最終更新日:2017/7/14

マイナビ2018

マイナビコード
216062
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

トレードグループ[グループ募集]

本社
京都府
資本金
グループ総額1億5,700万円
売上高
グループ合計 283億円(2016年3月期実績)
従業員
グループ合計 154名
募集人数
11〜15名

野菜の総合商社として社会的課題の解決に真に挑める環境がここにはあります。次代のグローバルフードメジャーを共に築きませんか。

【〆切間近!】日本の食生活を支えるトレーダー営業として、裁量の大きな仕事にチャレンジしませんか? (2017/07/10更新)

トレードグループ採用担当の西村です。
当社の採用ページにアクセス頂き有難うございます。

トレードグループが求める人財は、「未知なるビジネスに興味を持ち、事業の拡大、これからの新ビジネスの立ち上げの原動力となりうる人財」です。

説明会では「野菜の総合商社」として、日本・世界の食料課題解決に挑戦するグループの想いをお伝すべく、短時間で効率的に実施しております。

ご興味のある方は是非、エントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
古来より日本の中心として栄え、近年では世界から多くの観光客が訪れる「京都」を本拠地に日本・世界の食糧事情に革命を起こす!それがトレードグループのミッション。
PHOTO
メーカーや商社、物流など多岐にわたる事業を営むグループの一員として、営業をはじめ、事業推進、管理部門と活躍のフィールドはグループ各社に広がっています。

長期的な視点、グローバルな視野で、青果流通に革命をもたらす野菜の総合商社として

PHOTO

「創業以来、常識にとらわれず、新たな挑戦を続けてきました。社員のアイデアから新しい事業が誕生する可能性も十分にあります」と語る稲田社長。

「野菜の総合商社」を目指すトレードグループでは、生産や流通、物流など様々な機能を活用し世界中に野菜を届けるというミッションを掲げております。近年、世界中で「人口の増加」「余剰耕作地の減少」「砂漠化」などの問題が加速化し、全人類分を賄うだけの食料の確保が難しくなりつつあります。日本においては人口ボーナス期を終え、自給率が低下し、「農業従事者の高齢化・減少化」という問題を抱えています。巨大な農業ビジネスに挑む当社は、これらの食料問題を解決するため、未来を見据えた多角的な事業展開を行っております。

【トレードグループのビジネス】
当社は「青果転送事業」や「地域野菜の付加価値化」、「青果物専門の総合物流」「人工光型植物工場」という事業を中心に取り組んでおります。転送事業では電話一本で日本全国の野菜を動かし、需給バランスを整える一役を担っております。今後は大量消費地である都市圏の卸売市場に野菜が集まり、地方では不足が発生すると考えられ、転送事業の果たす役割は大きくなっていくと確信しています。当社が一日に動かす量は約800t。売買された野菜は物流を担うクルーズにて、鮮度を保ったまま効率的に全国に配送されます。また、「地域野菜の付加価値化」の事業においては、京都府下で生産された野菜一つ一つの価値を守り食卓に届けるべく、徹底した品質管理を行っております。更には、世界的な食料問題へのソリューションの一つとして、2006年には人工光型植物工場事業もスタートをさせ、天候や外的要因に左右されず安全で高品質な野菜の安定生産を実現させました。今後はこれまでのノウハウをもとに、新しい農業ビジネスの形として、自動化などの最先端技術を用いた植物工場を国内外に展開させていきたいと考えております。

【今後のビジョン】
現在、農業マーケットは500兆円規模のビジネスマーケットがあると言われております。当社は創業して16年。若く活気の溢れる社員ひとりひとりがビジネスチャンスを掴むべくフロンティア精神をもって挑んでいます。日本国内の転送事業に始まり、今や各社の事業規模は世界へ。今日まで当社が成長を遂げてきたのには「社会から必要とされ、永続できる企業であること」という理念をもとに挑んできたからに他なりません。そしてその想いは今後も変わることはないでしょう。巨大マーケットへ挑みたいという方は是非とも当社へ!

会社データ

プロフィール

【国内外から注目を集めている成長企業です】
日本の歴史の伝統地である「京都」を本拠地に日本・世界の食料事情に革命を起こす!それがトレードグループのミッションです。メーカー、商社、コンサルティング、物流と多岐に亘る部門の総合力を駆使し、これまでも、これからも新たな農業ビジネスに挑み続けていきます。

【活気のある職場環境】
当社は創業してまだ16年。年齢や職位に関わらず、積極的に意見交換をし合える環境です。社長をつかまえ、新ビジネスの構想を語る社員がいたり、よりよい事業を行うために他部門の業務改善を提案する社員がいたり。決めたられた「枠」は存在せず、未来を見据えた新たな農業ビジネスの為に石を積み上げている段階です。見方によっては未整備な部分もあるかもしれませんが、私たちはこれを弱点とは思っておりません。「農業にイノベーションを」と日々全力で取り組んでいます!

事業内容
「2020年に売上1000億円」を目標に掲げる、トレードグループは創業して16年。まだまだ若いアグレッシブな企業です。未整備な部分もあるかもしれませんが未来への希望に溢れ、個々の裁量が大きい時期は今しかないのではないでしょうか。巨大なマーケットに潜むビジネスチャンスをつかむのは自分自身です。

(株)トレード
グループの中核事業として、全国の卸売市場を繋ぎ豊作の地域から不作の地域へ野菜を動かす「青果転送事業」と京野菜の生産農家をネットワークし、ブランド化する「京野菜洛市事業」という2つの事業を中心に取り組んでいます。また、トレードには本部機能があり、グループ全体の活動を下支えする管理部門と次の事業を生み出す企画部門の役割があります。

(株)ディール
量販店やスーパー、外食チェーンの登場と寡占化により、青果商品の小売市場は劇的に変化し、卸売市場と小売市場の仲介を行う仲卸業の役割も複雑化してきました。複雑化する中で、限られた時間内に顧客が求める仕入れを完了する。この仲卸業の新しい機能をサポートするため、全国各地の農家と仲卸業者をトレーディングネットワークで結び、高品質で安定性の高い商品を供給する役割があります。

(株)クルーズ
青果流通のトレードグループに関連した青果専門の物流会社です。近年では、より複雑で高度化したバリューチェーンに対応する『総合物流機能』が求められています。私たちは青果物流を単に運ぶだけではなく、配送・保管・流通加工の機能を連動させ、安心安全な青果物流を担う役割があります。

(株)スプレッド
「農業」の課題を解決する手段として、スプレッドを立ち上げ、世界最大規模の人工光型植物工場を運営。天候や様々な外的要因に左右されず安全で高品質な野菜を安定的に生産することに成功しました。すでに工場野菜レタス販売量では、国内シェアNo.1を実現しています。
持続可能性の高い新しい農業生産システムの構築、安心安全な工場野菜レタスの栽培そして販売の役割があります。そして、業界のリーディングカンパニーとして安全に食料を確保するための「フードインフラ(植物工場)」を世界に拡げる役割があります。
本社郵便番号 600-8815
本社所在地 京都市下京区中堂寺粟田町90番地 KRP 8号館
本社電話番号 075-316-6020
資本金 グループ総額1億5,700万円
従業員 グループ合計 154名
売上高 グループ合計 283億円(2016年3月期実績)
募集会社 ・(株)トレード
・(株)ディール
・(株)クルーズ
・(株)スプレッド
募集会社1 ・(株)トレード
【事業内容】野菜・果実卸売業
【資本金】1,000万円
【売上高】213億 ※2016年3月期
【従業員】94名
【事業所】京都市下京区中堂寺粟田町90KRP8号館
募集会社2 ・(株)ディール
【事業内容】野菜・果実卸売業
【資本金】1,000万円
【売上高】44.7億円 ※2016年3月期
【従業員】20名
【事業所】大阪府大阪市福島区野田二丁目12番4号 中央ビル4F
募集会社3 ・(株)クルーズ
【事業内容】貨物運送取扱業
【資本金】2,000万円
【売上高】16.9億※2016年3月期
【従業員】19名
【事業所】京都市下京区中堂寺粟田町90KRP8号館
募集会社4 ・(株)スプレッド
【事業内容】植物工場事業の運営
【資本金】8,740万円
【売上高】8億 ※2016年3月期
【従業員】26名
【事業所】京都府亀岡市余部町蚊又54番地
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 33%(87名中29名)2016年実績

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 人事担当者:総務部人事課

住所:京都市下京区中堂寺粟田町90番地KRP8号館
電話番号:075-316-6020
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp216062/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
トレードグループと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ