最終更新日:2017/10/18

マイナビ2018

マイナビコード
208465
  • 正社員

(株)JVCケンウッド・エンジニアリング

本社
神奈川県
資本金
1,000万円(全額JVCケンウッド出資)
売上高
19億1,138万円(2016年3月)
従業員
223名(2016年11月15日現在)
募集人数
11〜15名

JVCケンウッド100%出資の開発設計エンジニア集団。ハイエンド機器を中心に、世界最高水準のモノづくりを推進しています!

  • 積極的に受付中

“技術大国ニッポン”を支えるエンジニア、求ム!!! (2017/10/18更新)

こんにちは!
JVCケンウッド・エンジニアリング採用担当です。
当社ページへお越し頂きありがとうございます!

◆説明会開催中◆

ー・−・−・−・−・−・−・ー・−・−・ー・−・−
エンジニアの
エンジニアによる
エンジニアのためのセミナー

あなたはきっと驚愕する。

“技術大国ニッポン”を支えるエンジニア、求ム!!!!
ー・−・−・−・−・−・−・ー・−・−・ー・−・−

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
どんな案件にもチームで開発に取り組むのが JVCケンウッド・エンジニアリング・スタイル。そこでは年次やキャリアの壁を越え、活発な意見が交わされる。
PHOTO
映像、音響と通信に特化した、ハイエンドな製品の開発に強みを持つ JVCケンウッド・エンジニアリング。凜とした製品からは、携わった技術者たちのプライドが漂う。

先輩エンジニアが語る、胸を熱くしたあの日、現在、そしてこれから。

PHOTO

■山地 隆生/技術統括部 第2技術部 開発グループ/2004年4月入社/工学部情報工学科卒  ■休日には自転車で日本全国を走るアクティブ派。昨年は四国と北陸を制覇した。

私は情報工学科出身ということもあり、就職にあたっては“面白そうなモノづくり”に携われる会社に絞って訪問していました。積極的な活動の甲斐があり3社から内定を頂戴したなか、この会社を選んだのは、若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる環境が魅力的だったのと、親会社が大手の日本ビクターだったので、安心して開発に取り組めると思ったからです。

入社後、私はデジタルテレビを開発する部署に配属されました。私のなかで、テレビは“家電の王様”という位置づけだったので、わくわくしたことを覚えています。
その部署では、テレビと様々なデジタル機器とをつなぐiLinkの制御部分の開発、そして電子取扱説明書、いわゆる画面で見ることのできる“電子トリセツ”の開発に携わりました。特に電子トリセツ開発では企画から参加し、上流から下流までひと通り学べたのは、自分にとって貴重なスキルの蓄積になりましたね。
電子トリセツに携わるなかで注力したのは、html4.1を簡単に作成できるソフトウェアの開発でした。電子トリセツはページ数が多いので、それをいかに簡単に作成し管理していくかがポイントになります。そこで、エクセルの表のように入力すると自動的にhtmlが作られるソフトウェアがあれば、様々な機種に応用できる、と考えたわけです。私は同期のエンジニアとふたりで、そのひな形づくりに没頭しました。
以降私は4年にわたってこの電子トリセツに携わりましたが、“お助けガイド”という名称になった4年目に、なんと「マニュアル・オブ・ザ・イヤー」を獲得したんです! 自分たちが関わった仕事が日本一となった知らせを聞いた時は、胸が熱くなりました。

現在私はチームリーダーとして、ハイエンドデジタル無線機に用いるソフトウェアの開発に取り組んでいます。この機器は業務用トランシーバーとして北米へ輸出される製品なのですが、周波数やプロトコルが日本とは異なるため、より幅広い技術ノウハウが求められます。またBluetooth(R)の制御、LCDの制御、シリアル通信など特定の機能開発も必要ですが、高品質を目指しすぎて過剰品質にならないよう、ラインナップの仕様に見合ったレベルに落とし込むのも大切な業務です。

今後は今のメンバーと共にチームとしての成長を目指すほか、次世代を担うエンジニアとしてチーム内の若手をしっかり育成していきたいと思っています。

会社データ

プロフィール

●「生涯技術屋」という気概でエンジニアを目指してほしい

私たち株式会社JVCケンウッド・エンジニアリングは、JVCケンウッドグループ内の開発設計専門の会社です。
私たちは“エンジニアにとってベストな環境とは何か”ということを常に思い描き、組織や制度の見直しを繰り返し、エンジニア各々のポジションを確立させることに注力してきました。
また、当社は開発設計専門の会社であることから、「技術を通して事業の発展をはかり、社会に貢献する。」ことを企業理念に掲げています。当社の技術力への期待に応えるためにも、社員の皆さんには「生涯技術屋」という気概を持ち、唯一無二のエンジニアを目指してもらいたいと思います。

●先進技術を自由に研究することができる風土

私たちが主に手掛けるのは、映像、音響と通信に特化したハイエンドな製品の開発です。特に高周波回路、無線通信、デジタル回路、機器組込型ソフトウェア、ネットワークなどの鍛え上げられた技術は高く評価され、JVCとケンウッド両ブランドのカーナビゲーションやカーオーディオ、高性能無線機器やBSデジタル放送機器などに余すところ無く投入されています。
更に無線通信システムの分野に於いては、マクラーレン無線システムの開発を担当、当社の技術がF1の過酷な環境下でも十分に通用することを証明しました。そうした背景にあるのは、先進技術を自由に研究することができる風土であり、その積み重ねが技術力の底上げに大きく貢献しています。

●公私ともにバランスのとれた生活を楽しんでほしい
東京都では、従業員が仕事と生活を両立しながら、いきいきと働き続けられる職場の実現に向けた優れた取組を実施している企業を「東京ワークライフバランス認定企業」として認定しています。当社は、時間外労働の完全届出制度導入、定時退社日の実施、業務改善推進に向けた社内プロジェクト等が評価の対象となり、2012年度の長時間労働削減取組部門で認定されました。
しかしながら当社の考えるワークライフバランスは、実はとてもシンプルです。要は文字通り、公私ともにバランスのとれた生活を楽しんでもらいたいのです。仕事にしっかり取り組み、プライベートを自分らしさで充実させることが、豊かな人生につながるのではないでしょうか。

事業内容

PHOTO

横浜市にある事業所

■JVC製品、ケンウッド製品の開発等の開発・設計

<開発内容>
1.マイクロコンピューターシステムの開発・設計
2.マイクロコンピューターソフトウェアの開発・設計
3.アプリケーションソフトウェアの開発・設計
4.ミドルウェア・デバイスドライバの開発・設計
5.電気・電子回路の開発・設計(デジタル・アナログ)
本社郵便番号 221-0022
本社所在地 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-12
本社電話番号 045-450-2964
設立 1988年8月
資本金 1,000万円(全額JVCケンウッド出資)
従業員 223名(2016年11月15日現在)
売上高 19億1,138万円(2016年3月)
事業所 神奈川県横浜市
東京都八王子市
神奈川県横須賀市
平均勤続勤務年数 12年(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 16.0日(2015年度実績)

採用データ

取材情報

社員の95%が技術者という恵まれた環境が、スペシャリストを育んでいく。
すべてを"ものづくり"に費やせる、この幸せを実感してほしい
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 株式会社JVCケンウッド・エンジニアリング
採用担当
〒221-0022
神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-12
TEL:03-6706-4245
URL http://jkeg.jvckenwood.com
E-mail saiyo@jvckenwood-r.com
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp208465/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)JVCケンウッド・エンジニアリングと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ