最終更新日:2017/10/20

マイナビ2018

マイナビコード
217039
  • 正社員
  • 既卒可

(株)大橋製作所

本社
東京都
資本金
9,600万円
売上高
29億円(2016年3月期)
従業員
79名(2017年2月現在)
募集人数
6〜10名

顧客・材料メーカと協力して最先端製品を開発・提供し、世界のリーディング・カンパニーを目指す

精密機械装置メーカーの大橋製作所です! (2017/10/20更新)

当社はスマートフォンなどの精密機器の生産工程で使われる設備を自社開発製造している会社です。世界の大手携帯電話メーカーの工場にも、OHASHIブランドの設備を納入しています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
埼玉の機器事業部工場にて。ここで、機器の検査や調整を行っております。正確な作業が求められます。
PHOTO
ACF圧着装置写真

技術革新への挑戦!街の板金工場から世界のOHASHIへ!!

PHOTO

代表取締役 大橋正義

(株)大橋製作所は、東京都大田区を拠点に
半世紀を迎えるユニークなメーカです。

小型液晶パネルや基板、ICチップなどの電子部品を実装する装置
(ACF実装装置)の世界的なメーカーに成長してきました。
ACF実装装置とは電子機器、携帯電話、デジカメ等の各種モジュールを
接合する装置で、大きく業績を伸ばしてきました。

弊社には、この実装装置関連事業部門の「機器事業部」と、
精密板金・金属部品加工・受託開発等の「メタル事業部」
の2部門があります。

実装装置を取り扱う機器事業部の装置は
携帯電話等の世界トップ企業の生産ラインに採用され、
アジア、北・中南米、ヨーロッパの各工場に設置されています。

もう一つの事業部である、金属板金加工を担うメタル事業部では
新分野への展開・「数楽(すうがく)アート」というものも生み出しました。

もともと技術として持っていた、
金属加工技術を駆使して誕生したのが
「数式を“カタチ”にしたアート・オブジェ『数楽(すうがく)アート』」。
数学の「2変数関数」を立体グラフ化したもので、
関数が示す軌跡に沿って切断した数十枚のステンレス鋼板を格子状に
組み合わせて創っています。

製造業の新たな試みとして、新聞やTVに取り上げられ、
弊社の技術力の高さを一般の皆様にも広く知っていただく契機となりました。

顧客・材料メーカと協力して最先端製品を開発・提供する側面も、
持ちつつ、「世界のリーディング・カンパニーを目指す」を掲げ、
お客様の要求に応える最適製品を継続的に提供して参りたいと念じています。

ユニークなメーカーである大橋製作所のDNAを継承してくれる
若き技術者の応募をお待ちしております。

会社データ

プロフィール

当社は、ACF実装装置など、精密機器を加工する
生産装置・設備を自社開発製造する企業。

『全員参加の経営』で、『市場を創造し新しい製品を提供』を
経営理念とする当社は、精密板金加工メーカーから、
自社開発の生産設備メーカーへ成長してきました。

OHASHIのロゴの装置(ACF実装ボンダー)を、
世界大手携帯電話メーカーをはじめ、
国内外の精密機器メーカーに提供してきました。
小型や薄型の電子機器…携帯電話・デジカメなど…
の各種モジュール(液晶パネル・基板・FPC・ICチップなど)を
接合する装置です。

また、LEDフリップチップ一括実装装置事業や
システムインテグレーション(自動化設備)事業など、
様々な新規事業に取り組んでいます。

精密板金加工のメタル事業部も、2変数関数をステンレス造形の
モニュメントとして個人向けに販売する
『数楽アート』として企画・販売するなど新たな進化を開始しています。

『挑戦する風土』で皆さんとともに夢を実現しましょう!

事業内容

PHOTO

JPCA Show〜2016半導体パツケージング・部品内蔵技術展〜の写真。

■機器事業部
 ・ACFボンダー
 ・LEDフリップチップボンダー
 ・システムインテグレーター(自動化設備)

■メタル事業部
 ・精密板金加工(OA機器、FA機器、医療/健康/環境機器、アミューズメント機器)
 ・大橋知創研究所(関連会社)とのコラボレーション製品
  1、数楽アート
  2、梁ロボ
  3、各種OEM/ODM製品
本社郵便番号 143-0013
本社所在地 東京都大田区大森南3-1-10
本社電話番号 03-3744-5351
創業 1916年
設立 1959年8月
資本金 9,600万円
従業員 79名(2017年2月現在)
売上高 29億円(2016年3月期)
事業所 ■本社工場
 東京都大田区大森南3−1−10
■東京事業所
 東京都大田区大森南3−19−11
■埼玉工場 
 埼玉県加須市豊野台1−471−8
関連会社 (株)大橋知創研究所
沿革
  • 1916年
    • 大橋正太郎が、東京・芝高輪界隈に大橋製作所を設立【第1次創業】
  • 1959年
    • 大橋正太郎急逝 東京都大田区森ヶ崎に、板金加工業として大橋製作所を設立【第2次創業】 
  • 1979年
    • 板金加工の業務改善に伴うエンジニアリング自社商品の開発
  • 1981年
    • 本社新社屋の竣工
  • 1984年
    • 事業拡大により、第二事業所(現、東京事業所)竣工
      受託により、熱圧着装置の原型機開発
      機器事業部の実質的な創業
  • 1992年
    • OA,FA及びアミューズメント機器生産拠点の埼玉工場竣工
  • 1993年
    • 熱圧着装置(ハイフレックス・ウェルダ)の本格的外販開始
  • 1994年
    • OA、アミューズメント機、環境機器のODA生産開始
  • 1996年
    • 当社熱圧着装置のLCD実装分野での採用が進む
  • 1997年
    • LCDモジュール実装装置の輸出開始
  • 1999年
    • 卓上型COG実装機「Simple COG」が日本経済新聞年度優秀賞受賞
  • 2001年
    • ISO 9001(機器事業部)&ISO 9002(メタル事業部)認証取得
  • 2003年
    • ISO 9001:2000版に全社認証移行
  • 2004年
    • フルオートFOGラインの開発・納入
  • 2005年
    • ISO 14001:2004 全社で認証取得
  • 2006年
    • 世界初、フルオートFOBラインの開発・納入
  • 2007年
    • オプティカル・レジン・ラミネーターの開発・販売
      ISO 27001:2006 機器事業部が認証取得
  • 2008年
    • フルオートFOBラインの輸出開始
  • 2010年
    • LEDフリップチップボンダー開発開始
      数楽アート販売開始
  • 2012年
    • LEDフリップチップボンダーLMSシリーズ開発
      カメラモジュール対応フルオートACF圧着装置開発・納入
  • 2013年
    • システムインテグレーター Siシリーズ開発
  • 2014年
    • フルオートCOF圧着装置開発・納入
平均勤続勤務年数 10年(2017年1月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 35時間(2015年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒143-0013
東京都大田区大森南3-19-11
03-3744-5351
n-narita@ohashi-engineering.co.jp
総務部 採用担当 成田信幸
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp217039/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)大橋製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ