最終更新日:2017/8/31

マイナビ2018

マイナビコード
221057
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

(株)中部日本広告社

本社
愛知県
資本金
1,200万円
売上高
20億円(2017年4月実績)
従業員
31名
募集人数
若干名

地元密着!!安心の中日新聞グループの広告営業!!

エントリー受付中!! (2017/07/28更新)

皆さまこんにちは!!
中部日本広告社の採用担当者です。

今後会社説明会を順次開催していきます。
関心を持たれた方は是非エントリーをお願いします。

皆さまとお会いできることを楽しみにしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社内のクリエイティブスタッフと一緒に。「当社のクリエイティブスタッフはレベルが高いので、営業にとってはとても心強いですね」と戸嶋さん(写真左)。
PHOTO
東海エリアを代表する産業といえば自動車。この分野のクライアントも多く、さまざまな自動車関連の広告やイベントを手がけています。

さまざまな経験を通じて幅広い知識やノウハウを身につけることで成長!

PHOTO

プライベートではアウトドア派という戸嶋さん。休日には友人とキャンプに行ったり趣味のゴルフで気分をリフレッシュしています。

■先輩との同行活動からスタートして段階的に営業として自立
私は大学時代に学園祭の実行委員を務め、イベントの企画運営に興味を持ったことから広告業界を志しました。当社を選んだのは、中日新聞社グループの広告会社として地域に密着した事業を行っていたからです。入社後は、中日新聞社で広告原稿の校正などを通じて新聞広告が掲載されるまでの流れを経験し営業部に配属。その後、半年ほど先輩に同行しながらお客様のニーズの発掘や企画提案の方法など広告営業の基礎を学びました。
私が初めて一人で担当したのは教育機関のお客様でした。パンフレットの制作などに携わりましたが、最初は分からないことばかりで上司や先輩、また社内外のクリエイティブスタッフにはずいぶん助けられました。当時はお客様にアポイントの電話をするだけでも緊張しましたね。しかし、お客様との人間関係を築き、また印刷やデザイン制作などの知識が身についていくと次第に余裕が持てるようになり、自分から積極的に企画を提案できるようになりました。

■お客様の期待に応えて感謝されることが仕事のやりがい
これまでに一番印象に残っている仕事は、ある自動車ディーラーのお客様の新店舗オープンです。このときは店舗のコンセプトづくりからオープンの告知広告、各種ツールの制作、来場者プレゼントの企画までトータルに携わりました。来場者の反応も良く、無事に店舗のオープンを地域に周知できたことにお客様から感謝されたときは、大きな達成感がありましたね。
広告営業の仕事には、マニュアルや決まったやり方はありません。販売促進やキャンペーン、企業や商品のブランディングなどお客様の要望に応じて最適なメディアやツール、イベントなどを組み合わせて企画を立て提案していきます。新しいことにチャレンジすることも多く決して簡単ではありませんが、それがこの仕事の面白さでもあります。そして、経験したことがすべて自分の知識やノウハウとして蓄積されていきます。自分の中に引き出しを増やすことが重要なので、今後も自分なりのアンテナを立てて世の中の動きをキャッチするとともに、今まで以上にお客様から頼っていただけるような存在を目指していきたいですね。
(営業部・戸嶋章貴、2012年入社、人間学部卒)

会社データ

プロフィール

弊社は創立50年を超える中日新聞社専属の広告代理店です。
中部地区を中心に、長年にわたる実績を基盤として、新聞・テレビ・ラジオなどのメディアとの連携を深めながら、
SP・イベント・インターネットなどを活用し、クライアントの販促活動のサポートを行なっています。
今回の採用にあたり、元気でチャレンジ精神旺盛な方を希望しています!!

事業内容
全国の新聞並びに出版物に掲載する広告の取り扱い
全国の民間放送の広告取り扱い
印刷物の制作、チラシ広告の取り扱い
展示装飾、野外看板、広告制作
販売促進・イベント事業
そのほか宣伝、広告に関する総合的企画立案
本社郵便番号 460-0001
本社所在地 愛知県名古屋市中区三の丸1-5-2 中日新聞社北館4F
本社電話番号 052-746-0758
創業 1947年4月21日
設立 1961年9月10日
資本金 1,200万円
従業員 31名
売上高 20億円(2017年4月実績)
事業所 浜松支社
三河営業所
沿革
  • 1947年4月21日
    • 浜松市に中部日本新聞静岡版一手取扱い広告代理店東海広告(株)として創業。
  • 1961年9月10日
    • (株)中部日本広告社を創立。
      代表取締役社長に工藤利明が就任し、東海広告(株)を吸収。
  • 1962年5月1日
    • 名古屋市中区関鍛冶町三丁目8番地に名古屋支店を開設。
  • 1964年4月1日
    • (株)第一通信社を吸収。本社を名古屋に移し、浜松を支店とする。
  • 1967年4月1日
    • 中日新聞社専属代理店となり、中日新聞社社長与良ヱが取締役に、同社取締役西沢勇が監査役に就任。
  • 1968年11月1日
    • 静岡営業所を開設
  • 1970年4月1日
    • 豊橋営業所を開設
  • 1974年10月1日
    • 岡崎営業所を開設
  • 1975年1月10日
    • 豊橋営業所を支店に昇格
  • 1979年3月1日
    • 岡崎営業所を支店に昇格
  • 1986年1月1日
    • 豊橋支店を岡崎支店に統合、三河支店と改称
  • 1995年12月21日
    • 代表取締役社長工藤利明死去
  • 1995年12月25日
    • 代表取締役に山田一衛(中日新聞社顧問)、大嶽公一が就任
  • 1996年2月19日
    • 代表取締役山田一衛の後任として、小嶋怜(中日新聞社取締役)が代表取締役に就任
  • 1997年12月1日
    • (株)アド中部を子会社として設立
  • 1998年2月25日
    • 代表取締役小嶋怜の後任として、榎本好高(中日新聞社名古屋本社取締役広告局長)が代表取締役に就任
  • 1998年8月26日
    • 代表取締役大嶽公一、代表取締役大島寅夫(中日新聞社常務取締役広告担当)が代表取締役に就任
  • 1999年2月24日
    • 代表取締役大嶽公一、代表取締役大島寅夫の後任として榎本好高(中日新聞社取締役)が代表取締役社長に就任
  • 2005年11月3日
    • 名古屋本社を現在地に移設
  • 2006年6月19日
    • 代表取締役社長榎本好高の後任として、金森徳三郎が代表取締役社長に就任
  • 2006年7月1日
    • (株)アド中部を経営統合
  • 2010年7月1日
    • 代表取締役社長金森徳三郎の後任として、野瀬伸明が代表取締役社長に就任
  • 2014年12月31日
    • 静岡営業所を閉鎖
平均勤続勤務年数 16年(2016年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 1名(うち男性1名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち男性1名 2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)中部日本広告社
【本社】
■〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1-5-2 中日新聞社北館4F
■管理部 採用担当
■TEL : 052-746-0758
URL http://www.chubu-ad.co.jp/index.htm
E-mail chubu-ad@chubu-ad.co.jp
交通機関 名古屋地下鉄桜通線 丸の内駅 1番出口より徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp221057/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)中部日本広告社と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)中部日本広告社と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ