最終更新日:2017/9/19

マイナビ2018

マイナビコード
208723
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

榎本ビーエー(株)

本社
岐阜県
資本金
1,000万円
売上高
56億円(2016年1月実績)
従業員
328名
募集人数
11〜15名

【説明会開催中】航空宇宙関連、工作機械周辺機器、医療・環境関連製品を軸に、新しい技術・新しい事業への挑戦を。

2017卒エントリー開始しました。 (2017/03/01更新)

マイナビ2017より個別エントリーをお願い申し上げます。
エントリーを頂いた方へ個別セミナーのご案内をマイページお返事箱へ
ご案内いたします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
本社工場では航空機部品、治工具、航空機関連製品の製造をおこなっております。航空機部品製造を開始して以来、ロケット部品製造など、航空宇宙事業に広く関わっています。
PHOTO
航空機やロケットの部品総数は、実に何万点。ネジやボルトなど小さなものから、大きなものになると10メートル超という規模のものまで、その数は何千種にも及びます。

志を高く。常に新たな挑戦を。

PHOTO

「Be Ambitious―大志を抱け。それが行動指針です」と語る榎本社長。終始落ち着いた温和な口調であったが、自社製品の話に及ぶとと少年のように目が輝いた。

航空自衛隊岐阜基地の近くに面し、航空関連事業をはじめとし、一貫して“モノづくり”にこだわり、取り組んでる同社。高い志の集団、常に新しいことに挑戦する集団を掲げる榎本ビーエーの榎本社長にお話を伺った。

●事業内容に関してお聞かせください。
当社の事業には3つの柱があります。航空機部品などの航空宇宙関連事業、自社ブランド製品の工作機械周辺機器事業、そして環境関連事業です。
航空宇宙関連事業では、競合他社が少ない大物部品に的を絞り、技術を磨くと同時に設備投資を行ってきた結果 、今や国内で屈指の大物航空機部品加工を手がける会社となることができました。工作機械周辺機器事業においては、当社の主力製品のひとつである搬送機器(チップコンベヤー)が国内トップシェアの30%を確保し、国内外で、お客様から高い評価をいただいていると自負しております。

上記2つの事業ノウハウを応用して、環境関連事業をてがけています。バイオ燃料のひとつに木質ペレット燃料があるのですが、その製造機を手がけ、さらなる飛躍のために専属の部署を設け、日々調査研究をすすめております。

●ビジョンに関しておきかせください。
当社の主戦場は、「ニッチ市場」です。競合がいない中で、技術力でお客様の信頼を構築し、市場を作ってきました。ですので安定を自分たちつくったともいえます。ただし、そこにあぐらをかいている事はできません。

自社製品の製造現場では、効率的で無駄 のないモノづくりにひたすら取り組み、高品質な製品をすばやく低コストでお客様に提供することを、我々は一番大切にしております。今後も更なる生産効率向上への努力をしていくとともに、どんどん多様化するお客様のニーズを掴み、すばやく製品化していくことが、我々に求められていることであると考えています。目標を夢として終わらせないために、日々の業務に追われる中でも、我々一人ひとりがそれぞれの志しを見失うことなく、夢に向かって進むことができる企業風土を作ることが、私の使命であると思っています。


【代表取締役社長 榎本尚浩】

会社データ

プロフィール

榎本ビーエーは、航空宇宙関連製品(機体構造部品・特殊工程部品・精密機械加工部品)製造、そして自社ブランドの工作機械周辺機器の製造販売を行っています。近年では、新規事業として、地球環境の保全に貢献できる技術と製品の開発を進めています。創業以来、65年の歴史と伝統の中で培われた技術力を背景に、お客様からの信頼を得て事業を展開しています。

事業内容
・航空宇宙関連部品の製造
・工作機械周辺機器の製造・販売
・医療・環境関連製品の研究開発及び製造・販売

当社は昭和26年の創業以来、一貫して新しい技術・新しい事業への挑戦を行い、最先端テクノロジーを吸収して次に活かすという事業展開を行ってきました。鉄工所としての創業から5年後には航空機部品の製造に着手。その後はH2ロケットの部品製造など、幅広い航空宇宙産業に進出しています。さらに、最先端の技術を用いて工作機械周辺機器の製造に取り組み、国内外で販売実績を誇る「チップコンベヤー」という自社製品を開発しました。現在は、新規事業として、環境・医療関連製品の研究開発に取り組んでいます。
本社郵便番号 504-8551
本社所在地 岐阜県各務原市蘇原興亜町5-10
本社電話番号 058-383-2178
代表者 榎本尚浩
設立 1951年8月
資本金 1,000万円
従業員 328名
売上高 56億円(2016年1月実績)
事業所 本社工場/岐阜県各務原市蘇原興亜町5-10
エニック・第2工場/岐阜県各務原市蘇原東門町3-123
東門・第3工場/岐阜県各務原市蘇原東門町3-126-1
富加・第4工場/岐阜県加茂郡富加町大山字北野980-1
売上高推移 50億1,000万円(2015年1月実績)
51億4,000万円(2014年1月実績)
44億5,000万円(2013年1月実績)
42億円(2012年1月実績)
主な取引先 川崎重工業(株)
三菱重工業(株)
富士重工業(株)
日本飛行機(株)
オークマ(株)
DMG森精機(株)
東芝機械(株)
村田機械(株) など
関連会社 榎本エンジニアリング(株)
(株)エニック
生産現場の取り組み より高品質な製品をお客様の要求される期日までに、 要望に応える価格で提供するために徹底して無駄を排除し、作業効率を極限まで高めるためにトヨタ生産方式にならった 「1個流し生産方式」を導入しています。
また、生産設備の独自開発や生産ラインごとに機械をパステルカラーで塗り分けることで、 作業者に配慮した生産現場環境を構築しています。 工場内の美化・整理整頓を徹底する事により、常に工場内を働きやすい環境に保っています。
環境をテーマにした開発 当社の開発した「小水力発電システム」。
これまでなら発電用エネルギー源として考えられもしなかった小川や用水路などの小さな流れであっても水力発電ができるシステムとして開発しました。 その技術ポイントはヘリコプターのブレードを使って水の流れを捉え、 特殊な構造で2つの回転軸を可能にしたこと。これにより効率的に発電できるようになったのです。 簡易発電システムとしてキャンプ場に設置したり、浄水場の排水を利用したりといった用途が考えられています。まさにエネルギーの「地産地消」。 これと同じ狙いで開発されたものにペレットプラントがあります。 木質系の廃棄物を燃料として再利用するもので、これも環境保全につながる「地産地消」型エネルギーとしての活用が期待されています。
共同研究 今から5年前、東京大学と東海職業能力開発大学校、当社が連携して放射線治療の照射精度を上げるための共同研究プロジェクトが立ちあがりました。背景には、従来の放射線治療では避けられなかったある「欠点」がありました。 がん細胞の中でも特に肺などにできる腫瘍の場合、心臓の動きや呼吸によって腫瘍そのものが動き、そのために腫瘍部分だけでなく、その周辺の正常な細胞にも放射線が当たり、ダメージを与えてしまうのです。もし照射部分をセンサーで確認し、さらに腫瘍の動きを追尾してシミュレーション出来れば、治療の精度をもっと上げることができるはず。そこで当社が航空宇宙産業分野で培ってきた高精度な加工技術が注目されたというわけです。実用化にも成功しました。
平均勤続勤務年数 34.4歳(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.7日(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒504-8551
岐阜県各務原市蘇原興亜町5-10
―採用ホットライン―
TEL:058-383-2178(直通)
FAX:058-389-7435
担当/橋本

URL http://www.enomotoweb.com
E-mail e.hr@enomotoweb.com
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp208723/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
榎本ビーエー(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ