最終更新日:2017/4/18

マイナビ2018

マイナビコード
313
  • 正社員
  • 上場企業

(株)明電舎

本社
東京都
資本金
170億7,000万円(2016年3月31日現在)
売上高
1,659億円(2016年3月期 単独)
従業員
3,681名(2016年3月期 単独)
募集人数
51〜100名

明治時代から120年以上、インフラの構築、整備を通して人々の暮らしを支えてきました。日常生活の「あたりまえ」のために、私たちは挑戦しています。

採用担当者からの伝言板 (2017/04/18更新)

アクセスいただき、ありがとうございます。
様々な情報を掲載しておりますので
ぜひご覧ください!!

エントリーをしていただけますと、マイページのご案内をお送りいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
重電大手の一角として、再生可能エネルギーを利用した発電システムや水環境システム、ICT、物流装置など、社会インフラの構築・整備を通じて、社会に貢献しています。
PHOTO
海外展開も大きな柱です。豊かな未来のために、社会を支えるという使命感を持って、海外でも挑戦しています。

挑め、本気で。

PHOTO

明電舎が必要としている人財。それは、「成長できる人」です。社会インフラを支える一人として、豊かな未来のために本気で挑める人を求めています。

電気、水、鉄道。
私たちの生活に欠かせないライフライン。
世界中には、未だインフラが整備されず、開発が進んでいない国が
数多く存在する。

明電舎は、明治時代から「インフラ」で豊かな世界を切り拓いてきた。
その「インフラ」が何十年と動き続け、生活の基盤となり、
その国を発展させていく。

何もないところから豊かな生活を生み出し、当たり前の生活にしていくことは、
言葉で言うほど簡単ではない。

豊かな未来のためならば、どんな苦しいことにも立ち向かう。
これが私たちの「インフラの仕事」。

時には歯を食いしばり、時には悔し涙も流す。
でも、本気で汗をかいて切り拓いた先には、みんなの夢と笑顔が広がる。

志を貫き、本気で挑める人間。

明るい未来のために 挑め、本気で。

会社データ

プロフィール

鉄道、発電所、浄水場、病院、大学、公園、工場、ビル、放送施設。
そういった日常生活に欠かすことのできない
社会インフラ・産業インフラに特化した重電メーカーです。
2017年に創業120年を迎え、暮らしに欠かせない「電気」というインフラを
長年支えてきました。重電機器開発で培われた技術は、様々な製品の核となり
日本だけでなく世界をも動かしています。

明電舎が手掛ける事業は大きく3つあります。
発電所、上下水道、電鉄など社会インフラを支える「社会インフラ事業」
電気自動車、物流システムなどで民間産業を支える「産業システム事業」
納入品の保守・サービスを担う「エンジニアリング事業」
ライフラインを支えるという使命感を持って、社会として世界に貢献していきます。

事業内容

PHOTO

「つくる、送る、変える、うごかす、コントロールする、見守る」という6つの柱で、電気をつくり、供給し、社会や産業の役に立てるようチャレンジし続けてきました。

インフラメーカーとして、発変電設備、太陽光発電、スマートグリッド、電気自動車用モータ・インバータ、水処理、自動車試験システム等、幅広い事業を展開しています。

●社会インフラ事業
社会インフラの構築に関連する事業を行っています。
電力品質や省エネルギーなどに関する各種ソリューションサービスや、電力会社・官公庁・鉄道・道路・民間施設などの分野に発電・送電・変電・配電などに関する各種電気機器の国内海外における製造販売を行っています。

また自治体の上下水道分野には各種処理装置とそのプロセス制御、情報通信網の整備などに関する製品の製造・販売を行うほか、浄水場の維持管理業務受託など環境に関するソリューションサービスを展開しています。

●産業システム事業
製造業やITなど一般産業で使用されている製品システムに関連する事業。
民間産業分野に受変電設備、自動車試験用システム、物流システムなどを提供するほか、繊維機械やエレベータなどの製品向けにモータやインバータなどの電力応用製品の製造・販売を行っています。
また、情報・通信分野では産業用コンピュータやネットワークシステムなど
コンポーネント製品の製造・販売を行うほか、ITを活用した企業や自治体の
業務高度化・効率化を促進するためのITソリューションを提供しています。

●エンジニアリング事業
納入製品のメンテナンスを中心として、設備の長寿命化や省エネルギー対策などの提案、設備遠隔監視などのサービスを提供し、最適な維持管理・保守・修繕・廃棄・更新をトータルエンジニアリングでサポートしています。
本社郵便番号 141-6029
本社所在地 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower
本社電話番号 03-6420-8504
創業 1897(明治30)年
設立 1917(大正6)年
資本金 170億7,000万円(2016年3月31日現在)
従業員 3,681名(2016年3月期 単独)
売上高 1,659億円(2016年3月期 単独)
事業所 本社/東京(大崎)
総合研究所/東京(大崎)
支社支店/大阪、名古屋、札幌、仙台、大宮、千葉、横浜、金沢、広島、高松、福岡
工場/太田、沼津、名古屋、甲府
営業所/全国32カ所
グループ会社 国内/19社
海外/20社
(ドイツ、アメリカ、ドバイ、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、香港、中国)
沿革
  • 1897年
    • 創業
  • 1913年
    • 大崎工場を新設
  • 1935年
    • 名古屋工場を新設
  • 1961年
    • 沼津工場を新設(静岡県)
  • 1977年
    • 太田工場を新設(群馬県)
  • 1993年
    • 総合研究所を新設(大崎)
  • 1997年
    • 創業100周年
  • 2001年
    • ジャパンモータアンドジェネレータ(株)を設立
      (株)日本AEパワーシステムズを設立
  • 2002年
    • 甲府工場を新設
  • 2003年
    • 明電エンジニアリング(株)と合併
  • 2007年
    • 創業110周年を記念してThinkPark Towerを建設
      本社をThinkPark Towerに移転
  • 2012年
    • (株)日本AEパワーシステムズにおける合弁関係を発展的に解消し変電・配電事業を承継
  • 2017年
    • 創業120年目を迎えた
平均勤続勤務年数 男性 18.4年 女性 20.2年 (2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.2日

採用データ

先輩情報

学んできた知識や経験を活かして仕事ができる
久保田 敦子
2014年入社
同志社大学大学院
理工学研究科 電気電子工学 卒業
変電事業部 変電機器工場 ソレスター部 開発課
避雷器の開発業務
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒141-6029 
東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower
人財開発室 採用推進課 草川/鈴木
TEL:03-6420-8504
URL http://www.meidensha.co.jp/saiyou/pages/index.html
E-mail saiyou@mb.meidensha.co.jp
交通機関 JR各線、りんかい線大崎駅南改札口、新西口よりペデストリアンデッキで徒歩1分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp313/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ