最終更新日:2017/7/20

マイナビ2018

マイナビコード
50147
  • 正社員

青葉化成(株)

本社
宮城県
資本金
4,000万円
売上高
127億2,000万円(2016年12月) ※10年前から売上高上昇率124%(2006年12月売上高102億2,000万円)
従業員
138名
募集人数
若干名

“食のプロフェッショナル”として、より「安全」に「美味しく」「美しい」食品を世に送り出すことが私たちの仕事です。

採用担当者からの伝言板 (2017/07/11更新)

青葉化成(株)採用担当の茂木です。
当社ページにお越しいただき、ありがとうございます。
7月10日をもちまして、夏採用の受付を終了いたしました。
今後、追加募集を実施する際には改めてお知らせいたしますので、当社に
ご興味をお持ちの方は、エントリーをお願いいたします。

会社紹介記事

PHOTO
食品の「味づくり」から製造現場の「衛生管理」まで。“食のテクニカルコンサルタント”として、より「安全」「安心」「美味しい」食品づくりを裏方で支える企業です。
PHOTO
当社の強みは、最適な情報や技術を提供する営業力と、その力をバックアップする高い研究開発力です。営業と研究開発の連携が、他社に負けない提案を生み出しています。

私たちの役割は、食品加工におけるありとあらゆる問題・課題を解決すること

PHOTO

より“安全”“安心”“美味しい”食品を世の中に送り出し、「良品」を生み出していく。それが私たちの使命です。

◆スピード感を持ちきめ細やかな営業
お客様である食品加工メーカーの課題や問題を拾い上げ、解決法を探り、解決策を商品としてカタチにする提案営業を行っています。そのために、開発研究員が営業と同行し、お客様のニーズを正確に掴み取り、スピーディーに試作品を作って提案するなど、営業を強力にバックアップしています。また、開発研究員を研究所だけではなく、全国に広がる営業拠点にも配置しており、よりスピーディーに、かつきめ細やかな対応ができる体制を有しています。特定のジャンルに偏らず、様々な食品に携わることができる仕事であり、初めから開発に携わった商品が売り場に並んでいるのを見た時には、何にも代えがたい達成感を感じることができる仕事です。

◆食品加工メーカーのニーズに柔軟に対応する企業力
当社の強みは、営業と研究開発が強力に連携して食品加工メーカーのニーズに応えられること。例えば、お客様から「ゼリーの食感を変更したい」というニーズをいただいた時。一般的な商社であれば、様々なメーカーのゲル化剤を集めてお客様のニーズに合うものを提案しますが、当社では開発研究所・工場を有しているため、自社にしかない「オリジナル商品」も提案することが可能です。営業と研究開発が一緒にお客様のもとに伺い、課題や問題点を細かく探り、幅広い選択肢の中からお客様のニーズに応えた商品を提案することが出来るのです。創業以来培ってきたノウハウや知識を活かし、時代やお客様のニーズに柔軟に対応する企業力があります。

◆食のプロフェッショナルに。スタートは誰もが新人
当社は、仙台市に本社を構え、そのネットワークは東北・東京・大阪等全国に拡大している他、2014年には中国青島へ進出し、グローバル展開も進めています。現在、取引先企業は1,300社を超え、食品の開発や製造に関する課題・問題を解決する「コンサルティング」、製造現場の環境改善をハード・ソフト両面からサポートし、HACCP等の導入支援も行う「トータルサニテーション」、新商品の開発から食品の安全に関する検査も担う「研究開発」などの事業も行っています。食のプロとして専門知識が必要になる仕事ですが、入社1年目は全員研究所にて研修を行い、専門的な知識を学ぶ機会を設けています。専攻に関係なく、食が好きという方を求めています。

会社データ

プロフィール

青葉化成は、設立から50年以上の長きにわたり食品加工メーカーの商品開発および製造を支えてきました。現在では、「食のテクニカルコンサルタント」として長い歴史で蓄積されたノウハウを駆使し、お客様の課題を解決する「商社機能」と、研究所および工場が連携した「メーカー機能」を武器にお客様の商品開発をサポートしています。さらに、食品加工場の環境衛生対策専門チームも持ち、衛生的な食品加工場づくりにも貢献しています。食品づくりで一番重要なのは衛生的な環境で製造すること。食のプロフェッショナルとして、お客様の課題を解決し、”より安全に””より美しく””より美味しい”食品を世に送り出すことが青葉化成の仕事です。

事業内容

PHOTO

私たちの仕事は、「食のプロ」として、お客様をサポートすること。自社のノウハウをフル活用し、お客様を支えています。

●食品加工用資材等の研究・開発、製造、販売
 取扱品目:食品添加物(日持向上剤、品質改良剤、調味料・調味液、増粘安定剤等)、洗浄剤・除菌剤、動物医薬品

●食品加工用資材の総合商社
 取扱品目:食品添加物全般、食品素材、環境衛生関連資材、化学工業品、機械・機器の販売

●食品工場のクリーンルームの設置、塗床工事・防カビ工事等の設計施工

●食品工場の環境衛生のチェック、コンサルティング、改善の立案、ならびに関連衛生資材の販売
本社郵便番号 984-8642
本社所在地 宮城県仙台市若林区卸町1-5-6
本社電話番号 022-232-3691
設立 1956年8月20日
資本金 4,000万円
従業員 138名
売上高 127億2,000万円(2016年12月)
※10年前から売上高上昇率124%(2006年12月売上高102億2,000万円)
事業所 <国内>
■営業所
東京・大阪・郡山・仙台・山形・塩釜・気仙沼・八戸・盛岡・青森
■研究所・工場(仙台市泉区)
泉開発研究所・泉工場
関連会社 青葉食品(青島)有限公司(中国・青島)
平均年齢 40.1歳
平均勤続年数 14.9年
食品添加物 食品添加物をご存じですか?私たちは遙か遠い昔より食品をより美味しく、より長持ちさせる方法として肉を薫製にしたり、魚を塩漬けにしたり、様々な工夫をしてきました。

現代においては、皆さんが想像しやすい着色料・保存料・香料等の他にも、増粘剤(食品に滑らかな感じや粘りけを与える)や膨張剤(ケーキ等に膨らみを与える)や凝固剤(豆腐を固める)等様々な種類の添加物が、様々な役割を果たしています。

全てはより「安全に」「美味しく」「美しく」が目的なのです。食品添加物によって、私たちの食生活を豊かにするばかりでなく、食品の広域流通を可能にし、貴重な食資源を有効に利用することができるのです。
トータルサニテーション 衛生的な環境で安全な食品を製造することは食品加工に携わる方にとっては重要な責務です。

このことに早くから着目していた当社は、食品加工場の環境衛生対策の専門チームを持ち、ハード・ソフト両面から衛生的な食品工場づくりに貢献しています。

ハード面では建設業の認可を受け、防カビ塗装工事やクリーンルーム設置等の設計・施工管理を行います。さらに、食品工場内で働く従業員の方への衛生講習会の開催や衛生管理マニュアルの作成等の支援を行い、ソフト面からもお客様を支えているのです。

現在ではHACCPやISO等の認証取得支援も積極的に展開し、環境衛生面もトータルでサポートすることによりお客様から厚い信頼を得ています。

食品の安全とおいしさづくりに役立つ食品添加物の製造販売だけでなく、衛生管理関連業務を推進するなど、他に先駆けてコンサルタント業務に取り組む積極的な事業展開が高く評価され、1998年に第1回「七十七ビジネス大賞」を受賞しました。
沿革
  • 1956年8月
    • 仙台市元柳町に設立
  • 1960年10月
    • 八戸営業所開設
  • 1962年11月
    • 山形営業所開設
  • 1964年1月
    • 郡山営業所開設
  • 1969年7月
    • 仙台市卸町に本社社屋移転、研究所も合わせて開設
  • 1970年1月
    • 東京営業所開設
  • 1972年2月
    • 塩釜営業所開設
  • 1977年8月
    • 盛岡営業所開設
  • 1980年6月
    • 青森営業所開設
  • 1990年11月
    • 大阪事務所開設
  • 1997年7月
    • アルコール・洗浄除菌剤工場完成
  • 2003年12月
    • 気仙沼事務所開設
  • 2014年8月
    • 中国(青島)に青葉食品(青島)有限公司設立
平均勤続勤務年数 約15年(2015年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 3名(うち男性2名、女性1名)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒984-8642 仙台市若林区卸町1-5-6
総務部 茂木・猪股
電話 : 022-232-3691
mail : info.saiyo@aobakasei.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp50147/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ