最終更新日:2017/10/17

マイナビ2018

マイナビコード
211317
  • 正社員
  • 既卒可

村山鋼材(株)

本社
千葉県
資本金
1億円
売上高
107億円(2016年9月実績)
従業員
107名(2017年3月)
募集人数
6〜10名

お客様と共に歩む“トップクオリティーを誇るコイルセンターになろう”社員全員の成長と幸福を実現するために

技術職と総合(営業)職の方を求めています! (2017/09/09更新)

採用担当の刈屋です。弊社にアクセスしていただきありがとうございます。
浦安市の本社で説明会を開催いたします!

将来、工場長として現場をグイグイ引っ張っていけるようなリーダーシップを持った理系の方、鉄のプロとして弊社一押しの「レーザー切断用鋼板」の良さをお客様へアピールできる方と一緒に働きたいと考えております。

私どものJCL-1(ジャンボカッティングライン1号機)は、世界に誇れる設備です。
浦安市内の小学校3年生も毎年のように見学に来ている工場です。
(2016年度は12校、1,100名)
ものづくりに興味のある方も是非一度、ご覧ください。

今後も、毎月1回のペースで説明会を開催する予定です。
では、説明会でお目にかかりましょう!

<お知らせ>
来年2月には、一日インターンシップを予定しております。

会社紹介記事

PHOTO
「社内FA制度」の導入や、メンターによる定期的面談など、若手が活躍し、長期的視野で成長を目指せる環境のある会社です。大きなチャンスがあなたを待っています。
PHOTO
コイルセンターとして歴史を重ねてきた当社、コイル加工技術は業界トップクラス。加工における特許なども取得しているリーディングカンパニーです。

多岐にわたる産業分野に貢献できるよろこびを味わってみませんか?

PHOTO

「過去の実績やネームバリュー等に囚われず、これからの本当に成長が見込まれる会社を選んでほしい」と村山社長。

1952年コイルセンターの先駆けとして設立した当社。コイルセンターとは、「コイル」と呼ばれる巨大なロール状の鋼材をさまざまなユーザーの用途に合わせて加工・供給する鋼材流通加工業のことです。当社は、設立以来60有余年に渡り産業建設機械、自動車、建築資材、家電製品をはじめ多岐に渡る産業分野の発展に大きく貢献してきました。中でも加工が難しいとされる中〜厚板のコイル加工を得意とし、この領域においては唯一無二の存在として、圧倒的なシェアを誇っています。

そんな当社の経営理念は以下の3つに集約されます。
「創造」……常に時代の一歩先を見据えた創造
「品質」……製品はもちろん人材も含めた質の向上
「成長」……永続的な発展を目指す姿勢・行動
これらを軸に、現状に甘んじることなく常に新たな成長を目指すのが当社の基本姿勢。コイルセンターとして安定した成長を続ける一方、浦安および船橋に大規模な鋼材専用の倉庫を有し、さらに2013年からは茨城県牛久市に太陽光発電所を開設して売電事業を始めるなど、新業態を生み出しチャレンジを重ねています。

「地域への貢献、地域との共生を何よりも大切に考える会社」
これも当社の特徴です。「事業を通じて社会に貢献する」という考えのもと、CSR(企業の社会的責任)活動にも尽力。中でも社会科学習の一環として年間1,000人もの地域の小学生が工場見学に訪れます。また中学生の職場体験として、工場での見学および軽作業なども毎年受け入れています。こうした取り組みにより、2013年3月浦安市から地域貢献活性化賞をいただきました。

人材を育てることにも当社は全力で取り組んでいます。外部から専任講師を招いての社内セミナーの他に、マネジメントやヒューマンスキル、技術スキルの向上、経営者向けなど様々なテーマについてのセミナーを社員が自主的に選択して参加できるようにしています。社外講習などにも会社の費用負担で参加できます。

理想とするキャリアプランを実現するために、自分が希望する部署へと異動できる「社内FA制度」の導入をはじめ、これからはより若手が活躍しやすい環境整備に力を注いでいきます。ぜひ、そんな環境で、業界トップクラスの技術とノウハウを武器に、産業界、ひいては社会に貢献できるよろこびを味わってみませんか?
《代表取締役社長 村山 和雄》

会社データ

プロフィール

 村山鋼材株式会社は、1952年10月20日の設立以来コイルセンターの魁として60有余年の歴史を持ち、鉄を通して地域の皆様や社会と共存してまいりました。
「創造」「品質」「成長」を経営理念とし、常に業界のトップクォリティーを目指しています。そのためには継続的に設備更新を行い、人材育成を通して企業の体質を強化していくことが、全社員の成長と幸福の実現につながると考えます。
 また、同業他社とのパートナーシップによる協業で機能を相互補完しながら過当競争を廃し、稼働率を向上させる努力をしています。さらに、2013年10月には地球環境に優しい太陽光発電所を茨城県牛久市に開設しました。
 お客様へ一級品を提供するには、まず私たちが一流社員でなければなりません。目標達成のために粘り強く取り組み、変化に合わせて進化し続ける村山鋼材(株)は、「より良い、より確かな、より安全な」鉄鋼素材を社会に供給していくことを使命としています。

事業内容
各種コイル鋼板の切断加工並びに販売
営業倉庫業 (横浜税関保税蔵置場)
太陽光発電事業
本社郵便番号 279-0012
本社所在地 千葉県浦安市入船1-5-2 NBF新浦安タワー15F
本社電話番号 047-305-8008
創業 1942年3月
設立 1952年10月
資本金 1億円
従業員 107名(2017年3月)
売上高 107億円(2016年9月実績)
事業所 本社
〒279-0012 千葉県浦安市入船1-5-2 NBF新浦安タワー15F

薄板営業部
〒144-0033 東京都大田区東糀谷3-14-10

厚板営業部
〒279-0024 千葉県浦安市港47

北関東営業所
〒300-1222 茨城県牛久市南1-6-4

西東京営業所
〒208-0035 東京都武蔵村山市中原1-8-1

神奈川営業所
〒210-0864 神奈川県川崎市川崎区池上町1-19
業績 第64期売上高 107億円(2016年9月30日)
主な取引先 新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所、中山製鋼所
メタルワン、三井物産スチール、住友商事、伊藤忠丸紅鉄鋼、阪和興業、JFE商事、日鉄住金物産、豊田通商、佐藤商事、中山通商
日産自動車、三菱自動車、日野自動車、いすゞ自動車、新明和工業、東邦車輛、コマツ、日立建機、アイチコーポレーション
関連会社 村山産業(株)、日本コンテナサービス(株)
平均年齢 39.2歳
BCP 弊社では、定期的にBCP(事業継続計画、Business Continuity Plan)の訓練を行っています。緊急連絡網による安否確認や「負傷者救出」を含む総合訓練を実施しています。
社内FA制度 全社の活性化と一人ひとりの強みを発揮してもらうために、社員が自らキャリアを形成できる制度。仕事とのミスマッチを解消し、スキルアップを図るために、新しい仕事にチャレンジできる仕組みです。
有休取得奨励日 年次有給休暇の取得を促進するために、2017年は年間で6日の奨励日を設定しています。
2/13(月)、3/21(火)、6/16(金)、8/18(金)、9/15(金)、11/24(金)
業務に支障が無い場合は、申請通り取得できます。
勤務時間の選択 本社勤務の場合は、8時出勤か9時出勤のいずれかを選択できます。
沿革
  • 1952年 10月
    • 村山鋼材シャーリング(株)設立
  • 1958年  5月
    • 東京第一工場開設(平成3年9月、浦安へ移転)
  • 1958年  8月
    • 富士製鐵(株)<現 新日鐵住金(株)>の指定シャーリング工場
  • 1958年 12月
    • 業界最初の広幅厚板コイル・レベラー・ライン開発
  • 1960年 5月
    • 日本鋼管(株)<現 JFEスチール>の指定工場
  • 1965年 6月
    • 世界最初のコイル・ショット・ブラスト・スキンパス・ライン開発
  • 1972年 6月
    • 東京第二工場開設<元 東京工場>
  • 1973年 12月
    • 商号を村山鋼材(株)に改称
  • 1974年 7月
    • 業界最大級のジャンボ・カッティング・ライン(JCL)1号機開発
  • 1989年 10月
    • 浦安工場開設
  • 1991年  6月
    • 浦安営業倉庫開設
  • 1991年  6月
    • 営業倉庫業の許可免許取得
  • 1993年 4月
    • 住友金属工業(株)鹿島製鉄所<現 新日鐵住金(株)>の委託工場
  • 2002年 5月
    • レーザー切断用鋼板の開発
  • 2004年 9月
    • 船橋営業倉庫開設
  • 2009年 1月
    • エコアクション21認証・登録(本社及び東京工場)
  • 2012年 1月
    • 北関東営業所開設
  • 2012年 2月
    • 西東京営業所開設
  • 2012年 6月
    • JCL-1をリニューアルして浦安工場へ移設、東京工場を閉鎖
  • 2012年 11月
    • 神奈川営業所開設
  • 2013年 2月
    • 本社事務所を浦安へ移転
  • 2013年 10月
    • 牛久太陽光発電所を開設
平均勤続勤務年数 11.9年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 11.0時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.5日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 3名……女性2名、男性1名(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名……女性2名、男性0名(2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員0%、管理職13%(54名中女性7名、2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒279-0012 
千葉県浦安市入船1−5−2 NBF新浦安タワー15F
村山鋼材(株) 採用担当 刈屋 千江子(かりや ちえこ)
TEL:047-305-6112
URL http://mks-gr.co.jp/
E-mail soumu@mks-gr.co.jp
交通機関 JR新浦安駅より 2分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp211317/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
村山鋼材(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ