最終更新日:2017/9/29

マイナビ2018

マイナビコード
207410
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

神果神戸青果(株)

本社
兵庫県
資本金
2億円
売上高
432億円(2016年3月)
従業員
184名(2017年1月現在)
募集人数
1〜5名

『より豊かな食生活を』

野菜・果物のプロデュースへアタック!☆★説明会受付中★☆ (2017/03/07更新)

皆さん、こんにちは、神果神戸青果株式会社 採用担当の大井と申します。
この度は当ページにアクセスいただきありがとうございます。

ぜひ説明会へお越しください。お待ちしております。

当社ホームページもチェックしてください!
http://www.kobe-shinka.co.jp/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
最初は誰もが素人です。経験を重ねてプロになっていきます。辛い事があっても、気の置けない仲間がいるから乗り越えられる。仲間思いが集まる神果神戸青果なら大丈夫です。
PHOTO
セリでの値段はセリ人が品物を見極め決める!一瞬が勝負で、せり落とされた価格の訂正がきかない、責任と醍醐味が味わえる仕事です。

食料品の安全・安心、そして安定供給という使命。

PHOTO

「どんな仕事でもそうでしょうが、まずは基本を身につけることが大切です。当社では3年かけて基礎を築けるようにしています。安心して入社してください」(原田常務)

みなさんも、卸売市場でセリ人が威勢のいい声で商品を次々とセリにかけている姿を、テレビなどで見たことがあるかと思います。私たち神果神戸青果はそのセリをする会社なのですが、全体の仕事となるとイメージがしにくいかと思います。
当社が扱うのは野菜や果物といった青果物です。その仕事の流れをざっと説明しますと、まず青果物は農協などを通じて日本全国の産地から中央卸売市場に集まってきます。毎日、野菜で約450t、果物で約100tという膨大な量です。それを私たちがセリや相対と呼ばれる方法で仲卸業者に販売するわけです。その後、青果物は仲卸業者を経由して量販店や小売店の手に渡り、店頭に並びます。言わば、私たちは産地と消費者の間をつなぐ役割を担っているのです。もちろん、単につなぐだけではありません。兵庫県民に青果物を「安全」かつ「安心」に「安定供給する」という重要な使命があり、社会的意義という点でも大きいと言えるでしょう。また、需要と供給のバランスを読みながら生産者にも仲卸業者にも利益が出るよう、さまざまな情報を駆使して値段を自分の手で決定することができるというのも、この仕事ならではの魅力であり、醍醐味と言えるところでしょう。自分が思い描いていた通りの値段で商品が売れたときの爽快感を、ぜひみなさんにも味わっていただきたいと思います。

私も長年、この会社で働いていますが、人に対する温かさは常に感じています。伝統のようなものだと言えます。社員みんながお互いが協力し、共に成長していこうという風土が根づいているのです。
神果神戸青果は、あなたの可能性に期待しています。ぜひ、私たちといっしょに兵庫県の人たちの食生活を支える仕事をしてみませんか。(常務取締役 原田俊一)

会社データ

プロフィール

創業以来『より豊かな食生活を』をモットーに、安全で安心な生鮮青果物の安定供給に努め、卸売市場や流通環境の変化に柔軟に対応するために、中央卸売市場、地方卸売市場に流通拠点を配し、また神戸複合産業団地には関連会社で物流施設を運営しています。

当社は1933年に神戸市が開設した中央卸売市場で、開場当初より業務を開始していた卸売会社4社が1958年に合併し、現在の神果神戸青果株式会社として開業しました。
創業以来「より豊かな食生活を」をモットーに、日本全国の生産者の方々が心を込めて作った安全で安心な野菜・果物を毎日300トン以上取扱い、消費者の皆様へ安定供給するという公共性の高い役割を担い続け、輸出入事業や加工品の販売にも努め、兵庫県下の卸売市場での青果物の取扱高はNo.1となっております。

それでは営業社員の一日の仕事を紹介しますと、仕事は早朝3時〜4時頃より始まり、青果物流通の基礎や、生産地の現状を学び体感することから始まります。
野菜・果物は鮮度が命ですから、新鮮な青果物を消費者の皆様に早くお届けするため、朝が早いことは仕方ありません。
それから年数を経て一人前の担当者になり、TVでよく見る“セリ”販売を行い、また、多様なお客様のニーズにお応えする“相対取引”の販売を任されるようになります。
青果物流通の需要と供給の間に立ち、バランスを考え、自らが産地と消費者を結びつけるダイナミックな仕事に携わるようになれます。

このように当社は、青果物の安定供給という毎日の食生活を根底から担い、社員一人ひとりが青果物流通の中心となる、スケールの大きな仕事に取り組んでおります。青果物の業界は未経験だけど興味があり、より詳しく知りたい・やってみたいと感じられた方、どうぞお越しください。何事も未経験から始まります。

今後ますます卸売市場流通も大きく変化すると考えられ、我々はグループ各社が生鮮食料品を安定供給していく為に、先を見据え最適な流通構造の確立を図り常に挑戦し続けてまいります。

事業内容

PHOTO

多彩な品種を扱い、その数は1000種類以上あります。

1)青果物の受託販売並びに買付卸売業務
 ・日本全国の様々な生鮮青果物の卸売販売を行っています。
2)青果物を原料とする食料品の加工製品の販売
 ・ジュース、ゼリーなどの卸売販売を行っています。
3)食料品の輸入及び輸出業務
 ・バナナ、キウィ、パイナップルなどの輸入果実、
  ブロッコリ、アスパラなどの輸入野菜の卸売販売を行っています。
 ・苺・りんご、甘藷(さつまいも)などの輸出を行っています。
本社郵便番号 652-0844
本社所在地 神戸市兵庫区中之島1丁目1番1号 神戸市中央卸売市場本場内
本社電話番号 078-671-5512
創業 1958(昭和33)年10月8日
資本金 2億円
従業員 184名(2017年1月現在)
売上高 432億円(2016年3月)
事業所 (本社)
〒652-0844
神戸市兵庫区中之島1丁目1番1号
神戸市中央卸売市場本場内

(明石支社) 
〒673-0044
明石市藤江2029番地の1
明石市公設地方卸売市場内

(尼崎支社)
〒661-0976
尼崎市潮江4丁目4番1号
尼崎市公設地方卸売市場内
沿革
  • 昭和33年6月
    • 神戸中央青果(株)・神戸協同農産(株)・神戸青果荷受(株)・兵庫園芸協同(株)4社が合併し神果神戸青果(株)を設立
  • 昭和33年10月
    • 神果神戸青果(株)として業務を開始
  • 昭和58年10月
    • 新社屋完成並びに創業25周年記念祝賀会開催
  • 平成2年11月
    • 卸売場可動式保冷施設設置
  • 平成18年10月
    • (株)DONDON設立
  • 平成19年2月
    • (株)明石明果と合併、新生神果神戸青果(株)誕生
  • 平成19年12月
    • 神戸複合産業団地内に神果神戸青果株式会社物流センター完成
  • 平成20年10月
    • 創業50周年記念式典・祝賀会開催
  • 平成21年4月
    • 再整備事業(第2期)関連棟が本格稼動
  • 平成27年11月
    • 尼崎支社開業
平均勤続勤務年数 14年(2015年度)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 28時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 4名(うち女性1名、男性3名)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

採用データ

取材情報

卸売市場で働くという“おもしろさ”を、ぜひ知ってほしい!
食の安心・安全・安定供給を担う仕事とは?
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒652-0844 
神戸市兵庫区中之島1丁目1番1号 神戸市中央卸売市場本場内
神果神戸青果株式会社 総務部 採用担当 大井
TEL:078-671-5512
URL http://www.kobe-shinka.co.jp/
E-mail soumu@kobe-shinka.co.jp
交通機関 【アクセス】
・大阪方面よりお越しの方
 JR神戸駅 ⇒ 
 神戸市営地下鉄海岸線 ハーバーランド駅より乗車し
 「中央市場前駅」を下車して下さい。
 2番出口より、中央市場4門 守衛室横の階段を上がり、
 屋上駐車場を抜けた、A入口よりお入り下さい。

・明石・姫路方面よりお越しの方
 JR新長田駅 ⇒ 
 神戸市営地下鉄海岸線(=山手線) 新長田駅より乗車し
 「中央市場前駅」を下車して下さい。
 2番出口より、中央市場4門 守衛室横の階段を上がり、
 屋上駐車場を抜けた、A入口よりお入り下さい。
 
◇会場は神戸市中央卸売市場2階の南端(郵便局側)です。
 道に迷った際は、お気軽にお問い合わせください。
 
 連絡先/神果神戸青果株式会社 総務課 078-671-5512
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp207410/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
神果神戸青果(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ