最終更新日:2017/9/25

マイナビ2018

マイナビコード
211882
  • 正社員

(株)ベクトル・ジャパン

本社
東京都
資本金
1,000万円
売上高
3億4,846万円(2016年5月決算時)
従業員
27名(2017年3月現在) 男性12名、女性15名
募集人数
1〜5名

「日本一の構造設計事務所」を目指し、日々成長中!社員一人一人が活躍できる環境が当社にはあります。

日本一の構造設計事務所を目指して日々成長中!ぜひ一度会社説明会にお越しください!! (2017/04/05更新)

構造設計を目指している方、
営業にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしております。

◆「賢者の選択」で当社の紹介映像が放送されました※2015年1月4日放送◆
↓↓↓↓ぜひご覧ください↓↓↓↓
http://www.vector-japan.com/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
若手が中心となって活躍している職場。早い段階から大きな仕事やポジションを任せてもらえるので、スピーディに成長していけるのが魅力です。
PHOTO
アクセス抜群の銀座に位置する東京オフィス。このほか、千葉県の君津にもオフィスを構えており、中国の大連や台湾にも事務所があります。

官公庁施設を数多く手がける構造設計事務所。若手が主役となって活躍できる職場です!

PHOTO

「月平均の残業時間は、30時間以内。平日でもしっかり自分の時間を確保することができ、オンとオフのメリハリをつけて働ける職場です」と語る福与さん。

1989年に産声をあげたベクトル・ジャパンは、構造設計のプロ集団です。これまで官公庁施設を中心に、オフィスビルやマンション、工場などの設計に携わってきました。そのほか、空港や駅前広場などの設計を手がけた実績もあります。

当社の強みは、あらゆる建造物に対応できる確かな技術を有していること。地震の揺れの影響をより正確に評価できる動的解析など、最新技術の導入にも力を注いでいます。また東京と千葉のほか、中国の大連や台湾にも拠点を展開。スケールメリットを活かした、スピーディな対応を実現できる環境が整っています。

構造設計の仕事は、クライアントと設計者の架け橋となる営業職が、案件を受注するところからスタートします。クライアントの要望に耳を傾け、それを実現するための土台や骨組みを設計していくのが私たちの役目。安全で安心な構造物をつくるうえで重要な役割を果たすので、毎回身を引き締めながら仕事に取り組んでいます。設計期間は長くて1年、短いケースで2週間ほどで、一人あたり年間10〜20案件を担当。現在、私は千葉県に建設予定のショッピングモールの設計に携わっています。

クライアントのニーズに応えながらも、法律や安全基準などを満たす設計を行うのはたやすいことではありません。大変なことも多いですが、チャレンジングな仕事なのでやりがいは大きいです。設計した建造物が、完成したときの喜びもひとしお。自分の娘が、私が手がけた施設で遊んでいるところを見たときの喜びは、言葉で言い表すことができません。

当社の魅力は、若手が主役となって活躍できることです。入社2年目でビッグプロジェクトに携わっている社員もいますし、リーダーを任されている社員も存在。充実の新人研修のほか、最初の1〜2年は先輩が手厚くサポートするなど、成長を後押しする教育体制も万全です。社員の半数以上は女性で、産休・育休の取得実績もあり、誰もが安心して長く働ける環境も整っています。仲間意識が強いのも、当社の魅力。「自分のことよりも仲間のために」という気持ちで働ける方に、最適な職場だと言えるでしょう。

私たちが目指しているのは、構造設計事務所としての規模、知名度、実績、売上規模などおいて、NO.1の座を獲得すること。高い技術力と強い団結力を誇る当社なら、必ず実現できると信じています。

〈設計事業部 構造第2課/福与径夫/2009年入社〉

会社データ

プロフィール

ベクトル・ジャパンは、1989年の創業開始以来、官公庁等の設計の仕事へ携わってまいりました。

当社の理念を語るキーワードは、社名にもあるとおり“ベクトル”です。

社員全員が豊かになるよう、皆同じ“ベクトル”で仕事をしていく。
皆で力を合わせ、社会に貢献する仕事にコツコツ取組む。
この企業姿勢を守りつつ、今後当社はさらに事業を拡大していきます。

事業内容

PHOTO

手がける構造物は多種多様。官公庁施設の設計やオフィスビルやマンション、工場、空港や駅前広場など幅広い構造物の設計を手がけています。※上記は当社の企業ロゴです。

1.一般公共構造物の建築構造設計
2.民間構造物の建築構造設計
3.動的・静的非線形解析のコンサルティング
4.意匠設計
5.前各号に付帯する一切の事業
本社郵便番号 104-0061
本社所在地 東京都中央区銀座8丁目12-8 PMO銀座八丁目7F
本社電話番号 03-5550-7250
設立 1990年(平成2年)2月9日
資本金 1,000万円
従業員 27名(2017年3月現在)
男性12名、女性15名
売上高 3億4,846万円(2016年5月決算時)
事業所 ■君津オフィス
〒299-1142 千葉県君津市坂田309-16 みやびビル2F
TEL 0439-55-6100
主な取引先 株式会社NJS、積水ハウス株式会社、大和ハウス工業株式会社、
株式会社東京設計事務所、オリジナル設計株式会社、
エヌエイチパーキングシステムズ株式会社、日鉄住金環境株式会社、
株式会社 長谷工コーポレーション、戸田建設株式会社、
新日鉄住金エンジニアリング株式会社、JFE設計株式会社、JFEシビル株式会社、
IHI運搬機械株式会社
平均年齢 29.2歳(2017年3月現在)
平均年収 420万円(役員を除く)
関連会社 ■大連事務所
中国現地法人 大連向量技術開発有限公司

■台湾事務所
台湾現地法人 台彎向量技術開發有限公司
代表メッセージ 当社は、国内外に4つの拠点を展開し、小規模の設計事務所が多い中でスケールメリットを活かしたサービス提供が強みとなって、日々数多くの依頼をいただいております。その他にも、当社の特徴はございますが大きく分けて3つの特徴をお伝えしたいと思います。

1.『品質』
社内にて、複数回のチェックを行い、品質管理を徹底しています。
また、常に最新の解析プログラムを導入し高い品質レベルを確保しています。

2.『若さ』
社員平均年齢は29歳。
構造力学の世界は日進月歩の速さで新しい技術が導入されています。
コンピューターに慣れた若い社員が多いのも、こういった新しい技術に
対応することが可能となっており、積極的に大学生のアルバイトを
活用するなど、生産性の向上に注力しています。

3.『スピード』
中国の大連と日本のスタッフとのリアルタイムの共同作業によって、
スピーディーな対応が実現しています。
他社に比べて圧倒的なスピード対応も当社の強みの一つとなっています。

代表取締役 安藤 浩二
免許・登録 一級建築士事務所  東京都知事登録  第54691号
沿革 1989年   
設計事務所A&Dとして創業開始
1990年 2月 
日本ベクトルエンジニアリング(有)として法人化
1992年 8月
CAD事業部開設 
1994年 12月
積算事業部開設
1996年 10月
(株)ベクトル・ジャパンへ組織変更
2004年 4月
東京事業所設立
2007年 10月
中国現地法人(大連向量技術開発有限公司)設立
2008年 6月
一級建築士事務所 東京都知事登録 第54691号
2009年 4月
東京事業所を東京都港区新橋に移転
2010年 1月
大阪事務所開設
2011年 2月
営業部開設
2014年 5月
東京事務所を東京都中央区銀座に移転、大阪事務所を東京事務所に併合
2015年 10月
台湾現地法人(台彎向量技術開發有限公司)設立
前年度の育児休業取得対象者数 女性1名 男性0名(2016年実績)
前年度の育児休業取得者数 女性1名 男性0名(2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ベクトル・ジャパン
管理部 採用担当宛
URL http://www.vector-japan.com/
E-mail sueyoshi@vector-japan.com
交通機関 JR「新橋」駅銀座口 徒歩6分
東京メトロ銀座線「新橋」駅1番出口 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「汐留」駅3番出口 徒歩4分
新交通ゆりかもめ「新橋」駅C1出口 徒歩5分
都営地下鉄浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座」駅A1出口 徒歩6分
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座」駅A3出口 徒歩7分
都営地下鉄三田線「内幸町」駅A2出口 徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp211882/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ベクトル・ジャパンと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ