最終更新日:2018/1/11

マイナビ2018

マイナビコード
50183
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)サニックス

本社
福岡県
資本金
140億4,183万円(平成28年3月31日現在)
売上高
509億5,500万円(平成29年3月期連結)
従業員
1,830人(平成29年3月31日現在/連結)
募集人数
51〜100名

環境・エネルギーの総合ソリューション企業―サニックス。住宅から都市空間、地球環境へ、そして、環境衛生から環境エネルギーへと事業領域を広げています。

【2018最終回】説明会&一次選考会のご案内 (2018/01/10更新)

こんにちは!(株)サニックス 採用担当です。
部活で忙しい皆さん、納得のいく就活がしたいと思っている皆さん。
当社では、福岡本社にて説明会&一次選考会を行っています。

日程:1月12日(金) 会場:福岡市博多区

今回の開催が、今年度最終回となります。
席に限りがございますので、ぜひお早めにご予約ください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
一人ひとりを尊重しながらも、組織としてのまとまりが重要な要素となる。地球環境の未来に大きく貢献できる仕事だからこそ、得られるやりがいも大きい。
PHOTO
入社後は充実した研修が用意されているので、専門的な知識がなくても自信を持ってお客様に提案できるようになります。それまでは、先輩たちがフォローするので安心です。

本音で話していただける人間関係ができれば、プロとして頼られる充実感を得られます。

PHOTO

成果を挙げるコツを聞くと、「教えられた通りマニュアル的に話すばかりではなく、お客様の立場で物事を考え、親身に対応することが大切です」と教えてくれた。

大学で自然エネルギーの授業を受けたことがきっかけで、私はこの分野に興味を抱くようになりました。その中で当社を選んだのは、やはり会社の規模とネームバリューが大きかったから。テレビCMなどでも目にしていたので、「ここなら安心して将来設計ができる!」と思いましたね。入社からはずっと、太陽光発電システムの営業を担当しています。この仕事は「ただ商品を販売するだけ」という訳ではなく、さまざまな申請手続きや設置する住宅の近隣への配慮などが必要。そのため、最初は大変でしたが、今ではようやくお客様から頼られるようになってきました。

知識を身につけ、さまざまな経験を積んだからこそ、どんなことを訪ねられても余裕を持って対応できるようになったというところが、入社してから何より成長したと実感しているポイントです。特に、最近ではクレーム対応などもむしろチャンスだと思えるようになりました。と言うのも、そんな時はお客様が、不満に思っていることをストレートに、まさに本音をぶつけてくださるんです。「何に対して不満があるのか?」が分かれば、あとはそれを払拭するために誠実に対応するだけ。そうすれば、今まで以上に厚い信頼関係を築き上げられます。そこからリピートやご紹介をいただけるケースは、本当に多いですね。

ただ、そうは言ってもお客様からお叱りを受けるようなことがあれば、やはりメンタル的には凹んでしまうもの。ですが、当社は誕生日休暇などの休暇制度が充実していますし、有休も事前にきちんと申請すれば問題なく取得することができます。また、上司がいつも「早く帰るように」と言ってくれるので、残業も月20~30時間ほどと少なく、きちんと気分転換を図りながらメリハリをつけて働くことが可能。これも、私が「この会社を選んで良かった!」と感じているところです。

《営業(入社4年目)》

会社データ

プロフィール

■エネルギーと総合住環境サービスのサニックス―。
当社は、1975年の創業以来、「汚いところをきれいにする。不潔なところを清潔にする」という企業使命のもと、住環境を中心に快適な環境衛生づくりに取り組んでまいりました。その後、“住宅から都市空間へ、地球環境へと領域を広げるサニックス”として、「太陽光発電」と「資源循環型発電」という2つのエネルギー事業を軸に環境保全とエネルギー供給の両立を図った、積極的な事業展開を行っています。昨今の日本では、様々なエネルギー事業が広がっています。その中で当社は、新たなニーズの発見に取り組み、クリーンエネルギー創造企業として今、飛躍中です。

■一緒に次の進化を。
2009年から参入した「太陽光発電システム事業」は、現在までで住宅用16,000件以上、産業用21,000件以上の施工実績があります。また、大学と提携した研究も進められ、福岡県宗像市に発電出力約2メガワットの大規模太陽光発電所「サニックスソーラーパークむなかた」を建設。社会に、地球に、人に取り組んだ活動を行っています。そんな当社が求めるのは、次の時代を担うバイタリティあふれる若き人材。一歩ずつ着実に会社と共に成長していただける方を求めています。私たちとともに、未来のサニックスを創っていきませんか?

事業内容
■ソーラー・エンジニアリング(SE)事業
製造から販売、施工、メンテナンスまで、太陽光発電システムのワンストップサービスにより遊休地や事業所の屋根等の有効活用を促進し、再生可能エネルギーの普及拡大を図ります。

■環境資源開発事業
環境保全への気運が高まる中、先駆け的に誕生した事業部門。産業廃棄物を資源として再生するリサイクル技術の開発により、循環型社会の実現に貢献しています。

■ホームサニテーション(HS)事業
シロアリ・湿気対策や家屋の耐久性を高める補強システムなど、高度な専門技術と提案型商品の開発により、一般家屋を対象に快適な住環境を提案します。

■エスタブリッシュメント・サニテーション(ES)事業
ホテルやレストラン、ビル、病院などを中心とした法人向けに、企業の衛生管理をトータルにサポートします。
本社郵便番号 812-0013
本社所在地 福岡県福岡市博多区博多駅東2-1-23 7F
本社電話番号 092-436-8874
創業 1975年4月1日
設立 1978年9月12日
資本金 140億4,183万円(平成28年3月31日現在)
従業員 1,830人(平成29年3月31日現在/連結)
売上高 509億5,500万円(平成29年3月期連結)
事業所 ■本社/福岡市博多区博多駅東
■事業所/HS…40店舗、SE…35店舗、ES…2店舗、環境資源系…15工場(平成28年11月末現在)
■その他、本部系事業所があります
グループ会社 (株)サンエイム
(株)サニックスエナジー
(株)C&R
(株)エネルギー総合開発研究所
(株)サニックス・ソフトウェア・デザイン
(株)北海道サニックス環境
(株)サニックスエンジニアリング
善日(上海)能源科技有限公司
(株)SEウイングズ
代表者 代表取締役社長 宗政 寛
沿革
  • 1975年
    • 4月 建築物等の防虫・防腐に関する管理及び工事を目的として長崎県佐世保市で創業
  • 1978年
    • 9月 殺虫、殺鼠等衛生管理の整備及び工事を目的とした環境衛生部門の強化を図るため法人向け部門を分離し、佐世保環境衛生事業所・長崎環境衛生事業所・熊本環境衛生事業所を新設
  • 1981年
    • 11月 本社を福岡市南区向野2-1-1に移転
  • 1982年
    • 7月 福岡県筑紫郡那珂川町に総合研修センター(現・那珂川研修センター)及び研究所を新設
      9月 兵庫県姫路市に姫路営業所を新設し、一般家庭向け部門における関西地区進出を行う
  • 1986年
    • 5月 一般家庭向け部門において、アフターメンテナンスの体制確立を目的とし、トータル・サニテーション事業部(TS事業部)を新設
  • 1987年
    • 3月 CIを導入し、商号を(株)サニックスに変更、事業部名を変更し、一般家庭向け業務を行うホームサニテーション事業部、法人向けに業務を行うエスタブリッシュメント・サニテーション事業部とする
      8月 HS事業部において、農業協同組合と販売提携を開始
  • 1991年
    • 3月 佐賀県武雄市に環境衛生機器の製造を目的とした武雄工場を新設
  • 1992年
    • 12月 東京都品川区に品川環境衛生事業所を新設し、ES事業部における関東地区進出を行う
  • 1993年
    • 12月 福岡県宗像郡玄海町に総合研修センターを設置
  • 1994年
    • 4月 北九州市門司区に産業廃棄物処理を目的とした北九州工場を新設(同年6月稼働)するとともに、産業廃棄物処理事業部を設置し、産業廃棄物の中間処理事業を開始する。なお、北九州工場は、2007年11月アサヒプリテック(株)に事業譲渡
  • 1995年
    • 12月 薬剤の販売を主たる事業目的として、(株)サンエイムを設立(現・連結子会社)
  • 1996年
    • 9月 日本証券業協会に株式を店頭登録
  • 1999年
    • 2月 (株)エネルギー総合開発研究所を設立(現・連結子会社)
      4月 愛知県岡崎市にプラスチック資源開発工場を設置産業廃棄物処理事業本部の名称を環境資源開発事業本部に改称
      9月 東京証券取引所市場第一部、大阪証券取引所市場第一部に上場 
  • 2000年
    • 3月 北九州市若松区に有機廃液処理を目的とした有機廃液処理ひびき工場を新設、稼働を開始
      4月 HS事業部をHS事業本部に組織を改編。ES事業部をES事業本部に組織を改編
  • 2001年
    • 4月 本社を福岡市博多区博多駅東2丁目1番23号に移転(現・本社所在地)
      10月 プラスチック燃料による発電、売電事業を主たる事業目的として、(株)サニックスエナジーを設立(現・連結子会社)
  • 2002年
    • 4月 関東地区に千葉営業所他5営業所を新設し、HS事業部門における同地区進出を行う
  • 2003年
    • 4月 情報システム業務の受託を主たる目的として、(株)サニックス・ソフトウェア・デザインを設立(現・連結子会社)
      10月 サニックスエナジー苫小牧発電所竣工(北海道苫小牧市)
  • 2004年
    • 5月 産業廃棄物処理コンサルタント、燃料添加剤等の販売を主たる目的として、(株)サニックス・ソリューションを設立(現・連結子会社)
      11月 HS関東地区本部・ES事業本部・環境資源開発事業本部を東京都港区虎ノ門に移転
  • 2006年
    • 6月 一級建築士事務所登録
      8月 顧客管理部門を除き、HS事業部門における関東地区の営業所を閉鎖
  • 2008年
    • 3月 一般建設業許可取得
  • 2009年
    • 2月 有限責任中間法人日本卸電力取引所(JEPX)の取引会員に加盟登録、JEPXにおける卸電力取引開始
      10月 苫小牧発電所から排出される焼却灰処分を主たる目的として、(株)サニックスエナジーが、(株)ホクハイ及び株式会社C&Rを買収
  • 2010年
    • 4月 (株)北海道サニックス環境を設立
      6月 環境資源開発事業部門苫小牧プラスチック資源開発工場及び付随する事業を(株)北海道サニックス環境へ事業承継
      12月 太陽電池モジュールの製造・販売を主たる目的として、善日(上海)能源科技有限公司を中国上海市に設立
  • 2012年
    • 1月 公共・産業用太陽光発電システム等の、企画、設計販売、施工及びコンサルティングを主たる目的として、(株)サニックスエンジニアリングを設立(100%出資子会社)
  • 2014年
    • 4月 太陽光発電システム事業拡大に伴い、西日本SE事業本部、東日本SE事業本部を設置
  • 2015年
    • 10月 太陽光発電システム(当社顧客)からの電力買取を開始
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 1.6%(248名中女性4名 2017年度実績)

問い合わせ先

問い合わせ先 〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-1-23 7F
0120-94-6042(平日10-18時)
URL http://sanix.jp/
交通機関 JR九州「博多駅」筑紫口より徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp50183/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)サニックスと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)サニックス を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
9月8日 マイナビ就職EXPO秋の陣 大阪会場 出展予定企業一覧

ページTOPへ