最終更新日:2017/8/4

マイナビ2018

マイナビコード
216736
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

有明商事グループ[グループ募集]

本社
福岡県、熊本県
資本金
本体資本金:6,000万円 グループ総資本:5億1,000万円
売上高
単体売上高:40億円  グループ総売上:120億円(2016年3月見込)
従業員
有明商事(株)単体:80名  グループ全体:500名(パート含む)
募集人数
6〜10名

創業1899年,有明沿岸地域とともに発展を!建設インフラから流通・食品・製紙・窯業全般を扱う総合企業グループ

採用担当者からの伝言板 (2017/08/04更新)

有明商事グループの採用ページをご覧くださり,ありがとうございます。
ここには,当社グループの採用に関する情報を掲載していきます。

現在日程調整中です。
説明会の日程が確定しましたらお知らせいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ポピー製紙(株)におけるトイレットペーパー製造風景
PHOTO
有明ファーム トマト園 および,有明生コンクリート(株)長洲工場,南九州コンクリート(株)長洲分工場 の3拠点が同居する長洲地区

有明商事グループの熊本震災の対応と環境に対する取り組みについて

PHOTO

創業当初(大正初期)の沿岸荷役光景(大牟田港)

当社グループの工場および従業員は,熊本地震においても多少なりとも被災しました。また,被災を免れた福岡県側の事業(食品加工事業,製紙事業およびセラミックス事業)からは,自社製品が主ではありますが,被災した方々へ支援物資を提供させていただきました。
現在は復興にむけ全社挙げて動いておりますが,人手不足により思うようには進んでおりません。

当社グループ建資材事業は,地元のお客様にもっと使いやすい工場を目指し,工場間の連携を強化するため「電子配車表による工場間の連携強化」と「GPSによるリアルタイム配車」にここ数年取り組んできました。こういったIT技術を取り込むことは,次の50年を考えた際に日本が迎える「超高齢化社会」,「慢性的な人手不足」でも事業を継続するための重要な手段になります。

また復興においても,環境負荷低減のため南九州コンクリート(株)八代本社工場およびアサノ有明生コン(株)北部工場では、発電所で発生する産業廃棄物由来の「フライアッシュ」を資源化する「フライアッシュコンクリート」の製造に着手しております。

このような取り組みに同調していただける,やるきのある学生の皆さん,ぜひとも一緒に仕事をしましょう!

会社データ

プロフィール

1899(明治32)年に「有明運輸店」という屋号にて,大牟田港で海運取次業(廻漕業)を,大牟田驛で運送業(通運業)を創業。
その後,1911(明治44)年に大牟田驛が現在の位置に移るとともに,本店を大牟田駅前に移転。
1913(大正2)年には当時の「貝印石油」(現在の昭和シェル)と油蝋の代理店契約を結び,石油製品販売にも着手。1916(大正5)年に電気化学工業(株)大牟田工場(現在の「デンカ(株)大牟田工場」)が操業すると同時に,同工場の沿岸荷役・場内荷役業務を請け負い,地場物流事業者としての地位を確立する。
1919(大正8)年に「有明組」に改称し,セメント販売事業も開始。大正〜昭和期には,創業者の田畑守吉が大牟田商工会議所会頭を務めたこともあり,荒尾魚市場,大牟田魚市場などの水産関係,製餡業である「有明工業(株)」をはじめ多角化に成功し,煙草事業にて海外進出を果たす。
しかし,第二次世界大戦敗戦によって国内外資産の多くを失い,物流事業と砂利採取業から再興することとなり,1963(昭和38)年に「有明生コンクリート(株)」を設立し,建資材事業に参入。同事業は最大で生コン8工場,砕石1工場,二次製品2工場まで拡大(現在は生コン5工場,砕石1工場,二次製品2工場)。
1984(昭和59)年に「ポピー製紙(株)」を設立し家庭紙事業を,1988(昭和63)年に「九州セラミックス工業(株)」を設立しファインセラミックス製造業に算入。
2000(平成12)年に「(社)博愛福祉会」を,2002(平成14)年には「(有)有明ケアサポート」を設立し,介護福祉事業に参入。
2010(平成22)年には農業6次化にも取り組み,熊本県内3カ所に専用農場を,福岡県に食品加工場と直営販売店を保有し,「有明ファーム」ブランドで「食の安全」を訴え,九州管内ではCMも展開中
https://www.youtube.com/watch?v=roB5qMpgSvI&feature=youtu.be

事業内容

PHOTO

創業間もないころのアサノ有明生コン北部工場。昭和40年代初頭撮影。

有明商事グループは,物流事業(陸上運送,海運業)をはじめ,家庭紙事業,建資材事業,セラミックス事業,農業・食品加工業の5つの事業分野を手掛けている,複合企業体です。

物流事業は創業当初からの事業であり,一般貨物運送事業および内航海運・沿岸荷役業を基盤とし,現在でも車輌200台および船舶1隻を保有して,有明海沿岸地域の物流を支えております。

家庭紙事業は,1日60万個,約300万人分の古紙リサイクルのトイレットペーパーを製造販売しており,グループ内で最大の事業です。

建資材事業は,自らのグループに所属する工場で製造される「生コンクリート」「コンクリート二次製品」「砕石」の販売、および福岡県南部〜熊本県全域に、自工場以外で製造する「生コンクリート」「コンクリート二次製品」「セメント類」を販売することを事業の柱としています。

セラミックス事業は,耐摩耗セラミックス2重管や業務用強化磁器食器といったニッチなニーズをみたす特殊製品を中心に,製鉄所や発電所,各自治体の給食センターなどで,社会インフラを支えるパーツとして採用されています。

農業・食品加工業は,認定農業者を取得し,椎茸ならびにトマトの植物工場を経営し,24時間365日,作物の育成環境を制御することで,高品質かつ安全性の高い食料を全国に供給しております。また農業6次化に対応するため,食品加工場も保有し,自社農場でとれた食品を使った「レトルトカレー」の販売を全国展開しております。
本社郵便番号 836-0843
本社所在地 福岡県大牟田市不知火町2丁目5-1 シーザリオン2階
本社電話番号 0944-51-2020
創業 1899年
設立 昭和6年(現社名の登記)
資本金 本体資本金:6,000万円 グループ総資本:5億1,000万円
従業員 有明商事(株)単体:80名 
グループ全体:500名(パート含む)
売上高 単体売上高:40億円 
グループ総売上:120億円(2016年3月見込)
グループ会社一覧 有明生コンクリート(株),肥後生コンクリート(株),アサノ有明生コン(株),南九州コンクリート(株),高松砕石(株),有明生コン販売(株),ポピー製紙(株),有明商事(株),九州セラミックス工業(株),九セラ(株),有明物流(株),車輌整備(株),(株)四ツ山食品,今村食品工業(株),筑水ホーム(株),有明ケアサポート(有),友愛のそら(株),有明ワークアソシェーツ(株) ほか
業績 経常利益(単体):8,000万円(2016年11月期)
グループ総経常利益:6億円
主な取引先 日本紙パルプ商事,レイメイ藤井,太平洋セメント,日鉄住金高炉セメント,エネオスサンエナジー,デンカ株式会社,熊本地区生コンクリート協同組合,中部有明地区生コンクリート協同組合,全国各教育委員会,川崎重工業,アーステクニカ,全国電力各社,オイシックス,ローソン,熊本大同青果,松尾建設,岩永組,和久田建設,朝日化工
製紙事業におかるシェア 年間生産量:約15,000t(人口300〜400万人分の使用料に相当)
古紙配合の家庭紙(トイレットペーパー)の製造量順位:九州第3位
建資材事業におかるシェア 熊本県内における生コンクリートのシェア:約8% ※1
熊本県内におけるコンクリート二次製品のシェア:約4% ※2

※1 熊本県生コンクリート工業組合の出荷統計より
※2 熊本県コンクリート製品協同組合の出荷統計より
平均年齢 46.7歳
平均勤続年数 16.3年
募集会社 製紙事業:
1.ポピー製紙(株)

建資材事業:
2.有明生コンクリート(株)
3.肥後生コンクリート(株)
4.アサノ有明生コン(株)
5.南九州コンクリート(株)
6.高松砕石(株)

セラミックス事業:
7.九州セラミックス工業(株)

農業:
8.有明商事(株)※ ブランド名:「有明ファーム」
ポピー製紙 【資本金】5,000万円
【従業員】100名
【売上高】21億3,000万円(2016年2月実績)
【本社所在地】福岡県大牟田市不知火町2-5-1
【事業所】福陽工場(福岡県八女市津江115)
【事業内容】古紙製紙業の工場管理または製造ライン勤務

勤務地/福岡県八女市
募集職種/工場管理者見習い,製造工員
募集人数/数名
ホームページ/http://ariake-syoji.mydns.jp/paper
有明生コンクリート 【資本金】3,000万円
【従業員】20名
【売上高】6億8,800万円(2016年9月実績)
【本社所在地】福岡県大牟田市不知火町2-5-1
【工場住所】福岡県大牟田市藤田町259
      熊本県玉名郡長洲町清源寺3279-1
【事業内容】生コンクリートの製造販売

勤務地/大牟田市,荒尾市,長洲町
募集職種/試験室業務(品質管理,技術職)
募集人数/1名
ホームページ/http://ariake-syoji.mydns.jp/concrete
肥後生コンクリート 【資本金】4,000万円
【従業員】13名
【売上高】1億4,100万円(2016年5月実績)
【本社所在地】福岡県大牟田市不知火町2-5-1
【工場住所】熊本県玉名市下字八ツ枝251-1
【事業内容】生コンクリートの製造販売

勤務地/玉名市
募集職種/試験室業務(品質管理,技術職),製造業務
募集人数/若干名
ホームページ/http://ariake-syoji.mydns.jp/concrete
アサノ有明生コン 【資本金】5,000万円
【従業員】24名
【売上高】6億9,000万円(2016年9月実績)
【本社所在地】熊本市南区南高江3-1-55
【工場住所】熊本市北区四方寄町762
      熊本市南区南高江3-1-55
【事業内容】生コンクリートの製造販売
勤務地/熊本市北区、熊本市南区
募集職種/試験室業務(品質管理、技術職)、運転手(生コン車による配送)
募集人数/若干名
ホームページ/http://ariake-syoji.mydns.jp/concrete
南九州コンクリート 【資本金】4,000万円
【従業員】27名
【売上高】4億7,400万円(2016年3月実績)
【本社所在地】熊本県八代市港町262-57
【工場住所】熊本県八代市港町262-57
      熊本県玉名郡長洲町清源寺3279-1
【営業所】八代市、熊本市南区
【事業内容】コンクリート二次製品の製造販売

勤務地/八代市,長洲町
募集職種/試験室業務(品質管理,技術職)
募集人数/1名
ホームページ/http://ariake-syoji.mydns.jp/concrete/nankyu
高松砕石 【資本金】2,000万円
【従業員】10名
【売上高】1億2,600万円(2016年6月実績)
【本社所在地】福岡県大牟田市不知火町2-5-1
【工場住所】熊本県玉名郡和水町上十町山口1011-4
【事業内容】砕石製品類の製造販売

勤務地/和水町
募集職種/砕石採掘工員(技術職)
募集人数/1〜2名
ホームページ/http://ariake-syoji.mydns.jp/aggregate
九州セラミックス工業 【資本金】5,000万円
【従業員】44名
【売上高】4億9000万円(2016年5月実績)
【本社所在地】福岡県大牟田市不知火町2-5-1
【事業所】四山工場(大牟田工業団地内)
【事業内容】ファインセラミックス工業製品の研究開発

勤務地/福岡県大牟田市
募集職種/研究開発職
募集人数/1名
ホームページ/http://www.kyucera.co.jp
有明商事 農産部 【資本金】6,000万円
【従業員】80名
【売上高】40億円(2016年11月実績)
【本社所在地】福岡県大牟田市不知火町2-5-1
【事業所】 有明ファーム きのこ園(玉名市),有明ファーム トマト園(長洲町)
【事業内容】植物工場における作物栽培(シイタケ,トマト)

勤務地/熊本県玉名市,熊本県玉名郡長洲町
募集職種/農業
募集人数/若干名
ホームページ/http://ariake-syoji.mydns.jp/ariakefarm
その他 関連会社 (社)博愛福祉会
沿革
  • 1899年
    • 田畑理吉が下里町(現大牟田市)で「有明運輸店」を創業
  • 1905年
    • 田畑守吉が大牟田港で「有明運送店」を創業
  • 1910年
    • 大牟田驛の移動に伴い,「有明運輸店本店」を新駅前(大牟田市不知火町1丁目5番地)に移す
  • 1913年
    • 「有明運輸店」が大牟田駅前にて油蝋部を開設し,石油製品販売業を展開
      萬田驛(現荒尾駅)に「有明運輸店萬田支店」を開設
  • 1915年
    • 「有明運送店」が尼崎汽船部の三池港代理店となる
  • 1916年
    • 「有明運送店」が,電気化学工業(株)大牟田工場内における港湾荷役・構内物流業(陸上運送・通運業)を請け負うと同時に,同工場へ主原料である石灰石の納入を開始する
  • 1919年
    • 田畑守吉が「有明運輸店(陸上運送,通運)」および「有明運送店(廻漕,港湾荷役)」を合併し,「有明組」に改称
  • 1931年
    • 筑後縄かます(株)を譲り受け,同社商事部門とする(2年後に改称し「有明商事(株)」となる)
  • 1941年
    • 有明組 八代採石所を開設し,球磨川にて砂利採取業を開始する
      1952年には田主丸採取場(筑後川における砂利採取)も開設する
  • 1945年
    • 太平洋戦争敗戦に伴い海外拠点をすべて失う
      GHQ指令により電気化k額工業大牟田工場向け原料供給以外の請負業務(港湾荷役等)を休止させられる(有明組は実質,解体)
      解体後残った「有明商事(株)」においても,大牟田駅前の区画整理に伴い,本社を移転する(大牟田市正山町90番地)
  • 1956年
    • 電気化学工業(株)大牟田工場内の請負作業を,有明商事(株)で再開する
  • 1963年
    • 「軍配生コンクリート(株)」を出資し,設立する
      (1970年に「有明生コンクリート(株)」に改称)
      また「肥後生コンクリート(株)」を1972年に,「高松砕石(株)」を1973年に設立する
  • 1965年
    • 有明商事(株)車両部(自動車整備工場部門)を分離独立させ,「車輛整備(株)」を設立
  • 1967年
    • 有明商事(株)輸送部のうち,遠距離輸送部門を分離独立させ,「有明輸送(株)」(現社名は「有明物流(株)」)を設立
  • 1982年
    • 小野田セメント(株)(現「太平洋セメント(株)」)のセメント販売特約店となる
  • 1984年
    • 福岡県八女市にて「ポピー製紙(株)」を設立し,ちり紙の製造販売を開始する
      翌年には,トイレットペーパーの製造も開始する
  • 1988年
    • 福岡県大牟田市にセラミックス事業所を設立し(現在の「九州セラミックス工業(株)」),ファインセラミックスの研究開発および製造を開始する
  • 1990年
    • ファインセラミックス製造工場を大牟田工業団地内に引っ越し,九州セラミックス工業(株)四山工場とする
  • 2000年
    • 有明商事(株)代表である「田畑博幸」が理事長となり「(社)博愛福祉会」を設立
      2002年には「(有)有明ケアサポート」を設立
  • 2002年
    • 「熊本アサノコンクリート(株)」を傘下に加え,「アサノ有明生コン(株)」に改称する
  • 2005年
    • 「南九州コンクリート(株)」を傘下に加える
  • 2007年
    • 「ポピー製紙(株)」が「福陽製紙(株)」を買収し,家庭紙事業の増産強化を行う
  • 2009年
    • グループ本社ビルを建設し,本社所在地を現住所(福岡県大牟田不知火町2丁目5番地)に移す
  • 2010年
    • 「有明ファーム きのこ園」および「野菜園」を開設し,椎茸の菌床栽培と露地野菜の生産を開始,玉名市の認定農業者となる
  • 2011年
    • 「有明ファーム トマト園」を開設し,トマトのポット耕栽培を開始,長洲町の認定農業者となる
      また,「今村食品工業(株)」および「(株)四ツ山食品」を買収し,農業6次化に取り組む
月平均所定外労働時間(前年度実績) ポピー製紙(株): 16.73h(日給者含む)
有明生コンクリート(株):17.59h(運転手等日給者含む)
肥後生コンクリート(株):16.45h(運転手等日給者含む)
アサノ有明生コン(株):13.1h(運転手等日給者含む)
南九州コンクリート(株):6.03h(日給者含む)
高松砕石(株):5.21h(運転手等日給者含む)
九州セラミックス工業(株):20.77h(日給者含む)
有明商事(株)農産部 「有明ファーム」:9.13h(フルタイムパートタイマー含む)
(前年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 有明生商事(株)グループ 総合採用窓口
新卒採用担当:松嶋,寺西
TEL:0944-57-3355
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町2-5-1-2F 有明商事グループ 管理部総務グループ内
URL http://ariake-syoji.mydns.jp/concrete/
E-mail recruit@ariake-syoji.mydns.jp
交通機関 有明生コン(株)グループ 総合採用窓口(大牟田市)
住所:福岡県大牟田市不知火町2-5-1 シーザリオン2F
JR大牟田駅/西鉄大牟田駅より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp216736/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
有明商事グループと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ