最終更新日:2017/9/19

マイナビ2018

マイナビコード
205662
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

大阪熱処理(株)

本社
兵庫県
資本金
4,980万円
売上高
22億円(2017年3月期実績)
従業員
62名(2017年3月末日現在)
募集人数
1〜5名

日本を代表する特殊材料メーカー!!焼入鋼帯を主力製品として、自動車や工具など様々な分野で我々の材料が使われています。\\幹部候補生募集//一緒に会社を動かそう!

★説明会予約受付中★ (2017/07/24更新)

こんにちは!大阪熱処理採用担当の大島です。
この度は弊社ページをご覧いただきありがとうございます。
規模は大きくないですが、創業以来85年一貫した焼入鋼帯の生産に
定評のある老舗企業です。
皆様のエントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
焼入鋼帯にみがき特殊鋼などの鉄鋼材料から、コプリングやぜんまい、キャリアなど精密加工部品まで。一貫製造システムを強みに、多彩な製品群を世の中に送り出す本社工場。
PHOTO
トップも社員も互いの距離感が近く風通しの良い社風と、「人物本位」の採用による気さくで飾らない社員。新入社員もすぐに溶け込める環境が整っています。

「運動場を広く持て」チャレンジ精神旺盛な皆さんが吹き込む新たな風に期待しています

PHOTO

「半ばはわが身の幸せを、半ばは他人の幸せを」。西口さんの座右の銘は、そのまま「相手のことを考える」オーダーメイドのものづくりにも、共通する教えです。

創業85年を迎える私たちは鉄鋼材料、特に高炭素(ハイカーボン)鋼板など特殊鋼の連続熱処理のパイオニアであり、老舗です。大手高炉メーカーの系列に属さない独立企業で、自動車、工具、繊維、家電、建機など日本のものづくり産業の全方位にお客様がいることも、大きな強みです。仕入も販売もニュートラルな立場であることが、鉄鋼分野の一角を担う材料メーカーとして、また他にない専業メーカーとして永続してきた理由でもあります。

私たちの製品は、すべてお客様からのオーダーメイドです。冷間圧延から裁断、焼入・焼戻の連続熱処理によって、鋼材の硬さや大きさ、厚みなど、一品仕様の多品種少量生産を、短納期で実現しています。また、仕入先の高炉メーカーにユーザーニーズを伝えることで、日本の鉄鋼材料の品質レベルの向上にも貢献しています。お客様と高炉メーカー、どちらともエンジニアが双方向の深いつながりを持ち、一つひとつきめ細やかなものづくりを続けています。

誰もがその名を知る大企業ではありませんが、だからこそトップとの距離感も近く、ベテランも若手も自由にものを言い合える風通しの良い社風が根づいています。私たちが求めているのは、寄らば大樹の受け身ではなく、「こんなことがしたい」と自分で考え、いろんなことにチャレンジしてみたい人。失敗を恐れなければその先に、自分がしたいこと、世の中に役立つことが何かは、しっかりと見えてくるものです。
社長がいつも社員に伝え続けている言葉があります。
「運動場を、広く持て」
運動場とは、自分のフィールドのこと。「得意なことしか、できません」では、技術も営業も人間力も、決して磨かれることはありません。異なる考えにも耳を傾けることで、狭い世界の思い込みから抜け出せる。いろんなことに興味を持てば、自分が動ける範囲を拡げられる。それは人も、会社も同じです。

これからの若い世代の社員たちは、将来の経営を担う存在として、良き伝統を受け継ぎながら新たな歴史を創り出していくことになります。安全カミソリ刃やぜんまい用焼入鋼帯の国産化に初めて成功したベンチャースピリッツは、いまも私たちの心に流れ続けていますし、今後は海外のお客様のお役に立つ「マーケットのグローバル化」にも発揮されていきます。その力強い原動力となっていく、チャレンジ精神に大いに期待しています。
取締役 技術開発部長・西口将則

会社データ

プロフィール

私たちは、主に冷間圧延から熱処理までの一貫製造システムによる焼入鋼帯、みがき特殊帯鋼の製造・販売をしている素材メーカーです。
これらの製品は、自動車や工具、家電製品などのさまざまな分野で使用されています。

事業内容
焼入鋼帯の製造、販売
みがき特殊帯鋼の製造、販売
金属加工品の製造、販売
本社郵便番号 663-8242
本社所在地 兵庫県西宮市津門飯田町3番49号
本社電話番号 0798-66-1255
創業 1932年(昭和7年)10月12日
設立 1937年(昭和12年) 2月18日
資本金 4,980万円
従業員 62名(2017年3月末日現在)
売上高 22億円(2017年3月期実績)
事業所 本社・工場 兵庫県西宮市津門飯田町3番49号
東京営業所 東京都千代田区平河町1-3-12第2秩父屋ビル7階
沿革
  • 1932年
    • 創業者野本徳次郎が輸入品であった安全カミソリ、ぜんまい用焼入鋼帯の国産化に成功した。
  • 1937年
    • 社名を大阪熱処理(株)に変更。圧延工場を新設し特殊帯鋼の圧延・焼入一貫メーカーとして組織を整備した。
  • 1946年
    • 戦後は帯のこ材、巻尺材、織機用ドロッパー材の生産で事業を再開した。
  • 1950年
    • 二代目社長野本富一が経営を継承し新経営理念に基づく5S主義を提唱、製品の多角化と人材の育成に重きを置いた経営をスタートさせた。
  • 1967年
    • 設備の近代化を促進し、自動車部品、家電、工具、産業機器に必要な焼入鋼帯、みがき特殊帯鋼、織機部品(フラットヘルド)の製造や定加重バネ(コプリング)の開発により業界での地位を確立した。
  • 1989年
    • 新に経営に参画した、野本榮一常務(現取締役社長)により、中期経営計画の実施、新規事業として半導体・水晶業界用の精密加工部品・キャリア、ブレードなどの製造を開始した。
  • 1997年
    • 三代目社長野本榮一が経営を承継し、海外進出の基点として台湾の合弁会社に出資した。
  • 2002年
    • 創立70周年を機にACTION PLAN70を掲げ、03年には目標としていた生産量を達成した。
  • 2004年
    • 課題解決のためのCFT(Cross Functional Team)が結成されコストダウン等の成果を挙げた。
  • 2005年
    • 台湾の合弁会社の生産を本社に集約した。
  • 2012年
    • 自主的に業務のあり方を考え、問題を発見しそれを解決するKAIZEN活動をとり入れたACTIONPLAN80を推進し終わりのないKAIZENを継続している。
平均勤続勤務年数 17年(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12日(2015年度実績)

採用データ

取材情報

世界を相手に「会社の顔」となる営業提案を!
求められる品質が高くなるほど、チャンスが広がる醍醐味
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒663-8242
兵庫県西宮市津門飯田町3番49号
TEL:0798-66-1255
採用担当:長谷川
URL http://www.onk-phnx.co.jp/
交通機関 阪急電鉄今津線「阪神国道駅」から徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp205662/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
大阪熱処理(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ