最終更新日:2017/10/12

マイナビ2018

マイナビコード
61451
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

道南うみ街信用金庫(函館信用金庫・江差信用金庫が2017年1月23日合併)

本社
北海道
出資金
20億4,362万円(2017年1月実績)
預金高
1,431億2,300万円(2016年3月実績)
常勤役職員数
250名(2017年1月末実績)
募集人数
若干名

【4・5月札幌・函館にて合同説明会参加】”道南うみ街信用金庫”として再スタートを迎えました!まずはエントリーをお待ちしています。

  • 受付締切間近

★秋採用開始!!★ 【単独企業説明会開催いたします】 (2017/09/26更新)

道南うみ街信用金庫 採用担当の久保田です。
秋採用開始です!
2018卒 追加募集の応募書類の受付を開始いたしました。
詳細はセミナー画面をご確認ください。
締め切りは、平成29年10月20日(金)となっております。
併せて、単独企業説明会も札幌と函館で開催いたします。
事前予約制となっておりますので、皆さんのご参加お待ちしております。

---------------------------------------------------------------------------------

皆さん、こんにちは!
採用担当の久保田です。

当金庫の合同説明会、たくさんのご来場ほんとうにありがとうございました。

さて、2018卒 応募書類の受付を開始いたしました。
詳細はセミナー画面をご確認ください。
締め切りは、29年6月9日(金)となっております。

---------------------------------------------------------------------------------

道南うみ街信用金庫 採用担当の久保田です。
エントリー受付開始いたしました。

今後のスケジュール
■4・5月…マイナビ合同説明会に参加(セミナー画面をご確認下さい)

単独説明会・選考についてのスケジュールは、決まりしだい
エントリーいただいた方へご案内します。

会社紹介記事

PHOTO
お客様との距離が近く親しみのある対応が道南うみ街信金の魅力。窓口業務では実務的なスキルのほかにコミュニケーション力も生かすことができます。
PHOTO
各支店で20代の職員が活躍中です。江差の「江差音頭千人パレード」や函館の「港まつり」といったイベントにも参加して、地域の活性化にも一役買っています。

新しく誕生した「道南うみ街信用金庫」で社会人のキャリアをスタートしませんか?

PHOTO

「信金は温かみのある職員が多いイメージでしたがその通りでした」と木村さん(上)「地域のイベントへの参加など地域貢献度の高さが入庫の決め手でした」と澤枝さん(下)

私は店舗の窓口で、口座開設、入出金、自動振込の受付、小切手の換金などといったオペレーションに携わっています。最近では相続に伴う預金の分割といった、やや複雑な手続きにも挑戦中です。まだ1人ではできない業務もありますが、先輩にすぐ聞ける環境なので、助けてもらいながら仕事をしています。

お客様に定期預金をお勧めすることも大事な業務のひとつ。入庫4年目になり、私の顔と名前を覚えてくれるお客様も増えました。普段の何気ない会話の積み重ねを大切にしながら、キャンペーンなどに合わせてご提案するようにしています。中には「木村さんに口座を作ってもらおうと思って」と、お金を用意してくれる方もいるんです。日ごろの頑張りが実ったと感じる、うれしい瞬間ですね。

私は函館市出身ですが、実は入庫するまで信金にはあまりなじみがありませんでした。2017年から道南うみ街信金に生まれ変わったので、より多くの人に知ってもらえるようにPRしていきたいです。

函館支店預金担当 木村美優(2013年4月入庫)

私は支店の窓口で、企業のお客様から融資のご相談や申込みを受け付ける仕事をしています。お客様から融資の目的や金額などをうかがいプランを提案。その後、上司と一緒に融資の可否を判断し、実行するという流れです。支店内で融資の可否を議論する席では私の意見を求められることも多く、経営者の人柄などデータ以外の面も伝えるようにしています。すぐに資金を必要としているお客様に無事に融資できたときは、感謝の言葉をいただけて私もホッとしました。

幸いに私が勤務する函館支店のエリアは企業数が多いので、新人のうちからさまざまな業種の企業の決算書を見て、分析力を養うことができました。将来の目標は国家資格である中小企業診断士を取得し、企業の経営コンサルティングをすること。道南うみ街信金になり、求められる役割も大きくなるので、道南地域により貢献していきたいです。

営業時間中は緊張感がありますが、窓口が閉まると冗談も飛び交うなどにぎやかな雰囲気の職場です。函館支店では若手職員でグループをつくって、市外に遊びに行ったり、レクリエーションを企画したりしています。毎年1週間のリフレッシュ休暇制度もあり、オンとオフの切り替えがしやすいところも気に入っています。

函館支店融資担当 澤枝飛鳥(2014年4月入庫)

会社データ

プロフィール

 当金庫は、北海道の南、桧山・渡島管内南西部に位置する2市12町を事業区域とし、地域の中小企業や住民が会員となって、お互いに助け合い、お互いに発展していくことを共通の理念として運営されている相互扶助型の金融機関です。
 地域のお客さまからお預かりした大切な資金(預金積金)は、地域で資金を必要とするお客さまに融資を行って、事業の繁栄や生活の安定のお手伝いをするとともに、地域社会の一員として地域の中小企業や住民との強い絆とネットワークを形成し、地域経済の持続的発展に努めております。
 また、金融機関の業務提供にとどまらず、文化、環境、教育といった面も視野に入れ、広く地域社会の活性化に積極的に取組んでおります。

事業内容
・預金業務
・融資業務
・為替業務
・各種代理業務など
本店郵便番号 043-8651
本店所在地 北海道桧山郡江差町字本町132番地
本店電話番号 0139-52-1030
設立 1924年(大正13年)2月25日
代表者 理事長 藤谷 直久(ふじや なおひさ)
出資金 20億4,362万円(2017年1月実績)
常勤役職員数 250名(2017年1月末実績)
預金高 1,431億2,300万円(2016年3月実績)
貸出金 646億1,400万円(2016年3月実績)
自己資本比率推移 22.89%(2016年3月)
22.45%(2015年3月)
22.02%(2014年3月)
事業所(店舗) <全21店舗>
○檜山地区
 本店、上ノ国支店、熊石支店、乙部支店、厚沢部支店、奥尻支店
○渡島地区
 福島支店、函館支店、松前支店、七重浜支店、函館中央営業部、ばんだい支店
 五稜郭支店、亀田支店、湯川支店、北斗支店、七飯支店、えさん支店、
 木古内支店、中道支店、知内支店
営業地区 <2市12町>
檜山郡(江差町・上ノ国町・厚沢部町)・二海郡八雲町・久遠郡せたな町(旧瀬棚町・旧北桧山町を除く)・爾志郡乙部町・奥尻郡奥尻町・松前郡(松前町・福島町)・上磯郡(木古内町・知内町)・亀田郡七飯町・函館市・北斗市
経営方針 一.質の高い金融サービスの提供に努め、多くのお客様と地域社会の繁栄に貢献します
一.健全経営に徹し、信頼・信用される金庫の維持と事業の発展に努力します
一.職員の融和と資質向上を図り、やりがいのある職場を創ります
会員数 18,887名(2017年1月)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 11%(37名中女性4名 2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 道南うみ街信用金庫
人事部人事課 久保田
TEL:0139-52-5450(直通)
URL https://www.d-umishin.co.jp/
交通機関 函館バス
最寄のバス停 橋本町または新地町
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp61451/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
道南うみ街信用金庫(函館信用金庫・江差信用金庫が2017年1月23日合併)と業種や本社が同じ企業を探す。
道南うみ街信用金庫(函館信用金庫・江差信用金庫が2017年1月23日合併) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ