最終更新日:2017/12/14

マイナビ2018

マイナビコード
52494
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)ヤマダ電機【東証一部上場】

本社
群馬県、東京都
資本金
710億円 (2016年3月)
売上高
1兆5,630億円(2017年3月)
従業員
19,183名(2016年3月)
募集人数
51〜100名

「創造と挑戦」を経営理念に掲げ躍進する、家電業界のリーディングカンパニー

採用担当者からの伝言板 (2017/04/18更新)

弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

会社説明会、選考会の日程が決まりました。
是非一度会社説明会におこしください。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
JR高崎駅に直結したヤマダ電機の本社。店舗と一体となった巨大ビルが、お客様を迎えます。
PHOTO
成長が期待できる分野の1つとして注力しているリフォームサービス。お客様のニーズにお応えするべく日々努力をしております。

家電業界のリーディングカンパニーであり続けるために

PHOTO

最先端コンセプトの情報発信基地、Consept LABI TOKYO。最新製品やサービスをライフスタイルとともに提案いたします。

ヤマダ電機は経営理念の「創造と挑戦」のもと、企業の成長と発展のため常にイノベーションを発揮しています。また中長期的な視点をふまえ、家電業界のリーディングカンパニーとして企業価値の向上を目指しチャレンジし続けています。

■日本最大級のネットワーク・サービスのIoT企業として
家電流通業界の市場環境は、少子高齢化、人口減、ネット社会等、時代の流れを背景に変化しつつあります。こうした中で当社の持続的成長の実現と、ステークホルダーの皆様の期待に応えるため「日本最大級のネットワーク・サービスのIoT企業」という長期ビジョンを見据えています。環境に配慮した【アウトレット・リユース事業】、モールやWebの強化・拡充を図りIoTの進化を進める【ヤマダネットモールサービス】等の他、家電業界のリーディングカンパニーとしてのネットワークをフルに活用し、スマートハウスやリフォーム事業にも力を入れています。これにより、お客様への安心・安全な暮らしの提供と環境問題への配慮を同時に目指しています。

■中期経営計画の達成に向けて
創業時を「第一の創業期」、混売店から量販店への移行時を「第二の創業期」と位置付け、「第三の創業期」にあたる現在、従来の売上高拡大を中心とした目標ではなく、事業性・収益性を考慮した中期経営計画を打ち出しています。「新市場への開拓」と「既存ビジネスの強化」の2つの柱を掲げ、企業価値向上のため構造改革に着手。「新市場への開拓」では環境ビジネス、スマートハウスサービス、リフォームサービス、暮らしのサポートサービスのそれぞれの分野の事業基盤確立に注力しています。また「既存ビジネスの強化」ではヤマダネットモールサービス、独自の商品開発サービス、店舗効率向上改革、人事制度改革の4つの分野で各種取り組みを進めています。今後も本改革を強力に推進していき、さらなる成果を目指しています。

■女性社員の活躍
2016年4月の女性活躍推進法施行に伴い、5カ年の行動計画を策定。女性の活躍推進に向けた取り組みも強化しています。例えば、一般職から管理職に昇格する女性の割合を、社員の男女比と同じ15%にすることを目標としています。ヤマダ電機は「経営においてもっとも重要なのは『人』である」との考えに基づき、社員満足向上活動を進めています。この取り組みが認められ、同年9月には「群馬県いきいきGカンパニー認定書」を取得しました。

会社データ

プロフィール

ヤマダ電機は、郊外型店舗「テックランド」、大規模都市エリアに展開する都市型店舗「LABI」など、家電量販店を全国に展開しています。
絶えずイノベーションを発揮することが、当社の成長の原動力。
「創造と挑戦」を経営理念とし常にお客様第一の視点に立ち、創意工夫を実践しています。
更に近年では、スマートハウスサービスやリフォームサービス 等 現代のお客様のニーズに合ったサービスの展開にも力を入れております。
その中で、「日本最大級のネットワーク・サービスのIoT企業」としてお客様の生活を【トータル提案】、【トータルサポート】するべく家電業界のリーディングカンパニーとしてお客様第一に考え、実践していきます。
これらを実践するうえで最も大切にしているのは顧客満足の向上です。
お客様に最も近い存在として、家電製品販売に関連した様々なサービスの提供やCSR活動を通じ、地域社会・地球環境に貢献することで「真の顧客満足」を目指すことが家電業界のリーディングカンパニーである当社の使命であると認識しています。
また近年では、環境・省エネを考慮したハウス関連事業の展開、SPAへの取り組み、そしてオムニチャネルの構築など、常に新たなチャレンジを続けています。

事業内容
家電、PC、オール電化、リフォーム、インテリア販売、住宅販売、ゲーム・玩具、書籍、生活雑貨、医薬品等の販売
本社郵便番号 370-0841
本社所在地 群馬県高崎市栄町1番1号
本社電話番号 027-345-8725
創業 1973年4月
設立 1983年9月
資本金 710億円 (2016年3月)
従業員 19,183名(2016年3月)
売上高 1兆5,630億円(2017年3月)
沿革
  • 1973年
    • 群馬県前橋市で電気店を個人創業
  • 1983年
    • (株)ヤマダ電機を設立
  • 1987年
    • 前橋市に本社ビル完成
  • 1989年
    • 株式を店頭公開
  • 2000年
    • 株式を東京証券取引所 市場第一部に上場
  • 2004年
    • 研修センター「礎生塾」を開設
      女子陸上競技部を創設
  • 2006年
    • 都市型大型店舗「LABI」の第1号店を大阪府・難波にオープン
  • 2007年
    • 「礎生塾」新館を開設
      「CSR経営有識者懇談会」を設置
  • 2008年
    • 群馬県・高崎駅前に新本社ビル完成、「LABI1高崎」を同地にオープン
  • 2009年
    • 旗艦店舗「LABI1日本総本店池袋」を東京・池袋駅前にオープン
  • 2010年
    • 国内専門量販店として初の、売上高2兆円を達成
      海外1号店「ヤマダ電機瀋陽店」を中国・瀋陽市にオープン
  • 2011年
    • エス・バイ・エル(株)を子会社化
  • 2012年
    • (株)ハウステックを子会社化
      (株)ベスト電器を子会社化
  • 2013年
    • (株)ヤマダ・ウッドハウス設立
  • 2015年
    • 最先端コンセプトの情報発信基地「Concept LABI TOKYO」東京駅・八重洲口にオープン
平均勤続勤務年数 10.4年(2016年度 実績)
前年度の育児休業取得対象者数 男性 686人
女性 169人
前年度の育児休業取得者数 男性 8人
女性 168人

採用データ

取材情報

妥協せずに絶えず挑戦を繰り返す。その先にあるのは、自分と会社の成長
ヤマダ電機の旗艦店に勤務する3名の社員にインタビュー
PHOTO

先輩情報

お客様とのコミュニケーションで商品をご提案
Y.Yさん
創価大学
文学部
コンシェルジュ 担当
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒370-0841 群馬県高崎市栄町1番1号
人事・採用部 新卒担当
TEL:027-345-8725
URL http://www.yamada-denki.jp/
E-mail ymdjin@yamada-denki.jp
交通機関 JR高崎駅から徒歩1分(高崎駅直結)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp52494/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ヤマダ電機【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ