最終更新日:2017/8/31

マイナビ2018

マイナビコード
57612
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

岐セン(株)

本社
岐阜県
資本金
1億円
売上高
38億4,000万円(平成28年3月実績)
従業員
218名(男性168名、女性50名)
募集人数
1〜5名

高度な技術で染色加工や生地に独特の風合い・機能を加える特殊加工を多角的に行い、独自性の高い製品を数多く生み出しています

新卒採用のエントリーを受け付けております。 (2017/07/16更新)

弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。
会社説明会は臨機応変に対応しますので、是非一度ご連絡ください。

弊社HPはこちら!
http://www.gisen.co.jp/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
2018年には創業75周年を迎える岐セン。培ってきた繊維の加工技術をベースに、木材染色などの新事業にも取り組んでいます。
PHOTO
染色用の色のデータづくりに励む、2016年入社の築山さん。「思い通りの色のデータ作成ができた時は大きな手応え、やりがいを感じます!」

繊維に感性をプラス。布以外の素材にも!私たちの技術力で多様なニーズに応えています

PHOTO

「『衣食住が生活の基本』、と言われるように“衣”にまつわる産業はどの時代も必要。新技術開発は、まだまだ成長の可能性に満ちています」と語る後藤社長。

様々な素材の染色加工や特殊加工を得意とする当社。例えば、レディス衣料に使われる光沢のある生地や美しいドレープ加工を施した生地のほか、シワになりにくく動きやすいユニフォーム、自衛隊・警察・消防隊などの制服に用いる高スペック対応の生地、抗菌加工を施した医療用の白衣など、幅広い分野で当社が手がけた衣料が用いられています。

当社独自の高い染色技術や加工技術が、こうした幅広いニーズへの対応を可能にしています。ポリエステル、レーヨンなどの合成繊維だけでなく、天然素材である綿とポリエステルで織り上げた複合素材などの染色加工を得意とし、独自性の高い製品を数多く生み出しているのです。また、生地の不純物を落として染色の精度を高める前工程に始まり、ドレープ性や光沢を持たせる感性付与、撥水や消臭加工を施す機能付与まで手がけて、付加価値の高い製品をつくっています。

また、人工皮革分野やマイクロファイバーでは国内のみならず海外においても技術力が認められており、これらは衣類だけでなくプレジャーボート、航空機、ホール壁材などのファブリックから、精密機器、マルチメディア機器など多様な工業製品のパーツ・機能資材として用いられています。さらに、染色技術を活かして、天然木を薄くスライスした板に独自技術で染色した『染色ツキ板』の開発・製造や、『染色ツキ板』に天然皮革や人工皮革を裏張り補強した『染色ツキ板フレキシブルシート』の提案なども行っています。

このように展開し続ける当社が求めるのは、広い視野を持ち、何事にも積極的にトライする人材です。ご紹介してきたように、当社には、単一のモノづくりではない面白さ・楽しさがあります。好奇心のアンテナを張り、根気強く課題に取り組む人には、若くてもチャンスが生まれます。採用枠が少ない分、新人一人ひとりをしっかり見守り、育てる社風です。歴史に甘んじることなく、限界に挑み続ける当社で、ぜひ新たなチャレンジをしてください!
《代表取締役/後藤 勝則》

会社データ

プロフィール

〜いろいろな素材を染めるという仕事〜
染色会社というと、綿だけ、ポリエステルだけといった単一素材を扱う企業が多いもの。
しかし当社は、綿とポリエステル、レーヨンとポリウレタンといった繊維が混ざった複合素材の染色加工を得意としており、官公庁向けの制服(警察庁・消防庁・自衛隊)から医療用途(白衣)、高級ブランド婦人服からカジュアルウェアまで幅広く採用されています。

〜染めるだけじゃない。布だけじゃない〜
生地の不純物を落として、染色の精度を高める前工程に始まり、ドレープ性や光沢を持たせる感性付与、撥水や消臭加工を施す機能付与まで手掛けることで、付加価値の高い製品を作っています。
現在当社では、機能性加工商品(健康・衛生、安全性、熱・光、水分)が55ブランド、風合いや視覚性などの感性商品が39ブランドあり、お客様のニーズに合わせた開発商品の提案を行っています。

マイクロファイバーを使った人工皮革は、衣料用途だけではありません。
プレジャーボート、航空機、ホール壁剤などのファブリックから、精密機器、マルチメディア機器など、数多くの工業製品の重要パーツや機能資材としても高い評価を得ています。

事業内容

PHOTO

1.織物並びに不織布の浸染・捺染・整理加工とそれらの技術指導
2.織物並びに不織布の接着及びコーティング加工とそれらの技術指導
3.生命保険募集並びに損害保険代理業
4.自動車損害賠償保障法に基づく保険代理業
5.衣料用繊維製品の製造販売業
6.木材加工業並びに建築用資材、家具及び運動器具の製造販売業
7.前各号に関連附帯する投資、取引並びに一切の業務
本社郵便番号 501-0234
本社所在地 岐阜県瑞穂市牛牧758
本社電話番号 058-326-8123
設立 昭和18年1月15日
資本金 1億円
従業員 218名(男性168名、女性50名)
売上高 38億4,000万円(平成28年3月実績)
事業所 ■本社・穂積工場
〒501-0234 岐阜県瑞穂市牛牧758
■本社
TEL 058-326-8123
FAX 058-326-8517
■穂積工場
TEL 058-326-5111
FAX 058-326-4783
■大阪営業所
大阪市中央区本町4丁目8番1号 SD本町ビル901号
TEL 06-7653-5210
FAX 06-7653-5211
株主構成 ・東レ(株) ・・・・・・・・・・・・・・ 20.0%
・三菱東京UFJ銀行 ・・・・・・・・・・・ 4.5%
・あいおいニッセイ同和損害保険(株) ・・・ 4.1%
主な取引先 ・東レ(株)
・ユニチカトレーディング(株)
・日清紡テキスタイル(株)
・一村産業(株)
・伊藤忠商事(株)
・シキボウ(株)
関連会社 ・岐セン物流(株)
・(株)中日本アパレルシステムサイエンス
・(株)ギフパッキング
・(株)岐阜バイオマスパワー
・(株)バイオマスエナジー東海
沿革
  • 昭和18年
    • 岐阜県内の11社の染色業者が合併して「岐阜県整染(株)」を設立。
      資本金92万円。
      絹、人絹、綿、スフ、織物及び芯地の染色加工を行う。
  • 昭和22年
    • 綿、スフ、織物の輸出向けの染色加工を行う。
  • 昭和26年
    • 社名変更「岐阜整染(株)」。
  • 昭和27年
    • アセテート混紡・交織、織物の染色加工を行う。
  • 昭和34年
    • ポリエステル混紡・交織、織物の染色加工を行う。
  • 昭和39年
    • タイ、エルサルバドル、台湾の合弁企業に対する技術協力、技術援助並びに、ポルトガル、タイ、インドネシアへの技術協力を行う。
      輸出貢献企業として通産省の認定を受ける。
  • 昭和45年
    • ポリエステル加工糸織物染色加工のための専門工場を新設。
  • 昭和47年
    • 新規事業として火災保険及び損害保険、代理業を開始。
  • 昭和48年
    • 社名変更「岐セン(株)」。
      名古屋証券取引所第2部に上場。
  • 平成15年
    • 岐阜工場を穂積工場に統合。本社機能を穂積工場に移転。
  • 平成16年
    • 名古屋証券取引所の時価総額基準により非上場となる。
  • 平成16年
    • 木材染色事業を開始。
  • 平成25年
    • バイオマス発電事業子会社(株)岐阜バイオマスパワーおよび 関連会社(株)バイオマスエナジー東海設立。
  • 平成26年
    • ISO9001:2008 認証取得(JQA-QMA14950)
  • 平成27年6月
    • J∞QUALITY 安全・安心・コンプライアンス認証企業として認証 認証番号(K0102150204)
  • 平成27年
    • 環境配慮型新設ボイラー稼働。
  • 平成28年
    • 笠松工場を閉鎖、中東輸出織物を穂積工場に統合。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒501-0234
岐阜県瑞穂市牛牧758番地

管理部総務人事係 土屋

TEL 058-326-8123
FAX 058-326-8517
URL http://www.gisen.co.jp/
E-mail shingo_tsuchiya@gisen.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp57612/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
岐セン(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ