最終更新日:2017/11/1

マイナビ2018

マイナビコード
68166
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)システムインテグレータ

本社
埼玉県
資本金
3億6,771万2,000円
売上高
31億7,652万円(2017年2月期)
従業員
166名(役員9名含む)2017年7月3日現在
募集人数
11〜15名

自社オリジナルのパッケージソフトウェアという圧倒的な強み

PHOTO

働きやすさを追求した職場、やりたい仕事を任せて貰えるやりがい

システムインテグレータには、どのような仕事があるのだろうか。開発と営業の3人の先輩社員に登場していただき、キャリアステップや日々の仕事のやりがいなどについて話してもらった。

若手社員が生き生きと活躍できる「場」が用意されているシステムインテグレータ。このエントランスから社内に一歩足を踏み入れると、あなたの未来が拓けていきます。

夢や目標に向かう先輩たち

「若くしてプロジェクトリーダーに抜擢。若手が活躍できる職場という点では他社に負けません。チャンスの多い会社です」<橋爪さん>
女性も安心して長く働ける職場です。出産育児の制度も充実していて育児休業からの復帰率はなんと100%です。<木村さん>
お客様に“導入してよかった”と言ってもらえるのが仕事の喜び。成果をあげれば正当に評価してもらえる実力主義の人事制度も魅力です」<三浦さん>

プロジェクト管理や新商品開発など、若くてもダイナミックな仕事を任せてもらえる社風が魅力

入社以来、20以上の開発プロジェクトに携わってきました。キャリアのスタートは製品企画室にて、オリジナルパッケージソフト「SI Object Browser」の製品サポートと「GRANDIT」の開発業務でした。お客様からの電話やメールによるお問い合わせに回答していくサポート業務は、質問を受けるこちらが知識を持っていないと仕事になりませんから、新人の私にとっては勉強の毎日。振り返ると、お客様の生の声を聞けたこの経験があったからこそ、開発という次のステップへとスムーズに進めたのだと思います。
 プログラマーとして製品サポート業務の仕事を2年ほど経験し、3年目からSEに。4年目の秋には20人ほどのスタッフを率いて開発プロジェクトをマネジメントするPL(プロジェクトリーダー)となり、都内の大手アパレル企業に基幹業務システム「GRANDIT」を新規導入する仕事を任されました。そして9年目には、そのPLを管理していく立場にあるPM(プロジェクトマネージャー)に昇格。細かい改善のアイデアや開発業務などは現場に任せ、プロジェクト全体としての方向性や進捗を管理する重要な職位を任されました。現在はERP事業部で、PLと情報を共有しながら「GRANDIT」のシステム導入や保守サポートにあたっていくのが私の仕事。あらゆる業態のお客様がターゲットであり、ビジネスの中核にまで入り込んで開発するので、お客様との距離がとても近く、信頼関係を築いていける点がこの仕事の面白さです。自由でコミュニケーション豊かな社風なので、意見を言いやすく、自分から情報発信して経営にタッチしていくことだってできる。また、若くてもダイナミックな仕事を任せてもらえるので、それが仕事のやりがいにもつながっています。
<橋爪祐紀/ERP事業部 2004年入社 芝浦工業大学 工学部経営工学科卒業>

自社製品があるから実現できた社内開発というワークスタイル!

大学を卒業して始めて就職した会社は、IT業界によくあるエンジニアの人材派遣を主としている企業でした。当然私も客先に派遣され作業していたのですが、これが中々しっくりこなくて悩んだ時もありました。人材派遣という働き方なので開発の全体像が共有されないことも多く、少しずつやりがいが薄れていきました。また、自社の社員と全く顔を合わせずに派遣先で作業する日々に違和感を感じることもありました。そんな時当社と出会い、長年探していた理想の会社に出会えたような衝撃を受けました。当社は自社オリジナルの製品をたくさん持っており、その強みを活かして社内開発というワークスタイルを実現しています。風通しのよい働きやすい職場で社員同士の仲がよくコミュニケーションが豊かなのも特徴で、そんな雰囲気に惹かれて入社を決意しました。

入社後は、今まで使っていたプログラミング言語とは異なる言語を勉強することになり、気持ちを新たに一から出直し。現在、私が担当している仕事は、統合型基幹業務システム『GRANDIT』のカスタマイズ開発です。簡単に言うと、お客様の業務をシステム化するお仕事ですね。システム開発は、お客様からシステム化の要望を聞きだす「要件定義」からはじまり、それらをシステム化するための「設計」、そして実際にシステムをつくる「プログラミング」、完成したプログラムが正しく動くかチェックする「テスト」、という一連の流れをたどります。要件定義や設計などの上流工程と呼ばれる仕事は、お客様の業務を正しく理解していないと実施できないため、まだ未熟な私にはできませんが、プログラマとしては少しは役に立てるようになってきました!

私はプログラムを作る作業がとても好きです。もともと論理的に処理を考えるのが好きですし、何よりも自分が作ったプログラムが動いたときの達成感がたまりません。まだまだ未熟ではありますがこれからもっともっと技術を磨き、いつか当社で一番のプログラマになりたいです。そうそう、当社では、毎年No.1プログラマを決める「プログラミングコンテスト」というイベントをやっているんですよ。これを1つの励みにしています。

<木村 亜由実/ERP事業部 本社開発部 2016年入社 立教大学 文学部文学科卒業>

自社オリジナルのパッケージソフトという強みを活かし、お客様の利益向上に貢献。さらに新市場も開拓。

学生時代は理系だった事もあり、当時から興味があったIT業界を志望しました。最初は外資系のパッケージソフトの会社にシステムエンジニアとして入社しました。その後、ベンチャー系のIT企業に営業職として転職。ゼロからシステム開発を請け負う企業でしたので営業もやりがいがありました。この時はどうすれば受注できるか、知恵を絞り自分なりの工夫をしました。しかし、もっと広く企業に貢献できる仕事をしたいと考え転職を決意。会社を探すうち、自社製品の強みを持っている企業で、かつ広くお客様の企業利益に貢献する仕事がしたいと考えるように。しかもIT業界でよく知られている当社であれば、自分の経験が十分に活かせるのではと入社を決意しました。

現在は、IT企業向けの統合型プロジェクト管理システム『SI Object Browser PM』の営業を担当し、新規開拓を中心に営業活動しています。当社で営業するようになり、一番実感したのは「営業のしやすさ」です。理由は、当社の看板商品の一つであるデータベース開発支援ツール『SI Object Browser』が業界で広く使われ、知名度が高いブランドである事。そのシリーズ製品を担当しておりますので最初からお客様の反応がよいというアドバンテージがあるのはかなりありがたいです。それだけ良い製品という自信もありますので私たち営業も思い切ってアピールする事ができます。この製品は、システム開発プロジェクトの進捗や採算、品質、要員など、必要な要素をトータルで管理し、しかもその情報を瞬時に視覚化できます。ですから、トラブルを未然に防ぎ、プロジェクトを成功に導く事ができる唯一のソフトなのです。導入されたお客様は、失敗プロジェクトが減り省力化も図れるので利益が向上します。そんなお客様から沢山の感謝の言葉を頂きますが、私自身もお客様への貢献を実感しています。

また、IT企業は「残業が多い」とか、営業はノルマが大変というイメージがあるかもしれませんが、当社はそんな事はありません。むしろ「自分の時間を大切に」という社風ですので、オンとオフのメリハリを大切にしたい方にはぴったりだと思います。私は、その時間を使って勉強会に参加したり、社外交流の場に参加して、人脈づくりや知見を広める事に利用しています。

<三浦 暁史/Object Browser 事業部 PM・OBソリューション部 営業グループ
2012年入社 立命館大学 理工学部 数理科学科卒業>

学生のみなさんへのメッセージ

当社は「社員全員が一流の技術者」という社是を掲げています。自社製品を持っている企業だからこそ、製品づくりの源となる社員の技術力は常に高めていかなければなりません。そのため、当社の社員はプロ意識が高く、お互い切磋琢磨しながらスキルアップに努めてきました。このような風土を大切にしている企業なので「仕事を通じて自らの価値(技術力)を高めたい」という方にとっては最適な職場だと思います。
 また、IT業界を志望する皆さんにとって重要なのは「将来どのようなシステムエンジニアになりたいか」です。スーパープログラマを目指す技術志向の人、お客様の課題解決を促進するシステムコンサルタントを目指す人、プロジェクトを成功に導くプロジェクトマネージャーを目指す人など。このように当社では多様なキャリアパスのコースを用意し、皆さんがやりたい仕事をやってもらいながら理想システムエンジニアになってもらおうと考えています。当社に入社したらやりたい仕事を任せます。仕事を思い切り楽しんでいただき、たくさんチャレンジしてください。たくさんのご応募お待ちしています。

PHOTO
社是は「社員全員が一流の技術者」。風通しの良い社風の中、相互尊重の精神があふれる働きやすい職場づくりが行われている。制度面の充実ぶりも特筆ものだ。

マイナビ編集部から

IT業界は、仕事がハードというイメージがあるかもしれないが、その負のイメージの払拭に務め、「ワークライフバランスの取れた気持ち良く働ける会社づくり」を実現すべく、教育、待遇、勤務時間、福利厚生などにおいてできる限りの取り組みを率先しているのが同社の特色だ。埼玉県「あったか子育て企業賞受賞」、厚生労働省「多様な働き方実践企業認定」など豊富な実績があり、その先進的な取り組みはニュース番組でも取り上げられたほど。育児介護制度の利用奨励、リフレッシュ休暇、在宅および時短勤務、週休3日勤務といった各種制度の他、平均残業時間=30時間/月、有給取得率=80%以上、平均年収644万円という高水準の報酬を実現している。人材派遣をしない社内開発中心のビジネスモデル、日本初のECサイト構築パッケージの開発、某IT系雑誌による「開発支援ツール利用実態調査」で4部門総合満足度1位など、技術者集団としての実力も折紙付き。将来的にはITコンサルタントやプロジェクトマネージャーなど多様なキャリアパスも開けている。求める人材像は、技術やITに興味がある人。人物本位の採用だそうなので興味を持った方は気軽にエントリーするといいだろう。

PHOTO
社内の一角にある休憩用ラウンジ。社員同士の仲がよく、コミュニケーションも活発です。

ページTOPへ