最終更新日:2017/10/11

マイナビ2018

マイナビコード
204957
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

社会福祉法人相楽福祉会

本社
京都府
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
4億7072万円(2016年3月決算実績)
従業員
117名(2017年3月1日現在)
募集人数
1〜5名

2018年4月に新事業所立ち上げ予定!職員緊急募集中!制度が未整備だった時代から、障がいのある方のニーズ応えるため、多様な生活支援サービスに取り組んできました。

  • 積極的に受付中

10月24日,25日、11月1日,2日に企業説明会を開催予定!(随時、施設見学と面接希望を受け付けています。) (2017/10/11更新)

みなさんこんにちは!社会福祉法人相楽福祉会/採用担当の森田です。

2018年度卒の新卒採用面接を随時受け付けています。

選考に関する詳細はエントリーいただいた方から順に御案内させて頂きます。

また、施設の見学希望など随時受け付けています。

ご希望の方は法人本部までご連絡ください。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

また10月24日,25日、11月1日,2日に企業説明会を開催予定!

来年4月には新事業所を立ち上げる予定にしています。(職員緊急募集中です)

興味のある方ぜひご参加ください。お待ちしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
制度化に先駆けて35年近く取り組んできた授産サービス。織物や染色、パンづくりなどの技能習得を通じて利用者さんに自立する力を得てもらいます。
PHOTO
山城南地域のあちこちにある多様な生活支援施設。アパートから始まった地域生活ホーム相朋舎、喫茶経営で地域との交流を促す「心」など常にコミュニティと共にあります。

利用者さんの笑顔と尊厳を支える喜び。温かい社会を共に築く働き甲斐。

PHOTO

「地域が必要とするサービスであれば、たとえ無償でもあらゆるサービスに取り組んできました。当会が先にやり、制度が追いかけてきた実感があります」(三輪理事長)

「人は誰でもかけがえがなく、一回限りの生は心から大切にされなければならない」。この理念を貫き、山城南地域にお住まいの障がいのある方(障害者基本法が対象とする三障がいがある人)に向け、きわめて幅広い支援サービスをご提供しています。共に働き、自立する力の獲得を目指す相楽作業所と相楽デイセンター、普通の住居で普通の暮らしを営んでもらうグループホーム相朋舎、居宅生活支援とショートステイに取り組むサービスセンター相楽、パン・喫茶店等の運営を通して自己実現につなげてもらう精華地域活動センター「心」とクリエイティブスペース「ていすと」。さらに京都府障害者支援ネットワーク事業から相楽地域障害者生活支援センターの運営も受託しています。

始まりはこの国の福祉が未成熟だった1978年。社会が見過ごしてきた「障がいのある方の生きづらさ」を見過ごせなかった有志が集まり、義務教育後の行き場のないお子さん方のための日曜学校を設立。それが81年の共同作業所開設につながりました。さらに共同生活の場である相朋舎を各所に設けたり、ご家族に安息をご提供するレスパイトサービス(ショートステイの原点)を手掛けるなど、まだ該当制度がなかった時代から、障がいのある方に関わるあらゆる地域ニーズにお応えしようと、本当に色々なことに取り組んできました。現在の多様な生活支援事業はそれらが発展したもの。地域社会や行政のご協力を賜りながら、「すべての人が共に生きる社会」の実現を目指し続けています。

経営よりも地域社会のニーズを優先し、なによりも利用者さんの「人生の質」の向上を最優先に考える。そんな法人ですから、障がい者支援に想いをお持ちの方が力いっぱい働ける環境だと自負します。仕事の幅が広いため、技能面でもメンタル面でも成長できる実感を味わえるでしょう。利用者さんと一緒に笑い、心をつなぐ喜びも得られます。その一方で、私たちは「福祉の質が変わりゆく時代」に対応できる新しい経営体質を育てていこうと考えていますので、フレッシュな発想と行動力で相楽福祉会の次代を担ってもらえる方をお待ちしています。その意味で、広い視野から障がい者福祉を見渡せる方、経営にも興味をお持ちの方を歓迎しますが、まずは、利用者さんと共に生きる福祉現場の喜びを味わってみてください。

(社会福祉法人 相楽福祉会 理事長 三輪信行さん)

会社データ

プロフィール

人は誰でもかけがえがなく
一回限りの生は心から大切にされなければならない

この理念を貫き、山城の地に福祉施設ができて33年余り。
この間、障がい者に対する福祉制度が確立されていない時代からさまざまな利用者のニーズに応えるべく、色々なことに取り組んできました。

支援学校卒業後の「はたらく」場を提供する通所施設
障がいのある方の地域での「くらし」を支えるグループホーム
様々な「ニーズ」や相談に応える生活支援センター
家族の「あんしん」を支えるショートステイ
障がい者の「たのしみ」を提供するガイドヘルプ     など

紆余曲折はありましたが、地域や行政またご家族や利用者ご本人の協力もあり、様々なサービスを提供できるようになりました。

我々の仕事は障がいのある方なしでは成り立ちません。我々職員は障がいのある方の社会での生きづらさを理解しその方の生活を支えていくと同時に、我々職員の生活も障がいのある方によって支えられていることを忘れてはいけません。

「すべての人が共に生きる」
そんなことに生きがいを感じながら一緒に働ける方、ぜひご応募ください。

事業内容

PHOTO

障がいのある方の「くらし」を支えるグループホーム。現在25名の方が計4カ所のグループホームで生活をされ、日中は生活介護事業所等で働いておられます。

◆生活介護事業
 相楽作業所
 相楽デイセンター
 精華地域活動センター「心」
 (クリエイティブスペース)ていすと
 エコ・クリーン相楽

◆就労継続支援事業
 エコ・クリーン相楽

◆共同生活援助事業(グループホーム事業)
 かみこま相朋舎
 はぜ相朋舎
 ほうその相朋舎
 きたのどう相朋舎

◆相談支援事業(障害者・障害児)
 相楽地域障害者生活支援センター

◆居宅介護事業、短期入所事業、一時支援事業、移動支援事業
 サービスセンター相楽
本社郵便番号 619-0238
本社所在地 京都府相楽郡精華町精華台5-1-4
本社電話番号 0774-93-3277
設立 1992年3月31日
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 117名(2017年3月1日現在)
売上高 4億7072万円(2016年3月決算実績)
事業所 ◇相楽作業所
 京都府相楽郡精華町精華台5-1-4
 ・生活介護事業

◇相楽デイセンター
 京都府木津川市木津川台2-12-6
 ・生活介護事業

◇精華地域活動センター「心」
 京都府相楽郡精華町南稲八妻砂留22-1
 (精華町福祉センターかしのき苑内)
 ・生活介護事業

◇クリエイティブスペース)ていすと
 京都府木津川市相楽城下14-2
 ・生活介護事業

◇エコ・クリーン相楽
 京都府相楽郡精華町祝園長塚17-5
 ・生活介護事業
 ・就労継続支援B型事業

■かみこま相朋舎
 京都府木津川市山城町上狛小杉谷7
 ・共同生活援助(グループホーム)事業

■はぜ相朋舎
 京都府木津川市吐師松葉36
 ・共同生活援助(グループホーム)事業

■ほうその相朋舎
 京都府相楽郡精華町祝園西1-16-20
 ・共同生活援助(グループホーム)事業

■きたのどう相朋舎
 京都府相楽郡精華町菅井北ノ堂17-14
 ・共同生活援助(グループホーム)事業

●相楽地域障害者生活支援センター
 京都府相楽郡精華町祝園榊ヶ坪26-4
 ・障害者相談支援事業
 ・障害児相談支援事業

◆サービスセンター相楽
 京都府木津川市木津川台2-12-6
 ・居宅介護事業
 ・短期入所事業
 ・移動支援事業
 ・一時支援事業
 ・移送サービス事業
平均年齢 36.3歳(正職員)
平均勤続年数 10.0年(正職員)
沿革
  • 共同作業所開設
    • 1978.04 精華町障害児者育成会結成
           障害児者日曜学級開設
      1979.11 育成会事務局開設、共同作業所づくりの運動開始
      1980.04 育成会会員(親)から土地提供が決定
      1981.04 相楽共同作業所開設(84.02.作業棟増築)
  • 法人設立まで
    • 1985.09 民間アパートの一室で、生活訓練寮を開設
      1987.04 精華町より移転用地の無償貸与決定
      1989.02 地域生活ホーム「相朋舎」開設
      1992.03 社会福祉法人相楽福祉会設立
  • 第2通所施設開所まで
    • 1992.10 地域生活ホーム「第二相朋舎」開設
      1993.01 相楽作業所・相楽共同作業所、竣工、開設
      1996.04 レスピットサービス開始
      1998.04 相楽地域障害者生活支援センター
           (現サービスセンター相楽)竣工、開設
      1998.08 相楽デイセンター竣工、開設
  • 支援費制度開始まで
    • 1998.11 京都府心身障害児(者)地域療育等支援事業開始
      1999.02 地域生活ホーム「第三相朋舎」開設
      2001.04 相談支援事業「相楽地域障害者生活支援センター」
           を独立
      2002.04 「エコ・クリーン相楽」開設
      2003.04 支援費制度施行
  • 障害者自立支援法以降
    • 2005.05 精華町地域活動センター『心』」、
           「(クリエイティブスペース)ていすと」開設
      2005.10 第五相朋舎(現かみこま相朋舎)竣工、開設
      2006.04 障害者自立支援法施行
      2013.04 ケアホーム住居「はぜ相朋舎」開設
      2014.04 グループホーム住居「ほうその相朋舎」開設
平均勤続勤務年数 10年(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 6名(うち男性2名、女性4名、2015年実績)
前年度の育児休業取得者数 4名(うち女性4名、2015年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 31%(13名中4名、2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒619-0238
 京都府相楽郡精華町精華台5-1-4
 社会福祉法人相楽福祉会
 TEL:0774-93-3277
URL http://souraku.org/
E-mail info@souraku.org
交通機関 ■相楽福祉会本部(相楽作業所)
 近鉄京都線新祝園駅(急行停車駅)、JR学研都市線祝園駅(快速停車駅)
 バスで約5分、徒歩約20分
■相楽デイセンター
 近鉄京都線木津川台駅 徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp204957/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人相楽福祉会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ