最終更新日:2018/1/11

マイナビ2018

マイナビコード
215074
  • 正社員
  • 既卒可

タカサカ青果(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
愛知県
資本金
3,000万円
売上高
130億円(2016年9月期)
従業員
118名
募集人数
6〜10名

★卸売会社から仕入れた青果を地域のスーパーマーケットに販売する仕事です!!★        

【エントリーは終了致しました。】 (2018/01/11更新)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
青果は人々の毎日の暮らしに欠かせない基本食材です。それだけに、新鮮・安心・安全・安定価格の商品をお届けすることを心がけています。商品を検品する目も真剣です。
PHOTO
「青果のセンターピンは鮮度」、「お客様に相応しい問屋になろう」が当社の事業活動テーマで、当たり前のことを当たり前に行うことが大切なのです。

受け持った品目の専任者として、生産地と流通業者とを仲立ちしています

PHOTO

もともとキノコに強い会社として業界で定評のあるタカサカ青果。かつて“師弟関係”の立場で机を並べ、キノコについて熱く語り合ったこともある杉原さん(左)と川本さん。

もともと営業職志望だったので、日々の暮らしに最も関わりのある食品を扱っている当社を選びました。もともと父親が別の市場で食品に携わっていた為、仕事の内容が分かることも大きかったですね。現在はキノコ担当として全国の産地から仕入れた商品を東海地方を中心とする量販店やスーパーマーケットに販売しています。単に商品を動かすのではなく、販売先に新しい商品を紹介したり、生産地に消費トレンドを伝えたりするのも大切な仕事です。それだけに、自分の手がけた商品が狙い通りに売れたときにはやりがいを感じます。売れれば、当社ばかりでなく、生産地も販売先も利益を得ることができます。入社以来、キノコ担当として携わっていますが、将来は他の品目にも積極的に関わり、豊富な商品知識を持つバイヤーと互角にビジネスできるよう、自分を高めていきたいと考えています。
(本社 営業部 キノコ担当・杉原大介さん)




学生時代にスーパーの食品売り場でバイトをしていた為、食の世界には関心がありました。同じ食品関係でも、当社のような食品卸の業態は珍しいので興味を持ち、就職しました。入社後3年ほどキノコ担当として勉強し、2016年10月からキュウリを担当しています。当社は原則的に品目別の営業制を敷いているので、担当者は専任として生産地と仕入れ値交渉を行い、販売先とは売り値交渉を行います。ですから、どちらにも満足していただけるような数字を導くことに気を遣います。たまたま、私の仕入れたキュウリが並んでいた店で品質をほめられたときは嬉しかったですね。担当間もないころは十分な量を確保できず、販売先に迷惑をかけたことがあります。逆に、仕入先から頼まれた大量のキュウリを売り上げに結びつけた時は、感謝されたこともありました。こうした経験を通じて、人間関係の重みとそこから生まれる信頼感の大切さを身をもって学びました。
(本社 営業部 キュウリ担当・川本英貴さん)                                                              

会社データ

プロフィール

「青果を通じてすべての人に潤いと健康をお届けします」

この言葉を企業理念に、生産地(生産者)から出荷された野菜・果物を、
様々なスーパーマーケットや八百屋さんに届ける事業を営んでいます。

野菜や果物と向き合い、生産者と対話する中で感じ取った
「こだわりや思い」を店頭や食卓へお届けすること。
それが、私たちの使命です。

事業内容
青果物全般の卸売業、流通業

その他にも…
・生産地より出荷をして頂いた農作物や包装加工した商品の冷蔵保管
・スーパーマーケットより注文を頂いた農作物の包装加工
・コンピューターによる商品管理
・お客様よりWEBやFAX等で注文を頂いたものを電算処理を行い、
 各品目販売者へメールにて送信し加工を施し、データ化を行う。
・生産地に対する品質・安全性向上の提案
・スーパーマーケットに対するマーケティングや販促企画の立案
・商品開発や、仕入れルートの開拓 など
本社郵便番号 480-0202
本社所在地 愛知県西春日井郡豊山町豊場字八反107
本社電話番号 052-903-3067
創業 1959年8月8日
設立 1960年6月1日
資本金 3,000万円
従業員 118名
売上高 130億円(2016年9月期)
事業所 本社:愛知県西春日井郡豊山町豊場字八反107
   名古屋市中央卸売市場北部市場内

加工センター:愛知県西春日井郡豊山町豊場字八反141-3
       名古屋市中央卸売市場隣接地

神戸支社:兵庫県神戸市東灘区深江浜1-1
     神戸市東部中央卸売市場内
業績 売上高128億円 経常利益8800万円  (2015年9月期)
売上高130億円 経常利益1億2000万円(2016年9月期)
主な取引先 東海3県・関西2府4県食品スーパーマーケット
関連会社 (株)ベジ・タカサカ
平均年齢 44歳
タカサカ青果のチャレンジ ▼チャレンジ1:よいものを、納得・安心できる価格で

気候・作柄・売れ行き等の影響を受け、たえず価格変動する青果を、常に適正価格で供給できるよう、生産者に対して栽培や出荷での様々な工夫を提案します。
同時に、作柄・出荷状況のデータを的確に把握し、流通業者へも納得できる卸値で提供。
真のリーズナブルプライスで消費者においしい青果をお届けできるよう努力しています。

▼チャレンジ2:現場に密着し、次の戦略につなげる

「生産者・消費者双方の顔が見える青果流通」を目指し、流通業者に向けた売場提案やポップ作成のほか、試食会など、さまざまな販促活動を展開。
当社スタッフ自らも全国各地の生産地に出向いて研修・交流会に参加するほか、流通現場にも足を運び、次代に向けたネットワークと発想を培っています。

▼チャレンジ3:長年のノウハウを生かし、新たな地域へ

創業以来、当社は東海地区のお客様に満足をして頂く為に集中した販売やサービスを行って参りました。
そのお客様に支持して頂いた販売やサービスを関西地区でも行って参ります。
商習慣や食生活等の違いはありますが、東海地区で長年にわたって養ってきたノウハウを活かし、また、新たな取り組みを推進して関西地区のお客様にも喜んで頂き、繁栄発展の一翼を担う事を目的とし、新たなチャレンジを遂行して参ります。
社員参加型の風土 ベテランの社員であっても、若手社員の提案であっても、その提案が本当に必要と判断された場合は積極的にどんどん取り入れていく姿勢があります。
例えば、スマホやタブレットを使用しての指示書のやり取りも社員の発案から実施されたこと。
仕事のシステム化や情報共有にもなり、作業の効率化にもつながりました。
トップダウンではなく、社員参加型の経営を大切にしています。
みんながはじめて! はじめは分からない事だらけでいいんです。研修があるので大丈夫。
作業の注意点やコツなども基礎からしっかり教えていきます。
社員の中には未経験で始めた先輩がほとんどです。
未経験の方の気持ちが分かる社員ばかりなので、遠慮はせずに分からないことはどんどん質問してください!
沿革
  • 1959年8月
    • 名古屋市中央卸売市場枇杷島市場にて青果仲卸として個人営業開業
  • 1960年6月
    • (有)高坂商店設立
  • 1983年3月
    • 名古屋市中央卸売市場北部市場へ移転 業務開始
  • 1990年3月
    • 高坂商店より(有)タカサカ青果に名称変更
  • 2006年9月
    • (有)タカサカ青果よりタカサカ青果(株)に名称変更
  • 2009年10月
    • (株)ベジ・タカサカ設立
  • 2009年10月
    • 創業50周年記念式典を名古屋マリオットアソシアホテルにて開催
  • 2009年11月
    • 創業50周年記念事業で伊勢湾クルージングを当社に関わる方々約500名を招待して開催
  • 2011年12月
    • 神戸市中央卸売市場東部市場に神戸支社開設
前年度の育児休業取得対象者数 男性:0人
女性:1人
前年度の育児休業取得者数 男性:0人
女性:1人

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 タカサカ青果(株)
〒480-0202
愛知県西春日井郡豊山町豊場字八反107
名古屋市中央卸売市場北部市場内
TEL:052-903-3067
FAX:052-903-3401
採用担当 井上実
URL http://www.vege-takasaka.co.jp/
E-mail gyoumu3@vege-takasaka.co.jp
交通機関 【本社】
1.名古屋市営地下鉄「黒川」駅経由、
名古屋市営バス「黒川11(黒川ー北部市場)」乗車後、
終点「北部市場」下車すぐ

2.名鉄犬山線「西春」駅下車
名鉄バス名古屋空港行き乗車
北部市場北停留所下車すぐ

【神戸支社】
阪神電鉄本線 神戸三ノ宮方面
「深江」駅下車 徒歩15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp215074/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
タカサカ青果(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ