最終更新日:2017/10/3

マイナビ2018

マイナビコード
211865
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

(株)エム・エフ・ティ

本社
福島県
資本金
2,000万円
売上高
7億2,000万円(2015年度実績)
従業員
250名
募集人数
16〜20名

人と人の絆を大切にする“ヒューマンセキュリティ”を推進。Uターン・Iターン大歓迎、まずは東北の復興に貢献を!

国を、人を、地域を守る…★そんな魅力的な仕事が福島にあります!!★ (2017/10/02更新)

 ◆ ━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━ ◆
◆●◆     ◇ エントリー受付中!!!◇    ◆●◆
 ◆ ━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━ ◆

☆━┓┏━┓☆━┓
┃M ┃┃F ┃┃T ┃  <各地区にお住まいの皆様 選考案内について>
┗━┛★━┛┗━┛
就職活動中の皆さん、当社にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

当社は福島県に本社を置く会社になります。
まずはエントリーをしてお待ちください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社内は、和気藹々とした雰囲気。みんなで何かする機会があれば、協力し合い、一緒に取り組みます。社員同士の交流も盛んで明るい職場です。
PHOTO
一般業務のほかに、社員の健康管理・営業所の環境管理・新卒採用に関わる業務も行う総務部。会社全体を支えるやりがいあるポジションです。

“人・国を守るため”。いま、私たちにできることを日々全力で。

PHOTO

「福島の警備会社といえばMFT」と言われるほど地域から厚い信頼を得るために、清掃活動をはじめ地域への感謝の気持ちを大切にしている。

■警備の未来を拓く“ヒューマンセキュリティ”

日本の警備業は、1964年の国際的スポーツ大会のときに誕生したと言われています。
50年余りの間、機械やITシステムによりあらゆる変化をしてきたなかで
私たちは機械やITシステムに頼る警備ではなく、
人と人との絆を大切にする“ヒューマンセキュリティ”を推進してきました。
この方針をもっと突き詰めて、警備の未来を創りたい。
もちろん時代と共に警備のスタイルは進化していくと思いますが、
この考えは貫いていきたいと思っています。

■地域で磨いた警備ノウハウを、世界市場へ

2011年3月、福島はあの大震災に見舞われました。
社員の安全、お客様の安全、さらには
国家規模の安全確保に全力で向き合ったことで、
地域におけるMFTの役割を再認識できました。

そして、この地で磨いてきた“ヒューマンセキュリティ”のノウハウは、
世界でも通用する素晴らしい仕組みであると自負しています。
たとえば、アジア地域に日本企業が進出する際に
当社が“ヒューマンセキュリティ”でサポートしていく。
そんなビジネスモデルの実現をにらみ、世界に視野を向けています。

■“信頼される人材”づくりを目指し、教育体制を強化

機械でもITシステムでもない「人」の価値を
最大限に生かす“ヒューマンセキュリティ”だからこそ、
真に追求すべきは「人間力」であると私たちは考えます。

私たちは社員全員が“信頼される人材”として活躍できるよう、
人材育成にはとりわけ力を注いできました。
それは、この福島という地域はもちろんのこと、
果てしなく広いフィールドで活躍していくにあたって
「誰からも必要とされる人材へと成長してほしい」という想いでもあるのです。

現場では「ありがとうございます」と声をかけられることも多く、
自分が役に立っていることが実感でき、
多くの社員がそこにやりがいを感じています。
まさにそれは、“ヒューマンセキュリティ”の醍醐味のひとつではないでしょうか。

警備業界は簡単な仕事ではありませんが、
私たちも全力であなたの成長を見守ります。

大切なのは、皆さんの「志」。
“自らを活かし、人の役に立ちたい”という気持ちがあれば大丈夫。
私たちと一緒に成長していきませんか?
熱い志を持った皆さんとお会いできるのを、楽しみにしています。

<代表取締役 天間恵美子>

会社データ

プロフィール

■福島から東京、日本、そして世界へ

東日本大震災以降、福島では多くの復興イベントが開催されており、
当社も多くの展開をサポートしてきました。
郡山で行われた「B-1グランプリ」で2日間連続して会場警備を担当、
福島あづま球場で行われたプロ野球の公式戦では
当社警備担当が“人間くさり”を作って選手の移動を警護、
さらに空港内イベントとして世界初となった福島空港内
「大空フェス」コンサートの警備など、枚挙にいとまがありません。

さらには東京・お台場で開催された「日韓国交50周年式典」の警備を行うなど
国家規模のイベントも担当し、国内最高レベルの警備ノウハウを蓄積しています。
今後は、当社ならではの“ヒューマンセキュリティ”を武器に
アジア地域などへ進出する日本企業のサポートを行うビジネスモデルを創り上げ、
国際的な警備会社へのステップアップを計画中です。

■5カ年計画の主軸は、組織強化と人材育成

2016年4月、組織強化と人材育成を2本の柱とした
5カ年計画をスタートさせました。
とくに教育研修面ではカリキュラムを一層充実させ、
人命を護るに値する精神と身体の鍛錬に重きを置いています。
新入社員教育は、3月下旬に予定している2週間の入社前合宿から始まります。
この合宿では、社会人マナー、警備の基礎、
そして同期の仲間との絆づくりなどが予定されており、
入社後は安心して業務に取り組むことができるでしょう。
以降は2カ月かけて救急救命の基礎、武道の基礎、
警備業法の基礎、礼式訓練などを学び、
配属ののち各々の部署でOJT研修へ進みます。

事業内容

PHOTO

人々の暮らしを根底で支えるのが私たちの役目。警備員、営業、総務のそれぞれのポジションで、一人ひとりの良さや強みを活かせる会社です。

■施設警備
オフィスビル、デパート、工場など不特定多数の人々が訪れる施設に警備員を常駐させ、人々や車の出入りの管理を行うほか、施設内を巡回して不法な侵入者や不審物を24時間警戒し、事故の発生を未然に防ぎます。

■交通誘導
建設工事現場や道路工事現場などにおいて、現場の車両・通行者の安全通行を確保するほか、ショッピングモールなどの商業施設の駐車場出入口における入出の誘導や、お客様のご案内等を行います。

■巡回警備
立案された巡回スケジュールに従って、犯罪行為を防止します。警備員の視覚による警戒活動は、不審者の発見以前に、不審者にプレッシャーを与え犯意の低下を促します。

■イベント警備
コンサート、スポーツ競技会、展示会などのイベント会場に来場するお客様が快適にお過ごしいただけるよう、誘導や案内はもちろんのこと、事件や事故を未然に防ぐため、搬入、設営、撤去時中の出入者の管理、巡回や定点監視による不審者、不審物の警戒、入場者の手荷物確認などを行います。

■身辺警備
国内外のVIPが安全に行動できるよう、訓練された警備士により警備を行う特別な警備を行います。また、近隣住民の嫌がらせ、女性のストーカー被害、お子様の安全な送迎、企業間のトラブルなど、一般の皆様のニーズにも、迅速に警備士を派遣しています。

■その他警備
緊急を要する場合など、突発的な出来事に対する警備要請に対応します。
本社郵便番号 963-8877
本社所在地 福島県郡山市堂前町6番1号
エム・エフ・ティビル
本社電話番号 024-938-1818
東京営業所所在地 東京都中央区新川一丁目8番15号
アクロス新川ビル 14階 1401号
設立 1999(平成11)年6月7日
資本金 2,000万円
従業員 250名
売上高 7億2,000万円(2015年度実績)
事業所 エム・エフ・ティ本社
東京営業所
高速事業部
宇都宮営業所
郡山営業所
施設課
猪苗代営業所
福島営業所
会津営業所
矢吹営業所
喜多方営業所
沿革
  • 1999(平成11)年6月
    • 警備業を中心とする経営コンサルティング会社を福島県郡山市に設立。(資本金1,000万)
  • 2002(平成14)年5月
    • 現在の本店所在地(福島県郡山市)に自社ビルを構える。
  • 2008(平成20)年4月
    • 増資。(資本金2,000万)
  • 2009(平成21)年4月
    • 福島県公安委員会 認定番号第214号を認定。
  • 2009(平成21)年6月
    • 警備業を開始。
      福島県(郡山市、福島市、いわき市、会津若松市、喜多方市、南相馬市)にて営業所開設。
  • 2009(平成21)年7月
    • 福島県(矢吹町)、栃木県(宇都宮市)営業所開設。
  • 2011(平成23)年5月
    • 福島県(猪苗代町)営業所開設。
      福島県(いわき市、南相馬市)へ開設の営業所は、震災により閉鎖。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 8時間(2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 20%(5名中1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 TEL:024-938-1818
URL http://mft-g.co.jp/
E-mail info@mft.co.jp
交通機関 郡山駅から徒歩15分(本社)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp211865/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ