最終更新日:2017/9/22

マイナビ2018

マイナビコード
59824
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

(株)クスリのマルエ(マルエドラッグ/マルエ薬局)

本社
群馬県
資本金
4,800万円
売上高
128億円(2016年9月実績)
従業員(正社員)
300名
募集人数
16〜20名

ドラッグストア・調剤事業を核に、幼児教育託児施設事業、介護事業など、新領域にも果敢に挑戦する元気企業

採用担当者より★【※会社説明会、予約受付中】 (2017/05/08更新)

こんにちは!マルエ 採用チームです。
当社の画面をご覧いただき、ありがとうございます!

■当社の会社説明会は、スケジュールが決まり次第、
 エントリーされている方にはお知らせ致しますので、
 まずはエントリーをお願い致します。
==============================================
私たちのテーマは、健康・美容・快適 です。
 ●群馬・埼玉・栃木にドラッグストア『マルエドラッグ』を54店舗
 ●調剤薬局8店舗
 ●英語学習託児施設1店舗
 ●介護専門ショップ1店舗
==============================================

薬剤師・栄養士・販売スタッフを募集します。
文系の方でも、専門資格の取得支援もあるので大丈夫!
興味のある方は、まずエントリーをお願い致します。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
本部機能を集約した「マルエサポートセンター」は、ドラッグストアと調剤薬局の両方の事業をサポート。マルエ薬局樋越店も併設されています。
PHOTO
ドラッグストア事業と調剤薬局事業のシナジーを高めるため、ドラッグストアの店内に調剤部門を併設したマルエドラッグ倉賀野店。併設店がこれからの中心となります。

「マルエらしい社員」の育成で、企業と人の永続的な成長を目指しています!

PHOTO

代表取締役社長の江黒太郎氏。流通先進国のアメリカ留学や製薬会社勤務を経て入社。店舗スタッフからスタートして経験を積み2016年6月、40歳の若さで社長に就任。

●お客さまの願いに応える独自のウェルネス・ビジネスを展開

私たちマルエドラッグは、群馬県を中心に独自のウェルネス・ビジネスを展開している会社です。今日では、ドラッグストア事業において、群馬、栃木、埼玉の3県下にまたがる54店のリージョナルネットワークを構築。さらに、コミュニティ・ファーマシーとしての役割を担う調剤薬局事業も積極的に展開し、ドラッグストアの併設店を含めると8店舗を数えるまでになりました。
最大の特徴は、心の健康や身体の健康、さらには健康的な生活環境づくりを積極的にお手伝いする「ウェルネスアプローチ」の観点から事業に取り組んでいることです。つまり私たちのビジネスは、単に物品を販売する小売業ではなく、お客さまの「元気でいたい」「キレイになりたい」「快適に暮らしたい」といった願いに応えるサービスと価値を提供する仕事なのです。こうしたウェルネス・ビジネスを、深化(徹底と継続)・信化(信用と信頼)をベースに進化(変化とレベルアップ)させることで、よりいっそう豊かな健康生活、地域社会に貢献できる企業であり続けたいと考えています。

●人材(人財)の育成や長く安心して働ける環境づくりを推進

いま流通小売業界を取り巻く環境は、ネット通販の急速な拡大などにより大きな影響を受けています。でも、私たちが展開する「ウェルネスアプローチ」によるビジネスは、あくまで人対人の仕事であり、これからも地域の皆さまにサービスの価値を認めていただけると確信しています。
そのため、これまで以上に大切になってくるのが人材の育成です。例えば、日頃からお客さまと積極的にコミュニケーションを取り、顔の表情や歩く様子から一人ひとりの健康状態を把握して、病気にならない方法をアドバイスできる。また、心を尽くして、お客さまに楽しんでもらう、満足してもらう、感動してもらうことに無上の喜びを感じられる、そうした「マルエらしい社員」を育てていきたいと思っています。
もちろん、会社として社員が持てる力を最大限に発揮できる環境づくりにも力を入れています。ビジネスの特性上、一人ひとりにお客さまのファンが付くことから、社員全員が安心して長く勤めることができるよう産休・育休制度等を充実させているほか、スキルアップに向け外部セミナーなども積極的に活用しています。

会社データ

プロフィール

流通サービス業に携わる者として、何を販売していくのか。私たちは終始一貫して、ドラッグストア事業のあり方を深く追求してきました。マルエにとって、お客様が望む魅力ある商品はトータルサービスの一部であり、たとえ商品をお買い求めいただかなくても、来店する価値を得られる店、つまり「安心と安全」「美と健康」「キレイと元気」「夢と希望」「気持ちいい時間と空間」というトータルサービスをお客様に提供できる場所でありたいと考えています。地元の人の美・健康・健康美のため、地域密着のマルエだからできること、マルエにしかできないことにチャレンジし続けます。

事業内容
■ドラッグストア事業
医薬品・化粧品を中心に、健康食品・ベビー用品・日用雑貨品等の販売を行う店舗をチェーン展開。

■調剤薬局事業
処方せんに基づいた調剤を行う他、一般市販薬・日用雑貨品・介護用品等の販売も行う店舗をチェーン展開。

■託児英語学習施設
ピジョンキッズワールド(株)と提携、米国式新スタイルの施設を経営。

■介護事業部
介護予防を中心とした介護相談、用品販売等を行う店舗を展開。

その他、健康産業へ積極的にチャレンジ。

※店舗運営スタッフと薬剤師の2つの働き方があります。
本社郵便番号 371-0221
本社所在地 群馬県前橋市樋越町83
本社電話番号 027-283-2228
創業 1952年4月1日
設立 1973年4月1日
資本金 4,800万円
従業員(正社員) 300名
売上高 128億円(2016年9月実績)
代表者 代表取締役社長/江黒 太郎
事業所 ●ドラッグ/群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、富岡市、安中市、藤岡市、太田市、桐生市、みどり市、渋川市、玉村町、吉井町、吉岡町、大泉町、原町、栃木県足利市、埼玉県行田市、本庄市、児玉郡上里町に計54店舗
●調剤/群馬県伊勢崎市、前橋市、高崎市に計8店舗
●キッズワールド/群馬県伊勢崎市
●介護/群馬県前橋市
関連会社 (有)マルエ石油
平均年齢 30歳
ここも知って欲しい! ■地域密着だからできる商品提供・サービスを追求しています。
■店頭にない商品を積極的にお取り寄せ対応。お客様のニーズに応えています。
沿革
  • 1951年
    • 群馬県勢多郡大胡町にマルエ薬局堂開設。
  • 1973年
    • 法人化して(株)クスリのマルエを設立。
      ドラッグストア1号店(大胡店)オープン。
  • 1987年
    • A.J.D(オールジャパンドラッグ)に加盟。
  • 1990年
    • 江黒純一、代表取締役に就任。
  • 1994年
    • 調剤薬局1号店として佐波東店オープン。
  • 1998年
    • マルエお買い物カードを導入。
  • 2000年
    • サポートセンターを建設。
  • 2001年
    • 栃木県初進出となる山川店オープン。
  • 2001年
    • アメリカ式幼児託児施設キッズワールド事業に進出。
  • 2002年
    • 売上高100億円を突破。
  • 2003年
    • 埼玉県初進出となる行田藤原店オープン。
  • 2003年
    • エイジフリー事業に進出。
  • 2004年
    • ドラッグ&調剤として、マルエ大胡薬局オープン。
  • 2006年
    • 医療モールの中に調剤薬局(マルエ薬局川原店)オープン。
  • 2013年
    • 江黒純一、取締役会長に就任。
      江黒昭、代表取締役社長に就任。
  • 2016年
    • 江黒太郎、代表取締役社長に就任。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均所定外労働時間平均は2時間〜10時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 平均有給休暇取得日数  年間4.1日

採用データ

取材情報

地域に貢献したい!この想いが叶う活躍ステージが広がっています。
地域密着の調剤薬局で活躍する薬剤師にインタビュー
PHOTO

先輩情報

とお客様の距離が凄く近く、あたたかい。
R・Y
2016年(2年目)
中央情報経理専門学校高崎校
総合ビジネス学科
コンビニ担当
生活雑貨、健康食品の売り場の担当者
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 群馬県前橋市樋越町83
TEL:027-283-2228
人財部 採用担当
URL http://www.marue-drug.co.jp/
E-mail saiyou@marue-drug.co.jp
交通機関 【本社】JR両毛線「前橋駅」下車、私鉄上毛電鉄乗り換え、「中央前橋駅」より約20分程の「樋越駅」下車、徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp59824/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)クスリのマルエ(マルエドラッグ/マルエ薬局)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ