最終更新日:2017/8/23

マイナビ2018

マイナビコード
65334
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

ハミューレ(株)(プロノ)

本社
北海道
資本金
8,505万250円
売上高
68億9,900万円(2016年8月期)
従業員
379名(2016年8月20日現在)
募集人数
36〜40名

≪プロが満足するイイモノしか売らない≫譲らない想いが生んだ仕事用品専門店「プロノ」を全国へ。

  • 積極的に受付中

◆2018年卒エントリースタート◆ハミューレ(株)に興味をお持ち頂き有難うございます! (2017/03/14更新)

はじめまして!
仕事用品専門店「プロノ」を展開するハミューレ(株)です。

北海道札幌市で靴屋さんとして創業した当社は、
その後お客様のご要望を受けて作業用品店となり、
北海道で拡大・成長を続け、
2012年には本州に出店を果たしました!

私達は、
第一次産業や第二次産業に従事され、
自分の体を使って、額に汗して働く
「プロ」のお客様に対して、
「プロノ」の店舗を通じて
いかにお仕事に役に立つ商品を提供できるかに
全力を注いでいます。


必ずしも業界の枠にとらわれず、
柔軟な発想で様々なことに挑戦し、全国展開を目指します!
成長中の当社で、
これからの発展拡大を一緒に担ってくれる方を募集します!

ぜひ当社の説明会へお越し下さい!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
プロノ外観(札幌本店)
PHOTO
プロノ内観(盛岡南店)

「こんなイイモノあったんだ!」と感動して頂く喜びをあなたにも。

PHOTO

“イイモノはきっと仕事を楽しくする”をショップコンセプトとした仕事用品専門店「プロノ」を展開しています。

皆さんにとって“イイモノ”とは何ですか?
当社が考える“イイモノ”は、必ずしも『高い価格のモノ』ではありません。『この道具を使うと仕事がしやすい! 快適だ! 楽しくなる!』とか『この品質や機能でこの値段は安い!』といったモノです。

当社の「カッパ」を使うようになってから雨の日が憂鬱ではなくなった。
仕事で使う道具は「プロノブランド」の商品って決めてるんだ。
プロノに寄るのが仕事の後の楽しみなんだ。
とおっしゃっていただける品揃えにこだわっています。

1点1点の商品の価値を大事にしながらお客様に接客や売り場づくり等を通じて提案していきます。

お客様のご要望に応えることはもちろんですが、
私達はお客様の期待を越えて満足して頂ける仕事をしたいと考えているので、
ただ表面上の「こういう商品が欲しい」という声に目を向けるのではなく、
「なぜ、お客様はそういう商品を欲しいと言ったのか」
その理由や背景を掴み、
「これが欲しかった」よりも「こんなものが欲しかった」と言っていただけるような、お客様が考える以上の商品・サービスを創造することを目指します。

そして、
お客様にプロノの商品を使って頂き、お仕事を快適にして頂く為に、店舗で働くスタッフは商品とお客様を繋ぐ架け橋となって、プロノのファンの方を増やしていきます。

2012年から本州(東北・北関東)へ出店を始めた当社は、
今後「プロノ」を全国へ展開し、業界No.1を目指しています!
さらに、「ハミューレにしか出来ない事」「ハミューレだから出来る事」を追求し、作業用品業界という枠にとらわれずに『オンリーワンカンパニー』を目指していきます。

そのために、社員一人ひとりの持つ強みや個性を活かし、
目指す目標はビジョンは共有しながらも、考え方は固定せずにそれぞれが成長し続け、十二分に自らの力を発揮して、大きな成果を生み出す会社を実現していきます。

会社データ

プロフィール

■小売業としての価値を創造するために、我々が「考え出す」
当社の本業は、作業用品を仕入れ、店舗を通じて販売する「小売業」です。より良い店舗で、お客様のお仕事の役に立つようなより良い商品・より良いサービスをいかにして提供していくかということが私達の使命です。
当社では「声のなぐり書き」というお客様の声を本部へ届けるシステムを創り、お客様のどんな些細な声も記録し、分析し、自由な発想でそれを店舗づくり・接客販売・商品開発等に活かしています。しかし、単に「お客様の要望に応える」だけでは、お客様が考える以上のものは生まれてきません。
私達は、お客様の声や自分たちで調べたこと、気付いたことをもとに、本当にお客様の役に立つことができる商品はどういうものなのか、どういうことなのかを考え出し、それを『プロノ』という店舗を通じて形にしていきます。


■業界の常識にとらわれない店舗を創る
当社の店舗の大きさは、200〜250坪を標準としており、作業用品業界の中でも大型の店舗です。
多くの作業用品店は仕事が始まる前に立ち寄ることが出来るように、朝の開店時間が早い分閉店時間も夜の7時〜8時と早いことが多いですが、当社は全店夜の9時まで営業しています。
業界の常識にとらわれずに、お客様がお仕事の後でもゆっくりとお買い物できる店舗創りを実現してきました。商品の販売方法に関しても、「右手だけ」「左手だけ」の手袋を販売したのは当社が業界で初めてです。
商品開発、チラシづくりなどすべてにおいて既存の考えやサービスの枠を超え、求められる新たな商品・サービスを提供しています。


■全国展開に向けた会社・ブランド創りを進める
当社は北海道から展開し、2012年には東北にも出店を開始。2014年には関東への出店も果たしました。これまで規模拡大のために複数の改革プロジェクトを組み、バックシステムの業務効率化や広報活動の強化などに進めてきました。
私たちは「小さくても良いから、良い会社を目指そう」とは考えません。「良い会社が大きくなることこそ、世の中のためである」と考えます。日本中に、世界に『プロノ』ブランドを展開・浸透させていくため、一緒に会社創り・ブランド創りをしていく仲間を募集します!!

事業内容

PHOTO

新聞折込広告の「てまひま」は商品一つひとつの機能や価値を伝え、幅広いお客様のご来店のご来店のきっかけに。

【仕事用品専門店のチェーン展開】
仕事服・仕事用品の専門店「プロノ」を北海道・岩手県・宮城県・山形県・栃木県にチェーン展開。
「イイシゴト」を徹底的に追求し、建設業・土木業・林業・農業・酪農業・漁業などで働くプロのお客様がお仕事に使う商品を厳選して品揃えしています。
(主な取り扱い商品は、作業服、カジュアルウェア、カッパ、ヤッケ、とび服、作業手袋、作業靴、工具、安全保護具、作業靴下、肌着、帽子など)

【インターネット販売】
楽天、Yahoo!、amazon、自社サイトにてインターネット通販を展開。
プロノのお店が無い地域のお客様や、作業品店が本来はターゲットとしないようなお客様(一般の方々)にもプロノの商品をご利用頂いています。

【卸売】
主に本州の他の同業の会社へ向け、自社開発商品の一部卸売を行っています。卸売もインターネット通販と同じようにプロノの店舗が無い地域でもプロノの商品を購入できるということに一役かっています。

【自社商品の企画開発】
当社はあくまでも小売業なので、基本的には仕入れによってお客様のニーズに応え、品揃えの充実を図っております。しかし、お客様に提供したい商品が、どこのメーカーにも無く、頼んでも作ることが難しい場合には自社での開発を検討して、商品化していくこともあります。

北海道から東北、関東へも出店を進める当社では、
今後さらに店舗数を増やし、
北海道から本州・全国に向けて
ワーキング業界の魅力を広げていきます!!
本社郵便番号 007-0834
本社所在地 北海道札幌市東区北34条東14丁目1-23
本社電話番号 011-712-8300
創業 1975年10月
設立 1980年8月
資本金 8,505万250円
従業員 379名(2016年8月20日現在)
売上高 68億9,900万円(2016年8月期)
事業所 ■本社
札幌市東区北34条東14丁目1-23 

■事業所
プロノ38店舗(直営32店、FC6店)
直営32店舗(札幌・恵庭・苫小牧・室蘭・函館・岩見沢・滝川・旭川・名寄・北見・帯広・釧路・中標津・盛岡・北上・仙台・多賀城・大河原・大崎・山形・東根・宇都宮)
フランチャイズ6店舗(札幌・江別・小樽・岩内・八雲)
業界No.1を目指す 私達は、作業服・作業用品を販売するワークショップ業界の国内No.1を目指します。ワークショップ業界のお客様は、第一に「建設業」、次いで「製造業」。この業界において、日本一を目指していきます。その上で、「農業」のお客様やプロではない一般のお客様など、多くの方にご利用頂けるようなオンリーワンショップを実現していきます。
ハミューレの考える品揃え ≪プロが満足する品揃えを作り上げる≫
店舗では、額に汗して働く「プロ」が満足する品揃えを作り上げていきます。
当社は、品揃えの豊富さ=品数の多さとは考えていません。
当社が考える品揃えの豊富さとは、どれだけ多くのニーズに応えられるかということです。出来る限り、買い物が一箇所で済むような品揃えをいかにして実現できるか、店舗・バイヤーを始めとして会社全体で追求していきます。
社長はトイレ掃除担当 ≪目に見えない部分にも手を抜かない≫
当社では、それぞれが質の高い仕事をするために、また、お客様に快適にお買い物をして頂く為に、「環境整備」に取り組んでいます。
店舗も本部も社員は毎日1時間、パートさんは毎日30分、仕事として「規律」「清潔」「整頓」を基本とした掃除を行なっています。
この時間は、幹部も含め例外なく、それぞれの担当部署の中を範囲を決めて徹底的に磨きます。特にトイレは、社長、店長などの責任者が担当する決まり。
毎日上司がピカピカにトイレを清掃してくれるおかげで、社員はいつも気持ちよくトイレを使用することができます。
そして、そんな上司の背中を見て、見えない部分をこそ大切にしなければいけないという考え方も学んでいます。
最大限に個性を活かす ≪あなたの個性の発揮が、新たな価値を生む大切な要素です≫
当社では一人ひとりの個性を発信してもらうことを重視しています。新たな発想を生むには様々な個性が活きるからです。ゼロべースで考える場面が多いので、新人でも言われたことをこなすのではなく自分で自由に考えて工夫することが大切です。自分たちのアイデアがお客様に喜ばれ売れていき、それが嬉しくてまた声に応えようと奮闘し、良いモノができる…喜びの循環です。
また、お客様だけでなく社内でも相手のことを想う気持ちが強い社風。落ち込んでいる新人の噂をきいて地方まで駆けつける先輩や、陰でサポートしながらそれを言わずに成果を褒め称えてくれる上司。前向きなチャレンジは、失敗をも教訓として皆で支えてくれる社風です。
沿革
  • 1975年10月
    • ハミューレシューズ(靴店)創業
  • 1980年 8月
    • ハミューレシューズ(株) 設立
  • 1982年 7月
    • ワークショップ光成1号店 オープン
  • 1988年 7月
    • ワークショップ光成大型店 店名を「わ〜くわく倶楽部」(現・東苗穂店)として オープン
  • 1992年 7月
    • 「ハミューレ(株)」に商号変更
      本社社屋・物流拠点の建設
  • 1994年 9月
    • ハミューレシューズ閉店
  • 1997年 2月
    • 全店にPOSシステム導入
  • 2002年 8月
    • 商品開発で中国現地法人との直接取引開始
  • 2004年 4月
    • 商品情報誌「てまひま」創刊
  •    10月
    • ワークショップ光成をプロショップ「プロノ」へ順次転換決定
  • 2005年 3月
    • プロノ 平岡店・手稲店2店舗同時オープン(プロノ1・2号店)
  • 2008年 3月
    • 全店を「プロノ」へリニューアル完了
  • 2010年 2月
    • 自社物流センター開設
  • 2011年 8月
    • 本社移転
  • 2012年 11月
    • 「プロノ」東北1号店をオープン
  • 2013年10月
    • 「プロノ」を東北8店舗、北海道25店舗まで拡大。
  • 2014年3月
    • 「プロノ」関東1号店、2号店をオープン。さらに東北も1店舗オープン。
  • 2016年10月
    • 「プロノ」を札幌市内に1店舗オープン。本州10店舗、北海道27店舗の計37店舗に。
  • 2017年5月
    • 最大規模の「プロノ」を中標津に1店舗オープン。本州10店舗、北海道28店舗の計38店舗に。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 5.9日間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒007-0834
札幌市東区北34条東14丁目1-23
TEL:011-712-8300
担当: 人事課 採用担当
URL http://www.hamure.co.jp/
E-mail recruit2018@hamure.co.jp
交通機関 市営地下鉄東豊線「新道東駅」より徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp65334/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ハミューレ(株)(プロノ)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ