や住宅分譲で大きな利益を上げている時にも、私たちはあくまで施工管理からの収益にこだわり、事業の多角化は目指しませんでした。だからこそ、その後、バブルの崩壊で建設業界が大変なことになった時も、大きな影響は受けずに済みました。大きく儲けるよりも、お客様に本当に喜んでもらえるものをきちんと作る。あたりまえのことですが、それが一番大事だと考えております。

■転勤はありません。普通の人が暮らす、大切な建物を作ります。
ここ数年、設計事務所や大手デペロッパーとの連携で、インテリジェントビルや分譲マンションを手掛けるケースが多くなりました。そのため施工の現場も首都圏全域に広がりつつありますが、遠いといっても練馬からなら十分に通勤できる範囲。仕事のために転居したり、単身赴任したり、といったことはありません。
創業以来、リストラをしたことがなく、派遣や契約社員も一切いない、全員が正社員という会社ですから、基本的には終身雇用のようなものです。まじめに頑張ろう、という気持ちをもった方に、将来に不安を感じることなく働いて欲しいと思っています。
入社後は現場でのOJTを通じてその道のエキスパートを目指してください。そして、「技術社員育成計画」に基づいて着実に能力向上を図っていきます。また、例えば一級建築士の資格においては、勤務スケジュールの調整や、取得費用の補助を含め、できる限りのサポートをしております。
私たちが作るのは、普通の人が暮らすマンションや賃貸住宅です。派手な仕事ではありませんが、一番大切な建物です。私たちはそう信じています。

会社データ

プロフィール

内野建設は1960年の設立以来、東京城北・城西地区を代表する建設会社として地域密着型の事業を中心に推進し、現在では、中堅ゼネコンへと成長しました。

お客様第一主義を貫く姿勢は、競合他社にさきがけ、既に1980年代から変わらぬ経営理念として、企画・設計から施工、メンテナンス、リニューアルに至るまで全社員に深く浸透定着しており、「お客様の満足度」をプロデュースする品質の内野として高い評価を得てまいりました。1985年には中小建設業では最初のデミング賞中小企業実施賞を受賞。また、2000年にはISO9001の取得を契機に、「品質マネジメントシステム」を体系化してプロセス管理にも重点を置いて技術力を向上させ、品質の高い建物を社会に提供してまいりました。そして今その活動は、単にCS(お客様の満足)を高めるだけでなく、さらに大きなCSR(企業の社会的責任)を果たす企業へと進化してまいりました。

今日では、地元のみならず東京都全域並びにその近県にまで商圏を拡大し、建物も中高層共同住宅中心から、商業施設やインテリジェントビルに至るまで請け負い、さらには、土地の有効活用の提案や相続対策などコンサルティング業務に至るまで業容の拡大深化を遂げてまいりました。

企業の財務基盤はきわめて堅く、堅実な経営姿勢は、バブル経済に経営資源を徒に消耗せず、過去の建設・不動産不況に勝ち抜き、その後の金融不安にも動じない優良中堅ゼネコンに当社をつくりあげました。

社員の意識は高く、全社員が品質、原価、利益、工程管理に細心の注意をもって施工管理はじめ業務管理に邁進しています。また、専門業者からなる協力企業の存在、営業情報を提供してくれる設計事務所などのアライアンス先の協力など、社員と関係先の一体感が、品質と原価の絶妙なバランスを可能にし、無借金黒字経営・安定成長につながっているものと考えております。

事業内容
1.中高層共同住宅(賃貸、分譲)、商業ビル等の企画、設計及び監理、施工
2.官公庁施設の施工
3.地域開発計画並びにその事業
4.建物のリニューアル工事
5.土地の有効活用や相続対策等、不動産に関するコンサルティング業務
本社郵便番号 176-8536
本社所在地 東京都練馬区豊玉北5-24-15
本社電話番号 03-5999-2111(代)
創業 1955(昭和30)年6月
設立 1960(昭和35)年8月
資本金 4億8,800万円(発行済み株式総数976,000株)
従業員 124名 
売上高 80億5,895万円(2016年3月)
事業所 本社(東京都練馬区)、西東京営業所、埼玉営業所、新座機材センター
内野住宅センター東伏見支店
主な取引先 練馬区、東京都、住宅金融支援機構、UR都市機構、東京都住宅供給公社、
その他各種団体、一般顧客(建築主)ほか
取引銀行 りそな銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行ほか
関連会社 (株)内野ホームテック、(株)内野住宅センター
役員 代表取締役会長 内野 三郎
代表取締役社長 矢野 文雄
売上高推移  決算期/売上高    (純利益)
 ───────────────―――
 14年3月/50億 200万円(3億2,860万円)
 15年3月/67億4,500万円(3億4,810万円)
 16年3月/80億5,895万円(5億3,439万円)
従業員給与ほか            男 子      女 子
          ──────────────────
 人  数     105名(内大卒71名) 19名(内大卒7名)
 平均年齢      48歳       38歳
 平均勤続年数    22年       14年
 平均月給与     462,000円     292,000円
 平均年収     7,630,000円    6,031,000円
沿革
  • 1960年
    • 有限会社内野工務店を設立(1955年個人創業)。
  • 1963年
    • 株式会社内野工務店に組織変更。
  • 1975年
    • 公的資金を活用した民間中高層共同住宅建設に特化した地元重視の営業戦略を展開。
  • 1976年
    • 株式会社内野サービスを設立。住宅サービス部門(入居斡旋、アフターメンテナンス等)の強化を図る。
  • 1978年
    • 埼玉県新座市に機材センターを移転。合せて、機材センター内に埼玉営業所を開設。
  • 1979年
    • 本社ビルを新築し、本社を東京都練馬区豊玉北5丁目の現在地に移転。
  • 1981年
    • TQC(全社的品質管理活動)を本格的に導入。
  • 1982年
    • 株式会社内野サービスを株式会社内野住宅総合センターに改称。
  • 1985年
    • ・デミング賞「実施賞・中小企業賞」を受賞。この賞は(財)日本科学技術連盟が統計学者デミング博士の功績を讃え、国内の品質管理活動に優れた功績をあげた企業を表彰する栄誉ある賞である。当社は建設業界では竹中、鹿島、清水についで4番目に受賞したもので中小建設企業では最初の受賞。

  • 1986年
    • 東京都田無市に田無営業所を開設し、武蔵野地区へ商圏拡大。
  • 1989年
    • 株式会社内野住宅総合センターを、株式会社内野住宅センター(入居者の斡旋等の住宅全般のサービス)と株式会社内野ホームテック(住宅のアフターメンテナンス、小規模工事等)に分離独立。
      フランス商工会議所(ILO視察団)が当社を訪問し、建設作業所を見学。
  • 1990年
    • 当社会長、練馬区建設業協会会長に就任(2期)。
      東京商工会議所・練馬支部建設分科会長に就任。
  • 1993年
    • 台湾TQC研修団が当社を訪問。
  • 1994年
    • 第2回公庫賃貸住宅祭で「住宅金融公庫賞/金賞」受賞
  • 1995年
    • 株式会社内野工務店を内野建設株式会社に社名を変更。CIを導入してシンボルマークを刷新。「人の和と信用を基に品質の高い建造物を形にしたもので、お客様の満足を追求し、社会の環境づくりに貢献するという企業姿勢を表したもの」。
      資本金を現在の4億8,800万円に増資
  • 1996年
    • 当社会長、(社)東京建設業協会理事に任命(〜2014)。
  • 2000年
    • ISO9001認証取得(認証機関:(財)日本科学技術連盟)。
      リニューアル部を新設。マンション、ビルの建替え需要を予測して専門の取扱い部門を設置。
  • 2001年
    • オーストラリアのイプスウィッチ市長と建材メーカー、ハードボード社の社長が訪問。
  • 2002年
    • 田無営業所を西東京営業所と改称。
  • 2006年
    • 大手デベロッパーとの(営業情報ネットワーク)連携強化。
  • 2010年
    • 会社設立50周年記念式典。「五十年のあゆみ」制作。
  • 2012年
    • 内野三郎社長が会長に、矢野文雄専務取締役が社長に就任。
  • 2014年
    • 矢野文雄社長、東京建設業協会理事に就任。
平均勤続勤務年数 20年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 4%(24名中女性1名 2016年度実績)

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒176-8536
東京都練馬区豊玉北5-24-15
採用担当 原田・長谷川
TEL:03-5999-2111
URL http://www.uchino.ne.jp/kensetsu/
E-mail hasegawa_akane@uchino.ne.jp
harada_kunio@uchino.ne.jp
交通機関 西武池袋線 練馬駅
都営大江戸線 練馬駅
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp20355/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
内野建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ