最終更新日:2017/12/6

マイナビ2018

マイナビコード
63251
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

(株)サングリン太陽園

本社
北海道
資本金
8,000万円
売上高
88億円(2016年12月実績)
従業員
133名(2017年4月現在)
募集人数
1〜5名

絶えず価値を提供しつづけることで、北海道農業の未来に貢献します。

今年で創業100周年!これからも北海道農業とともに歩んでいきます。 (2017/03/01更新)

数ある企業の中から当社のページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。
選考の詳細はマイナビマイページ「お返事箱」にお知らせしますので、まずはエントリーをお願いいたします。

当社は農業資材、農産物流通の一端を担う企業として今年で創業100周年を迎えました。
創業当時より変わらず、北海道農業の発展に寄与することを第一の目的としております。
近年ではIT関連企業などの異業種とも農業分野において連携をはかり、新技術実用化のスピードアップやGISを活用した農業支援システムの開発など、農作業の効率化・省力化実現に向けた取組みも行っています。
一緒に北海道農業にとって「ないと困る会社」を作りましょう。

(株)サングリン太陽園 採用担当

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社は北海道で初めて農業用無人ヘリコプターを導入しました。
PHOTO
今後さらなる活用拡大が見込まれるドローンの販売、技能認定研修、メンテナンスにも対応しています。

すべては、北海道農業の未来のために。

PHOTO

2010年に農産物直売所「北海道うまいもの農園」を倶知安と函館にオープンしました。

創業以来100年、当社は北海道の農業とともに歩んできました。
農業従事者の減少と高齢化は農業の構造的な問題として深刻度を増しています。
一方、対外的にはTPP等における自由貿易拡大の流れがあり、世界的な競争力をもった農業の実現が求められています。環境への対応も含め、消費者により信頼される農業を実現すること。価格のみならず国際競争力をもった付加価値ある農業を実現すること。コスト的には矛盾するかに見える二つの大きな問題を、いかに乗り越え実現するかが、日本農業の未来に大きく関わってくると考えます。
サングリン太陽園は、肥料、農薬、ビニールハウス、無人ヘリコプターなど農業用生産資材の販売事業を柱としています。生産資材は、主に地域のJAを通して農業生産者の方に供給されます。そのほかに、農業生産者の減少と高齢化、耕作面積の大規模化に対応した無人ヘリコプターによるコントラクター事業、地域の農産物をインターネットや直売所を通じて販売する農産物販売事業にも力を入れています。 
当社ではタブレット型端末を全営業担当が所有し、新しい技術と情報を生産者の方に提供できる体制を整えております。タブレット型端末では、膨大な量の製品情報や農作物の栽培に関する情報が、いつでも引き出して提供できる仕組みになっています。近年ではタブレット型端末を活用した農業支援システムの開発も行ってきました。
サングリン太陽園の社員は、生産者の方に技術と情報を提供し、価値のあるソリューション提案をすることで、夢のある北海道農業の実現を目指しています。

会社データ

プロフィール

当社における農業資材の取り扱いは昭和初期まで遡り、薬剤散布用の「背負噴霧器」がその始まりでした。現在では種子から収穫、出荷まで、農業生産者に必要とされるあらゆる生産活動に対応する資材を取り扱うまでに至り、北海道でトップクラスの販売実績を誇っています。

事業内容

PHOTO

(株)サングリン太陽園 本社

※詳細は本画面の下部をご覧ください

●農産物販売事業
[1]店舗販売
[2]インターネット販売

●農業生産資材事業
[1]農業用資材
[2]農業用薬品
[3]肥料
[4]種子

●無人航空機事業
[1]産業用無人ヘリコプター販売
[2]産業用マルチローター販売
[3]高品質コントラクター事業

●ICT関連事業
[1]SCAP販売
[2]アシストスーツ販売
本社郵便番号 003-0030
本社所在地 北海道札幌市白石区流通センター6丁目1-18
本社電話番号 011-892-6281
設立 1967年6月
資本金 8,000万円
従業員 133名(2017年4月現在)
売上高 88億円(2016年12月実績)
事業所 札幌、夕張、函館、旭川、帯広、倶知安、滝川、中標津、北見
関連会社 北日本スカイテック(株)
平均年齢 41.8歳(2017年2月現在)
平均勤続年数 13.6年
農産物販売 <店舗販売>
地域社会、地域の農業とともに成長する企業として、地産地消を強く意識した農産物販売を行っています。農業者が消費者への販売を直接行うことは、夢とよろこびのある農業経営につながります。地元でとれた旬の農産物を消費者に供給することで消費者の農業への理解を促し、信頼され愛される北海道農業を実現します。

<インターネット販売>
インターネットを活用した情報提供に力を入れています。その取り組みの一つとして、タイミングを逃さない最適な農業生産・販売を実現するショッピングサイト『北海道うまいもの農園』を運営。北海道の生産者が「これぞ本物」と自信を持って作る農産物を厳選し、産地直送で消費者にお届けしています。
農業生産資材 <農業用資材>
創業以来の豊富な業務経験により、北海道各地の農業、生産環境、抱える問題を熟知しています。自然条件を克服するハウス関連資材、高効率の農業を生みだす被覆資材・生産資材、ノウハウを知り尽くして提案する暗渠資材、畜産資材。国内はもとより世界のあらゆる農業資材から、北海道の農業に適した一流品を選りすぐってご提供しています。

<農業用薬品>
農業技術の重要な柱である農業用薬品は、生産性の向上、それに伴うコストダウン、労働力の省力化、そして食糧の安定供給に大きく貢献してきました。サングリン太陽園には、100年にわたる農業用薬品の販売実績があります。また、厳しい登録基準の中で、一流メーカーによって開発された優れた製品群を扱っています。豊かな収穫に応え、安全性が高く、環境負荷の少ない確かで良質な薬品を提供しています。

<肥料>
農業生産活動に伴う化学肥料の環境負荷が問題とされています。当社では消費者、生産者のニーズに応える、安全・安心とともに環境保全に配慮した肥料を取り扱います。有機質原料を多量に含んだ有機化成肥料は、生産現場の声をもとに作られた汎用性の高い肥料であり、作物のすこやかな生育を助け、農業者の生産活動を支えています。

<種子>
種子の取り扱いを通して地域の気候風土に適した産地形成を積極的にサポートしていきます。農業用薬品・肥料・生産資材の供給はもとより、栽培技術支援を推進することで作物の増産を目指します。
産業用無人ヘリコプター <産業用無人ヘリコプター販売>
無人ヘリコプターは、現在の農業がかかえている問題を解決し、省力化に
寄与しています。高齢化した労働力を補い、快適作業の追求を図りつつ
経営規模を拡大、生産コストを低減することに効果を発揮。若い後継者を
中心に、無人ヘリコプターを取り入れた農業経営が増えつつあります。無人
ヘリコプターの導入による作業体系の確立と効率化が、地域農業を守り、
担い手育成につながっています。

<コントラクター(無人ヘリによる請負防除)>
当社における無人ヘリコプター請負防除の面積は年々増加し、水稲・畑作物・
果樹の薬剤散布、播種(はしゅ)など、さまざまな場面で活躍しています。無人ヘリ
コプターで薬剤散布作業を行うためには、操縦や薬剤散布に関する技能と
知識が必要です。社内では無人ヘリコプターアカデミー(教室)を開催し、
請負防除に対する体制の充実と専門知識の習得に努めています。

<農薬散布支援システム>
無人ヘリコプターによる請負防除に関する情報を記録・管理する独自システム。操縦者が所有するタブレット端末との連携で散布作業情報を登録し、集約した情報はお客様へフィードバック。生産履歴の管理をサポートします。
平均勤続勤務年数 13.6年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6日(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒003-0030
北海道札幌市白石区流通センター6丁目1-18
TEL:011-892-6281
担当/山口
URL http://www.sun-green.co.jp
E-mail saiyou2018@sun-green.co.jp
交通機関 札幌市営地下鉄 東西線・大谷地駅より徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp63251/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)サングリン太陽園と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ