最終更新日:2017/9/16

マイナビ2018

マイナビコード
219402
  • 正社員
  • 既卒可

大福製紙(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
岐阜県
資本金
5,400万円
売上高
32億5,000万円(2016年度実績)
従業員
101名
募集人数
6〜10名

《特殊紙の新たな可能性をカタチに》 伝統の美濃和紙に現代のモノづくり技術をかけ合わせ、世界の産業や生活を支えていきます!

エントリーの受付は終了しました。 (2017/09/14更新)

みなさん こんにちは。大福製紙株式会社 管理部 採用担当の武藤です。

2018年4月採用のエントリー受付は終了しました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ユネスコ無形文化遺産のひとつに登録されている「本美濃紙」のふるさと・美濃市にて、豊かな自然を身近に感じながら、最新のモノづくりに取り組んでいます。
PHOTO
両面粘着テープ用原紙や住宅・建材用原紙ほか、幅広いジャンルで当社製品・技術が用いられています。きっと、それとは知らずにあなたも触れたことがあるはず。

機能紙・特殊紙のメーカーとして、地元・美濃でオンリーワンのモノづくり

PHOTO

「100年企業に向け、既成概念にとらわれず新たな創造や積極的なチャレンジができる人、協調性やコミュニケーション能力を備えた人に仲間に加わってほしい」と松久社長。

 弊社の製造する特殊紙は、みなさんの想像を越えて幅広い分野の製品に生まれ変わります。
 一般にイメージされる和紙のラッピングや化粧用のあぶらとり紙だけでなく、建築塗料、自動車板金塗装に使用される和紙マスキングテープ用基材、工業用、文具用に使われる両面粘着テープ用基材、電解コンデンサーのセパレータ用紙、絵画・仏像を搬送するときに使用される包装紙、銀行券(紙幣)を束ねる帯封紙など様々な製品として、世に出回っているのです。
 最近ではクールビズ衣料として、当社の和紙を用いたメンズジャケットが有名百貨店のプロデュースで発売され、大変好評を博しました。
 このように、幅広いジャンルで当社の製品が採用され、これまでお付き合いのなかった新たな業界から「和紙を使ってこんなものが出来ないか」とのお問い合わせを頂くことも少なくありません。

 山々の緑と清流 長良川の恵みに包まれ、古くから和紙を作り続けてきた岐阜・美濃。
 当社は「優れた製品を作り、社会に貢献する」という基本理念のもと、創業以来「均一で、美しく、強い」美濃和紙の伝統技術を受け継ぎ、新しい技術との融合をはかり、更なる特殊紙の可能性を追求していきます。

 製造工程においては、最新の設備を導入し、自動化をすすめ生産の効率化をはかると共に、自然環境との調和を大切にしています。 ISO−14001(環境Mgt認証),FSC(森林認証)を取得し、LPGへの燃料転換、有機溶剤の使用を中止するなど、地球環境、地域社会、働く社員への配慮もしています。

 当社は大企業では出来ない、若いうちから積極的に発言しチャレンジできる環境が整っており、意欲的に働きたい人にとってはやりがいのある職場です。伝統と革新技術を融合し、“付加価値の高いモノづくり”に挑戦したいという皆さんをお待ちしています。

《代表取締役社長 松久豊太郎》

会社データ

プロフィール

 清流 長良川河畔の豊かな自然環境に抱かれた和紙の街美濃市で、昭和9年の創業以来、和紙の持つ「均一で、美しく、強い」という特長に先端のテクノロジーを融合させて、工業資材用原紙と生活資材用原紙などを社員全員が力を合わせて生産・販売しています。
 生産にあたり、自然環境に配慮した活動にも取組んでいます。ボイラー燃料を重油から排気ガスのクリーンなLPGへ変更しました。また、加工工程で使用していた有機溶剤の使用を中止しました。
「優れた製品を作り、広く社会に貢献したい」 これが大福製紙の社員全員の想いです。

事業内容
機械抄き和紙の製造・販売
【工業資材用原紙】
・粘着テープ用原紙(両面粘着テープ用、マスキングテープ用)
・電気、電子等材料用原紙(電気絶縁用原紙)

【生活資材用原紙】
・特殊高級うす紙(あぶらとり紙用、美術品包装紙用)
・衣料用原紙(金糸銀糸用、ニット製品用)
本社郵便番号 501-3716
本社所在地 岐阜県美濃市前野422番地
本社電話番号 0575-33-2131
創業 1934年(昭和9年)
資本金 5,400万円
従業員 101名
売上高 32億5,000万円(2016年度実績)
主な取引先 ニチバン(株)
(株)TTトレーディング
日東電工株式会社、アイカ工業(株)
三菱商事パッケージング(株)
沿革
  • 1934年
    • 謄写版原紙の製造メーカーとして、現在の場所に工場を建設し操業を開始する。
  • 1942年
    • 大蔵省印刷局の指定工場となり、昭和24年まで日銀券の紙料、日銀小切手用紙などを製造。
  • 1973年
    • 紙の含浸塗工1号機を設置、特殊紙の製造に重点を移す。
  • 1991年
    • 含浸塗工N1号機を増設。
  • 1997年
    • 5号抄紙機を増設し、特殊紙の開発分野で更なる飛躍をめざす。
  • 2003年
    • ISO9001:2000の認証取得。
  • 2005年
    • ISO14001:2004の認証取得。
  • 2017年
    • FSC(森林認証)の取得。
平均勤続勤務年数 21.1年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7.6時間(2016年度実績)
技能職は原則として残業はありません。
ただし、同じ職場の社員が有給休暇等取得の際に、前後の組でカバーするため残業することがあります。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.6日(2016年度実績) ※有給休暇と特別休暇の合計

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒501-3716
岐阜県美濃市前野422番地
採用担当/管理部総務 武藤 幸生
0575-33-2131
URL http://www.daifukuseishi.jp/
E-mail yukio_muto@daifukuseishi.co.jp
交通機関 【交通機関の場合】
長良川鉄道「梅山駅」徒歩20分
【お車の場合】
・国道156号線を八幡市方面に向かい、美濃橋を左折、渡りきったところを左折し1分
・東海北陸道「美濃IC」を出て左折。山崎大橋先の信号を右折し3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp219402/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
大福製紙(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ