最終更新日:2017/4/18

マイナビ2018

マイナビコード
67250
  • 正社員

(株)ソミック石川

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都、静岡県
資本金
3億2,400万円
売上高
529億円(2015年度実績)
従業員
1,718名(2016年12月現在)
募集人数
1〜5名

国内シェア50%超の「ボールジョイント」や「ダンパー」で自動車を未来へつなぐ。創業100周年への職場環境改善活動「100夢プロジェクト」で社員たちの元気がつながる。

ソミック石川に興味をお持ち頂き、ありがとうございます! (2017/04/13更新)

<<Topics!>>
 弊社HPをリニューアルしました!
 http://www.somic.co.jp/

みなさんこんにちは!

(株)ソミック石川 採用担当の宝田です。
今後の会社説明会の開催につきましては未定となっております。

今後の開催が決定次第、エントリー者を優先的にご案内いたしますので、
まずはエントリーをお願い致します。

会社説明会や選考を通じて、皆様にお会いできるのを楽しみにしています!!

会社紹介記事

PHOTO
43のテーマごとに各部署から5〜6名の社員が集まって活動している「100夢プロジェクト」。自主的な考えのもと、職場環境のユニークな改善を進めています。
PHOTO
古川工場の、リニューアルした社員食堂。社員たちが運営方法から見直し、おいしいメニューが増えたと大好評です。100円台のメニューが中心。中には100円を切るものも。

国内シェア50%ということは、2人に1人はソミック石川製品に守られている

PHOTO

ダンパー事業部事業室・設計開発グループ・鈴木 智/2003年入社。約10名で構成するダンパー設計チームのサブリーダーとして活躍中。

ソミック石川は、生産拠点を静岡県浜松市におく、自動車部品メーカーです。当社の主力製品は、自動車の足回りを支える重要保安部品「ボールジョイント」。国内シェアは50%以上、世界でも第3位の販売実績を誇ります。
「ボールジョイント」とは、人の体でいうところの「関節」。足回りの衝撃を和らげたり、曲がりくねりを吸収する、自動車には無くてはならない部品です。今や国内はもとより、6カ国12の海外拠点から世界中のカーメーカーに供給し、グローバル展開にもますます拍車をかけています。

2つ目の柱は、シートリクライナーやアームレストなどに衝撃緩和機構として装着される「ダンパー」です。その設計チームの一員として、私も、2015年に開設されたばかりの新都田事業所に配属され、充実した毎日を過ごしています。何度も設計変更して生産までこぎつけた製品が、実際にクルマの一部となって世の中にデビューし、思い通りに機能していることを実感する…。その達成感を、ぜひ一緒に味わってほしいですね。

当社ソミック石川の原動力となり続けてきたモノが何かお分かりですか? それは、働く社員たちの明るさ、元気のよさです。2016年に創業100周年を向かえるにあたり、「100夢プロジェクト」を全社一丸となって展開しています。現場の休憩所をより快適にしたい、ボールペンやカレンダーなどオリジナルノベルティをつくれないか、SOMICのラッピングバスを実際に走らせるなど、なんと今現在で43ものプロジェクトや環境改善活動が、社員たちの自主的な取り組みからスタートしています。

最後に、先輩としてアドバイスを一つ。納入先や仕入れ先、まわりの仲間たちとのコミュニケーションを大切にしてください。仕事をスムースに進めるためだけでなく、たわいのない世間話から問題解決につながるヒントが得られることもありますからね。人と接することが苦手だった私も(苦笑)、当社で働くうちに、みんなと話し合うことが自然に楽しくなっていました。それもこれも、フラットで風通しのよい社風のおかげで、これが当社の一番の魅力です。
今までの100年。これからの100年。家族の、また日本、世界の安全を支える仕事を当社で挑戦してみませんか?

<ダンパー事業部事業室・設計開発グループ・鈴木 智>

会社データ

プロフィール

 ボールジョイントの開発で、下請けから開発型ボールジョイントメーカーへ脱皮した当社。

 現在、日本車ボールジョイントの半数以上はソミック石川製品です。

 そのベースづくりに貢献した福川孝雄は、69歳になった今も現役エンジニア。ソミック石川の新規事業である「ダンパー」の開発を担当する開発部門で、 若手スタッフを陣頭指揮しています。

 「今はCADを使って簡単に設計などを行える時代ですが、『体当たりのものづくり』がいかに重要であるかを若いエンジニアにも伝えていきたいですね」(福川)。

事業内容

PHOTO

◆主要事業
・自動車部品の開発、設計、製造、販売
自動車に必要不可欠な部品「ボールジョイント」を中心とした、 自動車の足回り部品を国内外のメーカー様に供給しております。

◆新規事業
・ダンパーの開発、設計、製造、販売
オイルの粘性抵抗や動圧抵抗などを利用し、衝撃緩和・速度制御・振動吸収を行う機構製品です。シートリクライナー、アームレストなど高級車を中心に多くの部分に使われています。
本社郵便番号 130-0004
本社所在地 東京都墨田区本所1-34-6
本社電話番号 03-3623−0319
創業 1916(大正5)年5月 2016年5月に創業100周年を迎えました!
資本金 3億2,400万円
従業員 1,718名(2016年12月現在)
売上高 529億円(2015年度実績)
事業所 ◆本社:東京墨田区
◆工場:古川工場(静岡県浜松市)
    鶴見工場(静岡県浜松市)
    竜洋工場(静岡県磐田市)
    豊岡工場(静岡県磐田市)
    領家工場(静岡県浜松市)
    新都田事業所(静岡県浜松市)
主な取引先 トヨタ自動車(株)
富士重工業(株)
スズキ(株)
いすゞ自動車(株)
日野自動車(株)
ダイハツ工業(株)
本田技研工業(株)
三菱ふそうトラック・バス(株)
三菱自動車工業(株)
関連会社 (株)ソミックエンジニアリング
(株)ソフトウェアプロダクツ
(株)アスキー
(株)テクノファースト
沿革
  • 1916年5月
    • 創業 機械部品及びボルト・ナット類の製造開始
  • 1937年1月
    • 自動車部品の製造開始
  • 1970年3月
    • 浜松市鶴見町に鍛造工場を建設
  • 1974年5月
    • トヨタ品質管理賞優良賞を受賞
  • 1989年11月
    • 独レムフェルダー社と米国に合弁会社BACを設立
  • 1991年5月
    • 創業75周年 ソミック石川へ社名変更
  • 1993年6月
    • 都田テクノポリスへ研究開発センター完成
  • 1993年11月
    • 磐田郡竜洋町に新工場を設立
  • 1994年11月
    • 中国に合弁会社SSACを設立
  • 1995年6月
    • インドにSSLを設立
  • 1997年4月
    • タイにSSMCを設立
  • 1998年7月
    • ISO9001認証取得
  • 2000年2月
    • ISO14001認証取得(竜洋工場)
  • 2000年8月
    • QS9000認証取得
  • 2000年9月
    • 米国に合弁会社WTIを設立
  • 2001年9月
    • フランスに合弁会社SEACを設立
  • 2001年11月
    • インドSCFLに資本参加
  • 2002年2月
    • ISO14001認証取得(古川・鶴見工場)
  • 2003年4月
    • 中国に独資会社STACを設立
  • 2008年7月
    • 中国に合弁会社TSHAを設立
  • 2009年6月
    • 米国のBACとWTIを統合し、SAIを設立
  • 2012年1月
    • インドネシアに合弁会社 PT.SOMICを設立
  • 2012年9月
    • インド合弁会社をSZCLに社名変更
  • 2014年1月
    • 中国に独資会社SSESを設立
  • 2015年8月
    • 新都田事業所が稼働
平均勤続勤務年数 16.1年(2016年4月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 26時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.5日(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒435-8560
静岡県浜松市南区古川町500
総務部 人事総務室 人財開発G/宝田・磯部
URL http://www.somic.co.jp/
E-mail yuki-takarada@somic.co.jp
交通機関 JR東海道新幹線・東海道本線「浜松」駅よりバス8番・掛塚線にて「西町」下車、
「大林歯科」交差点を北へ徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp67250/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ソミック石川と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ